ライトショアジギング リールの選び方、おすすめアイテムを1から解説!

さて、今回は先日のロッド選びに引き続いて

ライトショアジギングにおけるリールの選び方について!

番手選びやギア比などのチェックポイントを少し詳しく見ていこうかなと思う。

タックルに負荷の掛かる青物等を狙うショアジギングでは、ある意味ロッドよりもリールが重要になるかもしれない。

これを参考に、間違いが無くて使いやすいタックルセレクトに役立てていただければ嬉しい。

※私の実績や経験などはプロフィールのページをご覧ください。

基本的に毎日釣りに出かけており、源流~船の釣りまでジャンル問わずに向き合っているので、一般的な釣り好きの方よりは信頼してもらえるかと。



ショアジギングタックルはリールにこだわれ!

ライトショアジギングに限ったことではないが、メタルジグを使った釣りや青物をターゲットとする釣り物で使うリールはしっかりとしたものを購入する事!

ロッドは多少安くても折れたりすることは無いが、リールに負荷のかかるショアジギングで安いリールは正直言って使い難い。

ライトショアジギング リール

例えば、リールの剛性が足りなくてジグを動かす時にリールがグニャグニャしたり・・・。

最悪の場合、魚がヒットして負荷を掛けた時にリールが壊れたりすることも実際にある。

だからライトショアジギングに使うタックルは「特にリールにこだわる事!」を意識しておくと良い。

コスパと性能のバランスが取れた価格帯

実際にどの位のグレードのリールを使ったら良いのか?

今まで色々なリールを使ってみて感じている1つの目安としては、

長く使うものが欲しいなら「実売価格20000円前後」のリール。

これを1つの目安にしてリールを選ぶと、実釣に必要な性能・耐久性を持っていて快適な釣りが出来る。

ダイワ カルディア

シマノ、ダイワの機種で言うなら「ストラディックやカルディア」がこれに該当する。

これらの1つ下のグレードとなるアルテグラやフリームスも使えないことは無いが、1シーズン程使うとそれなりにガタが来る印象アリ。

なので、最低でも実売価格1万円+α、それなりにしっかり使えるリールを選ぶなら実売価格20000円前後を選ぶと良いね!

ライトショアジギングリールの番手・大きさの決め方

リールを選ぶ際に重要な規準となるリールの大きさについて。

それぞれのロッドにはそれぞれ適したリールの大きさが有る。これはどのジャンルの釣りでも同じこと!

ライトショアジギングで使用するリールの大きさだが、シマノやダイワ製のリール(LTシリーズ)なら「4000番または5000番」を選んでおけば間違いなし!

※ダイワの旧シリーズから選ぶ時は、3000番が目安になるぞ。

4000番と5000番の使い分け

シマノ、ダイワのLTシリーズの番手の使い分けだが、簡単にまとめるとこんな感じ。

  • 使用するPEラインの太さは1.2号までがメイン:4000番
  • 1.5号以上のPEラインを使用したい:5000番(C5000番)

 

こんな感じで番手の使い分けを考えているが、私の場合ライトショアジギングでは1.2号までのPEラインまでしかほとんど使用しない。

なのでリールの番手は4000番をメインに使っているぞ。

リールのギア比の選び方

次に、リールのハンドルを1回転させた時の巻き取り量、ギア比について。

はじめのうちはギア比なんて関係ないだろうと思ってしまうかもしれないが、釣りをする上での快適性に大きく影響する。

リールの大きさ・番手選びとともに確実に間違いのないようセレクトしよう!

ハイギアまたはエクストラハイギアを選ぶ

ライトショアジギングでも、ガチなショアジギングでも主流は

巻き取りの速いリール!

シマノ製であればHまたはXG、ダイワ製であればHまたはXHと番手に書かれたものを選ぶようにしよう。

その巻き取りの高いギア比の中でも、最も一般的なのが

シマノ製ではXG、ダイワLTシリーズではXHというエクストラハイギアモデル(ダイワ旧シリーズではH)。

迷った時はエクストラハイギアモデルを選んでおけば、とりあえずは大丈夫。

ハイギアリールを選ぶメリット

ハイギアリールをライトショアジギングで選ぶメリットはどこにあるのか?

巻き取りが楽

青物等をメインに狙うライトショアジギングの場合、一般的な釣りよりもルアーを巻く速度は速いことが多い。

この時、巻き取りの遅いローギア(パワーギア)と呼ばれるリールだと釣りがかったるい。

同じ速度でルアーを引く場合、ハイギアのリールの方がリールのハンドルの巻きはゆっくりにできるからだ。

ジグに初速を与えやすい

ショアジギングでメタルジグを扱う際、魚をジグにバイトさせる際に重要なのが

「いかにしてメタルジグに力を加え、アクションを与えるかどうか」ということ。

この時、巻き取りが速いハイギアの場合はメリットがある。

ロッドのアクションとともにリールを巻いてジグを操作した時、よりダイレクトに・しっかりジグを動かすことができるからだ。

それによって、よりキビキビとジグを操作することが容易になる。

遠距離でのヒットに対応しやすい

メタルジグは種類にもよるが、100m以上の遠投も可能なルアーだ。

特に青物は沖合いから回遊してくることが多く、かなり沖合でアタリが出ることもよくある。

沖合で魚がヒットした場合、単にロッドを立ててアワセを入れただけではバラシに繋がることも多い。

遠距離でのアワセの場合、ラインの伸びなどによってその力が吸収されてしまったりするからだ。

この時ハイギアリールを使えば魚との距離を詰めやすく、バラす前に針を貫通させる動作がしやすいというわけだね!

必要なドラグ力の目安

ライトショアジギング ドラグ

引きが強い青物を相手にするライトショアジギングだが、購入する時にドラグ力を気にする必要は殆どない。

適切な番手を選んでおけば、それに見合ったドラグ力もほとんどの場合で確保されているからだね。

大体1号~1.5号位までのPEラインを使用するライトショアジギングの場合、必要なドラグ力は「大体4~5kg」程。

これはいわゆる実用ドラグ力(しっかり微調整が出来て快適に使える範囲)になるが、最大ドラグ力でいうなら8~10kg位。

例えば、ブラックバス釣りに使うような2000番台のリールの場合、実用ドラグ力のMAXが2kgや3kgだったりする。

これだと青物狙いのジギングではドラグが弱く、無理に使っているとドラグが摩耗して壊れたりするから気を付けよう。

ボディ素材による特性の違いを知る

ライトショアジギング リール ボディ素材

最近のリールはグレードやリールの特性によってボディ素材が違う。

素材が違えば硬度が変わり、リールの耐久性も変わってくるので要注意!

基本的なリールのボディ素材と特徴をまとめておこう。

  • 樹脂素材:安価なリールに使われることが多い。耐久性は低め
  • 金属素材:アルミやマグネシウム合金製。耐久性に優れている
  • 炭素樹脂:CI4+やザイオンなど。軽さに優れているが、ネジレ剛性などは金属素材の方が上

 

簡単に紹介するとこんな感じで、リールに負荷が掛かるライトショアジギングで1番無難なのは金属素材のリール。

グレードが低いリールの場合は樹脂素材になることが多いが、注意したいのは炭素樹脂系の素材を使ったリール。

CI4+やザイオンを採用しているリールだが、これらは軽量化を第一に作られたものが多く、負荷を強く掛ける使い方にはあまり向いていない。

1号前後までのPEラインを使って小型の青物を狙うなら良いが、耐久性を重視するなら金属ボディのリールがおすすめ!

汎用リールとソルトウォーター専用リールの違い

シマノやダイワから発売されているリールには、小型~中型番手までがラインナップされている「汎用リール」と、「ソルトウォーター専用のリール」がある。

たとえば、シマノでいうなら「ストラディックSW、ステラSW」などのSW系のリールがソルトウォータ専用の設計だ。

汎用モデルには普通のストラディックがあるが、果たしてSWとの違いは何か?

簡単に言ってしまえば、重くなってもその分パーツの耐久性を重視したものがSW系のリールになる。

ライトショアジギング程度であれば汎用モデルでもSWリールでも問題はないが、シーバスロッドを使うなら汎用モデルを。

ライトショアジギング専用のロッドを使うなら、ロッドに合わせて剛性重視のSW用リールを選ぶとシンプルだ。

力が入るハンドルを使おう!

ライトショアジギングの快適性を意外と大きく左右するのが、「リールのハンドル」になる。

ライトショアジギング リール ハンドル

おすすめは「金属素材でガタが少ないハンドル+丸型のラウンドハンドルノブ!」

特にハンドルノブは、純正ではT型ノブなどが搭載されていることが多い。

しかし、これだと力が入りにくかったり、指が痛くなったりするのでおすすめしない。

なので、こんな感じの丸くてハンドルを包むように握り込めるハンドルが絶対に良い。

ゴメクサス ハンドルノブ

最近はamazonで高品質で超安いハンドルノブが購入できるので、ライトショアジギング用リールを購入する時は絶対に合わせてハンドルノブを変えた方が良い。

私自身、青物狙いのリールは全てラウンドハンドルノブに変えて使用しているぞ。

ハンドルノブ軸の形状によって適合が変わるので要注意。

より詳しい解説は別に記事があるので、良かったら参考にしてみてね。



ライトショアジギングにおすすめ! 長く使える中級機種

まずは私がイチオシする、コスパと性能のバランスが取れたおすすめリールを紹介。

ダイワ 18カルディアLT4000-CXH

私はライトゲームやトラウト用に小型機種を使用しているが、十分軽くて巻き心地も良く、必要な耐久性も備わっている印象だ。

もちろん上位機種と比べるとガタ付きや細かな巻きの粗さはあるが、簡単には壊れないのでしっかり使いこめる。

ハイエンドリールと比べても釣果に影響するような性能差はなく、十分1軍リールとしても使える。

シマノ 19ストラディック4000XG

18カルディアの対抗機種になるが、正直って巻き心地などは同じようなレベルでどちらを選ぶかはお好みといった感じ。

19ストラディックはマイクロモジュールギアを使用しており、巻いた時のギアが噛み合っている感は強めだ。

しかし、高級機種程の滑らかさがあるかというとそういう感じではなく、巻きのヌルヌル感はカルディアの方が個人的には上の印象。

どちらを選んでも失敗は無く、しっかり使えるので大丈夫!

入門におすすめ!コスパ重視のリール

次に、もう少し予算を落としたい方におすすめなリールを紹介。

ダイワ 18フリームスLT4000-CXH

1万円台前半~中盤で購入できるリールを選ぶとすれば、おすすめはフリームスLT。

カルディアやストラディックなど、20000円前後のリールと比べると耐久力や巻き心地は劣る。

しかし、実釣に使えないということは全くなく、酷使していくと「ガタ付きや巻いた時のゴリ感が目立ちやすいかな~」という印象。

私的にはこれより下のランクは耐久性が低く、おすすめはしない。

せっかく買うなら良いものを。使いこめる上位機種のリール

最後に、初期の使用感が長く保てる上位機種のリールを紹介。

やはり価格差と使用感は比例しており、大物が掛かってもびくともしない剛性感のある巻き心地は高級リールならでは。

シマノ 17ツインパワーXD 4000XG

シマノの耐久性重視の上位機種が欲しいが、ハイエンドはちょっと高すぎる・・・・。

そんな方におすすめなのがツインパワーXD。

20000円台のリールとは明らかに違う、カチッといた巻き心地でジグの早巻きなども楽に・快適に出来る。

このクラスになるとモデルチェンジした時の下取りも結構高くつくので、新しくなるたびに買い替えていくのも実はおすすめ!

必要な性能+快適性も考えて釣りをするなら、このクラスのリールを使うと良いね。

ダイワ 19セルテートLT4000-CXH

ダイワのリールはシマノより巻き心地が悪いと言われることがあったが、ここにきて大幅に進化!

シマノのリールに巻けない巻きの滑らかさを確保しつつ、モノコックボディで剛性感も圧倒的に向上している。

今まではシマノ派だった方もダイワのリールを使うようになったりと、私の周りでも結構変化が起きているね!

ダイワにはイグジストもあるが、負荷が掛かるライトショアジギングでは耐久性重視のセルテートがおすすめ。

シマノ 18ステラ4000XG

このリールをサーフの釣りに使い、今まで何匹の魚をキャッチしたのか分からない。

それでも全くガタが来ることなく、初期の使用感が続いているのはマジですごい。

18ステラ 釣果

70オーバーのヒラメや80UPのマダイなど、青物以外にも色々キャッチしているけどその耐久性・使用感は流石にハイエンド。

釣り具はリセールバリューが高いので、私の場合は次のモデルに変わったら売却して新しく買い替えるようにしている。

ステラはやっぱりステラであり、滑らかかつ重厚感のある使用感は最高である。

ライトショアジギング用リール選びまとめ!

ライトショアジギング マダイ 釣果

大体こんな感じで、ライトショアジギングに使用するリール選びに必要な基本的な知識は揃ったはず。

負荷が掛かる青物狙いの釣りでは、リールは壊れやすくてトラブルの原因になることがある。

必要な耐久性を備えたリールを選び、ちょっと背伸びしてワンランク上のアイテムを買う方が後で後悔しない。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です