メバリング ショックリーダーの太さ(号数)と長さの基礎基本!

さて、今回はメバリングにおけるショックリーダーのお話。

メバリングをPEラインを使って楽しむ際におけるショックリーダーの太さ(号数)とその長さはどのくらいとればいいのか?

このことについて、私なりに普段考えていることを解説していきますね(*^^*)

初めは誰でも釣りのスタイルというものは決まっていなくて、実釣を繰り返していく中で段々とタックルセレクトは基準が出来ていきます。

今回はこれからPEラインとショックリーダーを使って、快適にメバリングを楽しみたいという方やラインブレイクやトラブルに悩んでいる方などへ、今までひたすら実釣を繰り返してきたわたくしまるなか流のショックリーダーのセレクト方法を説明していきますね!

なお、おすすめショックリーダーの紹介とショックリーダー選びの基本については「メバリング ショックリーダーおすすめ4選と選び方の基本!」をご覧ください。



メバリング ショックリーダーの太さと長さの基礎基本

メバリングを楽しむと言っても、場所によって釣れるサイズも違えば根ズレなどの発生のしやすさも変わってきますね。

それによってショックリーダーの太さや長さは多少変わっては来ますが、大雑把なさ太さと長さの基準を先にまとめておきますね。

  • ショックリーダーの号数は1.5号(6ポンド)を基準に、1.2号(5ポンド)~1.75号(7ポンド)程を選ぶ
  • ショックリーダーの長さは矢引(75cm程)~1ヒロ(150cm)程を取る

私の場合はこのような基準でショックリーダーの号数や長さを決めて普段メバリングを楽しんでいます。

このスタイルで港湾部を中心に、数釣り~尺クラスを狙った大型メバルを狙って行くスタイルまで広く対応できると思いますよ(*^^*)

なお、磯などのフィールドで尺越えのメバルだけを狙った釣りをする場合になると、ショックリーダーの太さは2号~2.5号前後必要になる場合がある。

ざっとした目安となる太さと長さはこのくらいですが、もう少し詳しくメバリング用ショックリーダーの選び方を見ていきましょう!

メバリング ショックリーダーの太さ(号数)の目安

まず、基本的にメバルは

ラインの太さなどによってそこまで食いが悪くなったり、ショートバイトが多発するようなタイプの魚ではないんですね。

イマイチ食いが悪いという時は、ルアーの種類やアクション、レンジなどが関係していることが殆ど。

ですので反応が悪いからと言って、細いラインに変えたところで釣果が大幅に変わるということは今までほぼ経験したことはありません。

メバルがイマイチ喰わない時は、ルアーセレクトやアクションを工夫してあげることが最も重要なワケ!

そうなると、ヒットさせたメバルを確実に取り込むことのできる太さのショックリーダーをしっかり選ぶ。

これがベースになってくる。

PEラインを使うということは、細くて強い、良く飛ぶというメリットがあるので、その特徴をしっかり発揮できるショックリーダーの太さを選ばなければ意味が無い。

それらを考慮した結果、1.2号~1.45号。ポンドでいえば5ポンド~7ポンドクラスのアイテムがメバリングで使用されることの多い0.3号前後のPEラインと相性が良い。

必要以上に太いショックリーダーを選んだ場合、水の中の抵抗や風の影響を受けやすくなるので、ルアーのレンジが若干浅めになってしまったり潮の流れでルアーが流されやすくなったりする。

ですのであまりに太いショックリーダーというのも使いにくくなるのでこのあたりは程々にね。

そして、メバルはロックフィッシュといってテトラポッドや海藻、海底の根などの周りに潜むタイプの魚。

ルアーにヒットすると障害物に逃げ込もうとするので、糸を出してしまうと根ズレしてラインブレイクなどに繋がる。

そういった事を防ぐ為にも、必要な強度をしっかり備えた安心してメバルを引き寄せることのできる太さのショックリーダーは必須ということ。

1.2号(5ポンド)クラスのショックリーダーを選ぶとき

このクラスの、比較的細いショックリーダーを選ぶときというのは

基本的に障害物が少なく、開けた港湾部の釣り場でメバリングを楽しむ時などに使用したい。

釣れるサイズが大きくても20cmクラス位までの小さなメバルが多い時や、軽量なジグヘッドを使って表層付近の見えているメバルなどを釣りたい時などであれば1号(4ポンドクラス)のラインなどでも使えなくはない。

しかし、メバルは意外とルアーをすっぽり飲み込んでくること等もあるので、ルアーを飲まれた際の歯によるショックリーダーのスレや、岸壁際での引き込みを安全に躱すとなると、1.2号程のものを選んだ方が使いやすいかな。

尺メバルなどの大型のメバルを狙う際でも、完全に開けていて障害物などが無い、ラインといくらでも出せる場所であれば4ポンドのラインなどでも楽々取り込みはできます。

しかし、近年はメバリングを楽しむ方も増えてきていて魚のプレッシャーも徐々に高くなってきているのが事実。

釣り場で投げ込まれるルアーが増えてくると、開けた場所にはメバルの姿が無かったりスレッカラシの簡単には釣ることのできないメバルばかりになったりすることが多い。そうなってくると安定してメバルの釣果を上げるには、障害物の周辺をタイトに攻めたりしないと結果に繋がり難かったりする。

私の住む静岡のフィールドもこのような感じなので、1号や1.2号などのライトなラインを使って狙いやすい場所でメバリングをしても中々魚は釣れない。ですのでこのクラスの細めのショックリーダーを使うということは1年を通じてほとんどないかな。

1.5号(6ポンド)クラスのショックリーダーを選ぶとき

僅か号数にして0.3号程の違いではありますが、実際に使い比べてみるとその強度などは結構差が出てくる。

6ポンドほどの強度が出てくると、メインラインで使用する0.3号や0.4号などといったPEラインの強度も引き出すことができるようになり、ヒットしたメバルを障害物から引き出すことも容易になるし、やり取りに安心感が出てくる。

港湾部で比較的開けた場所~ちょっとした港内のテトラ帯あるような場所で、20cmを少し超えてくるくらいまでの大きさのメバルが狙えるポイントでメバリングを楽しむのであれば

この1.5号(6ポンド)クラスのショックリーダーは広くオールラウンドに使えるのでおすすめ。

港湾部を周辺にメバリングを楽しむ方でどのくらいの太さのショックリーダーを選んでいいのかわからないのであれば、この位の号数を基準に使ってみて、その後必要の応じて1ランク号数を変えてみても良いかな(*^^*)



1.75号(7ポンド)クラスのショックリーダーを選ぶとき

私がメインで使用しているショックリーダの号数が、この7ポンドクラスのものになります。

1.75号、7ポンドクラスのショックリーダーになると、そう簡単にメバルにラインブレイクされることも無い。少しキツい根や捨て石が有る場所やボトムがカキガラになっているような場所で30cm級の尺クラスのメバルがヒットしても、ある程度強引にやり取りすることができる。

もちろん傷が入ってしまえば話は別になるので、ヒットさせたメバルをどれだけ素早く、ラインにダメージを与えず引き寄せるかが大事なんですね!

こんな感じの大型のメバルをヒットさせて障害物に潜られないようにやり取りするのであれば、1.2号クラスのショックリーダーでも少しドラグが引き出されてしまうことが有りますからね(-_-;)

そしてこの1.75号クラスのショックリーダーなんですが、メバリングで使用されることの多い5cm前後のプラグであったり軽量なジグヘッドと接続する際でも

違和感なく使える上限に近い太さ

になると考えています。

これよりワンランク太い2号以上のものになると、場合によってはルアーのアクションが少し乱れてしまったりすることがある。ですので港湾部などでメバリングを楽しむのであれば、大型のメバルや厳しいストラクチャー対策をするのであればこの1.75号、7ポンドクラスのショックリーダーを基準に考えておくと良いでしょう。

メバリング ショックリーダーの長さの目安

ここまで、メバリングに使用するショックリーダーの号数についてのお話をさせていただきました。

ここからはそのショックリーダーの長さはどのくらいとって使うのがバランスが良いのか?

これを掘り下げていこう。

長さの基準は矢引(75cm)~1ヒロを目安に

メバリングを楽しむ場合

ショックリーダーの長さはそこまでいらず、40cm前後有れば十分と書かれているものも見かける。

しかし、実際にメバリングを楽しんでみるとこの長さでは明らかに短いと感じる。

メバルはヒットした際に障害物に逃げ込もうとするし、キャッチしようと足元まで寄せても岸壁沿いに最後の突っ込みを見せることが多いので意外とショックリーダーには傷が入る。

この場合、40cm前後のショックリーダーでは長さが足りず、何度かラインを結び変えていくとすぐにリーダーを組みなおす必要が出てきますよね(-_-;)

ナイトゲームなどで遊ぶことも多いメバリング。夜間にノットを結びなおすのって非常に面倒ですし寒い時期は手がかじかんでうまくノットが組めないこともある。

また、短いショックリーダーはラインの伸びが少なくなってしまうので、大型のメバルや外道でシーバスなどがヒットしてしまうとその突っ込み時のショックを吸収しきれず、予想外に簡単にラインブレイクしたりするので使い勝手が悪いと思う。

ですので私の場合は、メバリングを楽しむのであればいつもショックリーダーは1ヒロ取って釣りをするようにしていますね!

そこまで長さが必要ないという方でも、半分の矢引き(75cm)程度の長さは確保しておいた方が後々楽だし使いやすいと思う。

そしてショックリーダーを長くすると意外と良いメリットが他にもあり、例えば

「ルアーの水へのなじみが良くなる」というようなことがある。

PEラインは非常に比重が軽く、潮の影響を受けやすかったりする。また、ショックリーダーとPEラインの接続部分は多少なりともコブであったり結び目は必ずできる。

その場所はより水の抵抗を受けやすいわけですから、ショックリーダーの長さが短いとルアーが浮き上がったりしやすい。

これは良い時もあれば悪い時もあるんですが、水へのなじみが悪くなるとカウントダウンしてもルアーが思ったよりも深い場所を引くことが難しくなったりするので個人的には好ましくないと感じる。

その点、長めにショックリーダーを確保しておくことで比重がPEラインよりも大きい部分が長くなるわけですから、しっかりルアーを沈めて一定層をキープしてルアーを通すことが容易になったり、風が吹いていてもある程度影響を逃がすこともできる。

根ズレ対策もそうですがこういった事も考慮して、私の場合は比重の大きいフロロカーボン製のショックリーダーを使うようにしていますね!

ただし、ガイドが小さいロッドを使用する際

ある程度長さのあるショックリーダーを使う時は、FGノットなどのコブが小さい結び方で接続した方が良いかな。

電車結びなどで接続した場合、ガイドセッティングや投げ方の癖などによっては糸抜けが悪くなり、コブがガイドと接触して飛距離が落ちることが有りますからね。

摩擦系のFGノットなどは強度にも優れていますから、PEラインとショックリーダを使って釣りを楽しむのであればFGノットは習得しておいた方が他の釣りでも役立つはずです。

まとめ

今回は、メバリングにおけるショックリーダーの号数と長さの決め方の基礎基本について、ざっとではありますが解説させていただきました。

最近は比較的細いラインで軽量なルアーをキャストし、繊細に釣っていくスタイルが増えてきているように感じますが、

まず基本はヒットしたメバルに主導権を与えずに確実に魚をキャッチできる強度のあるラインを選ぶこと。

これがもっとも重要ですし、魚を守るためにも無駄なラインブレイクや長時間のやり取りは避けたいところです。

こういった事を考慮し、基本は6ポンド1.5号前後のショックリーダーを矢引~1ヒロ程接続して釣りをする。

ここからPEラインを使用したメバリングを始めていけば、大きな失敗は無く釣りが楽しめるでしょう(*^^*)

まるなか大衆鮮魚では、他にもメバリングに関するコンテンツを多数用意しています。釣行記やタックル紹介、釣り方の解説などがありますので「メバリング」のページも時間のある時に目を通してみてください。何か役立つ情報が見つかるかもしれません。

メバリング入門に最適な、メバルの釣り方や道具選びの基本については「メバリング入門 釣り方、タックル選びの基本!」をご覧ください。

今回はこの辺で。

それでは、良い釣りを!

 

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です