簡単効果絶大!ジグヘッドのワームキーパーを作ろう!

最近はアジング用をはじめ、ワームキーパーが付いていないジグヘッドが非常に多いです。また、鉛素材のワームキーパーはワームの形が崩れたり、キープ力が足りなかったりと不満も多いです。そんな時は、自分でキーパーを付けるのがオススメです。

慣れてしまえば1分も掛からずに、効果絶大なキーパーが作れちゃいます♪

必要なものはスレッド、ボビンホルダー、瞬間接着剤のみ

まず必要な道具ですが、アシストフックなどに使うセキ糸、ボビンホルダー、瞬間接着剤になります。

PEラインを使っても良いのですが、セキ糸の方が適度な摩擦があり、ワームのキープ力をアップさせることができます。

また、ボビンホルダーは糸を通すパイプ部分が金属製のものとセラミック製のものがあります。

一度買ってしまえばそうそう壊れることはないので迷わずセラミック製のものをおすすめします!

金属製のものは少し強く引っ張ると糸が摩擦で切れてしまったりけばけばになってしまいますので注意してください。私も以前は安価な金属製のものを使っていましたが、一度友人にセラミック製のものを借りたところ、元には戻れなくなってしまいました(笑)

ヒゲを出す方向に注意して巻こう!

糸をフックに巻き付けていくわけですが、この時にヒゲの出る方向が逆になってしまうと意味がなくなってしまうので注意しましょう。

このようにヒゲが針先側からヘッドに向かって出るようにします。したがって、ボビンホルダーは針先側からヘッドに向かって巻いていくことになります。

初めての方はバイスを使った方が楽かもしれませんが、慣れてしまえば親指と人差し指でフックを挟みながら巻けるようになるのでバイスは無くても何とかなります。

このようにある程度巻いたらハーフヒッチを3回ほど行って余分をカット。あとは瞬間接着剤を薄く塗れば完成です。

スレッド素材のキーパーはワームのシルエットを崩さず、かつ効果は非常に大きいので是非一度試してみてください!私は時間があるときにまとめてフックを買ってきて大量に作り置きしています。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です