【ハイギアがベスト?】スーパーライトショアジギング用リールのギア比選びのコツを解説

スーパーライトショアジギング リール ギア比 ハイギア

さてさて、今回は先日のスーパーライトショアジギング用リールの番手選びに引き続き「ギア比の選び方」を掘り下げて解説。

リールにはギア比の違いによってハイギアやローギアと呼ばれるが、簡単に言うとハンドルを回した時の糸巻き速度の違いになる。

ギア比が高いハイギアリールの場合、ハンドルを一回転させた時に巻き取ることが出来る糸の量が多い。つまり速くリールを巻き取るのが得意って事。

この辺りの違いは初心者の方にとっては大した差に思えないかもしれないが、ジグ操作などに意外と大きな影響を与える。

ここでは普段私がスーパーライトショアジギングを楽しむ際、ギア比に関して意識していることを解説していく。リールのセレクトの際の参考になったら嬉しい。



スーパーライトショアジギングリールのギア比は「ハイギア」をベースに考える

スーパーライトショアジギング ハイギア

これからスーパーライトショアジギング用のリール購入を検討しているのであれば、基本的にはギア比が高いハイギアリールをおすすめする。

ちなみに、リールのギア比は番手表示の中にHやHG等の表記があり、ハイギアやローギアに分類することが出来る。なお、表示が無いものはノーマルギア(ローギアに分類されることも多い)となる。

  • H、HG、SH、XGなどの表記アリ:ハイギアリール(エクストラハイギア含む)
  • 表記無し:ノーマルギア(ローギア)
  • P、PGなどの表記アリ:ローギアリール

 

簡単にまとめておくとこんな感じだ。

ハイギアを勧めるワケ

スーパーライトショアジギングに使うリールはギア比が高いハイギアリールがおすすめだ。

理由はいくつかあるが、最大のメリットとしてはリールの巻きでジグを操作しやすい事!

どういうことかというと、大体15~20g前後のメタルジグを使うことが多いスーパーライトショアジギングでは、ロッドをビュンビュンと大きく煽ってジグをジャークする必要は殆どない。

スーパーライトショアジギング ギア比

小型のベイトフィッシュを意識した使い方をすることが多く、ボトムを細かく叩いて根魚などを狙うことも多いスーパーライトショアジギングでは小刻み・かつキレのあるアクションを与えたい。

そういう時はロッドを強く煽るというより、リールを「グリンッ」と緩急をつけてハンドルを巻いてジグを操作するとうまくいきやすい。

個人のスタイルによる差もあるが、ロッド操作はリールのハンドルの巻きをサポートする意識だ。私の場合、大体10~30cm位ロッドをチョンチョンとリールの巻きの緩急に合わせて動かす程度。

後は早めのピッチで表層~中層を探る時は、ロッドをシェイクしつつリールをただ巻きしたり・・・・。

こういう使い方をすると、ギア比が低くて巻き速度が遅いリールはジグにキレのある動きをちょっと与え難い事がある。

だからハイギアリールの方が楽にジグを操作することが出来るってわけだ。

こういったことを踏まえ、スーパーライトショアジギングではハイギアリールを使うのがおすすめだ。

ノーマルギア・ローギアではダメか?

それじゃあノーマルギアやローギアのリールはスーパーライトショアジギングで使えないのか?

答えとしては全くそんなことは無く、おすすめなのはハイギアのリールだけどノーマルギアやローギアのリールでも魚を釣ることは十分できる。

ただし、リールのギア比が低くなって巻き取りが遅くなるということを考慮し、ジグの操作をする時はハイギアリールよりも大げさにハンドルの巻きの緩急をつける必要がある。

もしくは、リールの巻きにプラスするロッド動作を大きくしてみたり。

この辺りはスーパーライトショアジギングに挑戦する際、まずはジグを足元の良く見える位置で動かしてみる。

その中で「どのくらいの速度や大きさでアクションを付ければジグがヒラヒラと動くのか?」

ということを把握して釣りをすれば、必ずしもハイギアのリールでなくてもスーパーライトショアジギングに流用することはできる。

例外:大きい番手のリールを使う時

スーパーライトショアジギング 4000番

一般的にスーパーライトショアジギングでは2500~3000番程の大きさのリールを使うことが多いと思う。

しかし、4000番などのちょっと大き目のリールを使う場合は巻き取りが速いハイギアリールでは、必要以上に巻き取り量が多すぎる時がある。

メタルジグはあまり強くアクションさせ過ぎると、アクション破綻して暴れすぎる事がある。こういう時はあえてノーマルギアを使って巻きスピードを落としてみたりするのも効果的だ。

エクストラハイギアとハイギア

ハイギア エクストラハイギア

ギア比が高く設定されてるハイギアリールだが、リールによってはその中でも種類が複数ある場合がある。

  • XHやXG:巻き取りがより速いエクストラハイギア仕様
  • HやHG:一般的なハイギア仕様

 

簡単に分類するとこんな感じで、より巻き取りが速く設定されているものは「エクストラハイギア」と呼ばれる。

個人の好みで選べばOK

エクストラハイギアが良いのか、それとも普通のハイギアが良いのか?

ここまでくると、最終的には好みの問題になってくる。

私の場合はエクストラハイギアとハイギアの両方のリールを使っているが、スーパーライトショアジギングではどちらかというとエクストラハイギアの方が好みかな。

スーパーライトショアジギング以外の使い道を考える

スーパーライトショアジギングで使用するのは間違いないが、他に流用したい釣り物はあるのか?

これによってギア比選びはちょっと変わって来る。

スーパーライトショアジギング エギング

例えば、スーパーライトショアジギング以外にエギングにリールを流用することを考えた場合、私だったら「エクストラハイギア」を選ぶかな。

一方で港湾のシーバスゲーム等、スローなただ巻きを使う釣り物に流用することを考えるなら巻き取りが若干遅めな「普通のハイギア」を選ぶ。

シーバスゲームの場合は丁寧にレンジを調整して釣りをしたり、特にナイトゲームの場合はデッドスローでルアーを引きたい事も多い。

こういう時はリールの巻き取りが速すぎると使い難い事があるので、私の場合はエクストラハイギアはあまり好まないってわけ。

スーパーライトショアジギング用リールおすすめ番手

スーパーライトショアジギング リール 番手

これらを考慮すると、私がおすすめするスーパーライトショアジギングに使用するリールの番手としては

シマノの場合はC3000HG、C3000XGといったC3000番程度のハイギアリール。

一方でダイワのLTシリーズの場合はLT3000-CXHってところかな。

スプールの深さについてはシャロースプールでも深溝でも良いが、使用するPEラインが最低150m以上巻けることを選ぶ(200m巻けると余裕が有って尚良い)。



ギア比特有の巻きの重さはハンドルノブカスタムで対応!

スーパーライトショアジギング リール ハンドルノブ

ギア比が高いハイギアリールを使った場合、特にエクストラハイギアのリールはリールの巻きが微妙に重たくなりやすい。

今までノーマルギアやローギアリールを使っていた方は、特にその違いが初めのうちは気になりやすい。

高級なリールはハイギア特有の巻き重り感も少なくはなってきているが、それでも多少の巻きの重さはある。

こういう時はハンドルノブをカスタムし、力が込めやすいパワーハンドルを使うのがおすすめだ。

パワーハンドルでスーパーライトショアジギングは快適になる

リールのハンドルノブの形状は巻き感やルアーの操作性に意外と大きく影響を与える。

スーパーライトショアジギングをする際、ジグにキレのある動きを与えたいのであれば小型のパワーハンドルに交換すると良い。

スーパーライトショアジギング パワーハンドル

私自身スーパーライトショアジギング用リールはハンドルノブを交換して使っているが、ラウンド型のパワーハンドルを使用することで握り込みが容易になり、グリップ力が明らかにアップする。

これによってハイギア特有の巻き重り感も少なくなり、ジグの操作や魚とのやり取りが楽になる。

つまむだけのI型ノブやT型のハンドルノブを使っていてイマイチしっくりこないという方は、ラウンド型のパワーハンドルを試してみて欲しい。

私のおすすめは超安くて普通に使えるゴメクサスの30mmのハンドルノブ。ベアリング付きで回転も滑らか、価格が倍以上するメーカー純正品と比べても性能に遜色ない。

一般的なシマノのAタイプノブ、ダイワのSノブなら問題なく取り付けできる。

※ハンドルノブの取り付け方法については「安くて使えるゴメクサスハンドルの交換方法・インプレッション」を参考にどうぞ。

理解を深める関連記事

今回はスーパーライトショアジギング用リールのギア比選びについて紹介してきた。

他にも私の徹底的な実釣経験に基づいたコンテンツがあるので、その中でもおすすめなものを抜粋して紹介しておく。

基本知識を身につけたい時の参考になったら嬉しい。

▼まずはここから!スーパーライトショアジギング入門・基礎知識まとめ

スーパーライトショアジギング 入門

【実釣主義】スーパーライトショアジギング入門 タックル選び・基礎知識まとめ

2019年11月9日

▼スーパーライトショアジギング用リール選び全般

スーパーライトショアジギング リール ハンドルノブ

スーパーライトショアジギング用リールの選び方・私が使うおすすめアイテムを紹介!

2019年9月2日

▼スーパーライトショアジギング用ライン選び

スーパーライトショアジギング ライン選び

【実釣セレクト】スーパーライトショアジギング(SLS)用ラインの選び方・おすすめアイテムを解説!

2019年9月25日

▼スーパーライトショアジギング用ロッド選び

スーパーライトショアジギング ロッド

スーパーライトショアジギングに適したロッド選びの基礎基本を解説【ロッドの種類・長さ】

2019年9月28日

▼スーパーライトショアジギング用メタルジグ選び

スーパーライトショアジギング メタルジグ おすすめ

【全て実釣セレクト】スーパーライトショアジギング用メタルジグの選び方・おすすめアイテムはコレ!

2019年10月2日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です