【失敗しない】スーパーライトショアジギング用シマノリール おすすめ機種・選び方のポイント

スーパーライトショアジギング シマノ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回はスーパーライトショアジギング講座をやっていきましょう。

今日のテーマは、スーパーライトショアジギングに使用する「シマノ製のスピニングリール」について。

時々タックル選びに関する来る時に「シマノ製(ダイワ製)リールならどれがおすすめか?」といった感じのものがあるので、私が実釣を繰り返してきた中でおすすめな機種・選び方の基本を紹介していきます。

✔管理人の経験・実績

なお、私の経験やショアジギングに関する実績としては

  • 年間釣行数250~300以上
  • メタルジグオンリーでサーフのヒラメ・マゴチを月間100枚以上・半年で300枚以上
  • カンパチ狙いのショアジギングで2か月弱ボウズ無し
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘経験あり
  • 釣具店・メーカーにて私のタックルインプレや釣り方の活用あり

こんな感じで、基本的に毎日様々なジャンルの釣りをして生活していて、実績も残しています。
困った時の役に立ててもらえたら、嬉しく思います。

スーパーライトショアジギング用シマノリールの選び方の基本

スーパーライトショアジギング シマノリール 選び方

はじめに、選び方の要点をまとめておくと

  • シマノ製リールのメリット:マグシールドが入っていない
  • 番手・大きさ:C3000が基準
  • ギア比:「XG」表記のエクストラハイギアモデルがおすすめ

こんな感じになります。

シマノ製リールを使うメリット

リールの2大メーカーといえば、シマノとダイワに分かれます。

正直言って、どちらが使いやすいかは好みによりますが、シマノ製リールの最大の特徴としては、「マグシールドが入っていない」ことだと考えています。

私は普段エントリーモデル~ハイエンド機種まで、様々なリールを使い比べていますが、シマノ製リールは巻きがドライな感じで軽快というのが印象的ですね。

これは、ダイワ製のリールはマグシールドが採用されていることが大きく影響しているように思えます。

ダイワ シマノ 違い

マグシールドのオイルは粘性があり、これによって巻きがしっとりしやすくなりますが、欠点としては巻きが重たく、粘り気が出やすいです。
シマノ製リールの方が、特にハイギアモデルの機種を使う時や、低速リトリーブをした時、巻きが軽快な傾向がありますね。

まるなか

シマノのリールは巻きにねっとり感が少なく、軽快な使用感が特徴になるよ!

スーパーライトショアジギングに適したシマノリールの番手・大きさ

スーパーライトショアジギング 釣果

シマノ製リールをSLS(スーパーライトショアジギング)に使う時の番手候補としては、

  • 2500番:小さめの番手
  • C3000番:オールラウンド
  • 3000番:やや大きめ

私の場合はこんな風に考えています。

C3000

シマノ製リールをスーパーライトショアジギングに使用するのであれば、基本的にはC3000番を基準に選べばOKです。

スーパーライトショアジギング 釣果

C3000XGやHGを選んでおけば、港湾~サーフなど、場所を問わずに色んな場所で使えるオールラウンドなリールになりますね。

ラインキャパやサイズ・重量感のバランスが良く、スーパーライトショアジギング初心者~上級者の方まで広くおすすめです。

2500番

サイズが小さい2500番になると、スーパーライトショアジギング用リールとしてはやや小さめになります。

シマノの2500番を選ぶ場面としては、

  • ロッド:8フィート台まで
  • ライン:PEライン0.6号程度まで

このように、主に港湾部~小場所を中心としたタックルを探している方におすすめな大きさになります。

ただし、2500番のサイズはラインの巻き量がギリギリになりやすく、0.8号を使いたい時などは糸巻き量が足りなくなることがあります。
ですので、オールラウンドに使うには少しラインキャパシティが少なく、私は2500番を好んで使うことはありませんね。

3000番

一方でC(コンパクトボディ)ではない、普通の3000番のリールはどうでしょうか?

シマノの通常モデルの3000番をスーパーライトショアジギングに使う場面としては、

  • ロッド:9フィート台中盤以上
  • ライン:PEライン0.8号以上
  • ターゲット:30cm台中盤~40cm前後など、少し大きめの青物や底物など

このように、スーパーライトショアジギングとしては強めのタックルを使い、ある程度負荷を掛けて使用することを考えたリールが欲しい場面におすすめです。

スーパーライトショアジギング 釣果

引きが強いカンパチやハタ・シイラなどを狙う時などにおすすめですね!

C3000と比較すると、ボディサイズが大きくなることで、巻取りパワーがUPするメリットがありますね。

まるなか

基本的にはC3000番を選んでおけば、どんな場所でも使えるSLS用リールとして使えるよ!

ギア比の選び方

スーパーライトショアジギング シマノ ギア比

次はリールのギア比選びですが、SLSに使うのであれば、基本はハイギアモデルを選ぶのがおすすめです。

シマノ製リールの場合は、番手表示の中に

  • HG:一般的なハイギア。巻き取りがそこそこ速め
  • XG:エクストラハイギア。HGより更に速い

このように、HGやXGの表記があり、ギア比が分かれています。

どちらでもスーパーライトショアジギングに使用できますが、ギア比が高くなるほど、巻きが若干重くなることは覚えておいた方が良いでしょう(ダイワのマグシールド搭載リールよりは軽いものが多い)。

最終的には好みになりますが、私としては、巻取りが速いエクストラハイギアモデルの「XG」機種を使うことが多いですね。
巻きの軽さを少しでも軽くしたければ「HG」を選べばOKですが、メタルジグの操作性やラインコントロールを考慮すると、巻きが速い方がメリットが大きいと感じています。

補足:ノブの形状の違い

ハンドルノブの形状は、ジグの操作感・巻き取りの軽さに影響を及ぼします。
特にエクストラハイギアリールを使う場合は、リールのノブ形状で力の込めやすさが変わり、巻取りの快適さも影響を受けやすいですね。

スーパーライトショアジギング ハンドルノブ

スーパーライトショアジギングに限らず、ショアジギングではリールの巻きでジグにアクションを与える機会が非常に多いです。
ですので、I型ノブやT型ノブだとグリップしにくいことがあります。

このような時は、ラウンド形状の小型のパワーハンドルノブに交換することで、巻き上げ力を強化することが可能です。
ノブが変わるとリールの巻き感も変わりますし、最近は安くて使い易いアイテムもあるので、使ってみることをおすすめします。

スーパーライトショアジギングに使うのであれば、だいたい30mm前後のノブを選んでおけばOKです

一般的なシマノ製のAタイプノブに適合し、安くてベアリング付きなのがゴメクサスノブ。

回転も普通に滑らかで、メーカー品と比べても全く遜色ないおすすめアイテムですね!

ゴメクサスハンドルノブ紹介・インプレッションこちら

【安くて使える!】ゴメクサスハンドルノブの交換方法・インプレッション!

予算・コスパとグレード

スーパーライトショアジギング リール コスパ

スーパーライトショアジギングに使うリール選びにおける予算の決め方について、紹介していきましょう。

SLSの場合は底まで太いラインを使うことは無く、狙うターゲットもだいたい30cm前後~40cmくらいまでの魚がメインになると思います。
ですので、数万円するような高級リールは必要なく、磯などで行うガチのショアジギングよりもタックルのグレードは落としても全く問題ありません。

しかし、安すぎるリールは剛性や耐久性が低かったりするので、ほどほどのグレードのものを選びたいですね

目安の機種

ある程度しっかり使えるスーパーライトショアジギング用のリールが欲しいのであれば、シマノ製ならば「アルテグラ」を1つの目安にするのが私のおすすめですね。

アルテグラはだいたい1万円台前半くらいで購入できるリールです。

色んなリールをこれまで使い比べてきた印象としては、アルテグラクラスになれば、スーパーライトショアジギング程度なら十分使え、必要な基本性能や快適性が手に入ります。

負荷を強めに掛ける釣り方の場合や、中級者以上の場合は、もうワンランク上のストラディッククラスがおすすめですね。

一方、1万円以下のリールになると、正直言っておもちゃ感が出てきます。
スーパーライトショアジギングといっても、リールをジャカジャカ巻いたりする機会も多いので、ある程度しっかりしたリールを選ぶ方が、長い目で見た時におすすめですね。

まるなか

スーパーライトショアジギングでは、そこまで強い負荷は掛からないけど、早巻きで探ったりすることも多い。多少の負荷は掛かるから、安すぎるリールはおすすめしないかな

スーパーライトショアジギング初心者の方におすすめなシマノリール

シマノ 21アルテグラ

シマノ21アルテグラ

スーパーライトショアジギング初心者の方におすすめなリールが、シマノのアルテグラですね。

以前はライバル機種のダイワのフリームスの方が圧倒的に人気がありましたが、搭載されているギアが進化し、巻き心地が大幅に進化しました。

軽さはそれほどでもないリールですが、巻きの滑らかさは非常に優れていて、SLSにもおすすめですね!

アルテグラの詳しいインプレッションはこちら

シマノ21アルテグラシマノ21アルテグラを徹底インプレッション!進化したコスパ優秀リールの特徴とは?

長く使えてコスパも考えたい方におすすめなリール

次は若干グレードが上がるものの、巻きの質感やパーツの剛性感などが明らかに良くなってくる2万円前後のリールを紹介します。

シマノ 19ストラディック

シマノ ストラディック

アルテグラの上位機種がストラディックシリーズですね。

大きな違いとしては、金属ボディ採用による剛性感になります。
ストラディックは負荷を掛けた時の巻き感の変化が少なく、魚とのやり取りが快適に行えますね。

上位機種と比較すると、若干巻き心地や重量の面は劣りますが、2万円前後でしっかり長く使えるリールをさがしている方におすすめなリールですね!

ストラディックの詳しいインプレッションはこちら

シマノ 19ストラディックシマノ 19ストラディックを実釣インプレッション!【いいたい事言います】

シマノ 20ヴァンフォード

20ヴァンフォード

シマノのヴァンフォードは、ストラディックの上位機種になります。

目立つ違いとしては、ストラディックは剛性面を重視しているのに対し、ヴァンフォードは軽さを重視したモデルになっていることですね。

ボディの剛性自体はストラディックの方がやや上に感じますが、重量・巻きの軽さにおいては、圧倒的にヴァンフォードが有利です。

剛性はそこそこに、軽量なスーパーライトショアジギングタックルを使いたい方に、おすすめなリールになりますね!

ヴァンフォードの詳しいインプレッションはこちら

20ヴァンフォードシマノ 20ヴァンフォードを徹底インプレ。ライバル機種や他のグレードとの違いとは?

スーパーライトショアジギング上級者におすすめなリール

ラストはリールにこだわりたい、スーパーライトショアジギング中~上級者の方におすすめなリールを紹介していきます。

シマノ 21ツインパワーXD

21ツインパワーXD

ツインパワーXDは巻きの軽さと剛性感を程よくバランスさせたアイテムになります。

ノーマルのツインパワーの方が剛性の面ではやや上になりますが、XDの方が巻きが軽くてダイレクトな巻き感がありますね。
スーパーライトショアジギングでは、そこまで強い負荷を掛けることは無いので、私ならノーマルのツインパワーよりもXDを選びます。

このクラスのリールになってくると、ハイエンド機種と比較しても、実釣時の使用感の差はかなり小さくなります。

ツインパワーXDの詳しいインプレッションはこちら

21ツインパワーXDシマノ 21ツインパワーXDを徹底インプレ!公平な視点でメリット・デメリットを比較解説

シマノ 20ツインパワー

20ツインパワー

ノーマルのツインパワーは、XDよりもやや巻きが重たくなりますが、しっとり感のある安定感・金属ローターによる高い剛性感がメリットになります。

スーパーライトショアジギングなら軽さを意識したXDでも問題ないですが、リールの剛性やしっとりした質感を重視するならあえてノーマルのツインパワーを選ぶのもおすすめです。

少し強めのSLSタックルを使い、引きが強いカンパチやハタなどを狙ったりするには、使い勝手がいいリールですね!

ツインパワーの詳しいインプレッションはこちら

カサゴ ガシラ ルアー ラインシマノ 20ツインパワーをインプレ!タフな剛性感と軽快な巻き心地が両立。使用感を解説!

シマノ 18ステラ

シマノ ステラC3000MHG

シマノのフラッグシップリールがステラですね。
使いこんでも巻き心地の劣化が非常に起こりにくく、ボディ・ローターの硬さは抜群に優れているのが特徴ですね。

負荷を掛けても全くビクともしない剛性感を持ち、独特なしっとり・安定感のある巻き心地は流石といった所ですね。

正直ってスーパーライトショアジギングにはオーバースペックともいえますが、こだわりのタックルが欲しい方にはやっぱりステラです。

ステラの詳しいインプレッションはこちら

シマノ ステラシマノ18ステラ 実釣インプレッション!

シマノ 19ヴァンキッシュ

19ヴァンキッシュ

ラストの候補はヴァンキッシュですね。
ヴァンキッシュは、軽さを重視したモデルのフラッグシップになります。

自重や巻き出しの軽さは間違いなく一番優れているリールですね!

私の場合、繊細なタックルを使うアジングなど、ライトゲームではヴァンキッシュを好んで使用しています。
しかし、ある程度負荷を掛けたり、ショアジギングのようにリールをジャカジャカ巻くような釣りの場合は、ヴァンキッシュほどの軽さは必要ないと考えています。

ですので、私のおすすめ度としては、先に紹介したツインパワーXDの方が上というのが正直なところですね。
とにかく軽さを重視したSLS対応リールを探している方に、おすすめな機種ですね!

ヴァンキッシュの詳しいインプレッションはこちら

レイジーソリッド 使い方シマノ 19ヴァンキッシュを実釣インプレッション!

まとめ!

スーパーライトショアジギング カツオ

今回はスーパーライトショアジギングに使うシマノ製リールの選び方・おすすめ機種を紹介しました。

基本としてはC3000XG、またはC3000HGを選ぶのが私のおすすめですね!

後はリールによって、剛性を重視したものと、軽量化を重視したものに分かれます。
そのあたりは、好みや使用する釣り場・メインターゲットの大きさなどによって変わってきます。

解説を参考に、自分に合ったリール選びの参考にしてみて下さい。

今回は、リール選びに絞り込んだ解説をしてきました。

おすすめなロッド・ラインなどの解説記事や、その他必要な基礎知識を知りたい方は【スーパーライトショアジギング初心者講座】を参考にしてみて下さい。

全体的な基礎基本を学びつつ、実際に私が使っているおすすめアイテム解説記事を紹介してあります。
使いやすい道具選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

スーパーライトショアジギング 釣果 スーパーライトショアジギング初心者講座 タックル選び・基礎知識をガッツリ解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です