ヒラメ釣りにおすすめなメタルジグはズバリコレ!

さて、今回紹介するのはサーフや港湾部など、ショアからのヒラメやマゴチを狙ったフラットフィッシュゲームで使うメタルジグについて。

どんなジグを選んで釣りをしたらいいのか?という質問を時々受けるので、この機会に今まで実際に使ってきて使いやすかったアイテムを絞って紹介したいと思う。

普段ワームなどを使う機会が多い方は、メタルジグって何か釣れそうな気がしないな・・・・・。

と先入観を持つ方もいると思うが、実際はそんなことは無い。

ぶっちゃけてしまえば

メタルジグの使い方のキモさえ掴めば、オールシーズンメタルジグだけでヒラメ釣りはほとんど成立すると考えている。

根掛かりが多かったり、ヒラメの動きがスローすぎる時はジグヘッドリグを使う事もあるけど、基本的にはメタルジグで大体何とかなる。

私の地元静岡でヒラメ釣りをする場合はそんな感じなので、この機会にメタルジグを使ったフラットフィッシュゲームにもチャレンジしてもらえたら嬉しい。



ヒラメ釣りに適したメタルジグのバランス

まずはヒラメ釣りに適したメタルジグのバランスの選び方と特徴をまとめておく。メタルジグの重心がどの位置にあるかにより、フォール姿勢や飛距離などが変わって来るぞ。

バランスによる特徴の違い
  • センターバランス:ヒラメ釣りでは最もオールラウンドに使える。まずはセンターバランスのジグから使ってみよう
  • リアバランス:フォールスピードが速くなる傾向があるが、潮抜けが良い。2枚潮や潮の速い状況で使いやすい
  • フロントバランス:センターバランスよりもよりスローに誘える。ちょっとマイナーなタイプ

簡単にまとめてみると、こんな感じになる。

サーフなどでヒラメ釣りを楽しむのであれば、まずはセンターバランスのジグを中心に使ってみると良い。一番汎用性が高く、スローな誘いがしやすくヒラメのバイトを誘発しやすいからね。

なお、ヒラメをメタルジグで狙う際のアクション方法などの基本は別にコンテンツがあるので、そちらを参考にしてほしい。

ヒラメ釣りにおすすめなセンターバランスのメタルジグ

まずはオーソドックスに使えるセンターバランスのメタルジグから紹介していくぞ。

アイマ ガン吉

今まででヒラメを最も多くキャッチしてきたのがガン吉じゃないかな。特徴としてはこんな感じ。

ガン吉の特徴
  • アクション:ただ巻きでもワイドに泳ぎ、レスポンスが良い
  • フォール:スライドしながらのアピール力の高いフォール
  • 飛距離:若干後方重心で、完全にセンターバランスのジグよりも飛ぶ

アピール力強めのオールラウンダー

このメタルジグの特徴は、何と言ってもワイドなアクションでスローに誘えること。そして微妙なリア寄りのウエイト設定による、安定した飛距離!

ただ巻きすると、メタルジグというよりはスプーンに近いような非常にワイドに元気よく泳いでくれる。これによってロッドティップにジグの動きがプルプルと伝わってきやすく、風が多少吹いていてもノー感じになりにくい。初心者の方にも水中でのアクションイメージがしやすいメタルジグだ。

ジャークさせても切れのあるスライドアクションを見せるから、巻きでもジャークでもオールラウンドに使える。

一方で欠点としては、潮が早かったり2枚潮の状況下では潮を受けすぎる事。これによってアクションがバタバタと大きくなりすぎてしまうことが有ったり、あまりにも潮の流れがきついと水圧に耐えきれなくなってぐるっと回転してしまうことがある事かな。

それ以外の点では非常に扱いやすく、ヒラメやマゴチなどの他に青物にも広く対応してくれる。

ジャクソン ギャロップアシストフォールエディション

ガン吉を基準に考えると、若干飛距離は劣るがスローなフォールで誘え、コントロールしやすいのが特徴になる。

ギャロップフォールエディションの特徴
  • アクション:しっかりとただ巻きでも泳ぎ、ジャークにも対応するが大きすぎない動きでコントロールしやすい
  • フォール:ヒラヒラとした滞空時間の長いフォールで誘える
  • 飛距離:センターバランスなので風には若干弱め。無風時の飛距離はまずまず

スローに誘えるジグを使いたい方へ

ガンガンアクションを付けるというより、スローな操作で食わせの釣りに向いているメタルジグになる。ガン吉ではフォールが速すぎる時や、低活性時のスローなフォールで見せたいときに使うと良い。これもオーソドックスなセンターバランスのジグなので汎用性は高い。

アクションは若干おとなしめで安定した動きを見せるが、小さすぎない動きなのでアピール力はまずまずある。ただ巻きでもスローなジャークでもどちらにも対応する。

マリア ショアトリッカー

存在は若干地味かもしれないが、左右非対称のセンターバランスでレスポンスが良く、こちらから積極的に誘いを掛けた際にコントロールしやすいメタルジグ。

ウエイト設定が35g、45gなどになっており、他のメタルジグではちょっと重すぎるという時や軽すぎるといった時にもその隙間を埋めることが出来る。

ショアトリッカーの特徴
  • アクション:ただ巻きでもしっかり泳ぎ、ジャークの際のレスポンスも早い。左右非対称なのでアクションは割と安定している
  • フォール:左右非対称の木の葉が落ちていくようなヒラヒラフォールで滞空時間は長め。
  • 飛距離:小粒なのでセンターバランスの割には良く飛ぶ。ただし横風などにはあまり強くない印象。

細かくジグを操作し、狙って釣りたい方へ

アクションのレスポンスは非常に良く、ただ巻きでもかなりワイドに泳いでくれて小刻みな誘いにも反応するメタルジグ。ヒラメなどの底物をスローな誘いで細かくジグを動かす釣り方を覚えるには、かなりおすすめできるアイテム。

ワイドにアクションする割にはグルグル回ったりすることが少なく、左右非対称のメリットが活きている感じ。

ZEAKE Rサーディン

2018年に発売された、まだ新しい後発のメタルジグ。塗装の強さは最高クラスで、アクションは派手すぎないナチュラル系。

Rサーディンの特徴
  • アクション:ただ巻きではシンペンのようなナチュラルな動きだが、スローに引いても動く。ジャーク時は程よいスライド幅でオールマイティに使える
  • フォール:スライドアクションを伴ったヒラヒラと落ちるバランス設定。
  • 飛距離:若干リア寄りの重心の為、多少の向かい風であってもストレスなく安定して飛ぶ。横風には若干弱い印象

 

ナチュラルでオールラウンドに使えるジグ

ガン吉をおとなしめのナチュラル系にチューンしたような、使いやすいセンターバランスのメタルジグ。ただ巻き時のアクションはナチュラルだが、フォール時のスライドアクションなどはちょうどいいアピールで使いやすい。とにかく強い塗装強度で、港湾部などで使うのであればウレタンコーティングしなくても良い位。

ダイソー ジグロック

センターバランスのジグのラストは、

まさかの100均ジグ!

ダイソーのジグロックはセンターバランスで、ヒラメ釣りに予想外に使いやすかったりする。ノーマル状態だとフックの質が悪かったり塗装強度が低いけど、自分でフックを変えたりコーティングをすれば十分活躍できるポテンシャルを持つ。私の場合は、こんな感じで塗装をしなおしてオリカラにカスタムして使っている。

ジグロックの特徴
  • アクション:比較的引き抵抗は小さいが、パタパタと泳ぐ。早巻きすると回転しやすい
  • フォール:滞空時間のあるヒラヒラとした水平フォール
  • 飛距離:無風時はセンターバランスの割に意外と飛ぶ。風には弱め

安くて使えるジグ

100均のジグというと、

「釣れんのそれ?」

っていう感じがあるかもしれないが、使ってみると予想以上にまともに動く使えるメタルジグ。ジャーク時のスライドのキレなどは若干劣るが、ヒラメや青物が普通に釣れるだけの実力はある。引き抵抗は比較的軽めにできており、潮の流れが多少早くてもストレスが溜まりにくい。

根掛かりが多い場所などで釣りをするなら、むしろ中心的なアイテムとして使えるジグだね!



ヒラメ釣りにおすすめなリアバランスのメタルジグ

センターバランスのメタルジグだけでも大抵何とかなるが、かなり風が強い時や潮の抵抗が大きい時はリアバランスのメタルジグを少し用意しておくと役立つ。

ゼスタ ランウェイターボ

ここではあまり紹介して来なかったんだけど、これは新しいタイプのメタルジグで

フラットフィッシュゲームではかなり大きな戦力になる可能性を秘めたおすすめなメタルジグ!

リア重心なんだけど、食わせの滞空時間と水平時間を確保してる。だからスローに誘って食わせることが出来てしまうリアバランスのジグってわけ。

ランウェイターボの特徴
  • アクション:リア重心なので比較的ワイドに、かつ安定したウォブルを見せる。ジャーク時のレスポンスはリアバランスのジグの中ではかなり良い。
  • フォール:フォール突入時、水平姿勢に入ってから斜め後方へ落ちていく感じ。滞空時間はしっかり確保されていてスローに誘える
  • 飛距離:向かい風であっても安定してカッ飛び

リアバランスなのにスローに誘えるメタルジグ

個人的には、このジグは今後出番がかなり多くなると思う。リアバランスで多少の風なら全く気にせず遠投ができ、なおかつスローに誘いが掛けられるからラットフィッシュゲームにもかなり使い勝手がいい。

リアバランスのジグだけど、センターバランス的に使えてしまう特徴を持ったジグというイメージかな!

リアバランスのジグは、ハイピッチに対応していたり飛距離を伸ばすことを最優先に考えられているものが多く、ずんぐりした形状のものが多い。ランウェイターボはセンターバランスっぽい作りをしていて両社の特徴をうまく併せ持っている。

ただし、ノーマルの状態では塗装がかなり弱い。大事に使うならウレタンコーティングは必須だ。

ジャクソン ギャロップアシスト

昔っからあるギャロップのカラーがカッコよくなり、アシストフックも付けちゃったパターン。若干形状も変化している感じがあるが、大きな変更は見られないかな。

オーソドックスなリアバランスのメタルジグだが、安定したアクションと飛距離でどんな状況でも使いやすい。フックの絡みなども比較的少ないから、初心者の方でも使い勝手が良いと思う。

ギャロップアシストの特徴
  • アクション:安定したウォブルと、ジャーク時のそこそこなアピールでオールラウンドに使える
  • フォール:斜め後方にパタパタと動きながら落ちていく感じ。
  • 飛距離:リアバランスのおかげで、横風でも比較的安定して飛ぶ

リアバランスの基本形・安定した使い勝手

塗装強度はあまり高い感じはしないが、クションの安定性はかなり高いから使いやすいメタルジグ。スローに巻いても綺麗にウォブルするし、速度を上げていっても回転しにくく追従性が良い。

ジャーク時のアクションは大きすぎず小さすぎずといった、ちょうど中間的な感じ。フォール速度も極端に早いわけではないので、ヒラメなどの底物にも十分使えて釣果も出る。

少し風が吹いている時や、潮の流れが早い時でも広い状況下で使えるジグだね!

ヒラメ釣りにおすすめなメタルジグまとめ・関連記事!

今までヒラメをメタルジグで何百匹釣ったかわからないけど、今回紹介したアイテムは使いやすさをしっかり備えていておすすめできるアイテムだね!

基本はセンターバランスに置きつつ、リアバランスのジグを状況によって使い分ければ十分。正直言ってヒラメ釣りは時合いの要素が強いから、

このジグの、このカラーでないと釣れない。

ということはほぼないと断言する。

自分の感覚にしっくり来て「なんか釣れそうな気がする」というアイテムを見つけ、信じて釣りをすることが何よりも大切じゃないかな。あとは適切な釣り場で適切な時間に釣りをすれば、案外簡単にメタルジグでヒラメはキャッチすることが出来る。

1匹釣れれば感覚は段々掴めて来ると思うので、それまでは他のルアーに浮気しないで釣りをしてみたりすると良い。

それでは、今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です