ヒラメ・マゴチ釣り メタルジグ用フックの選び方を徹底解説!

 

さて、本日はまるなかの真骨頂?であるサーフのヒラメ、マゴチゲームにおけるメタルジグに使用するフック選びについて!

以前から時々おすすめのフックに付いては取りあげて来ていたのですが

最近お問い合わせがあったので今回はフック選びについて少し詳しく、色々なアイテムを使い比べてきた結果たどり着いたものを紹介しますね(*^^*)

今回紹介しているアイテムは全て実釣を繰り返した中で良いと感じたものですし、実際に使っていただいた方からも好評をいただいているものですので安心して使ってください!



ヒラメ・マゴチ釣りにおけるメタルジグのフックセッティングの基本!

ヒラメやマゴチはフッキングが難しく、バラしやすい特徴がある。

だから基本的にはフロント・リア共にフックを付けて使うのが基本!

おすすめはフロントが段差のダブル、リアがトリプルフック又は画像のようなシングルフックを2つ合わせたショートタイプのアシスト。

これがフッキング率とキープ力のバランスが良く、ヒットしたヒラメをキャッチできる確率が上昇するぞ。

サーフヒラメ・マゴチ釣り メタルジグ用おすすめフック選びのポイント!

さて、まずはメタルジグを使ってヒラメを狙いたいときに重視することは何か?

それによってフックに求める特性というものは変わってくる。

フック選びのポイント
  • フックポイントの強さ:サーフは砂によるスレとの戦い!
  • バラし難さ:ヒラメやマゴチは口が硬く、皮が薄い

ヒラメ攻略用メタルジグフックに求めるもの

サーフの砂・石に負けない針先強度

おそらく、ヒラメを釣る場面で最も多いのが、砂浜や砂利浜といった

いわゆるサーフではないかな?

一口にサーフと言っても、綺麗な細かい砂の広がった場所から、石やゴロタ浜などまでシチュエーションは様々。

わたくしまるなかのホームの静岡サーフは綺麗な砂浜ではなく、小石が広がるサーフなのだ(-_-;)

どちらにせよ、サーフで釣りをするうえで最も厄介なのが

針先がすぐに鈍ってしまって刺さりが悪くなること!

新品のフックを使ったとしても、海底を舐めるように攻めることが多いヒラメゲームではよりフックポイントの消耗は激しくなりがちだ。

またヒラメの口は結構堅いので、フックポイントが甘くなっている針を使ってしまうと

ヒラメがバイトして来た際、しっかりフックをフトコロまで貫通させることができずにバラシに繋がったり、フックが変形してしまったり・・・。

となると、まず最も重要なのがとにかく針先の強度が強い事!

そして同時に錆びづらい事!

この2つがサーフのヒラメ・マゴチゲームにおいて、メタルジグに使用するフックでは最も大切な事じゃないかな。

メタルジグは自重が有るから、ヒットした魚が首を振った際などによりバラシが多発しやすい。

だから無駄なミスをなくすためにも、良く刺さって長持ちするフックが重要なのだ。

弱い針を使って釣りをしても、すぐに交換しなければならないからかえってお財布的にも厳しくなったりするからね(-_-;)

バラし難い高いキープ性

ヒラメの口は青物等よりも硬くて薄い。

青物の口は比較的厚さがあってゴムのように若干の弾力がある。

だから、一度しっかりフッキングしてしまえばそう簡単にバラすことは無い。

一方でヒラメの口はとてもバラしやすい特徴があって、しっかりフッキングを入れてフックが貫通していると思っていても波打ち際の攻防であっさりとフックが抜けてしまってさようなら・・・。

なんていうことも十分に起こりうること!

ですから青物等を狙ってジグを使う時よりも、よりキープ力に優れているフックを使った方が釣果は伸びる傾向が有る!

メタルジグはその自重故バラしやすく、ヒラメやマゴチも口の構造がバラしやすい。

だからフックを選ぶ際は、キープ力が大切ってこと!

サーフヒラメ・マゴチ釣りをメタルジグで攻略 フロント用おすすめアシストフック!

それでは、まずはメタルジグのフロントフックとして使うおすすめのアシストフックを紹介。

段差仕様のアシストフックがおすすめ

ヒラメは青物やシーバスなどと違い、周囲の水ごと吸い込んで捕食せず、噛みつき系のバイト。

そうなると、アシストフックの針先が魚の口の近くに無ければフッキング率が低下する傾向がある。

青物の場合はメタルジグからフックポイントが離れた場所にあったとしても、捕食の際の吸い込みによってフックが口の中に吸い込まれてしまうので比較的フッキングはイージー。

こういったことを考慮すると、

ヒラメをメタルジグで狙う際のフックは、より針先の位置が複数になる段差仕様が良い。

これは個人個人の好みによる部分もあると思いますが、わたくしまるなかは普段は段差仕様のアシストフックを使ってヒラメを狙っているぞ(*^^*)

それでは、続いておすすめのアシストフックを紹介しますね!

ヴァンフック JIGEN スーパーライトツイン

今まで色々なフックを使ってきましたが、このフックの針先の耐久性はとても優れていて長持ち。

使ってみるとわかりますが、

とにかく針先が摩耗しにくい。

それでいてキープ力も高く、非常にバランスがいい。

フックの強度も十分で、座布団ヒラメがヒットしようがそう簡単に変形して伸ばされるようなこともない。

フックのサイズは30gのメタルジグで#3~#2、40gのメタルジグで#2がおすすめ。

これはジグのサイズによっても変わるので注意しよう。

※このフックサイズは、一般的なジグの形状をしているアイマガン吉やゼスタアフターバーナーなどを基準にしている。

サーフのヒラメゲームでメタルジグを使う際、フロントフックにはこのフックを100%使用して釣りをしているぞ!

欠点も目立つものが見当たらず、満足して使っているので以前からずっと使い続けている信頼しているアイテム。

フックの耐久性については

使用している素材が他のメーカーのフックとは違うということですが、詳しいことは不明でした(笑)

針先の耐久性が抜群でキープ力も十分あるが、錆びにくいのもこのフックの特徴!

なお、わたくしまるなかの場合はアシストフック自体は自分で作成しているので、アシストラインなどの素材は完成品とは異なっている。

自作用のバラ針はこちらになりますから、間違えないように。

作り方は別に詳しいものがあるから、よろしければ参考にして自作してみるといい。市販品よりも使うジグにマッチしたアシストフックが作れるからね!



サーフヒラメ・マゴチ釣りをメタルジグで攻略 リア用おすすめフックを紹介!

フロント用アシストフックに続き、メタルジグのリアに取り付けるためのフックを紹介していく。

フックの種類は一般的なトリプルフックと、わたくしまるなかが普段自作して使っているまるなか式のリアアシストフックの2種類になる。

まずはトリプルフックから紹介!

オーナー STX-45ZN

シーバスに使ってみて好感触だったので、最近はサーフのヒラメゲームにテスト的に使用してみましたが良い感触♪

フックサイズは30gのメタルジグで#6、40gのジグで#5位が基準かな。

もちろん、ジグの形状によって多少差が出るから注意してね!

このフックは針先の形状はストレートポイントで、一見するとサーフの石などに擦れやすくて耐久性が劣るような感じ。

しかし、実際に使ってみると他のトリプルフックよりも長持ちするのでサーフのヒラメゲームにもおすすめ!

タフワイヤーという高耐久素材を使っているので、より鋭い針先が長持ちするようになっている。

また、独特な角のある形状をしていて、このカタチが魚の身切れを防いでキープ力を向上することにも繋がっているらしい。

実際に使ってみると、確かにバラシは他のトリプルフックよりも減ってキャッチ率が安定してきた印象がある!

そして、今までのトリプルフックとは違ってZNコートを採用している。

これによって今までのフックコーティングよりも防錆性がアップしていてこれは容易に実感できるレベル。

ソルトで使用していると色が黒くなるが、そのおかげでフック素材が腐食するのを防いでいるらしい。

丈夫で長持ち、キープ力も優れているのでサーフのヒラメゲームにはとてもおすすめなトリプルフックだね!

オーナー ST-41

同社のオーナーST-46の陰に隠れがちなフックですが、

サーフのヒラメゲームには46よりも、カーブポイントでキープ力のあるこちらのフックの方がまるなか的にはおすすめ。

STX-45ZNよりも1本あたりの価格が安く、STXを購入するのはちょっとな・・・・。

という方におすすめなオーソドックスなトリプルフック。

このフックは針先がカーブポイントになっているのでサーフの砂に針先がコンタクトしにくく、針先の鋭さが長持ちする。

また、一度掛けてしまえばキープ力にも優れた形状なのでバラシが少なくて使いやすいポイント!

STX-45ZNを使う以前、

トリプルフックを使用する際はずっとこのフックを使ってサーフのヒラメゲームを楽しんでいましたよ!

まるなか式 シングルツインショートアシスト

最後に、わたくしまるなかが普段使っているメタルジグのテールフックがこのパターン。

針先強度が非常に優れている、前に紹介したヴァンフックJIGEN JH-10。

コチラを2本、短いショートタイプのアシスト仕様にして作ったメタルジグ用リアフック!

リアフックをアシスト仕様にすることにより、トリプルフックを使った時よりもフックの自由度がかなり高くなる特徴がある。

これによって波打ち際などでのやり取りの際に無理な方向に力が掛かってバラしてしまったり、フックが伸びてしまうのを防ぐ事ができる。

また、トリプルフックの場合は2本以上のフックにフッキングしてしまうとしっかり貫通できずに変形する原因になる。

シングルの独立したフックを2つ合わせることで、両方のフックに掛かったとしてもフックが変形したりすることは無くてキープ力が倍増するという効果があるぞ。

こんな風に、魚の口に2本のフックが掛かってしまえばバラシは激減する。

ヒラメやマゴチはもちろんだけど、青物のショアジギングにもとても使いやすいから是非試してもらいたい。

トリプルフックを使っていてすぐにテーリング(エビ)になってしまうという方にも、このフックの方が絡みにくいので試してみると良いかな!

耐久性抜群のJIGEN JH-10を使っているから、非常に丈夫で長持ちするぞ。

ヒラメ・マゴチ釣り メタルジグ用フックまとめ!

今回はサーフのヒラメゲームにおいて、メタルジグを使う時に使っているおすすめフックを紹介してきた。

どのアイテムも実践から選んだアイテムだから、ヒラメやマゴチののフッキングやバラシ、フックの消耗などに悩んでいる方は一度使ってみてほしい。

フックが変われば釣果にも直接的に影響が出るし、思った以上に結果は変わってくるもの。

今一度メタルジグのフックセッティングを見直してみて、釣果アップを目指してくださいね!

それでは、良い釣りを。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です