フロントバランスのショアジギング用メタルジグのおすすめ・選び方を解説!【実釣比較】

フロントバランス メタルジグ おすすめ ショアジギング

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は恒例のショアジギング講座をやってきましょう。

今日のテーマは「フロントバランスのメタルジグ」について。

メタルジグには重心バランスというものがあり、これによってアクションや使い勝手に大きく影響を与える。

フロントバランスのメタルジグはジグの頭付近・ボディ前方に重心が来るように設計されているものになる。

キャスティングが必須となるショアジギングにおいては、フロントバランスのジグはアイテム数が少なく、少し癖があったりする。

今回はフロントバランスのジグの特性やアイテム毎の使い勝手・アクションの質などに触れながら紹介していく。

全て実費を払って購入し、実釣にて魚を掛けて使用感をチェックしてあるのでアイテム選びの参考になったらうれしく思う。

それじゃあ早速フロントバランスのメタルジグについて、ショアジギング講座を始めていこう。

▼【おすすめ記事】使用感・特性別おすすめジグ一覧ページ

ライトショアジギング 釣果【使い方・特性別】ショアジギング用おすすめジグ一覧ページ

フロントバランスのメタルジグをショアジギングで使用するメリット

マイナーなフロントバランスのメタルジグだが、ショアジギングで使用するメリットはどこにあるのか?

私なりの考え方を紹介しておこう。

ジャークに対するレスポンスが高い

フロントバランス メタルジグ メリット

フロントバランスのメタルジグの特性として、ロッドアクションを与えた時にジグが水平方向を向きやすいメリットがある。

これによって簡単にジグを滑走状態にしやすくなり、食わせのタイミングを演出しやすい。

また、ショアジギングではルアーをキャストするので、ラインが水面から斜めに入り込むことになる。

だからセンターバランスのメタルジグを使ったとしても、ラインの抵抗によって若干尻下がりの姿勢になりやすいんだよね。

この点においてもフロントバランスのジグを使うことで、センターバランスのジグよりもより水平に近い状態を作りやすくなる。

高速巻きや潮が走っている状況への対応力

メタルジグは重心位置が後方にあるほど、ジグをスイミングさせた時にテールスイング(ウォブリング)が出やすくなる。

メタルジグ 重心 アクション

これにより、特に後方重心のメタルジグはただ巻きした時にジグが泳ぐ感触が手元に伝わりやすいメリットはある。

一方で速い速度でリールを巻いたり、払い出す潮に乗せて使った時はジグが大きく暴れすぎてしまったり、回転してしまって魚に違和感を与える原因になることがある。

こういう状況下においてフロントバランスのジグは非常に優れた使い勝手を誇り、スイミングさせるとロール中心のナチュラルな動きを見せるものが多い。

フロントバランスのメタルジグは速い巻きや潮が走っている状況下で使用してもアクションが破綻しにくく、安定した使用感を誇るメリットがある。

浮き上がりにくい

フロントバランスのメタルジグは水平状態をキープしやすく、ジャークで使用すると狭いレンジで誘いを掛けやすいメリットがある。

レンジキープを強く意識したい時は、ジャーク後にラインテンションをしっかり抜くのがコツ。

この特性を利用して活性が低くて底付近にへばりついている青物を狙い撃ちしたりと、浮き上がりにくさを活かすことで攻略の幅は広がる。

フロントバランスのジグのデメリット

一方でフロントバランスのジグにはデメリットがあり、状況によっては他のジグとの使い分けが必要な場面もある。

横風・向かい風に対して弱い

フロントバランスのジグは綺麗にキャストするのが難しいアイテムもある。

無風時や追い風の状況なら、上手にキャストすればセンターバランスのジグと大差なく飛ぶものも存在している。

しかし、風が吹くと安定して飛ばすのはかなり難易度が高くなり、特に横風の時はジグがグルグルと回転しやすくなるから要注意。

ジグによって風の影響の受け具合は違うので、アイテムを選ぶ時は飛距離の安定度などもチェックしておきたいところ(おすすめアイテム解説の時に紹介します)。

センターバランスのジグとうまくローテーションさせよう

フロントバランスのジグは緩急をつけた誘いや、ゆったり系の大きなジャークで良さを発揮しやすい。

しかし、今紹介したように風への対応力が低いので、状況によってはフロントバランスのジグだけでは対応しにくいことがある。

フロントバランス センターバランス 使い分け

こういう時は、フロントバランスのジグに近い使用感を持つ「センターバランスのジグ」とローテーションさせるのが私のおすすめだ。

センターバランスのジグには風に対して強いものがあったり、フロントバランスのジグに近いアクションをするものも存在しているからね。

フロントバランスのショアジギング用おすすめメタルジグ!

ここからは実際に私が使ってきたフロントバランスのおすすめジグについて、実際の使用感とあわせて紹介していこう。

オーナー 撃投ジグレベル

撃投ジグレベル

どちらかというと青物狙い向けのショアジギング用ジグになり、オールラウンドに使えるフロントバランスのジグとして最もおすすめなのが撃投ジグレベル。

撃投ジグレベルは若干ロングなボディ形状により、フロントバランスらしく

  • ジャークに対する高い追従性・滞空時間
  • 良く動く水平フォール
  • 飛距離

これらのバランスが非常に良くて使いやすい。

撃投ジグ レベル 釣果

また、形状の割には上手に投げればセンターバランスのジグと大差なく飛距離が出せ、多少の向かい風位なら何とか使える(風が強くなるとセンターバランスとの差は大きくなる)。

フロントバランスのジグとしては飛距離も優秀な分類で、自在なジャークや緩急をつけた巻きで青物をメインに狙いたい方におすすめ!

▼【関連記事】撃投ジグレベルの詳しいインプレッションはこちら

ショアスロー 専用ジグ 必要性オーナー 撃投ジグレベルをインプレ。アクションの質・使い方のパターンを詳しく解説!

ジャッカル ビッグバッカージグスライドスティック

スライドスティック

2つ目はジャッカルのビッグバッカージグスライドスティック。

撃投ジグレベルよりも安定して飛ばすのが難しいという欠点はあるが、

  • ジャーク後の滑走距離
  • フォール中の高速ローリング

この点においては軽快に・超よく動く特性を持っている。

スライドスティック 青物

扱いやすさ・全体のバランスという点では撃投ジグレベルに軍配が上がるが、ロングジャークや強めのジャークでジグをかっ飛ばして使いたい方にはビッグバッカージグスライドスティックがおすすめ。

▼【関連記事】ビッグバッカージグスライドスティックの詳しいインプレッションはこちら

スライドスティックジャッカル ビッグバッカージグ スライドスティックをインプレ。ジャークで誘う滞空時間抜群のスリム系ジグ!

オーナー 投次郎

オーナー 投次郎

撃投ジグレベルやビッグバッカージグスライドスティックとは違い、ずんぐりしたスロー系のメタルジグが投次郎というメタルジグ。

両者がジャークに対する飛びを意識しているのに対し、投次郎は小刻みなジャークへのレスポンスとコントロールしやすさがポイント!

小刻みなジャークでも簡単にジグを水平方向に向けやすく、低速~高速リトリーブでもアクションが破綻しにくくてきっちり動いてくれる。

投次郎 釣果

なのでヒラメやハタ・マダイなども視野に入れた五目ショアジギングや、スローな誘いからの高速引きで青物の捕食スイッチを入れたりすることができる。

また、コンパクトボディなので飛距離の不安定さはかなり目立ちにくく、フロント重心のメタルジグの中では非常に良く飛ぶのもグッドポイントだ。

▼【関連記事】投次郎の詳しいインプレッションはこちら

オーナー 投次郎オーナー投次郎をインプレ。青物狙い~底物狙いまで対応のショアスロー対応ジグ!

フロントバランスとのローテーションにおすすめなセンターバランスのメタルジグ

最後に、フロントバランスのジグよりも安定して飛ばしやすく、持っておくと役に立つアイテムを紹介。

リトルジャック メタルアディクト05

メタルアディクト05

メタルアディクト05は超細身のセンターバランス設計のメタルジグ。

ビッグバッカージグスライドスティックをさらに細くしたような見た目だけど、実際に使ってみると飛距離の安定度は桁違い。

空気抵抗が極端に小さく、後方重心のリアバランスのメタルジグと遜色なく飛ぶくらいだ。

メタルアディクト05 釣果

ジャークに対する飛びやフォール姿勢はフロントバランスのジグに近いものを持ち、マイナーなジグながら非常に使いやすくて重宝している。

アクション自体はナチュラルで、全速力での高速巻きでもジグのバランスが崩れにくく、スローな誘いに食ってこない青物を無理やりバイトさせたり・・・・。

フロントバランスのジグが投げにくい方や、少し風が強い時のローテーションとしておすすめだね!

▼【関連記事】メタルアディクト05の詳しいインプレッションはこちら

青物 ショアジギング メタルジグリトルジャック メタルアディクト05をインプレ。キレッキレのアクションと抜群の飛距離!

オーナー 投技ジグ

投技ジグ

投技ジグもセンターバランス設計のスリム系のメタルジグだ。

フロントバランスのジグよりも滑走幅やフォール中の滞空時間・浮き上がりにくさは若干劣る。

しかし、スリム形状を活かした潮抜けの良さは速巻きや大きめのジャークに対する使いやすさにつながっており、私のお気に入りジグの1つだ。

投技ジグ 釣果

メタルアディクト05よりもアクション・使用感におけるセンターバランス感は若干強めかな。

飛距離に関してはメタルアディクト05よりも若干劣るが、フロントバランスのジグよりは風に対する対応力は高くて使いやすいぞ。

▼【関連記事】投技ジグの詳しいインプレッションはこちら

投技ジグオーナー投技ジグをインプレ。センターバランスで良く動く!操作するのが楽しいスリム系ジグ

まるなか

ショアジギングについて知りたいことがあったら「ショアジギング講座一覧」を参考にしてね!

おすすめ関連記事!

▼【おすすめ記事】使用感・特性別おすすめジグ一覧ページ

ライトショアジギング 釣果【使い方・特性別】ショアジギング用おすすめジグ一覧ページ

▼ショアジギング初心者の方におすすめなジグと選び方を徹底解説!

ショアジギング初心者におすすめなメタルジグはコレ!実釣比較で詳しく解説【魚種問わずオールラウンド】

▼ショアジギングのジグカラー選びの基本を解説

ライトショアジギング メタルジグ カラーショアジギングに使うメタルジグのカラー選びとは。選び方の基本・揃え方の例を解説!

▼【実釣比較!】ただ巻きにおすすめなメタルジグを紹介

ライトショアジギング フック 大きさショアジギング用ただ巻きにおすすめなメタルジグはコレ!実釣比較で選び方と合わせて解説

▼ショアジギングに使うハンドルノブ選び

ショアジギング ハンドル おすすめショアジギングにおすすめなハンドルノブ選びを基礎から解説。快適性が大きく変化!【形状・大きさ】

ショアジギング講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です