オーシャンルーラーガンガンジグをインプレ。使い方・実際の使用感を掘り下げて解説!

ガンガンジグ インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はオーシャンルーラーの魚種問わず使えるオーソドックス系なメタルジグを紹介。

ガンガンジグというセンターバランス・若干スリムボディが特徴のメタルジグをインプレッション。

 

ガンガンジグはジャーク・巻き・フォールといった基本アクションに対する使い勝手の良さがキッチリ備わっており、変な癖がないので誰にでも使いやすい系のメタルジグ。

どちらかというと若干おとなしめでナチュラルな動きになるかな。

 

アクションの質や使用感について詳しくインプレしていくので、アイテム選びの参考になったらうれしく思う。

ガンガンジグのスペック・ラインナップ

オーシャンルーラーガンガンジグについて、ランナップを簡単に紹介。

  • 重量:20g、30g、40g、60g(ガンガンジグⅡ-Wのみ)
  • 重心設定:センターバランス

 

ガンガンジグにはバリエーションがあり、フックセッティングと重量ラインナップが若干異なる。

ガンガンジグショット

ガンガンジグショット

ガンガンジグショットはフロントシングル+リアにトリプルフックが搭載されたモデル。

青物・ヒラメなどターゲット問わずに使うのに最適なセッティングになっている。

ウェイトは20g、30g、40gが展開。

ガンガンジグⅡ-W

ガンガンジグⅡ-W

リアフックは無し、フロントにダブルのアシストが搭載されているガンガンジグⅡ-W。

主に青物狙いで使いやすいセッティングで、20g、30g、40g、そして60gがランナップされている。

 

ガンガンジグのカラーラインナップなどは「オーシャンルーラーHP」を参考にどうぞ。



ガンガンジグを「サクッと」インプレ!

ガンガンジグ インプレッション

実際にガンガンジグを使ってみての使用感・特徴を簡単にまとめておこう。

  • 飛距離:オールラウンド系ジグの中では非常に優秀!
  • 沈下速度:平均~若干速め
  • フォール姿勢:水平姿勢+ロールアクション
  • アクション:若干控えめなロール系アクション。潮抜け良好
  • 使い方:巻き・ジャーク・落とし込みとオールランド。早巻きにも対応
  • ターゲット:青物・ヒラメなど、回遊魚~底物まで使える

 

ガンガンジグの特性を紹介するとこんな感じで、オールラウンド系ジグとしては「非常に優秀な飛距離+若干おとなしめなアクション」というのが印象的かな。

大きく動くメタルジグを探している方にはあまりおすすめできないが、ナチュラルな操作感が好きな方にはマッチするアイテム。

ガンガンジグの飛距離

ガンガンジグの良さの1つが、その飛距離にある。

センターバランスながら安定した飛行姿勢!

ガンガンジグは若干スリム系のセンターバランス設定のメタルジグになる。

ガンガンジグ 飛距離

センターバランスのジグは各社から発売されているが、特に風が吹いた状況下だとペラペラしてしまって飛ばないものも意外とある。

 

そんな中、ガンガンジグは非常にキャスタビリティに優れた性質を持つ。

私が使用したのは20gと30gのモデルだが、20gを無風時に使って80m後半~90m+α程度の飛距離が出せる(ラインの色分けで確認)。

 

1~2mほどの弱い追い風が吹くと、90m後半~100m前後まで飛距離が伸びる。

このキャスタビリティは実際に使ってみると非常に心地良く、センターバランスのジグの中でも非常に優秀なのは間違いない。

悪条件にも強い

レスポンス重視のセンターバランスのジグは比較的平たい形状をしているものが多い。

ガンガンジグ 飛行姿勢

一方でガンガンジグは「若干スリム形状+ボディに程よい厚みを持たせた設計」になっており、このボディバランスが非常に良い仕事をする。

 

悪条件時にグルグル回りやすい特性を持つセンターバランスのメタルジグだが、このジグはしっかりロッドを曲げてキャストすれば多少の風は殆ど影響がない。

それでいて、後方重心のアイテムやスリム系の空気抵抗が小さいジグとは使用感が異なっているのがこのジグの良さ。

ガンガンジグは「平たい系のセンターバランスのジグと、スリムなジグの中間的な使用感」を持ち、間を埋めることができる存在。

 

だから魚種問わずに使うことができ、使い方の自由度も比較的高くて使い勝手は良好だ。

 

ガンガンジグの飛距離については不満はなく、むしろ予想以上によく飛んだので良い意味で期待を裏切られた。

フォール姿勢など

ガンガンジグはセンターバランスのメタルジグで、フォールアクションもかなり良さげ。

水平姿勢のフォール

ガンガンジグのフォール姿勢だが、水平気味の姿勢で落ちていく。

フォール速度は青物~底物問わず使える程よい速度だが、ジグ全体でみれば平均よりもわずかに速めかな。

ガンガンジグ フォール

フォール中はボディセンターに肉厚を持たせた形状によって鋭くロールし、キラキラとフラッシングする。

フォール中のスライドはそこまで大きくないが、ロールアクションがしっかり出るのでアピール力は十分な印象だ。

一瞬テンションを抜くと動きが活きる

ガンガンジグのようなセンターバランス系のジグはフォールに入る前、一瞬でもいいのでラインテンションを抜くと良い。

その方がフォール中のロールアクションのキレが増すし、フォールに入る時の滑走・タメがより活きてバイトチャンスが増やせる。



ガンガンジグの使い方・アクションの特徴など

ガンガンジグ 使い方

私なりのガンガンジグの使い方やアクションの質について、少し詳しく紹介していこう。

基本的には特に特定の使い方に特化したタイプのジグではないので、色んな誘いをコンビネーションさせて使った方が良い。

ただ巻き

ガンガンジグはただ巻きで使うとナチュラルに動くタイプのジグ。

アクション自体はスローな巻きでも立ち上がるが、大きくテールを振るものではない。

 

比較的ナチュラルなロール中心の動きで、ピッチは若干遅め。

なので早巻きで巻いてもジグがバタバタ暴れにくく、潮抜けが良いので潮が速めに流れている状況下でも動きが破綻しにくい特性を持っている。

 

ただ巻きで使う時はひたすら巻くだけでは若干動きが単調になりやすいので、ハンドル数回転~10回転ほどにつきフォールを入れたり。

また、「ジャーク→フォール→ただ巻き→フォール・・・」といったように、ただ巻きとジャークをワンキャストの中に混ぜるのも魚の反応は良い。

 

他にも高速なジャカ巻きで魚に追尾させてスローな巻きで食わせてみたりと、ただ巻きを色々アレンジすることで使い方の幅が広がるジグだね。

ジャーク(1/2・ワンピッチなど)

センターバランスで癖がないガンガンジグはジャークに対するレスポンスも良好。

ジャーク時の飛びはスリム系ジグよりもおとなしく、使い分けが可能だ。

 

対応速度は幅広く、ヒラメなどを狙う時に使うことが多い、小刻み・スローなジャークでも使える。

ロッドをチョンチョンと最小限の動きで弾きつつ、リーリングの緩急で動かす感じで。

 

一方で少し速めのジャークでテンポよくジグを持ち上げたり、少し大き目のワンピッチジャークでジグをある程度飛ばす使い方もできる。

ロングジャークで使うにはもう少しスリム+ロング系のジグが良いと思うが、極端な使い方以外ならオールラウンドに対応できるね。

ジャカ巻き

主に活性が高い青物をテンポよぐ探る時や、遅い動きを見切ってくる状況下で効果的なのがジャカ巻き。

 

引き抵抗が軽くて潮抜けがほどほどに良いガンガンジグなので、ジャカ巻きで使うのもおすすめだ。

私の場合はハンドル3回転~10回転くらいに対してピタッとリーリングを止めてフォールを入れるパターンが多く、フォール中のバイトやフォール後のアクション開始直後にバイトが出るパターンも目立つ。

 

速めのリトリーブで動かしてもアクションが破綻しにくいのはありがたいね。

ガンガンジグに適したターゲット

ガンガンジグ 青物 釣果

ガンガンジグに適したターゲット&このジグの位置づけについて、少し紹介しておこう。

青物狙いのショアジギング

青物狙いにおけるガンガンジグだが、飛距離・アクションの大きさ・潮抜けを具合的に見ると、かなりオールラウンドに色んな状況で使えるアイテムだと感じる。

なのでセンターバランス系のジグとしては、ベースとして使えるアイテムじゃないかな。

青物狙いの場合は底物狙いの時よりも誘いが速くなることが多く、若干動きが抑え目なジグの方が使い勝手が良いことも多いからね。

 

より大きくアクションするジグが欲しいなら少し平たい系のジグを選び、ジャークで大きく飛ばして使いたいなら細身のスリム系ジグとローテーションすると良い。

ヒラメなど底物狙い

ヒラメなどの底物狙いにも使えるガンガンジグだが、位置づけとしては若干ナチュラル・弱めのジグになる。

潮が速い時や少し深い水深を攻める時は、アピール力が高い潮受けが良いジグだとアクションが大きくなりすぎてしまい、使いにくいことがある。

こういう時にガンガンジグは特に使いやすいアイテムになるはずだ。

 

逆に言うと、ヒラメ用ルアーでよく見られるような大きくバタバタ動く操作感が好きな方の場合、ガンガンジグだと少し波動が弱いと感じるかもしれない。

この辺りは個人の好みによる部分も大きいので、最終的には自分が気持ち良く使える操作感のものを優先的に選ぶと良い。

基本的に底物狙いの場合はジグによる釣果の差は出にくく、魚の有無や時合い的な要素が大きいからね。

 

 

オーシャンルーラーガンガンジグのインプレッションはこんな感じで、センターバランスのジグとしては「非常に優秀な飛距離と潮抜け良好な若干ナチュラル気味のアクション」が特徴的。

青物・底物問わずにオールラウンドに使えるアイテムなので、1つのジグでターゲット問わずに攻略したい方にもすすめだ。

おすすめ関連記事!

▼メタルジグのアシストフックの作り方を徹底解説!

アシストフックの自作の為の必要な知識・作り方を徹底解説!

2019年2月10日

▼ショアジギングに使うメタルジグの形状・重心バランスの選び方を紹介

メタルジグ 釣果 影響

ショアジギングに使うメタルジグの重心バランス・形状の使い分けとは?【釣果に差が出る】

2020年7月6日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です