ショアジギング用リアバランスのおすすめメタルジグを実釣比較で紹介!【使用感・使い方別セレクト】

ショアジギング リアバランス おすすめ メタルジグ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回も恒例のショアジギング講座をスタートしていきましょう。

 

今日のテーマは「ショアジギング用リアバランスのメタルジグ」について。

 

リアバランスのおすすめメタルジグを、実際の使用感や使い方に合わせて紹介!

ここで紹介するアイテムは全て実際に購入して使用感をチェックし、魚を掛けて反応を見たものになる。

 

同じリアバランスのジグといってもアイテムによってアクションの特性が違い、当然使い勝手も変わってくる。

この辺りについても触れながらアイテム紹介をしていくので、自分の使い方や求める要素にマッチしたジグを探す時の参考にしてもらえたら嬉しく思う。

 

それじゃあ早速本題へと話を進めていこう!



ショアジギングに使うリアバランスのジグを選ぶ時のポイント

まずはいきなりおすすめジグを紹介するのではなく、リアバランスのジグを選ぶ時の私なりのポイントについて紹介しておこう。

自分の中でジグを分類して基準を作ることにより、アイテム選びに無駄を無くせるはずだ。

 

私の場合、ショアジギングに使うリアバランスのジグは

  1. 主に青物狙い向きの中速~ハイピッチアクション向け
  2. ただ巻きやクイックなジャークアクション向け(強波動で泳ぐもの)
  3. リアバランスながらフォールバイトが拾いやすいもの

 

ざっくり分類すると、このような3種類に分けて考えている。

青物狙いの中速~ハイピッチアクション向けのジグ

リアバランス メタルジグ 選び方

リアバランスのジグは垂直方向に素早くフォールする事が多く、アクションを与えると素早く上方向に持ちあがりやすい性質を持っているものが多い。

 

ロッドアクションを与えた時の滑走幅は狭めだが、その分速いピッチの誘いに対して追従性が高いアイテムも比較的多いのがリアバランスのジグ。

センターバランスやフロントバランスのジグは滑走距離が長い分、強めかつ速いジャークで使用するとジグのアクションが乱れてしまい、操作感が変になって非常に使いにくいことがある。

 

青物狙い向けのジグは細身で鋭く・大きくアクションし、フォールに入る時にバックスライド気味にイレギュラーに動くものを選んだ。

ただ巻きや小刻みなアクション向けのジグ

2つ目は、リーリングによる巻きや小刻みなロッド操作で使いやすいタイプのジグだ。

リアバランス ジグ 波動

主にかなり強い波動でスイミングするものや、速い誘いで使うとバタバタと大きく暴れやすいジグがこれに該当する。

ジャーク後の滞空時間は短めのものが多く、スローな誘いで使うよりも巻きや連続的なジャークで操作するのに向いている。

 

ターゲットとしては青物・底物狙いオールラウンドに使え、波動が強いので初心者の方でも操作感が手元にハッキリ伝わりやすいメリットがある。

フォールバイトが比較的狙いやすいもの

3つめはリアバランスのメタルジグながら水平に近い姿勢でフォールし、フォールスピードが速くなりすぎないもの。

リアバランス スロー

リアバランスのジグは尻下がりで一直線に沈下しやすいものも多いが、最近は水平気味の姿勢を保ちやすく設計されているものも存在する。

 

主にスローな誘いを混ぜて使用したり、ヒラメやハタなどの底物狙いを強めに意識したい方におすすめなアイテムになる。

青物狙いのショアジギングにおすすめなリアバランスのメタルジグ

まずは主に速めのピッチの誘いで使いやすく、海中で大きく・鋭いアクションを見せるリアバランスのジグから。

メジャークラフト ジグパラジェット

ジグパラジェット

まずは、メジャークラフトのスリム系リアバランスのジグがジグパラジェット。

 

アシストフック+リアトリプルフック標準装備で、ショアジギング初心者の方にも使いやすいアイテム。

ジグパラジェット 青物

スリム形状で潮抜けはほど良く、巻き・ジャーク・バックスライドフォールと比較的オールラウンドに使いやすい。

低速の巻きでも使用できるが、私としてはこういう形状のジグは中速~ハイピッチアクションで使用することが多い。

 

「青物狙いに使うリアバランスのジグはどんなものを選んだらいいのか分からない」という方は、まずはジグパラジェットから使ってみるのもおすすめだ。

▼【関連記事】の詳しいインプレッションはこちら

ワカシ ツバス フックセッティング

メジャークラフトジグパラジェットをインプレ。使用感・使い方を詳しく解説!【飛距離抜群】

2020年8月17日

オーナー 撃投ジグエアロ

撃投ジグ エアロ

撃投ジグエアロも若干スリム形状をしているリアバランスのメタルジグ。

ジグパラジェットよりも扁平していてエッジが立ったボディ設計になっており、アクションを加えた時のバタバタ感やフラッシング・バックスライドのキレはこちらが上。

 

しかし、フックが標準装備されていないので自分でセットする必要があり、フックセッティングによってはフックがリーダーを拾いやすいことがある。どちらかといえば中級者以上向きのジグかな。

撃投ジグエアロ ワカシ

アクションをキレを活かすために基本的にはリアフックは無し、フロントのアシストフックオンリーで使うのが私のおすすめだ。

撃投ジグのシリーズの中では強い波動のテールスイングを見せ、速いピッチのジャークに対する追従性は非常に優れているぞ。

▼【関連記事】の詳しいインプレッションはこちら

撃投ジグ エアロ

オーナー 撃投ジグエアロをインプレ。使い方・アクションの質を詳しく解説!

2020年9月21日

シマノ コルトスナイパーイワシロケット

イワシロケット

3つめはシマノのコルトスナイパーイワシロケット。

 

アクションの波動は若干弱めで、撃投ジグエアロと比較すると小刻みでナチュラルな性質を持っている。

引き抵抗も軽めの設定だ。

イワシロケット ワラサ

主に大きめの中速以上のジャークで使用するのが私としてはおすすめだが、欠点としては塗装強度がとにかく弱いこと。

最近のジグの中では非常に塗装が脆く、石や堤防にジグが当たるとベリベリとホロが剥離してしまう。

 

使い勝手は悪くないだけに、使用する時はウレタンコートで塗装強度をUPさせるのが望ましい。

▼【関連記事】の詳しいインプレッションはこちら

イワシロケット インプレ

シマノコルトスナイパーイワシロケットをインプレ。抜群の飛距離と軽快な使用感が特徴!【欠点もあり】

2020年8月1日



ただ巻き・クイックなジャークにおすすめなリアバランスのメタルジグ【強波動系】

次に紹介するのは、かなり強めの波動でアクションするハイアピール系のリアバランスのおすすめメタルジグだ。

ジャッカル ビッグバッカージグ

ビッグバッカージグ

リアバランスの強波動系のメタルジグとして最初におすすめなのが、ジャッカルのビッグバッカージグ。

比較的コンパクトなボディ形状で楽にロングキャストでき、飛行姿勢の安定度は十分。

ウェイトラインナップも10gからと豊富で、メッキやカマスなどを狙うライトゲームから対応できる。

ビッグバッカージグ メッキ

 

アクションはただ巻きでもかなりワイドに・強力なテールスイングを見せる。

 

ジャークに対しては滑走距離は短めだが、その分クイックな連続ジャークに対する追従性は良好。

角ばったボディなのでフラッシングも強く、アピール力は非常に高い特性を持っているぞ。

▼【関連記事】の詳しいインプレッションはこちら

ビッグバッカージグ

ジャッカル ビッグバッカージグの使い方・インプレ。飛距離と波動に特化した強アピール系ジグ!

2020年9月22日

ハヤブサ ジャックアイエース

ジャックアイ エース

2つめのおすすめジグはハヤブサのジャックアイエース。

全体的な性質はビッグバッカージグに似ているが、ジャックアイエースの方がアクションは柔らかくて若干ナチュラルな印象がある。

 

このジグも後方重心で比較的コンパクトなボディを持ち、飛距離に関してもかなり優秀だ。

ホロの輝きもかなり高く、塗装強度も比較的優秀なのもおすすめポイントだね!

ジャックアイエース カンパチ

ギラギラとイレギュラーなフラッシングで誘うビッグバッカージグと良いのかは、正直言って好みによるところが大きいかな。

▼【関連記事】の詳しいインプレッションはこちら

ジャックアイ エース

ハヤブサ ジャックアイエースをインプレ。ハイアピール&テンポの良い誘いにおすすめなメタルジグ!

2020年8月28日

ジャクソン ギャロップロングキャスト

ジャクソン ギャロップアシスト ロングキャスト

3つめはギャロップロングキャスト。

ビッグバッカージグとジャックアイエースとは少し特性が違い、若干スロー系のジグの要素を持っているので次で紹介するのか迷ったアイテム。

 

後方寄りの重心設定+かなり小粒でツルッとしたボディ形状がギャロップロングキャストの特徴になる。

 

アクションの質としては、ただ巻きではナチュラル気味のテールスイングをみせてレスポンスも良好だ。

上の2つのジグよりもアピール力はやや弱めになる。

ギャロップ ロングキャスト マゴチ

ジャークに対してはクイック・滑走距離は短めながら程よく滞空時間があるので、少しテンションを掛けてフォールさせればフォールバイトも狙える設計になっている。

素早いフォールで沈下する上の2つのジグと次に紹介するスローフォール系のジグのちょうど中間的な存在で、魚種問わずにオールラウンドに使えるおすすめジグだ。

▼【関連記事】の詳しいインプレッションはこちら

ジャクソン ギャロップアシスト ロングキャスト

ジャクソン ギャロップアシストロングキャストをインプレ。飛距離だけじゃない!高い対応力のメタルジグ

2020年7月7日

フォールバイトが狙いやすいリアバランスのメタルジグ【スロー系】

ラストはリアバランスながらスローな誘いにも使いやすく、フォールバイトが拾いやすいアイテムを紹介していこう。

ZEAKE Sビット

Sビット

Sビットは一般的なメタルジグとは少し変わった形状をしている左右非対称形状のショアジギング対応アイテム。

 

スプーンのような形状により、ただ巻きではヒラヒラとワイドに・柔らかく泳ぎつつ水平気味のフォール姿勢が特徴になる。

 

センターバランスのジグが多いショアスロー系メタルジグだけど、Sビットの場合は後方重心なので飛距離に関しては圧倒的に楽に飛ばしやすい。

Sビット ハタ

青物狙い以外にも底物狙いに使うのもおすすめで、スローな誘いでもしっかり動くリアバランスのジグが欲しい方におすすめだ。

▼【関連記事】の詳しいインプレッションはこちら

Sビット

ZEAKE Sビットの使い方・実釣インプレッション!【青物・ヒラメ何でも対応】

2019年9月3日

ダイワ サムライジグスロー

サムライジグ スロー

2つめはダイワのサムライジグスロー。

Sビットと同じくショアスロー対応メタルジグだが、アクションの質としてはサムライジグスローの方がイレギュラーに動いてクイックなアクションをする。

ショアスロー 青物

ヒラヒラと滑らかなアクションという点ではSビットに劣る一方、小刻みなジャークや速めの誘いに対するレスポンス良さはサムライジグスローの方が上かな。

 

コンパクトボディでセンター後方に重心が集中しているボディ形状の為、飛距離もかなりぶっ飛び!

▼【関連記事】の詳しいインプレッションはこちら

サムライジグ スロー

ダイワ サムライジグスローをインプレ。超小粒で速めの誘いにも対応できるショアスロー系ジグ!

2020年8月9日

クレイジーオーシャン リジェット

リジェット

3つめはクレイジーオーシャンのリジェットというメタルジグだ。

リジェットはリアバランスのジグとしてはかなり平たいボディ形状をしており、スローな誘いに対するアクションの立ち上がりや浮き上がりの良さが特徴になる。

 

Sビットやサムライジグスローよりも、更にスローな巻きやゆったりとしたジャーク・リフトフォーで使いやすいと感じる。

リジェット 釣果

アクションの質は大きめのピラピラしたテールスイングを見せ、フォールは水平気味の姿勢で海中を滑るように動くがロールアクションは控えめだ。

▼【関連記事】の詳しいインプレッションはこちら

リジェット

クレイジーオーシャンリジェットをインプレ。ただ巻きでは強く動き、フォール・飛びのバランス良好!

2020年10月29日

 

リアバランスのショアジギングにおすすめなメタルジグの紹介はこんな感じかな!

アイテムによってアクションの質が違い、得意な使い方も変わってくる。

 

自分が求める要素に合わせたアイテム選びの参考にしてもらえたら嬉しいね!

まるなか
ショアジギングについて知りたいことがあったら「ショアジギング講座一覧」を参考にしてね!

おすすめ関連記事!

▼ショアジギング初心者の方におすすめなジグと選び方を徹底解説!

ショアジギング 初心者 メタルジグ おすすめ

ショアジギング初心者におすすめなメタルジグはコレ!実釣比較で詳しく解説【魚種問わずオールラウンド】

2020年11月28日

▼ショアジギング用メタルジグのカラー選びの基本

ショアジギング メタルジグ 重さ 10g

ショアジギングに使うメタルジグのカラー選びとは。選び方の基本・揃え方の例を解説!

2020年11月3日

▼【実釣比較】飛距離が欲しい状況下におすすめなショアジギング用メタルジグを紹介!

ソウダガツオ ルアー ショアジギング

ショアジギングで飛距離が欲しい時のおすすめメタルジグはコレ!実釣比較で選びぬき

2020年11月24日
ショアジギング講座

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です