【全て実釣セレクト】スーパーライトショアジギング用メタルジグの選び方・おすすめアイテムはコレ!

スーパーライトショアジギング メタルジグ おすすめ

さてさて、今回はスーパーライトショアジギングに使うメタルジグについて。

  • どんな風にメタルジグを選んだらいいのか?
  • 使い易いおすすめアイテムはどれか?

 

このような質問が結構多いので、私なりの考え方や好んで使用しているメタルジグを紹介しておきます。

どれも実績がキチンとあり、特性による適したシチュエーションなども解説していくので、出かけるフィールドに合わせて選んでもらえたら嬉しい。

それじゃあ早速本題へと話を進めていこう。



スーパーライトショアジギングに使うメタルジグのバランス・形状選び

スーパーライトショアジギング メタルジグ バランス

スーパーライトショアジギングに使うメタルジグを選ぶ際、まず最初に注目しておきたいのがメタルジグのバランス・形状になってくる。

これによって「飛距離・引き抵抗・フォール姿勢・浮き上がりやすさ」などが変わってくることになる。

正直言ってハタやヒラメ等底物を狙う時は、メタルジグの種類で釣果が大きく変わることは殆ど無い。底潮が通っていて、目の前に「それっぽい何か」が落ちてくれば普通に釣れるからね。

しかし、ジグの特性による使い易さには差があるので、使用するフィールドの状況によって適したメタルジグを選ぶことに意味はある。

基本はセンターバランス~若干後方寄りのジグをベースに

メタルジグ バランス

スーパーライトショアジギングに使用するメタルジグのバランスだが、基本的には水平姿勢でフォールしていくメタルジグをベースに選ぶと良い。

真下にストンと高速で落ちるメタルジグの場合、活性が低い青物やハタやヒラメ等はジグの動きについていけない場合があるからね。

スーパーライトショアジギングに限らず、ジグのフォール中というのは最大のバイトチャンスになってくるので、フォールで食わせられるジグを選ぶのが私の場合は基本かな!

なので、メタルジグのバランスはセンターバランス寄りの物がオールマイティーに使い易い。

また、最近は飛距離とフォール姿勢を両立している後方重心のメタルジグもあり、よく飛んでフォールで食わせることもできておすすめだ(後で詳しく紹介します)。

リアバランスのジグは抑え程度に揃える

リアバランスでフォール速度が速いジグもあるが、これらは最低限揃えておけば十分。

私の場合は持ち歩くボックスの中に1~2個程度入っているだけで、潮がカッ飛んでいる時などに使う位。

潮が速い時などはメタルジグを重たくするのも選択肢の1つだが、ジグの重さを変えるとフィーリングが大きく変わってしまう欠点がある。

なので私の場合は重さを変える前に、使うジグの重心バランスを変えて見たりして対応することが多い。

メタルジグの重さを選ぶ

スーパーライトショアジギング 重さ

スーパーライトショアジギングに使用するメタルジグの重さだが、基本は15gをベースに使うと汎用性が高い。

目安は10g~20g

スーパーライトショアジギングで青物や底物を狙うのであれば、シンプルなメタルジグの重さの考え方はこんな感じだ。

  • 10g:軽めに分類され、水深が非常に浅い場所や水面直下を攻める時専用
  • 15g:港湾~サーフまでオールラウンドに使える
  • 20g:15gでは底取りが難しい深場や、潮が速いフィールドで使う

 

簡単にまとめてみると私の場合はこんな感じで重さの使い分けを考えている。

これからスーパーライトショアジギングに挑戦するのであれば、まずは15gを中心に揃えてみると良い。

※より詳しく知りたい方は別に記事があるので、そちらを参考にどうぞ。

▼スーパーライトショアジギング用メタルジグの重さの使い分けを詳しく解説!

スーパーライトショアジギング メタルジグ 重さ

スーパーライトショアジギング用メタルジグの重さの決め方の基礎基本

2019年9月26日

カラーの選び方

メタルジグのカラーは個人の好みによる部分もかなり大きい。

楽に分類するのであれば、細かいカラーで分けるのではなくベースカラーで揃えるのがおすすめ。

スーパーライトショアジギング カラー

例えば、このメタルジグの場合はいわゆるブルピンと言われるカラーだが、シルバーベースと考えてシルバー系に分類する。

私の場合は

  • シルバー系
  • ゴールド系
  • グロー系

 

こんな感じでメタルジグを3種類に大きく分類して揃えるようにしている。始めのうちはこんな感じで楽に考えれば十分で、実釣の中で好きなカラーが出てきてから少し細かく揃えていけばいい。

シルバー系

シルバー系 メタルジグ

シルバーベースのメタルジグは、日中や澄潮の時に使うカラーと考えておくと分かりやすい。

ベイトフィッシュの反射に近いカラーなので、どちらかというとナチュラル系だ。

ゴールド系

ゴールド系 メタルジグ

ゴールド系のメタルジグは、シルバー系よりも少しアピール力は強めな分類。

朝夕マズメや水が濁り気味の時などに好んで使っている。

グロー系

グロー系

グローが入っているメタルジグは、ジグ自体が発光するのでアピール力はかなり強い。

マズメの時はもちろん、ナイトゲームやグローが入っていないカラーで反応が無い時に入れてみると良い。特に底物狙いの時は先発で使用することが多いかな!

底物狙いは目立つカラーを中心に使う

底物 スーパーライトショアジギング カラー

カサゴやハタ、ヒラメ等の底物狙いのスーパーライトショアジギングの場合、メタルジグのカラーは基本的に良く目立つものを選んでおけば大体何とかなる。

例えば、グローが入っているものだったり、シルバーやゴールドベースのメタルジグなら派手なピンクなどが入っているものを選ぶといった具合だ。

基本的に底物系の魚はカラーへのこだわりは少なく、良く目立つものを選んでアピール力重視で探っておけばOK。

後は魚がの目の前にジグがしっかり入ること。そして底潮が通っていたり、ベイトが回遊していて魚の活性がある程度高いこと。

これらの条件がクリアできていれば、そこまで神経質にならなくても魚は食ってくる。



スーパーライトショアジギングで基本となるおすすめメタルジグ

まずは比較的どんな条件下でも使え、オールラウンドに使い易いメタルジグを紹介。

メジャークラフト ジグパラマイクロ

ジグパラマイクロ

左右非対称のセンターバランスのメタルジグ。

飛距離、引き抵抗の軽さ、水平フォール、スイミングのアピール力・・・・。

非常にバランスが良く出来ており、安定したアクションで誰にでもコントロールしやすいメタルジグ。

青物狙い~底物狙いまで、広く対応できるオールマイティなメタルジグだ。

DUO ドラッグメタルキャスト

ドラッグメタルキャスト

左右対称、若干後方寄りのバランスでカッ飛び系のメタルジグ。

ジグパラマイクロと並んでオールマイティーに使えるが、こちらの方がアクションの切れは若干上かな。

その分アクションの安定性ではジグパラマイクロの方が優れている感じがするので、どちらが好きかは好み次第だろう。

ジグパラマイクロとドラッグメタルキャストのどちらかを基準にスーパーライトショアジギングゲームを組み立てていくと、シンプルで分かりやすいかな!

▼ドラッグメタルキャストの詳しいインプレッション記事

ドラッグメタルキャスト

DUO ドラッグメタルキャストを実釣インプレッション!

2019年9月4日

amazon激安ジグ

amazonメタルジグ

パッと見はジグパラマイクロだが、よく見ると左右のバランスなどが違う感じがする激安なメタルジグ。

アシストフック+トリプルフック標準装備でコスパ抜群なので、根掛かりやすい場所でスーパーライトショアジギングをやる時に最適だ。

しかし価格が安い分、コーティングの質やフックセッティングのバランスなどはグレードが下がるね。

魚自体は全く問題なく釣れるので、初心者の方はまずこのメタルジグから挑戦してみるのもおすすめ!

使い分けでスーパーライトショアジギングを快適にするおすすめなジグ

スーパーライトショアジギングでベースになるジグは既に紹介した通り。

ここで紹介するジグは、釣りを快適にするために使い分けることで効果をより発揮しやすいアイテムになる。

ZEAKE Sビット

Sビット

飛距離抜群の後方重心設定だが、水平気味のヒラヒラフォールが特徴のメタルジグ。このメタルジグの特性としては、

  • 後方寄り+コンパクトボディでぶっ飛び
  • 浮き上がりにくく、レンジキープしやすい
  • 引き抵抗が若干大き目でワイドに泳ぐ

 

という特性がある。

つまり、風が強くて飛距離が落ちやすい場面で使用したり、ハタやヒラメ・カンパチなど海底付近に潜む魚をスーパーライトショアジギングで攻略したい時なんかに非常に使い勝手が良い。

私の場合、スーパーライトショアジギングは表層付近の青物を狙うよりも、ボトムを叩いて底物を狙う方が好きなので、Sビットは非常に良く使っている。

見た目はちょっと変わっているが非常に使い易いので、気になる方は手に取って使ってみて欲しい。

※ただし、パッケージから出した状態ではフロントフックがついていない(15g以下)ので、好みでアシストフックを付けたりする必要がある。

▼ZEAKE Sビットの詳しいインプレッション記事

サーフ スーパーライトショアジギング フック

ZEAKE Sビットの使い方・実釣インプレッション!【青物・ヒラメ何でも対応】

2019年9月3日

ジャッカル ビッグバッカージグ

ビッグバッカージグ

ビッグバッカージグは後方重心のメタルジグで、フォールはバックスライド気味でかなり速めに落ちる。

なのでスローなアクションやフォールで誘いを掛けるというより、縦方向の速めのアクションでリアクション的にバイトを狙うのに最適。

また、風が強い時や潮が速い状況下でもコントロールを失い難いので、こういうジグは最低限で良いので持っておくと役立つ時がある。

おすすめ関連記事

最後に、スーパーライトショアジギングの理解を深めるためにおすすめな記事を紹介。全て私の実釣経験に基づいて解説!

▼スーパーライトショアジギング使用するライン選びの基本!

スーパーライトショアジギング ライン選び

【実釣セレクト】スーパーライトショアジギング(SLS)用ラインの選び方・おすすめアイテムを解説!

2019年9月25日

▼スーパーライトショアジギングに使用するリールの選び方を解説!

スーパーライトショアジギング リールサイズ 適正

スーパーライトショアジギング用リールの選び方・私が使うおすすめアイテムを紹介!

2019年9月2日

▼ロッドの選び方やチェックポイントを解説!

スーパーライトショアジギング ロッド

スーパーライトショアジギングに適したロッド選びの基礎基本を解説【ロッドの種類・長さ】

2019年9月28日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です