サーフヒラメ釣り おすすめPEライン&ショックリーダーと選び方

今回は、人気のサーフヒラメ・マゴチを狙ったフラットフィッシュゲームにおけるおすすめのPEラインとショックリーダーを紹介させていただきます。

また、釣りをするシチュエーションごとのラインの太さの選び方や、なぜそのラインを使うのか?

といった理由なども合わせて解説していきたいと思います。

人それぞれメーカーや使用感に好みの差はあると思いますが、必要となる要素は共通していることが多いと思います。

釣りをするうえではロッドやリール、ルアーはもちろん重要ではありますが、魚と釣り人をつなぐ命綱が釣り糸、ラインです。

ですので、しっかりと信頼できるアイテムを選んで無駄なトラブルなどを防ぎ、安心して釣りができることは実は非常に重要です。

せっかく魚が掛かっても頭の中ではいつラインブレイクするのか不安に感じてしまったり、フルキャストしたら切れてしまうのではないか?

と頭の片隅で考えながら釣りをしていたのでは、当然釣果にも影響してしまいますから。

ヒラメ・マゴチゲームにおけるライン選びに悩んでいる方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてください(^^♪

サーフのヒラメ釣り おすすめPEライン

おすすめは8本撚りのPEライン

PEラインには大きく分けると8本ヨリと4本ヨリのアイテムが存在しています。

おすすめはずばり8本撚りのPEラインになります。

8本撚りのPEラインのメリットとしては

  • 表面が滑らかで飛距離が伸びる
  • リールを巻いた時の糸鳴り、ノイズが少ない
  • 細くて直進強度がある
  • ノットが組みやすい

等があげられます。実際細かく見ていくとキリがありませんが、普段釣りをしていて感じることのできるメリットはこのようなところでしょう。

逆に、8本撚りのデメリットとしては

  • 若干価格が高い
  • 1本あたりの原糸が細くなるので根ズレに弱い

等があげられます。

また、PEライン自体が伸びが少ないラインとして知られていはいますが、8本撚りのPEラインの方が伸びがあります。

これに関しては釣り方によってメリットになったりデメリットになったりしますが、サーフのヒラメゲームの特性を考えると、私としてはメリットとして考えることのできるときの方が多く感じています。

おすすめはよつあみ スーパージグマンX8!

私が普段ヒラメゲームで使用しているのは、よつあみ スーパージグマンX8シリーズになります。

 

ヒラメゲームでは1号を基準に、0.8号~1.2号の200m巻きを使用します。このラインは号数表示にふさわしい太さであり、表面も滑らかで耐久性も高く、使いやすいと感じています。

PEラインの号数表示は参考表示という部分もあり、1号の表示でもメーカーによって太さが違うので注意が必要です。

釣具店店員さんの悩みどころの1つにPEラインの糸巻きがあると思います。アイテムによっては太すぎて巻き切れない時があったり、下巻きの調整が難しいんですよね(笑)

また、PEラインによっては表面上の傷は目立たなくても色落ちしてくると強度が落ちてきり、品質にばらつきがあってハズレを引くと謎のキャスト切れを頻発するものがありました。

以前輸入物のラインを使用した時、ハズレを引いたらしく何度もキャスト切れするという経験があります。比較的安くて強度が高かったので何度か購入していたのですが、この事件以来使用するのはやめました

ですので、特にこだわりがなければ安心の日本製のものをまずは使用してみるのがおすすめです。よつあみのPEラインであれば信頼性は十分です。

ところで、このラインは10m毎に色分けがされていて、更に1m毎にもマーカーが入っています。本来はジギングやタイラバ釣りなど、バーチカルの釣りで使用するラインなので、釣りをしているタナが分かるように色分けがされています。

サーフのフラットフィッシュゲームでは色分けされているラインを使う方は意外と少ないかもしれませんが、これには理由がありますので後に解説していきますね!

そして、ラインの長さは200mを基準にして考えます。

最近のヒラメ釣りをはじめとしたサーフのルアーフィッシングにおいて、とりわけ飛距離が重視されるようになってきています。メタルジグやバイブレーションなどを使用すると、100m前後の飛距離が出ることも多いです。

そうなってくると、150m巻きのラインでは1度ラインブレイクしてしまうと糸が足りなくなってしまったり、ノットを組みなおしたり傷になった部分をカットしていくと、すぐに長さが足りなくなってしまいます。

これでは逆にラインの巻き替え頻度が高くなってしまい、かえって高くついてしまうので最低でも200m巻きを購入した方が良いですね!

200m巻きを購入しておけば、ある程度使用してラインが痛んできても、上下をひっくり返して使うことで長持ちさせることもできますからね!

このラインの詳しい解説はこちら!

よつあみ G-soulスーパージグマンX8 を徹底インプレッション

2017.09.01

PEラインの太さの選び方 まずは1号を基準に考えてみよう!

細いPEラインをスピニングリールで使用すれば飛距離が出ます。また、風や潮の影響を受けにくくなるので底をしっかりとるフラットフィッシュゲームではとても有効です。

しかし、実際の釣り場にはテトラポッドや沈み根、駆け上がりなどの障害物が存在していることも多いので、細いラインを使えば良いというばかりではありません。

しっかりと釣り場の状況によってラインの太さと強度を選ぶことが大切ですね!

ちなみに私の場合は、1号のPEラインを基準に選択することが多いです。

障害物の無い開けたサーフの場合

周囲に障害物がなく、水中も比較的フラットな地形のサーフで釣りをする場合は0.8号ほどのPEラインで問題ないと思います。しかし、場合によっては青物が回遊してきたり、釣り人が多くて掛けた魚は速やかに回収しないと隣の方と絡んでしまう場合などもあると思います。

ですので、私がこのようなシチュエーションで釣りをするなら0.8号。または1号を選びますね!

細い方が釣り自体はしやすいですが、迷った時は強度のあるワンランク太いPEラインを選択しておく方が無難ですね。

テトラポッドや駆け上がりなど、障害物が存在する場合

私のホームグラウンドは静岡サーフと呼ばれるヒラメ釣りの人気スポットですが、多くの場所がテトラポッドが等間隔に入っています。

また、駿河湾に面す急深なサーフになるので、場所によっては少しきつい斜面の駆け上がりがある場所も多いです。

こういった場面では、根ズレを防ぐために多少強引にやり取りをして魚を寄せてきたり、沖合で魚をある程度浮上させる必要があることも多いです。

このようなシチュエーションでは0.8号のPEラインでは若干強度不足を感じることがあるので、1号のラインを基準に考えます。

1.2号や1.5号のラインになってしまうと飛距離の低下であったり、風や潮の抵抗が大きくなります。それでも、テトラが近い場所など、根ズレの危険が高い場所では1.2号などを使用することもあります。

テトラ上から釣りをする場合

最近はフラットフィッシュゲームの人気の高まりによって、釣れているという情報が出回っている週末は釣り場がアングラーでいっぱいになることもあります。

そうなると、どうしてもテトラポッドの上から釣りになることもあると思います。

テトラポッドの上からの釣りになると、厄介なのが沖に沈んでいる崩れテトラです。せっかく魚を寄せてきても、ラインがテトラポッドに擦れてしまってラインブレイクしてしまったりすることは意外と多いのではないでしょうか?

外洋に面したテトラポッドの際は波が強く打ち付けるので、魚が波にのまれてラインブレイクに繋がったり、バラシに繋がったり・・・。

このような場所ではより強度のある1.2号~青物等が多い時は1.5号などを使用する場合もあります。

波が少し高い時や、テトラ際まで下りられない場所では抜き上げが必要になる場合も多いですからね。

特に、夏~秋の水温がある程度高いシーズンは青物が回遊してくることも多くなります。カンパチなどがヒットすると、テトラポッドなどの障害物に向かってかなり強く引き込みます。

こういった状況では強度のある太めのPEラインでないと、せっかく掛けた魚をキャッチすることが難しくなるので注意が必要ですね。

また、テトラの入っている場所でヒットすると厄介なのがエイです。

夏場など、水温が高くなると場所によってはかなりエイが多くなる場所もあります。

エイはヒットすると海底に張り付こうとしますし、かなり重量があるので一旦泳ぎ出すとコントロールするのが困難です。

エイが多い場所では0.8号のPEラインでは少し不安ですので、最低でも1号。出来れば1.2号ほどの太さがあった方が良いですね。今までエイの餌食に何度なったことか・・・(-_-;)

特に、テトラポッドなどの障害物のあるサーフでヒットすると大変ですからね。

バラシをラインの伸びで防ぐ

ヒラメの特徴として、せっかくヒットしてもバラしやすいということがありますよね。同じくマゴチもバラシやすい魚として知られています。

 

ヒラメやマゴチの口って、硬いうえに薄い。

青物などは結構口に厚みがあるので一旦掛かればある程度強引にやり取りをしてもバラシは少ないです。

ただでさえバラしやすいヒラメやマゴチですが、サーフでは波があったりとさらにフックアウトしやすい要素が絡んできます。

特に波打ち際になると押し寄せる波と引き波が交互に来ます。場合によってはその中でやり取りをする必要が出てきますから、注意が必要です。

こういったことを考慮すると、ある程度伸びのある8本撚りのラインを使って、魚の引きや波の力のショック吸収することは意外と重要です。

伸びの少ないラインを使うと、フッキングの際は力の伝達率が高くはなるものの、やり取りをしている最中に魚の口が切れてしまったり、針の刺さった穴が広がってしまってバラシにつながることがあります。

実際、私自身が欠けた魚をバラしたとき、針をチェックしてみると魚の口の部分の皮が針先についていたり。最近のロッドは高感度で張りのあるものが多くなってきているので、ラインをうまく選んでバラシを減らすこともテクニックの1つになります。

最近はあえて伸びの少ないPEラインに伸びの少ないショックリーダーを組み合わせて釣りをしてみましたが、若干バラしが増えた印象がありますね。

確かに伸びが少ない分、ルアーの操作性などは向上します。しかし、ヒラメやマゴチの場合はそこまでルアーの細かいアクションが必要になるかといえば、そうは感じていません。

なので、掛けた後のバラシを減らすタックルセッティングの方が、私としては重要かなぁと感じています。

色分けされたラインを使って釣れる距離を知る

これは釣りをする場所によっても違うのかもしれませんが、私の地元、静岡県のサーフでフラットフィッシュを狙っていると気づくことがあるんですね。

それは、ポイント毎に何となく釣れる距離が決まっている事です。

これは今まである程度の期間、ある程度の数の魚を釣ってきて強く感じていることです。

場所が変われば釣れる距離も当然変わりますが・・・。

遠浅のサーフのような、魚のいる場所がある程度絞れる場所は釣れるポイントなどもはっきりしていることも多いかもしれません。

しかし、静岡のサーフは基本急深な地形をしていて目立つ変化などは無い場所が多いです。

それでも実際に釣りをしていると、釣れる距離というものが必ず存在します。

釣りをしていて駆け上がりがあったりと、地形の変化が分かるような場所ではなくても釣れる特定の距離があるんですね。この辺は獣道のような、魚が通る道が海の中に広がっているのかもしれませんが、詳しくはわかりません。

こういった時に10m毎に色分けされたラインというものはとても力を発揮します。

色分けされていない単色のラインでは、キャストしてどのくらいハンドルを巻いたところでヒットしたのか。ヒットした時のラインの角度などで距離に目安を付けるしかないからですね。

私の場合、アタリが有った時にはスプールをチラ見してその時のカラーを覚えておく癖を付けました。

これによってヒットした場所が結構正確に把握できて、もしフッキングミスした時でも同じ場所を通すことが簡単になりますからね!

PEラインについてはこれくらいにして、次のページではショックリーダーについて解説していきますよ!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です