シマノ オシアリーダーEX フロロを実釣インプレッション!

シマノ オシアリーダーEX フロロカーボン インプレ

さてさて、今回はショックリーダーのインプレッションを。

シマノから発売されている「オシアリーダーEXフロロ」というショックリーダー用のライン。

何となく気になったので、6号を購入してサーフの釣りに使用してみた。

オシアリーダーEXフロロ 釣果

メインはヒラメ狙いだが、ヒラメ以外にもマゴチやマダイ、良型のニベなどをキャッチする中で使用感をチェックしてみました。

リーダー選びの際の参考になったら嬉しく思う。




シマノ オシアリーダーEX フロロを「サクッと」インプレ!

まずはこのオシアリーダーEXフロロがどんなラインなのか?

実際に使用して感じた印象を簡単にまとめておこう。

  • 携帯性:コンパクトなスプール+ケースで使い易さは◎
  • 硬さ:フロロカーボンラインとしては並~若干柔らかめ
  • 強度:ヒラメ程度ではラインブレイクはしないが、一般的なフロロカーボンラインよりも表示上は優れている
  • 結束性:張りの割には結びやすく、ノットがスッと締まる
  • 色:若干白く濁っているが気になるレベルではない

◎総評:程よくしなやかだが、フロロらしい張りはしっかりあるラインになっている。伸びは少なく、かつ硬いラインが嫌な方におすすめかな!

ザックリと使用感をレビューすると、大体こんな感じかな。

オシアリーダーEX フロロの硬さ・張り

ショックリーダー選びで最も重要な項目になることも多い、「ラインの硬さ」について。

このラインは外側が柔らかい素材で出来ており、内側のコアが硬質なフロロカーボンで出来ている2重構造らしい。

私が使用した感想としては、「思ったよりも張りが有ってフロロカーボンらしさがある」というのが率直な印象かな!

オシアリーダーEXフロロ 硬さ 張り

普段メインで使用しているグランドマックスFXと比べてみると、「若干硬めな仕上がり」になっていると感じた。

一般的に硬いラインの方が伸びが少なく、ダイレクトにルアーを操作できるメリットがあったり、根ズレには強くなる。

一方で硬くて癖が付きやすくなるので、扱いやすさとしてはちょっと劣るデメリットがある。

オシアフロロリーダーの場合はフロロらしい使用感はキープしておきつつ、その中でノットの組みやすさなどにもバランスを振った感じかな。

どちらかと言えば、しなやかさよりも「根ズレへの強さや、伸びの少なさを重視する方」に良いかなと。

強度

オシアリーダーEXフロロの強度についてだが、6号をサーフに使用したが普通に使えばリーダーが切れることは無い。

なのでラインブレイクによるバラシは無かったが、テトラ帯でラインがスレても良型のヒラメをキャッチすることはできたので信頼感は問題ない。

私が使用した6号の場合、一般的なフロロカーボンラインの場合は22LB前後の直線強度の事が多い。

一方でこのラインの場合は25LBの表示になっており、ワンランク強めの強度が出ているらしい。

しかし、グランドマックスシリーズやプレミアムマックスシリーズよりは弱いらしいので、強度的には中の上~上の下位かな。

価格的には6号30mで1000円前後と、コスパ的にはまずまず良好なのでラインの質としては悪くないと思うが、

このラインじゃなければだめという感じは、正直言ってないかな。

ハリがある割にノットがスッと収まる

それなりに張りの強さは感じるが、その割にノットを組む時はスムーズに締め込みが出来て、快適な使用感アリ!

オシアリーダーEXフロロ ノットの組みやすさ

FGノットの締め込みの際は特に良さを感じることは無かったが、ルアーとの結束の際はノットが楽に締まるね。

フロロカーボンラインでノットを組むと、どうしてもギシギシした感じになったりすることもある。

しかし、オシアリーダーEXフロロの場合はそういう感じは無かった。

表面の柔らかい層が影響してか、ラインが癖になることもなく綺麗に結べる感じだ。

この結束のしやすさは加点ポイントかな!

※なお、私の場合はメインでダブルクリンチノットを使用してルアーとリーダーを結束している。



若干白系のカラー

オシアリーダーEXフロロ カラー

フロロカーボンラインは一般的には透明系のカラーになるが、アイテムによって透明度が意外と違う。

このラインの場合、カラーとしては「若干強めに白く濁っている感じ」がするかな。

人によっては透明度が高いラインの方が良いという方もいるかもしれないが、個人的にはあまり気にしないので釣果に影響はないと考えている。

オシアフロロリーダーEXインプレまとめ!

オシアリーダーEX グランドマックス

オシアリーダーEXフロロは、程よい張りの強さと結束の容易性・強度のバランスが取れているラインという印象かな!

普通に信頼して使えるラインだと思うが、絶対的な強度を求める方にはやっぱりグランドマックスシリーズの方がおすすめかなぁ。

硬さ的には

  1. 赤のグランドマックス
  2. オシアリーダーEXフロロ
  3. グランドマックスFX
  4. プレミアムマックスショックリーダー

こんな感じになる印象があるので、最後は使い勝手の好みでチョイスしていけば強度的な問題は無いだろう。

コスパもまずまず良くて悪い印象は無いけど、メインとしてはこれからもグランドマックスFXで良いかな(特に不具合を感じていないし、やはり強いので)。

ざっとこんな感じで、インプレはおしまい。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です