渓流ルアー釣りのリールの番手、ギア比選びのキモを基礎から解説!

さぁ、今回は渓流のトラウトルアーフィッシングにおけるリールの選び方について!

ここでは本流や湖ではなく、山間を流れる小規模なフィールドでヤマメやイワナ、アマゴなんかを狙っていく時に使うアイテムについて解説をしていく。

選ぶ際のチェックポイントをまとめていくので、この機会に使いやすい渓流ルアー用のリールセレクトについて理解していこう!



渓流のトラウトルアー用リール 選ぶ際のチェックポイント!

まずはどんな点に注意してリールを選んだらいいのか?

その要点を簡単にまとめておくぞ。

渓流用リール選びのチェックポイント!
  • リールの大きさ、番手:シマノなら1000またはC2000、ダイワなら1000または2000番がベーシック
  • ギア比:巻き取りの早さが違ってくる。特に初心者の方はハイギア推奨。私の場合はハイギアしか使わない
  • 価格帯:ストレスなく、長く使うなら販売価格1万円台以上を目安に!

リールを選ぶ際に見ておきたいチェックポイントは大体こんなところかな。それじゃあもう少し詳しく、それぞれの項目について説明していく。

渓流ルアー用リールの番手、大きさの選び方

さて、まずはリールのサイズについて見ていこう。

山間部を流れる渓流でトラウトを狙うなら、平均的なサイズは大きくても30cm前後になることが多い。また、合わせて使用するロッドも4フィート台~5フィート台と他の釣りと比べても短いものが多いよね。

そうなると、そこまでリールに強い負荷が掛かることは無いし、大きなリールは重量が重たくなるから使い勝手も悪い。

一般的に渓流でトラウトゲームを楽しむなら、1つ目安が2000番。このサイズを基準にリールをセレクトしていけばまずはOKかな!

なお、本流で大型のトラウトを狙って釣りをする際は2500~3000番クラスの大き目のリールを使う事が多い。

シマノ製スピニングリールならC2000を目安に

リールのメーカーは色々あるけど、こだわりが無いのなら日本製のシマノかダイワのスピニングリールを選ぶのが無難。

まずはシマノ製のスピニングリールを選ぶ場合だけど、リールの大きさは1000番かC2000番から選ぶようにしよう。

で、この1000番とC2000はボディーサイズは一緒!

C2000番ってやつは、1000番のリールボディに2000番クラスの糸巻き量のスプールを取り付けたものと考えて欲しい。

だったら1000番で良いんじゃないの?

って考えるんだけど、後で紹介するギア比などの兼ね合いでC2000の方がどちらかと言えば適しているのだ。とりあえず渓流トラウトに入門するなら、C2000を基準に選んでおけばまずはOKだと覚えておこう。

実際に私が使っているリールもC2000番だから安心して使ってね!

ダイワ製スピニングリールも目安は2000番

シマノ製のリールと並んでメジャーなダイワのスピニングリール。ダイワの場合は2018年から番手の表記が少し変わったんだけど、渓流トラウトに向いているのは1000~2000番。

どちらでも良いんだけど、オールラウンドに使える使いやすさとギア比の展開などを考えたらまず使って欲しいのは2000番かな!

ダイワのスピニングリールも持っているけど、2000番を使って渓流のルアー釣りを楽しんでいる。

シマノならC2000、ダイワなら2000番と覚えておけばまずは大丈夫!

渓流ルアー用のリールのギア比は絶対ハイギア推奨!

次に重要となるのがリールのギア比。

簡単に言うと、同じ速度でリールを巻いた時に巻き取れる距離(速さ)の事。

今まで釣りをあまりやってこなかった方からすれば、

そんなに関係ないんじゃない?

と思うかもしれないけど、結構使い勝手に差が出るから気を付けよう!特に流れの有るポイントで釣りをすることが多い渓流釣りの場合、リールのギア比の差でキャッチできる魚の数に差が出ることもある。

そこで、リールを選ぶ際のギア比についてはハイギア(巻き取りが速いやつ)を強くおすすめする。

リールのギア比の見分け方

ハイギアなどのギア比の見分け方だけど、基本的にはリールの大きさ(番手)表記の後にHGとかH、XGやXHと書かれているものがハイギアに該当する。

何も書かれていないものは一般的なノーマルギア、PやPGと書かれているものは逆に巻き取りが遅いタイプのリールになる。

だから、さっきの画像のリールは「LT2000S-XH」と書かれているから、ギア比はXHのハイギアってことになる。

渓流釣りにハイギアを勧めるわけ

どうして渓流のトラウトフィッシングには巻き取りが速いハイギアのリールがおすすめなのか?

簡単に1言でいってしまうと、少しでも早くルアーの立ち上がりを早くしたいから!

どういうことかというと、渓流釣りでは基本的に川の下流から上流へ向かってルアーをキャストして釣りをすることになる。

いわゆるアップストリームの釣りっていわれるやつだ。

このような流れの有るポイントを探ることの多いトラウトゲームでは、ルアーが着水してから0.1秒でも早く糸を巻き取り、ルアーを少しでも長く泳がせることがめっちゃ重要!

ここでリールの巻き取りが遅いローギアのリールを使ってしまうと、

ラインの糸フケを取り、ルアーを泳がせ始めるまでにほんのわずかな時間が余計に掛かる場合が多い。

となると、その間にもルアーは下流の自分側に流れてきてしまうってわけだね。

そうなってしまうと、岩の影ギリギリに潜んでいる魚などが居たとしても、ルアーが泳ぎ出すころには魚の前を既に通過してしまっていたり・・・・。

巻き取りの早さの違いが釣果を分けることに繋がるのだ。

また、ルアーを泳がせ続ける際にも同じことがいえる。少なくても流れの速度よりも早くリールを巻かなければ、ルアーはアクションしない。だからハイギアのリールを使った方が、ストレスなくルアーを流れの中でもアクションさせることが容易になってくる。

ローギアのリールを使って釣りをすると、かなり早くリールを巻き続けないといけないから大変だぞ(-_-;)

初心者こそハイギアだ

ハイギアのメリットについては今紹介した通りなんだけど、その差は特に初心者程強く出るから気を付けよう。

ある程度釣りに慣れているなら、狙った場所の奥ギリギリにルアーをコントロールしてキャストしたりできる。だから多少リールの巻き取りが遅くても、魚にルアーを見せることが出来る可能性は高まる。

しかし、キャストに慣れていない初心者の方の場合はどうかな?

狙った場所ギリギリよりも少し手前にルアーが落ちてしまった場合、少しでも早くルアーを泳がさないと魚の反応する範囲にルアーを通すことはできない。渓流釣りでは、ルアーのキャスティングが苦手な場合は魚にルアーを見せる事が出来る時間が短くなってしまうのだ。それを少しでも防ぐ為にも、初心者こそハイギアのリールを使って欲しい。

中にはローギア好きな釣り人もいるけど、まずはハイギアのリールから始めれば問題ないね!



リールの価格帯、グレード選び

最後に、どのくらいの予算を掛けてリールを選んだらいいのかという現実的なお話を。

リールは1000円位で購入できるものもあるし、6万や7万するものまで非常に幅が広い。人によって釣り具に対する考え方はかなり違ってくるけど、

私の場合はどうせ買うならある程度しっかりしていて、長く使えるもの。

これを基準にして選ぶことが多いかな。

私まるなかの場合、ほとんどのお金を釣りに使うから(笑)メインで使うリールはこだわって良いやつを選ぶことが多い。

だからと言って、安いやつじゃあだめなのか?

というと、そういうわけでもないのが事実。普段はハイエンドモデルだけでなく、釣りの種類によって色んな価格帯のリールを使って釣りをしている。

その中で感じるのが、普通に使えて釣果自体は高級なリールと差が出ない価格。それが実売価格1万円台以上のリールだと感じる。

具体的な名前を出すと、シマノならアルテグラやストラディック。ダイワならフリームスやカルディアといった所かな。

この位のグレードのリールを選んでおけば、実釣の部分における性能不足による釣果の差などは殆ど出ないのが本音。それ以上は、細かい使い心地の差や所有感などによる部分が大きくなってくる。

釣りを始めた頃は、高い釣り道具じゃないと魚は釣れないんだ。

と考えてしまうこともあるかもしれないけど、実際はそこそこなものを購入すれば釣果に大差は出ない。渓流のルアー釣りの場合、それ以上にルアーを狙った所へキャストする技術やポイントの見方、ルアーの種類のチョイスなどの方が遥かに重要だ。

渓流ルアー釣り入門に最適なおすすめリール

最後に渓流のトラウトゲーム入門の際、私なりにおすすめできるものをピックアップしておく。どんなものを選んだらいいのか全く分からないという時の参考にしてほしい。

で、新品のハイギアのリールは巻きの重さが特に目立つ時があるんだけど、大抵は内部のグリスが馴染んでいないことが原因。

1回~2,3回ほど釣行していくうちにグリスが馴染み、回転が軽くなる場合が多いぞ。

ダイワ 18フリームスLT2000S-XH

1万円とちょっとで購入できて、普通に使えるリールがフリームス。私も普段の釣行から使っているリールになる。価格の割に非常に完成度は高くて、

これからちょっと本格的に釣りをやってみようかな?

という方にはかなりおすすめできるリールになっている。

ダイワ 18カルディアLT2000S-XH

フリームスの上位機種がこのカルディア。実売1万円台後半で手に入るミドル級のおすすめリール。

ボディの一部に炭素系の素材、ZAIONってやつが使われていてフリームスより軽くて扱いやすい。細かい部分の作りを見ると、フリームスよりも1枚上手。私自身、渓流用のサブタックルではこのカルディアを使って釣りをしている。

シマノ 16ストラディックCI4+C2000HGS

友人のものを使ってみたが、このリールは非常に軽量で使いやすかった印象。20000円を少し超えるが、長く使うのであれば高い買い物ではないと感じる。

渓流ルアー用リールの選び方まとめ!

渓流のネイティブトラウトゲームに挑戦するなら、こんな風にリールを選んでいけばまずはOK!

渓流のトラウトの場合、ロッドやリールよりも状況に適したルアーやフィールド選び、キャスティング精度が釣果を左右してくる。だから一番高いハイエンドリールを使えば良いというものでもなく、リールの場合はサイズやギア比に注意し、後は長く使える性能と耐久性を備えたものを選べば問題ない。

どこまでお金を掛けるのかは、個人のお財布事情や趣味としてのこだわりってことで。

まるなか大衆鮮魚では今後も渓流のルアーフィッシング講座もどんどんやっていくから、よろしければ参考にしてみてね。

それでは、今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です