南伊豆青野川メッキ釣行 魚影あるも、強風+低活性で食い渋り

青野川 メッキ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は平日休みを使って南伊豆の青野川へメッキ調査へ。

 

青野川は静岡県内ではメッキの聖地的な場所で、魚影の濃さ・サイズ共にポテンシャルが高いフィールド。

私の地元静岡中部とは全く比べ物にならないポテンシャルのフィールドなので、この時期の遠征は楽しみ。

 

時期的にはまだ序盤といった具合で、水温が下がってからの方が魚の密度が高く・回遊範囲が狭くなるので狙いやすい印象があるかな。

果たして今回の青野川メッキ釣行はどんな結果に?

朝から爆風の青野川

とりあえず朝の良い時間に釣り場に到着したものの、かなり風が強そうな気配・・・・。

予報を見ても一日中風が吹きそうなので、今回は試練の釣行になるかなぁ。

 

とりあえずヘビーシンキング系のミノーで様子を見て、メッキの反応を見ながら戦略を考えます。

低活性で低いレンジに集まるメッキ

とりあえず岸近くの駆け上がりや障害物の影を中心にミノーを入れてみる。

 

先発はタックルハウスのティロミノーで。

表層にメッキの姿は見られないので、少し長めにカウントダウンしてからレンジをキッチリ入れてからのトゥイッチングでランガンですね。

周囲に先行者の姿はないので広々釣りが出来そうですが、釣り開始すぐにメッキの反応が!

 

しかし、メッキの活性がかなり低いらしく、ボトム周辺でギラギラするだけで追いが非常に悪いな・・・・。

 

ミノーを沈めても食わせきれない感じで、良くても一瞬針に掛かってバレる(-_-;)

 

これはちょっと狙い方を変えないと釣れそうもないので、ここでルアーをローリングベイトのリップレスモデルにチェンジ。

先日釣具屋さんの店頭に並んでいるのを発見しておすすめされたので購入したんですが、ロッドアクションでダート系のアクションを見せるらしい。

 

まさにこういう低活性な沈んだメッキに効果的な感じがしたのですぐにルアーをローテーション。

 

とりあえず見える範囲でルアーを動かしてみますが、テールの極小ブレードの動きも抜群に良い。

これはかなり面白そうなルアーなことは間違いない感じで、しっかりボトム周辺まで沈めてから2~3回の連続したダートアクションで探る。

 

するとすぐにメッキがワラワラ湧き上がってきて、大きいものは20cm以上の型も見えます。

明らかにミノーよりも活性の上がり具合が高く、一撃必殺的な強さを持っているルアーですな。

 

しかしじゃれつくバイトはあってもフッキングが難しく、何度かミスしつつようやくヒット。

小型ながらギュンギュン引くファイトを楽しみつつキャッチ成功です。

ローリングベイト リップレス メッキ

ファーストヒットはかわいいサイズのメッキでしたが、初めてのルアーで釣れるとちょっと嬉しい。

 

その後も18cmくらいまでのメッキがポツリポツリと釣れる感じですが、活性自体は相変わらずかなり低い。

チェイス自体は10分に一度以上あるんですがねぇ・・・。



ワインドアクションがデイシーバスにも効くのか?

そのままポイントをランガンしつつやっていくんですが、どうやら魚はオープンエリアにはいないですね。

海底の地形変化や岸壁沿いなどの影にピッタリ付いているようで、反応が出る場所がかなり決まってます。

70クラスのシーバスが2匹ヒット

青野川はメッキ以外にもハゼやシーバスの魚影も結構濃くて有望なポイントなんですよね。

影になった部分にローリングベイトのリップレスモデルをタイトに打ち込んで探っていくと、岸壁沿いの影から良型シーバスが突っ込んできた。

 

穂先に重さが乗ったので合わせを入れると無事ヒットしたんですが、メッキ狙いだったのでネットを持っていない。

足場が高くて取り込み場所に悩んでいると、エラ洗いされてバラシ。

 

去年のメッキ釣行でもそこそこなシーバスを掛けており、シーバス狙いで釣行するのも面白そうですね。

 

その後も小型中心にメッキをキャッチしていくと、また忘れた頃にシーバスがバイト!

デカい口を開けてローリングベイトを吸い込むのが見えたんですが、合わせを入れると一瞬針掛かりしてバラシ。

 

まぁシーバスは狙っていないので釣れなくても良いんですが、このローリングベイトリップレスはシーバス狙いにもかなり効く気配がするな。

テールに装着されたブレードが小刻みに動いてめっちゃ良い動きするんですが、そういうのも影響しているのかな。

フエダイ混じりのメッキ釣りを堪能

その後は少しポイントを変えてランガンしたんですが、浅い場所をミノーで流すとフエダイがポツポツ混じって釣れてきます。

青野川 フエダイ 釣果

今回釣れたフエダイはかなり小型ですが、小さくてもバイトの勢いは非常に強く、意外と引きが強いので十分楽しいですね。

フエダイのチェイスは目で見やすく、ポーズと誘いの間の駆け引きがかなり面白い。

青野川 メッキ 釣果

去年の青野川と比べると若干サイズは小さいですが、魚影自体はそれなりにあるので後は状況次第ですね。

 

潮が良い感じなればミノーやトッププラグにももっと反応を見せるはずなので、またタイミングを見て釣行したいと思います。

 

こんな風に久しぶりに訪れただけでメッキもしっかり釣れるし、シーバスがヒットしたりする伊豆方面はやはりポテンシャルが高いですね。

私が通いなれている静岡中部で釣りをしても、こんな風に釣れる事なんてまずないですからね(笑)

 

まだ時間がたっぷりある為、その後は青物・回遊魚を狙ったショアジギングにリレーしました。

その模様は次回へと続きます。

 

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG
  • ライン:よつあみ リアルデシテックスWX8 0.4号、シーガー グランドマックスFX1.75号
  • ルアー:タックルハウス ティロミノー、ローリングベイトリップレス48、スミス Dコンパクトなど

おすすめ関連記事!

▼メッキ釣りの基礎知識まとめのページ

メッキ釣り 入門

【ここからはじめる】メッキのルアー釣り入門! タックル選び~必要な基礎知識まとめ

2019年11月23日

▼メッキ釣りにおすすめなミノーはコレ!

高比重ミノー セイゴ

【実績から選ぶ】メッキのルアー釣り ミノーの使い分け・おすすめアイテムを紹介!

2019年10月19日

▼メッキ釣りの時期・シーズンの流れを解説

メッキ釣り 時期 シーズン

メッキ釣りに適した時期・シーズンの流れを実釣経験から解説!【水温を要チェック】

2019年10月17日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です