清水港アジング釣行 爆風吹き荒れるも、状況まずまず

さてさて、先日もチョコチョコと釣果が出ているアジングへ。

実は久々にエステルラインを巻いたんですが、テストした感じでは結構良さげなので今回はエステルラインを巻いたリールで出撃。

かなり風が強く、予報よりも海は少し荒れ気味(-_-;)

エステルラインに合わせ、ずっと使ってこなかった少し軽めのジグヘッドを使って釣りをするので少し楽しみでもある。

ここ数年は2g以上の重たいジグヘッド+PEラインで沖合の深い場所を打つ釣りをやってたんですが、今シーズンは型の良いアジがほとんどいないような感じ。

そこで、たまには時代の流れに乗った釣りもやっておこうかと。

果たして、爆風の悪コンディションの中のアジングはどんな釣行になったのか?

岸壁沿いに付くアジを狙い撃つ

かなり風が強く、沖にキャストして広範囲を探る釣りはちょっと厳しそう。

幸い先行者はいないので、釣り場は広々空いている。ちょっと風が強いので、まずは1.2gのデュオ スナイプヘッド(Mサイズ)で様子を見ていきます。

ワームはこれまた最近使ってみて良い感触のデュオのバーニー。

まずは岸壁沿いの明暗から探りを入れ、5~10位カウントしてただ巻き・・・・。

すると、数投目にコツコツっという小さなアタリをキャッチ♪

パシッと合わせを入れ、いつもより弱めのドラグでやり取り。あまり大きくはないが、アジらしい元気の良い引きである。

20cm弱、ここ最近のレギュラーサイズをゲット。さすがエステルライン、微妙なアタリでも手元にしっかり魚信を伝えてくれるね。

メバリング用のアイスキューブフルレングスボロンとの相性は思った以上に良く、ボロン特有の張りとエステルの情報量の多さ&しなやかな曲がり込みでやりとりも楽しいし快適♪

どうやら今回も岸壁沿いの明暗にアジがついているらしく、ポツリポツリとではあるが飽きない程度に釣れ続く。

しかし、3匹程キャッチしたところで活性が落ち着いてきて小休止。

アタリが出ても掛からなくなってしまったので、ワームをデュオのチョップにチェンジして様子を見てみることに。



ワームを選ぶアジたち

ワームを水押しが強そうなタイプに変えたんだけど、実はこれが大失敗(-_-;)

先程までアタリが出ていたアジだが、全くアタリすら無いのである・・・・。

実は以前の釣行でも同じような展開になったことが有り、ここ最近はボリュームが抑えめなワームの方がアジの反応が良いのか?

10分ほどこのワームで丁寧に釣りをしたんだけど、1度も当たらないという厳しい展開になってしまった。

このまま釣り続ければそのうち釣れるのかもしれないが、ワームのせいなのかを確かめるためにピピンにチェンジ!

すると、1投目からまたアジのアタリが復活する。

若干シェイク気味に細かくリフトしてくると、カツンという反転系のアタリが出て掛けていく感じ。

アジは回遊次第でそこまで間違ったアイテムを使わなければアタリくらいは出ることが多いんだけど、ここまでハッキリ差が出ちゃうと奥が深くて面白いね♪

その後はピピンで釣りを続け、小型をリリースしつつアジを追加。

エステルラインの釣りで最近遊び始めているけど、当時のアイテムよりも扱い易いし強いし快適性が大きく上がっているね!

大きいアジの気配が出てくるまで、しばらくは繊細なアジングで遊んでみようかな★

使用タックル

ロッド:ティクト アイスキューブ フルレングスボロン IC-610TFLB-ONE-T2

リール:ダイワ 18イグジストFC LT2000S-P

ライン:よつあみ チェルム アンバーコードS-PET0.3号+ダイワ スペクトロン渓流XP0.8号

ルアー:デュオ テトラワークス スナイプヘッド1.2g(M)、デュオ テトラワーク スピピン、バーニー

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です