5月27日更新分 家の前でチニング!

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は朝にちょっと時間が空いていたので、

散歩がてら家の目の前を釣り歩いてみることにしました。

私の家から20mくらい先は既に海なんですが、クロダイやフグ・イワシなどが泳いでいるのが時々見えるんですよね(笑)

タイミングによって生命感が全くないこともあるので、少し難しそうな気はしますが、果たして超お手軽釣行はどんな展開に?

満潮周りで魚がシャローに差す

以前住んでいた静岡は潮位差が小さく、魚はダラダラといつでも釣れる傾向がありました。

しかし、干満差が大きい地域はそうはいかず、釣れる時はメチャメチャ釣れたりしますが、タイミングを外すと魚が全く居なくなります。

潮の流れも激流になったり、逆に全く動かなかったり・・・・。

今回は満潮周りの釣行で、ポイント的には良い条件のはず。

玄関を出て1分以内に釣り場に到着し、適当に歩いて行くと、見えチヌ発見★

年無しに少し欠けるくらいの大きさで、ボトムでジッとしているタイプ。

ワームはクレイジーフラッパーで様子を見てみます。

魚から15mくらい離れた場所にキャストし、リーダーを沈めてからズル引き&ステイでジックリ距離を詰めていきます。

見た目的には釣れそうでしたが、なぜかワームを見ても逃げもせず、食いもせず・・・。

なかなか新しいタイプのチヌですな(笑)

完全無視で石のように固まって動かないので、深追いはせずに再びランガン。

その後数匹のチヌを発見しましたが、かなり距離を取ってキャストしても着水音やラインの影が見えると一目散に逃げる始末。

これじゃあ静岡のチヌと大差ない感じで、ちょっと苦戦するかな?

流れが効きだすと状況に変化

最初はまったりとした海の状況でしたが、しばらくすると徐々に流れが効いてきました。

すぐに激流になり、場所によってはワームが一瞬で流されます。

おまけにフグがどこからともなく集結してきて、目の前がヤバい光景に(笑)

フグ

目の前にフグの大群(笑)

流石にここにワームを落とす勇気はありません。

一見するとフグが見えない場所でも、ワームを落とすとどこからともなく集まり、一瞬でワームが破壊されます。

これでは釣りにならないので、少し歩いてポイント移動すると、イワシの群れが!

水深1m弱くらいのシャローエリアなので、ここはトップチニングにシフト。

ルアーはスミスのチヌペン。

このペンシルはワイドなスライドとリアフックに付いたネクタイの波動が特徴的。

イワシの群れの周辺にはヒラセイゴとチヌが見えていて、これは絶対釣れると思ったんですが、なかなか食わない。

無駄に動かすと食わない気がするので、ただ巻きで水面に波紋を出しつつ、ネクタイのユラユラとした微妙な動きで探ってみます。

スローに水面を引きながらランガンしていくと、突然ルアーの後ろに波紋が立ち、チヌペンが吸い込まれました!

合わせを入れると結構良い引きで、ドラグが出ます★

チヌ 釣果

良いサイズのクロダイをキャッチしました。

家の目の前でトップチニングが楽しめるなんて、お手軽で良いですな。

しかし、その後はやはりフグが多く、ペンシルにフグが出てしまう(笑)

あまりやりすぎるとネクタイがダメになってしまうので、300mほど歩いて移動。

次は水深50cmほどの超シャローですが、見えチヌ発見!

真っ黒な個体で、餌を探している様子。

しっかり遠投してからただ巻きをすると、1撃必殺。

クロダイ 釣果

少しサイズは下がりましたが、体高がありましたね。

結局今回はこれにて終了しましたが、徒歩圏内でチヌが釣れるのは良いですね(笑)

朝の散歩として釣りが楽しめます。

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:シマノ 22ステラC3000XG
  • ライン:バリバス マックスパワーPE X8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ3号
  • ルアー:スミス チヌペン

おすすめ関連記事!

トップウォーターチヌゲーム用おすすめルアー紹介

チニング 釣果 【実釣比較】チヌのトップウォーターゲームの基本・おすすめルアーを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です