秋の静岡ライトゲーム釣行 水質改善で徐々に好転か?

メッキ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は港の中へスーパーライトショアジギング釣行です。

 

本当は大型のカマスを狙って釣行したんですが全く気配が無く、早々に見切りをつけてジグを投げてみることに。

今年はかなりの暑さ+台風や低気圧による大きな荒れが無かったため海水が混ざらず、水質が非常に悪い状態でした(-_-;)

それでもここ最近になって水温が少し下がり、台風も発生してきて水質が徐々に良くなってきています。

 

なので魚の活性が変わることに期待を込めて釣行したんですが、果たしてどんな結果に??

カマス狙いからのSLSにシフト

とりあえずカマス狙いからスタートしたんですが、ベイトの気配もなくて魚自体が全く居ない感じでしたね(笑)

なのでタックルはそのままに小型のジグを使用したスーパーライトショアジギング(ウルトラライト)で底物中心に狙ってみることに。

 

最近はあえて長くて強めのライトゲームロッドを使ってメッキゲームなどを楽しんでいるんですが、ジグやバイブレーション・ヘビーシンキングミノーを使った釣りには非常に便利ですね!

このロッドは10gが表示上の最大ウェイトなんですがジグなら15g程度まで扱えるし、ヘビーシンキングミノーのトゥイッチングやバイブレーションの釣りが楽にできて役に立ってますね。

 

去年のカマスやメッキがそうだったんですが、静岡のフィールドはプレッシャーが高くなりすぎていて、軽くて小さいルアーを手前でチョコチョコやるだけでは釣果が伸びない傾向があるように感じますね。

こういう時は沖の深い場所にいるフレッシュな魚を釣る方が効率がいいですし、サイズも伸びやすいですな。

メタルジグのリフトフォールでメッキがヒット!

とりあえずハタやカサゴなどが釣れればいいなぁということで、ちょっとした根回りを狙ってみることに。

 

風がかなり強くて釣りにくいですが、ここはビッグバッカージグの10gをチョイス。

このジグはリア重心でカッ飛び+テンポよくボトムを叩ける特性がある。

 

根掛かり多発帯を避けるように沖にフルキャストし、ボトム~3mくらいまでをリフトフォール。

時々ピッチを上げたり、逆にスローにしたりしながら変化を出す感じで・・・・。

 

しばらく全くアタリすらなかったんですが、30分くらい丁寧に釣りを続けているとリフト中にガツッとバイト。

合わせを入れるとギュンギュン引く引きなので、ハタではなさそう。

 

かなり沖でヒットしたので引きを楽しみつつ、バラさないように注意しつつ寄せてくると銀色の魚体。

メッキ 釣果

まずまずな型のメッキをキャッチです。とりあえずボウズ逃れにも成功したので良かった。

その後も少し同じポイントでジグで叩いたんですが無反応・・・。

単独行動のメッキだったのか、それとも移動がかなり速いのかは不明ですが、今年のメッキはちょっと難易度高めですな。

 

とりあえず反応が出そうもないので、少しポイントを移動することに。



沈み根+駆け上がりの斜面をブレード付きジグで探ると・・・

次にやってきたのは、水深が少し浅めですが沈み根と駆け上がりが絡むポイント。

 

ここもハタやヒラメ、マゴチなどの実績があるのでボトム周辺を中心に探ってみる。

 

少し風が弱くなってきたので釣りやすい状況に変わり、選んだのはジャックアイ豆マキマキの7g。

ジャックアイマキは以前紹介したことがあるんですが、マイクロサイズの豆マキマキも非常に高バランスで良く出来たルアー。

 

ジグに近い操作感を確保しつつもブレードの回転もスムーズ、かつ錆にも比較的強いのでブレードの固着も発生しにくい。

 

使い方はシンプルで、テンションフォールでボトムまで沈めたらただ巻き、または軽めのワンピッチジャークで誘ってフォールの繰り返しでOK。

駆け上がりの手前側が結構根掛かりやすいので注意しつつ、斜面をなめるように引いてくるとすぐにバイトが。

 

重たい感じのアタリだったんですが、合わせを入れると鋭い突込み。

しかし回遊魚よりも重量感がある感じなので、この引きはアイツかな・・・?

 

少しドラグを締めてラインを出しすぎないように注意しつつ、ちょっと気を付けてやり取り。

そこまで大きくはなさそうですが、普段釣れるオオモンハタとは違う引きですね★

 

ゆっくり上げてくるとシマシマの魚体が見え、無事キャッチ成功。

ハタ 釣果

釣れたのはマハタモドキでした。

今年はマハタ・マハタモドキが1匹も釣れてなかったのでこれは嬉しい。

 

とりあえず良い魚が釣れたのでこれで満足、短時間でしたがこれにて釣行を切り上げました。

 

強港の中を見た感じでは、かなり水質が良くなっていて水の中の季節も進んだ印象がありますね。

これからの時期はカマス・メッキ・アオリイカなどが楽しめそうですが、今年はヒラメやマゴチがかなり不調のようですね・・・。

 

年々駿河湾は魚の数が減ってきている印象がありますが、これからどうなっていくのかが不安です。

10年・15年くらい前は今の10倍くらいは普通に魚が釣れたので、最近釣りを始めたという方はかなり難しいと思います。

 

私が静岡にいる時間も少なくなってきましたが、今後の静岡周辺の魚影や釣況についてはやはり気になりますね。

また以前のように魚が多い駿河湾が戻ってきてくれたら嬉しいですが。

 

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG
  • ライン:よつあみ リアルデシテックスWX8 0.4号、シーガー グランドマックスFX1.75号
  • ルアー:ジャッカル ビッグバッカージグ10g、ハヤブサ ジャックアイ豆マキマキ7gなど

おすすめ関連記事!

▼メッキ釣りの基礎知識まとめのページ

メッキ釣り 入門

【ここからはじめる】メッキのルアー釣り入門! タックル選び~必要な基礎知識まとめ

2019年11月23日

▼メッキ釣りにおすすめなミノーはコレ!

高比重ミノー セイゴ

【実績から選ぶ】メッキのルアー釣り ミノーの使い分け・おすすめアイテムを紹介!

2019年10月19日

▼メッキ釣りの時期・シーズンの流れを解説

メッキ釣り 時期 シーズン

メッキ釣りに適した時期・シーズンの流れを実釣経験から解説!【水温を要チェック】

2019年10月17日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です