ジャッカルタイドビートでメバリング・アジングリレー!

こんにちは、まるなかです。

かなり寒さも厳しくなってきて、風が強くて釣り難い日も最近はかなり多め・・・・。

それでも時間を見つけてちょくちょくライトゲームには出かけています。

相変わらず自分にマッチしたエステルラインを探している段階ですが、良いアイテムが多くて選びがいがありますな!

ここの所使っているワームに、ジャッカルのタイドビートっていうシャッドテールワームがありまして・・・・

釣り具屋さんの店員さんに

「最近出たやつなんですが、ぶっちゃけシャッドテールってどうなんすかね?」

という話になりまして。

個人的にアジングやメバリングに使うのってピンテールのワームが好みで、シャッドテールワームはそこまで使い込んだ経験もなく・・・・。

何となくシャッドテールを嫌がるライトゲーマーって多いと思うんですよ。

タイドビートはナチュラル系のシャッドテールという事でボリュームも抑えめだし、試してみようと事になって最近使って癖などを探っています。

また詳しいインプレはしますが、アジやメバルの反応はまずまず良好な感じ(アタリの出方に若干癖はあるかな)!

今回の釣行もこのタイドビートを使って港湾部のライトゲームを楽しむことに。



シャッドテールでメバリング・アジングはありなのか?

本当はアジをメインに狙いたかったんですが、ちょっと風が強くて釣りが出来る場所は限られそうな感じ(-_-;)

風向きを考えて釣り場を見ていきますが、結構先行者が多くて釣り難いかな~・・・。

そこで、まずはメバルをメインに狙う作戦に変更。そうはいってもアジング用のエステルタックルしかないので、あまりキツイ根周りは無理。

比較的オープンエリアでメバル狙える場所をチョイスし、早速釣りを始めてみる。

水面はバシャバシャと波立っていて魚の活性は逆に高そうな気配もある( ̄ー ̄)

メバルは凪の方が釣れると言われることが多いけど、荒れている時は若干レンジが低くなるだけで普通に釣れるので問題なし。

普段ならピンテール系のワームを中心に使うが、荒れ気味なのでアピール力の高そうなタイドビートで様子見。

水色は結構クリアなので、比較的ナチュラルなクリアホロフレークをチョイス。

アジも多少いる可能性があるので、フックはアジング用のスナイプヘッド1.5gをそのまま使います。

まずは表層から順番に探るが反応無し(-_-;)

波立っていて良く見えないが、何となく小型のベイトがいる感じがするのでメバルが居てもおかしくはない。

そこで、キャスト後超スローにリトリーブしつつ巻き落としでレンジを入れていく・・・・・。

タイドビートはレスポンスがかなり良く、フォールでもテールが動いてくれるのでこのあたりは使い勝手が◎

カウント15位まで巻き落としで落とし込み、そこからレンジキープで深い層を探る。

すると、狙い通り探り方を変えた1投目でモゾモゾッという重み( ̄ー ̄)

感触的にメバルっぽいので、少し食い込ませてからスイープに合わせ。

まずまずは感じの重量感があるが、根はそこまできつくないのでラインブレイクはないだろう。

ここの所様子を見ている月下美人のエステルライン、TYPE-Eは結構強い感じがするので問題なし。

大きい感じはないが、それなりの引きを味わいつつヒョイっと抜き上げてキャッチ成功!

25cmちょっと欠けるくらいかな?

まずまずなサイズのメバルをキャッチ!

このタイドビートはメバルの反応が結構良く、今回のようなちょっと荒れ気味の時などに良い感じだ。

メバルは沈んでいる感じがするので、表層は無視して深いレンジ狙いに集中。

駆け上がりが入っているので、その上を駆け上がりと平行に引くのか?

それとも斜面に沿って落とし込んでいくのか?

逆に駆け上がりの深い側から浅い方にルアーを逃がすか?

立ち位置を変えつつ色々試すんだけど、通す向きを変えるだけでも魚の反応は変わるから面白い。

その時によって魚の向いている向きが変わるので、1か所に立ってキャストしても全く釣れないことも良くあるね。

しばらくネチネチと駆け上がりを攻めると、またアタリ( ̄ー ̄)

結構勢い良く喰ってきたのでアジかと思ったが、引きの感じからしてまたメバルかな?

サイズはちょっと落ちた感じだけど、元気に引くので十分楽しい。

最近あまり釣れなかった青メバルをキャッチ。サイズは20cm程だけど良い突っ込みを見せた。

タイドビートはピンテールワームの感覚で使えるので、シャッドテールワームという意識で使う必要はない感じ。

あくまで最低限の存在感・アピールをする為のテールに思える。

とりあえず2匹メバルが釣れたので、アジのポイントが空いていないか様子を見る為に粘る前に移動!

アジのライズを発見!

ポイントを移動すると、風は相変わらず強めだけど先行者の姿は無し。

向かい風気味なのでちょっとライントラブルが不安だが、気を付ければ何とかなるだろう。

まずは潮の効き具合やアジの群れの位置を探るために移動しつつ打っていく。

すぐに小さなアタリあったが、小さなネンブツダイのような感じでフッキング出来ず。

10分くらい広範囲を探っていくと、風の中に何やら飛沫が( ̄ー ̄)

良く見てみると、速いスピードの激しめなライズ♪

出かたからしてアジのようだが、それなりに遊泳力のあるベイトを食っている感じか?

こういう時はタイドビートが結構いい仕事をしてくれるので、早速キャストして表層をシェイキングメインで探る。

すぐにアタリが有り、バシッと掛けて無事キャッチ!

20cmちょい位かな。

結構鋭いアタリでワームを飲まれた。どうやら食いは結構いいらしく、群れていて餌を取りあっているパターンかな??

すると、予想は的中してポンポンとアジが連発!

良くあるモゾっというアタリではなく、ガツンと言う反転系のアタリが出るので横にフッキングすることが多かった。

アジの群れはかなりスポット的に固まっているらしく、ちょっとでも投げる場所がズレるとかすりもしない。

アジを釣っていると、ちょっと違う引きの魚がヒットして小型のメバルも追加。

その後しばらくは楽しい時間が過ぎたんだけど、群れが去ると全くアタリも無くただ寒いだけの海に・・・・。

あまり粘っても疲れるだけなので、早めに見切りをつけて終了。

風が強かったが、その分魚の活性は高かったので良かったかな。

こういうベイトを積極的に追っている状況下では、ピンテールワームも良いけど

シャッドテールワームも効率よくアタリが拾えるので、使ってみる価値はあるんじゃないかな。

タイドビートを使って他にも釣果はそれなりに出ているので、また近いうちに詳しいインプレッションはしますね!

最近はなんだかんだで18カルディアばかり使っているけど、ステラやイグジストと使い比べても違和感は殆どない。

私の場合はこのクラスのリールで十分なのかもしれないね(笑)

使用タックル

ロッド:ダイワ 月下美人MXアジング510ULS-S

リール:ダイワ 18カルディアLT2000S-XH

ライン:ダイワ 月下美人TYPE-E0.3号 + ダイワ スペクトロン渓流XP 0.8号

ルアー:デュオ テトラワークス スナイプヘッド1.5g(M)、ジャッカル タイドビート

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です