ライトゲーム用リールの大きさ・番手選びの基本と目安を解説【ルアーで五目釣り】

ライトゲーム リール 大きさ 番手

さてさて、今回は港などでルアーを使ってお手軽に釣りをするライトゲームにおける

リールの大きさ・番手の選び方について。

アジやメバル、カサゴにセイゴなど、「ターゲットをあまり絞らずに何でも釣っちゃおう」というのがライトゲーム五目釣り。

ルアー釣り初心者の方にもかなりお手軽に、なおかつ釣果を出しやすい釣り方!

使い易いリールの大きさ・番手選びについて、ここで基本となる知識をしっかり押さえておこう。

※なお、ライトゲーム用リールの選び方全般については別にまとめたものがあるので、理解を深める時に使ってほしい。




ライトゲーム用リールの大きさ・番手選びの簡単な目安

まずはどんな基準でライトゲームに使用するリールの大きさ・番手を選んだらいいのか?

私なりの簡単な目安を紹介しておこう。

  • オールラウンドに対応→シマノ:C2000番、ダイワ:2000番
  • 軽さ・繊細さ重視→シマノ、ダイワ共に1000番
  • ある程度強度を重視する→シマノ、ダイワ共に2500番

ザックリ紹介すると大体こんな感じになり、とりあえず20~30cm位のターゲットとお手軽に遊ぶのであれば

「まずは2000番(シマノの場合はC2000)」を目安に選んでおけば、失敗が少ないはず。

ライトゲームリール 2000番

私自身、ライトゲーム用のリールは9割方この2000番を使っているからね!

ここからはもう少し詳しく、「それぞれの番手毎の選択基準」を紹介していこう。

ライトゲーム用リールの最もベースとなる大きさ・番手は2000番

ライトゲームリール 番手の基準

港の中など、足場が良いお手軽なフィールドでライトゲームを楽しむのであれば、リールの番手は2000番を基準に選べばOK。

※シマノの場合はC2000を選んでおくのがおすすめ。

もう少し具体的に言うと、大体このようなタックル(仕掛け)を使う時に2000番という大きさを選ぶようにしている。

  • 対象魚のサイズ:大体20~30cm前後がアベレージ(アジやメバル・セイゴなど)
  • 釣り場:港湾部を中心にオールマイティ
  • ラインの号数:ナイロン、フロロ、PE、エステル全てに対応可。大体PEライン0.4号位まで

おそらく、ライトゲームを楽しむ方の多くがこのようなシチュエーションに当てはまると思う。

だからライトゲームにこれから挑戦する時は、まず2000番をいうリールの番手を目安に選ぶと良い。

そうすれば身近な釣り場にいるアジやメバル等、小型の魚とオールラウンドに遊べるリールが手に入りやすい。

1000番のリールを選ぶシチュエーション

ライトゲーム用のリールの中では、ちょっと小型の1000番というサイズ。

ライトゲーム用リール 1000番

超簡単に言ってしまうと、1000番という番手のリールは「軽量ジグヘッドを使ったアジングを中心に遊ぶ時」に選ぶと良い。

もう少し詳しくまとめておくと、

  • 釣り場:足場の良い港湾部の常夜灯周りなど
  • 使用するロッド:5フィート台~6フィート前半のアジングロッド
  • 使用するライン:極細エステルライン
  • 使用するルアー:1g未満~1g前後の軽量ジグヘッド

このような状況下、タックルを使用するのであれば1000番という小さなリールが活きてくる。

リールの番手が小さくなることで、

  1. より軽量になる
  2. スプール径が小さくなるので、ガイドが小さいロッドで飛距離が出やすい
  3. 巻き取りがスローになるので、軽い仕掛けを使っても仕掛けが浮き上がり難い

というようなメリットがある。

逆にデメリットとしては、

  1. ラインの巻き取り量が少なくなる
  2. 太いラインを使うと、飛距離が低下しやすい
  3. 糸癖が付きやすい場合がある

といった所かな。

ライトゲーム アジング リール

1000番というリールは、ライトゲーム五目釣りに使うというより、

「アジング用の繊細なタックルに使用するリール」だと覚えておくと、シンプルで分かりやすいかと。

2500番のリールを選ぶシチュエーション

ライトゲーム用のリールでは、若干大き目になってくる2500番という大きさ。

ライトゲーム リール 2500番

基本的には、磯などの障害物のあるポイントで大型のメバルを狙ったり、チヌやセイゴ~フッコ(40cm前後~)、タチウオなどを狙ったりする時に選ぶと良い。

もう少し具体的に紹介すると、

  • 合わせるロッドの長さ:8フィート~
  • 狙うターゲット:大型のメバル、チヌ、港湾部のライトなシーバス・タチウオ等
  • 使用するラインの号数:PEライン0.5号以上

こういった条件下でのライトゲームであれば、「2000番よりも大きくてパワーのある2500番」という大きさの方が使い易いと感じる。

リールのサイズを大きくすることのメリットとしては、

  1. スプールが大きくなるので太いラインがしっかり巻ける
  2. ラインが出てもスプール径が小さくなり難く、飛距離が伸びやすい
  3. ボディが大きくなるので、ある程度引きが強い魚を掛けてもやり取りが楽

大体こんなところかな。

一方でデメリットとしては、

  1. リールが大きくなるので、どうしても重たくなりやすい
  2. ガイドが小さいロッドに合わせると、ラインがブランク(竿本体)に当たって飛距離が落ちる

こんなところが代表的だろう。

ライトゲーム リール 番手

ライトゲーム用のリールで2500番を使う時は、港の中で20~30cmのアジやメバルを狙うというより、

「ワンランク大きい魚を狙う時に使うもの」という風に覚えておくと分かりやすい。



ライトゲーム用リールはシャロースプールか、深溝スプールか?

スピニングリールの番手には、機種や大きさによって「S」が付くシャロースプールと通常の深溝スプールが存在する場合がある。

ライトゲームリール シャロースプール

シャロースプールというのは、糸を巻き取るスプールの溝が浅く、細いラインを必要な分だけ巻き取れるように作られている。

基本的にルアーフィッシングでは細いラインを使うことが多いので、シャロースプールタイプの方が使い易い事が多い。

※深溝スプールの場合は下巻きと言い、不要な糸を最初に巻いてカサ上げをする必要がある。

最近の小型のスピニングリールはシャロースプール仕様が当たり前になっており、シャロースプールしかラインナップされていないものも多い。

ライトゲームに使用する2000番前後のスピニングリールであれば、基本的にはシャロースプールモデルを選んでおけばOK!

私の場合も、ライトゲーム用の小型のスピニングリールは「全てシャロースプールモデルを使っている」のが現状だ。

ライトゲーム用リールの番手・大きさ選びまとめ!

アジやメバルなどをターゲットを絞らず、その時々で何でも釣っていくライトゲーム。

使用するリールの番手選びについては、大体こんな感じで押さえておけば十分だろう。

とりあえず港の中など、お手軽な場所で使うリールを選ぶのであれば、「2000番の浅溝・シャロースプールモデル」を選んで挑戦してみよう。

ライトゲーム セイゴ 釣果

ライトゲームは簡単に始められるし、季節や時間によって色んな魚が釣れるのでかなり楽しい。

興味がある方は是非チャレンジしてみてね♪

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

▼合わせて読んでパワーアップ!

ライトゲームリール 選び方 おすすめ

>>ライトゲーム五目用リールの選び方・実釣から選んだおすすめアイテムはコレ!

▼ライトゲームに必要な基本知識をまとめたページ

ライトゲーム入門

>>ライトゲーム入門!タックル選びの基本まとめのページ

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です