静岡スーパーライトショアジギング釣行 デイゲームで青物!

ワカシ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は静岡サーフへスーパーライトショアジギング釣行へ。

 

そろそろ海が落ち着いてきた頃なので、ヒラメやマゴチも視野に入れつつ、ダメなら青物狙いというプランで。

かなり気温が高くて釣りにはあまり適さない条件下での釣行でしたが、果たしてどんな釣行に?

昼・デイゲームで遊ぶスーパーライトショアジギング

とりあえずポイントを選びますが、今回は青物よりもフラット系をメインに考えた釣り場をチョイス。

昼の時間帯なのでサーフはガラガラ、人は全くいないのでランガンで探ってみます。

スローな誘いを主体に

とりあえず潮の状態や地形変化が分からないので、状況調査からスタート。

見た感じ多少潮が流れていそうだったので、先発はオーナーの投次郎20gをチョイス。

このポイントはフラット・青物両方狙うことができるので、ボトムを中心に探りつつ時々上のレンジも探ってみる。

潮は多少左から右に流れていますが、結構底潮が軽い感じで良くない雰囲気。

 

若干スロー気味のワンピッチジャークを主体に、ジグをしっかり滑走させて魚に見せていく・・・・。

テンポよく歩き回って釣っていくと、30分くらい経過したところでかなり沖目でバイト!

 

着底寸前でのバイトだったのでフラット系の予感がしたが、合わせを入れると良い感じの首振り。

マゴチっぽい感触を感じつつ巻き上げてきたが、少ししたところでフックアウト・・・・。

 

フロントにダブルのアシストオンリーだったので、フラットをちゃんと狙う時はリアフックもないと駄目ですね(-_-;)

しかしその後は全くアタリがなく、おまけに海底にゴミが結構多く、すぐに引っ掛かってくるので厄介だ。

ポイント移動で潮のヨレを狙い撃つ

どうも釣れそうな感じがあまりないので、早めに見切りをつけて移動。

 

やってきたのは少し水深が深めのポイントで、沖の方を見てみると潮がぶつかっている気配。

ギリギリキャストして届きそうな範囲なので、しっかり遠投して中層までジグを沈め、トリッキーなジャカ巻き&ストップで横方向にジグを動かしてみる。

 

するとすぐにガツンとバイトがあり、青物っぽい引き。

ワカシ 釣果

釣れたのはここ最近の定番、ワカシですね。やはりショゴと比較すると引きが弱いな。

その後少し下のレンジも探ってみたんですが、釣れてくるのは同じくらいの大きさのワカシばかり。

 

デイゲームの青物狙いのショアジギングは潮の状態さえ良ければ普通に釣れる。

朝マズメの場合は着水直後に適当にジャカ巻きすればそこそこ釣れる事も多いけど、デイゲームの場合はジグの動きに変化をしっかり出した方が良いね。

 

スロー一辺倒でも意外と釣れないし、逆にハイピッチのアクションだけでも魚が追い付けなかったり。

なので緩急をしっかり与えて操作するとともに、海中のジグの動きを頭の中でしっかりイメージできるようになると、釣果も安定してきますね!

 

誘いのアクションと食わせのアクションをきっちり使い分けると、狙ったタイミングでバイトを拾えるようになります。

 

とりあえずワカシ狙いは十分堪能したので、ここでまたポイントを小移動してみる。

海底の地形変化を狙い撃つ

ポイントを移動してやってきたのは、海底に少し急な駆け上がりがあるスポット。

ここはショゴの回遊が期待できるはずだが・・・・。

ボトムからの巻き上げて良いバイト!

徐々に潮の流れが緩くなってきたので、ここでジグをチェンジ。

選んだのはクレイジーオーシャンのリジェット。

ただ巻きや弱めのジャークでもしっかり動くタイプのジグらしいが、気になったので以前購入したもの。

 

まずは操作感やアクションの質をチェックすると、確かに良く動いて簡単操作で使えるタイプのジグのようだ。

後方寄りの重心設定なので飛距離もまずまず、ボトム周辺を巻き中心の釣りで探っていく・・・・。

 

岸からだいたい40mくらいの場所に駆け上がりがあるので、その周辺は特に入念に。

キャストする角度を少しずつ変えたりしながら、駆け上がりの斜面に沿って少し早めのリトリーブでジグの逃がす感じかな。

 

このパターンでしばらく釣っていくと、狙いどおり駆け上がり付近でバイト。

早めにリールを巻いたところ、引っ手繰られるような感じのバイトだったので非常に気持ちが良いね!

 

合わせを入れるとゴンゴン突っ込む引きだが、重量感はそこまでない感じ。

引き的にカンパチ系のようだが、狙いのサイズよりは小さそう。

それでも元気な突込みでロッドが綺麗に曲がるので十分楽しいね★

ショゴ 釣果

キャッチしたのは丸々肥えたショゴでした。

狙いのサイズよりは少し小さめでしたが、やはりカンパチ特有の突込む引きはたまりません。

 

まだ粘ればチャンスはありそうでしたが、暑くて疲れたのでこれにて撤収。

もう少し海が落ち着いたら、フラット系ももっと面白くなってくるはずですね。

 

使用タックル

  • ロッド:ゼスタ ランウェイSLS S94スーパーロングシューター
  • リール:ダイワ 19セルテート LT3000S-CXH
  • ライン:ダイワ UVFエメラルダスデュラセンサー8ブレイド 0.8号 + シーガーグランドマックス3号
  • ルアー:オーナー 投技ジグ20g、クレイジーオーシャン リジェット20gなど

おすすめ関連記事!

▼三保の釣り場を紹介!

【人気釣りポイント】青物の聖地、三保の釣り場を詳細解説!

2017年10月11日

▼まずはここから!スーパーライトショアジギング入門・基礎知識まとめ

スーパーライトショアジギング ロッド

【実釣主義】スーパーライトショアジギング入門 タックル選び・基礎知識まとめ

2019年11月9日

▼スーパーライトショアジギングのメタルジグ選び

スーパーライトショアジギング メタルジグ おすすめ

【全て実釣セレクト】スーパーライトショアジギング用メタルジグの選び方・おすすめアイテムはコレ!

2019年10月2日

▼カンパチ狙いのショアジギング講座

ドラッグメタルキャスト

カンパチ狙いのライトショアジギング タックル選びや狙い分けのコツとは?

2019年9月6日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です