メバリング用リールのおすすめ機種・選び方を実釣比較で解説!【基礎徹底講座】

メバリング リール 選び方 おすすめ

さてさて、今回はメバリング用リールの選び方を基礎から解説。

合わせて「私が実費を払って購入し、実際に使い比べてきた中でおすすめなアイテム」を紹介。

よくある適当に商品をピックアップしただけのおすすめランキングではなく、普段毎日釣りをして生活している私の実釣経験に基づいたものになる。

メバル 釣果

これからメバリングに挑戦してみたい方や、ステップアップに適したリールを探している方等の参考になったら嬉しく思う。

文章量としては多めですが、一通り目を通してもらえればメバリングリール選びの基礎が1通り分かるようになっている。

それじゃあ早速、本題へと話を進めていこう。



メバリング用リールの選び方基礎編

まずは、メバリング用リールを選ぶ時に必要な基本的な知識から解説。

リールのメーカー選び

メバリング リール メーカー シマノ ダイワ

リールのメーカーは様々だが、正直言って大半の方が日本製のシマノ・またはダイワ製のリールを使っているのが現状。

実際に使ってみるとわかるが、価格と性能のバランスや信頼性などにおいて無難なのは圧倒的に国産メーカーのシマノかダイワ。

なので特にこだわりが無ければ、シマノ製・またはダイワ製のリールを選べば一番失敗が少ないはず。

 

それ以外のメーカーのリールを使っている方って、かなり多くがそのメーカーの関係者の事が多い気がする・・・。

スピニングリールとベイトリール(リールの種類)

メバリングに使うリールの種類だが、大きく分けると「スピニングリールとベイトリール」に分類される。

メバリングリール スピニングリール

スピニングリールは海釣りでは最も一般的に使われるタイプのリールで、こんな形状をしている。

ベイトリール メバリング

一方でベイトリールは丸っこいリールで、ブラックバス釣りなんかで使われる機会が多いリールになる。

簡単に言ってしまえば、普通にメバリングをやるならおすすめは断然スピニングリール。

ベイトリールをメバリングで使う方は、簡単にいうと「ベイトリールで魚を釣るのが楽しい」というタイプの方が多く、どちらかというとマニアック。

私自身、今までかなり長い時間メバリングをやってきたが、正直言ってメバルを釣る事だけを考えたらスピニングリールだけで良いと感じている。

 

ベイトリールは風が強かったりするとライントラブルが起きやすいので、まずはスピニングリールを購入すればOK。

リールの番手・大きさ

メバリング リール 番手 大きさ

メバリングでは小型のルアーを使うが、使用するラインも細いものを使用する。

それに合わせたリールの番手を選ぶことで、快適な釣りが出来るようになる。

メバリングで使用される大きさは1000番~2500番程度だが、番手選びの簡単な規準としては

  • 2000番:最もベーシックでメバリングの基準となるサイズ
  • 1000番:細いラインを使うのに最適で、小型~中型までの数釣り向き。アジングに使用される機会が多め
  • 2500番:磯などで30cmクラス以上のメバルに狙いを絞った使い方に使用することが多い

 

ざっくり紹介するとこんな感じで、1台のリールで色んな状況に対応するなら「2000番のリール」が目安になる。

 

シマノ製のリールならC2000番、ダイワ製のリールならLT2000番を基準に選んでみよう。

▼【理解を深めたい方に】メバリングリールの番手選びの詳細解説はこちら

メバリング PEライン フロロカーボンライン

メバリングリールの番手・サイズ選びを解説。迷わない為の考え方の基礎・使い分け方とは

2020年1月17日

スプールの深さ・糸巻き量

リールのスプール(ラインを巻き取る場所)には、溝の深さ別でラインナップされている場合がある。

分かりやすく紹介すると、

  • シャロースプール(番手表記の中にSの表示):溝が浅く、メバリングを含めたルアーフィッシング向け
  • ノーマルスプール(番手表記の中に表示なし・またはDの表示):溝が深く、餌釣りなんかにも使える

 

このように分類できる。

メバリング専門に使うのであれば、個人的におすすめなのは「番手表記にSの表示があるシャロースプール」かな。

メバリング リール スプール

シャロースプールの方が使うラインをピッタリ巻けるものが多く、下巻き(カサ上げに要らない糸を巻く)をする必要が減るので使い勝手が良い。

 

※ただし、シャロースプールモデルは沢山ラインを巻いたり・太いラインを巻くと、全て巻き切れないことがあるので注意が必要。

リールのギア比(巻き取りの速さ)

メバリング リール ギア比

メバリングに限ったことでないが、リールにはギア比というものが設定されている。

超簡単に紹介すると、

  • ギア比が低い:巻き取りが遅い
  • ギア比が高い:巻き取りが速い

 

ギア比の違いにより、ハンドルを一回転させた時の「糸を巻き取れる距離」が違うってわけ。

リールのギア比を大きく分類すると、ローギア(番手にPの表記)・ノーマルギア・ハイギア(番手にH・XGなどの表記)の3つに分けられる。

  • ローギア(ノーマルギア含む):ギア比が低く、ゆっくりとしたルアー操作が得意。パワーギアとも呼ばれる
  • ハイギア:ギア比が高く、ルアーをキビキビ動かしたり魚を一気に寄せるのが得意

 

とりあえず港の中などで小型のルアーを使ってメバリングに挑戦するなら、無難なのはローギア・またはノーマルギアのリールだ。

 

初心者の方は、まずは軽いルアーを丁寧に・ゆっくりと操作することを重視し、リールのギア比を選ぶのがおすすめ。

▼【理解を深めたい方に】メバリングリールのギア比選び・使い分けの詳しい解説はこちら

メバリング リール ギア比

メバリング用リールのギア比はどうやって決める?私が考える特徴・使い分けを解説!

2020年1月15日

ドラグ力

メバリング ドラグ

リールにはドラグ(強く引っ張られるとラインが出る機能)が装備されているが、細めのラインを使うメバリングでは繊細なドラグを装備したものの方が使い易い。

メバリングなら大体2kg前後のドラグ力のものを選べばOKだが、基本的にリールのドラグ力・特性はリールの番手(大きさ)によって設定されている。

  • 小型のリール:最大ドラグ力は低い(強い負荷には耐えられない)が、微調整がしやすい
  • 大型のリール:最大ドラグ力は強いが、微調整が苦手

 

このように、使うラインの強度などによって違った設定になっている。

基本的にメバリングで良く使う2000番前後のリールを選んでおけば、細いラインに適したドラグ設定になっているのであまり気にする必要はなし。

 

ただし、リールの価格が上がるほどドラグの出方がスムーズになり、より細いラインを使ってギリギリのやり取りをする事が可能になる。

安すぎるリールはドラグのスムーズさが劣り、ラインが切れやすくなったりする可能性は存在している。

価格・グレードの目安

メバリングに使うリールの価格の選び方だが、当然高級なリールほど細かな使用感などで優れているのは間違いない。

私が様々なリールを使い比べてきた感覚としては、

  • メバリング初心者の方・コスパ重視の方:実売価格1万円前後
  • ちょっとこだわりたい初心者・中級者の方:実売価格2万円前後
  • 中級者~上級者の方で、ハイエンドまでは手が出ない:実売価格3万円前後
  • 予算は特になく、道具にはこだわりたい方:実売価格4万円以上

 

リールの価格の目安に関しては大体この位の設定をしておくと、ちょうどコスパと性能のバランスが良いものが手に入るように感じている。

メバリング用リールの選び方応用編

次はメバリングに使うリール選びの応用編について、少し紹介しておこう。

初心者の方は、ここまでこだわる必要は正直言って無いので、無視しても構わないかな。

ローターの素材

メバリング ローター素材

リールにはローター(糸を巻くために開店する部分)というパーツがあり、リールによってその素材が変わってくる。

簡単に紹介すると、

  • 樹脂ローター:最も安価でコスパ重視
  • 炭素系樹脂素材:非常に軽くて感度・軽快さに優れている(CI4+・ザイオンなど)
  • 金属製ローター:強度に優れるが多少重たくなる

 

ローターの素材によってこのような特徴がある。

ある程度高級なリールになってくると、ローター素材が炭素系樹脂のものと金属製のものに分かれてくる。

両者の簡単な違いとしては、

  • 炭素系樹脂素材:リールの巻き出しが軽く、軽快でサラッとした巻き心地
  • 金属製ローター:重厚感があり、しっとりとした巻き心地

 

こんな感じで使用感に差が出てくる。

正直言ってどちらが優れていると優劣は付けにくいが、

  • 軽いジグヘッドなどを使った数釣り系のメバリング:軽量な炭素系樹脂素材のローター搭載のリール
  • 重厚感があるスムーズな巻き感や剛性重視:金属製のローター搭載のリール

 

こんな感じで選び分けてみると良い。

ボディ素材

メバリング リール ボディ

ローターと同じくリールのボディも素材がいくつかあり、これも「樹脂素材・炭素系樹脂素材・金属素材」の3つに分類される。

基本的な特徴はローターと同じような感じだが、

  • 炭素系樹脂ボディ:とにかく軽さに優れており、腐食にも強い
  • 金属ボディ:ボディの剛性感が高く、負荷を掛けてもスムーズにリールが巻きやすい。精度も高め

 

このような特性がある。

個人的にボディ素材に関しては、どちらかというと金属製のものの方がしっくりくる感じはあるね。

リールによっては「ローター:軽量な炭素系樹脂+ボディ:剛性重視の金属ボディ」といったアイテムもあり、リールは素材の特徴を上手く使い分けて作られている。

 

メバリングに使うリールの選び方はこんな感じで、ここからは実釣比較から選んだおすすめアイテムをレベル別に紹介していこう!



メバリング初心者・コスパ重視の方におすすめなリール

まずは、比較的低予算でメバリングを始めたい方におすすめなリールから紹介。

ダイワ 18レガリスLT2000S

ダイワ 18レガリス メバリング

1万円以下でリールを揃え、これからちょっと本格的にメバリングに挑戦してみたいということであれば、私の一番おすすめなのはダイワの18レガリスLT。

私自身このリールを使ってメバリングをはじめとしたライトソルトゲームに使ってみたが、予想以上に使えるリールという印象。

私はハイエンドリールを使うことも多いが、負荷が比較的少ないメバリングだったらレガリスでも全然使えるレベル。

メバリング初心者の方にイチオシのリールだね!

ダイワ18レガリスのインプレッションはこちら

レブロス レガリス

ダイワ18レガリスLTをインプレ!コスパ抜群・本格的な釣り入門にも最適な1台

2019年12月25日

ダイワ 18フリームスLT2000S

ダイワ フリームスLT メバリング

メバリング初心者の方に最もおすすめなのはレガリスだが、次点に来るのは同じくダイワの18フリームス。

レガリスよりもグレードが高く、1万円台前半くらいで購入できる。

基本性能はレガリスでも備わっているが、耐久性があってガタの少ないハンドルなど、細かな点ではフリームスの方が上を行く感じ。

ダイワ18フリームスのインプレッションはこちら

レブロス フリームス

ダイワ 18フリームス LT 実釣インプレッション!

2018年1月21日

 

どちらもコスパ良好で使い易いリールだが、価格と使いやすさのバランスを考慮した場合、個人的にはレガリスの方が衝撃度としては大きかったね!

メバリング中級者・長く使えるものが欲しい方におすすめなリール

初心者・コスパ重視の方におすすめなリールよりも少しグレードが上がり、より軽さや耐久性に磨きが掛かってくる実売価格2万円前後のリール。

メバリング中級者の方や、ある程度良いものを買って大切に使いたい方におすすめなグレードになってくる。

ダイワ 18カルディアLT2000S

18カルディア メバリング

2万円前後で個人的に一番使い易いと感じたのは、ダイワの18カルディアLT。

この価格帯は一番激戦区のグレードにもなるが、軽さとドラグ性能・カスタムの拡張性などを考慮してイチオシが18カルディアLTかなと。

モデルチェンジによって非常に軽くなり、ドラグもかなりスムーズで粘りがある。PEラインのみならず、極細のエステルラインも普通に使えておすすめだね。

ダイワ18カルディアのインプレッションはこちら

18カルディア ライトショアジギング

ダイワ18カルディアを実釣インプレッション!

2018年10月17日

シマノ 19ストラディックC2000S

19ストラディック メバリング

カルディアのライバル機種がシマノの19ストラディック。

ストラディックも良いリールなんだけど、若干ストラディックの方が重量が重たい事やドラグ性能・拡張性の面でカルディアの方が私の好みな感じ。

両者を比べると剛性感はストラディックの方が高い感じだが、メバリングではそこまで剛性も必要ないと感じるので。

なので中級者におすすめなリールの2番手がストラディックになった。

シマノ19ストラディックのインプレッションはこちら

シマノ 19ストラディック

シマノ 19ストラディックを実釣インプレッション!【いいたい事言います】

2019年8月20日

中級者~上級者におすすめなアッパーミドルクラス(後に作成します)

ハイエンドリールには手が出ないけど、性能はできるだけ良いリールが欲しい方におすすめなのが、実売価格3万円前後のリール。

※このクラスのリールはちょうど各社モデルチェンジの時期に該当しているので、購入検討中の方は少し待った方が良いかも!

ダイワの20ルビアスなどが発売されたら実機を購入し、詳細な使用感をチェックしてから作成します。

メバリング上級者におすすめなハイエンドリール

ラストはこだわりの上級者におすすめなハイエンドリールを紹介!

シマノ 19ヴァンキッシュC2000S

シマノ 19ヴァンキッシュ メバリング

シマノの軽量化を重視したシリーズのリールの最上級がヴァンキッシュ。

非常に巻き出しが軽い上、ハイギアモデルでも巻き重りが非常に少なくて高バランスのリールに仕上がっている。

細かな質感ではイグジストやステラに劣る部分はあるが、釣果に影響が出るレベルではない。

イグジストやステラよりも価格的にはお手頃なので、その分ロッドやカスタムパーツにお金を掛けるのもおすすめ!

シマノ19ヴァンキッシュのインプレッションはこちら

レイジーソリッド 使い方

シマノ 19ヴァンキッシュを実釣インプレッション!

2019年3月8日

ダイワ 18イグジストFC LT2000S-P

18イグジスト メバリング

だいわのフラッグシップリールがイグジストで、モデルチェンジによって大幅に質感がアップしたのが印象的。

以前から軽いリールではあったが、巻きの滑らかさや耐久性で劣る部分があったのが正直なところ。

しかし、18イグジストになってからは軽さと共に強さ・剛性感も備わってきて、まさにハイエンドリールにふさわしい仕上がり。

ヴァンキッシュよりも価格が高価な分、おすすめ2番手という位置づけにした。

シマノ18イグジストのインプレッションはこちら

18イグジスト

ダイワ 18イグジスト 実釣インプレッション!

2018年2月28日

シマノ 18ステラC2000S

18ステラ メバリング

昔からしっとりとした巻き感・剛性重視のボディで高耐久なリールという位置づけのステラ。

軽さの面ではヴァンキッシュやイグジストに劣るが、実際に使い比べた印象としてはローターやボディ・ギアなどの剛性感は間違いなく一番だね。

負荷を掛ける使い方を続けてもガタが非常に少なく、初期の使用感の継続という面ではやはりステラはトップに君臨すると感じている。

メバリングでは小型のルアーを使った繊細な釣り方が多いので、あえてヴァンキッシュやイグジストを上に置いた。

一方で障害物周りを強引なやりとりで寄せたり、大型メバルに狙いを絞った使い方をするなら個人的に一番おすすめはステラだね!

シマノ18ステラのインプレッションはこちら

ハイギア エクストラハイギア

シマノ18ステラ 実釣インプレッション!

2018年3月22日

おすすめコンテンツ

ブログ村

2 件のコメント

  • 私もリールはシマノかダイワばっかりですが、以前少しだけ購入を検討したのがアブガルシアです。
    周りにカゴ釣りをする人が多く、両軸カゴ釣り=アブという図式で、初心者の私はスピニングでもアブはアリなのかな?と思ってました。
    価格とスペックで比べるとシマノダイワよりベアリングも多い構成だったりするし。軽さの面では明らかに劣るけど、樹脂製替えスプールがオマケで付いてたり・・・結局購入には至りませんでしたが。
    一個だけオクマってメーカーの安い8000番スピニングをブッコミ用で購入、ハンドルを逆転しようとするとガチャンとする?子供時代の記憶を蘇らせました。でも普通にヒラメやマゴチ、そして数え切れないほどのウツボとダイナンウミヘビと格闘出来ましたけどね!元から「そうなる」と判ってたので高級リールでウツボと格闘したくないので安いの買ったんですけど(笑)

    まるなかさんはアブのスピニングって使った事ありますか?どうでした?

    • こんにちは、まるなかです。

      オクマは正直言って・・・ですね笑

      アブのスピニングはレボシリーズが出たときに使ったことがありますが、悪くはないけど良くもないですね。
      ハンドルの軸がセンターから微妙にズレていたのが気になった思い出があります。

      最近の感じだと、中価格帯まではダイワの進化がかなり目立つ印象がありますね!
      やはり、スピニングリールはシマノかダイワでしょうね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です