ダイワ 月下美人AIR AGS メバルモデルの特徴・おすすめな番手選びを解説!

ダイワ 月下美人 AIR AGS メバルモデル

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

今回はダイワのメバリングロッド「月下美人 AIR AGS」の番手選びについて質問があったので、この機会に私なりの選び方の例を紹介。

私自身は78ML-Sという若干ロングレングスで硬めのモデルをライトゲーム五目で使用している。

月下美人 AIR AGS 選び方

使用感としては非常に軽量で高感度、穂先の繊細さも兼ね備えていてお気に入りだ。

月下美人 AIR AGSメバルモデルのシリーズ全体としての特徴などにも触れつつ紹介していくので、ロッド選びに悩んでいる方の参考になるものがあったらうれしく思う。

私が購入したモデルの78ML-Sのインプレッションについては別にコンテンツがあるので、詳しい使用感を知りたい方はこちらを参考にどうぞ。

▼【関連記事】ダイワ 月下美人 AIR AGSメバルモデル78MLを徹底インプレ!

月下美人 AIR AGS メバルモデル インプレダイワ 月下美人AIR AGSメバリングモデルを徹底インプレ!78ML-Sをライトゲーム五目にて

月下美人 AIR AGS メバルモデルの特徴とは

私はこの月下美人 AIR AGSの78ML-Sを購入する際、他のモデルもお店で振って振り比べてみた。

その中でシリーズ全体を通して感じた特徴・特性について簡単に紹介していこう。

軽負荷時のシャキッと感

月下美人 AIR AGSメバルモデルはしっかりとした反発力があり、いわゆるしなやかで軽く振っただけで大きくしなるようなメバリングロッドではない。

月下美人 AIR AGS 特徴

バットを中心にしっかりとした反発力があり、穂先の繊細さとうまく融合した設計になっている。

これによって、ルアーをキャストする時やロッドアクションを与えた時の無駄なブレが少ない。

なので「メバリングロッドはしなやかでスローテーパーなロッド」という感じではなく、若干マイルドなアジングロッドのような使用感がある。

負荷に対する曲がり・粘り強さ

小さい負荷においてはシャキッとしたブランクス特性を持つ月下美人 AIR AGSメバルモデル。

一方で魚がヒットすると思った以上に綺麗に曲がり込み、私が購入したMLパワーのモデルでも魚の引きに対する追従性は思いのほか高いと感じた。

使い勝手がいいシャキッと感はあるものの、金属的なパリパリっとしたロッドではなくてそこはあくまでもメバリングロッド。

20cm前後のターゲットでも十分楽しめるロッドになっており、シャキッとしていて曲がらないロッドではないのでご安心を。

大きい魚がヒットするとバットのタメがしっかり効き、PEラインを使用した根から引きはがすような釣り方にも対応できる。

月下美人 AIR AGS 釣果

私の場合はライトゲーム五目釣りでハタやオオニベの幼魚なども月下美人 AIR AGSで釣りあげているが、ロッドパワーがPEラインの強度に負けるような感じはこれまで全くない。

月下美人MXとの違い・どちらを選ぶべきか?

月下美人シリーズはAGSの下にMXシリーズが展開されている。

どちらを購入しようか迷う方もいると思うが、違いやコスパ・性能はどうなのだろうか?

全体的には似たような特性を持つ

月下美人MXのメバルモデルも店頭にてチェックしてみたが、全体的には似たような感じのブランクス特性を持っている。

しかし振り比べてみるとその差は確かにあり、

  • ロッドを手にした時の重量感(特に穂先周辺の軽さ)
  • 振った時のシャープさ・ブレの小ささ

この点においては上位機種の月下美人 AIR AGSの方が一枚上手だ。

しかしMXもチタンフレームガイドを採用しており、一般的なメバリングロッドと比較すれば十分軽いしシャープなフィーリングを誇っている。

なのでこの辺りは実釣性能の差というよりは「どこまでこだわるのか?」という点でどちらを購入するのか決めれば問題ない。

単に魚を釣るだけなら月下美人MXメバルモデルでも十分だと感じる。

コスパ・性能のバランスはMXの方が上手か

価格と性能のバランスを考慮してロッドを選ぶのであれば、私としては下位グレードの月下美人MXの方がおすすめかな。

釣りは趣味の遊びなので、この辺りは個人個人によって考え方は違うけどね。

タックルにこだわって釣りをするならワンランク上の使用感を誇るAIR AGSを選ぶのがおすすめだし、実釣能力を重視するならMXって感じ!

月下美人AIR AGS メバルモデルの番手選びの例

月下美人AIR AGSのメバリングモデルの購入を検討している方に、番手決めに悩んだ時の私なりの選び方の目安を紹介しておこう。

68L-T

  • 長さ:6フィート8インチ
  • 穂先:チューブラーティップ
  • 適合ルアーウェイト:0.5g~8g
  • 重量:57g

6.8フィートということで、メバリングロッドとしては平均よりもややショートレングスのモデル。

決して短すぎるロッドではないので、オールラウンドに使えるロッドとしては手返しやルアーの操作性にやや重点を置いたモデルだと考えている。

反発力のあるチューブラーティップなので、私としてはPEラインを使用して1.2g・1.5g前後~5g程度までのジグヘッドを使用したり、プラグ類全般を扱う時にこのモデルを選ぶ。

主に漁港内の常夜灯周辺や港内にあるようなちょっとした小さいテトラ、波の穏やかな内向きのサーフなどを打っていく釣り方にちょうどいいスペックだね!

ロッド自体が程よくショートなので、漁港内でミノーやトッププラグを使うような小刻みなロッドアクションを入れる釣り方にもマッチするね。

港湾部を中心に、色んな種類のルアーを使いたいオールラウンド系ロッドを探している方におすすめ。

74UL-S

  • 長さ:7フィート4インチ
  • 穂先:ソリッドティップ
  • 適合ルアーウェイト:0.3g~5g
  • 重量:60g

74UL-Sというより繊細でしなやかなソリッドティップ搭載のモデル。

1g前後~3.5g程度までのジグヘッドリグを中心に、引き抵抗が小さいシンキングペンシルのドリフトなどを快適に行いたい方におすすめな番手だね。

ソリッドティップモデルのロッドは穂先を微妙に曲げ込んだ状態を作り出しやすく、浮力が高いPEラインを使ってもルアーの操作感を失いにくい。

ロッドの長さも程よい7フィート4インチのレングスがあるので、堤防周りでも穂先を海面まで近づけて釣りをしやすく、風の影響を減らして釣りができるのはメリット。

主にジグヘッドリグのただ巻きやシンペン・リップレスミノーなどを扱いたい方向けの食わせ重視のモデルだね!

数釣り系のメバリングがメインでプラグはあまり使わずに軽量ジグヘッドを中心に使う方へ、私だったらこのモデルをおすすめする。

78ML-S

  • 長さ:7フィート8インチ
  • 穂先:ソリッドティップ
  • 適合ルアーウェイト:1.5g~10g
  • 重量:70g

メバリングロッドとしては平均やや長めな7フィート8インチのモデル。

MLパワーということでバットを中心に反発力が高いが、魚が掛かればしっかり曲がるようにできているロッド。

穂先は繊細なソリッドティップを採用しており、メバリングロッドの中でも先調子感の強いロッド。

ジグヘッドリグの場合はだいたい2g~7g程度を中心に扱いやすく、メタルジグの場合は15gクラスまで使用できる。

プラグ類のトゥイッチングやバイブレーション・メタル系ルアーの扱いも容易にできるぞ。

外向きの堤防やちょっとしたサーフなどの遠投・パワーが必要な場面でのメバリングだったり、私のようにメバル以外のライトゲーム五目ロッドとしてもおすすめなアイテム。

バット~ベリーに掛けての反発力は高いが、穂先はしなやかなソリッドなのでこれが良い仕事をしてくれるぞ。

メバリングにベーシックなスピニングモデルは上記の通りで、以下はベイトモデルになる。

60XULB-T

  • ベイトモデル
  • 長さ:6フィート
  • 穂先:チューブラーティップ
  • 適合ルアーウェイト:2g~6g
  • 重量:65g

6フィートのショートレングスのベイトモデル。

ロッドの長さが短いので、私だったら港湾部の常夜灯周りの明暗や杭・岸壁沿いなどのピンスポットに打ち込むような使い方に使用する。

狭いスポットをショートキャストで打ったり、小刻みなロッドアクションで誘いあげて食わなかったらピックアップ・・・・。というようなテンポを上げたランガンスタイルにおすすめ。

76ULB-S

  • ベイトモデル
  • 長さ:7フィート6インチ
  • 穂先:ソリッドティップ
  • 適合ルアーウェイト:2g~8g
  • 重量:75g

スピニングロッドではベーシックな7フィート6インチのベイトモデル。

ソリッドティップ搭載なので、主にジグヘッドリグやシンペン・シャロー系ミノーなどを使用するメバリングでオールラウンドに使える。

6フィートのショートモデルよりも広範囲を巻いて探るような使い方には適しており、汎用性の高いベイトモデルが欲しいならこちらの方がおすすめ。

合わせるリールについて

月下美人AIRシリーズは軽さが武器になるので、リールも重量・巻き出しの軽さを重視したモデルを選ぶと良い。

無難なのは同社のルビアスバリスティックイグジストなどになってくるが、巻き出しの軽さを強く意識するならマグシールドが入っていないシマノ製リールというのも選択肢としては有望。

私の場合は各シリーズのリールを所有しているが、巻き出しの軽快さを重視してシマノの20ヴァンフォードまたは19ヴァンキッシュを合わせているのが現状である。

ダイワのロッドにシマノのリールを合わせるのはダメという方もいるかもしれないが、シマノのリールの方が巻き出しがわずかに軽い印象がある。

特に20ヴァンフォードは価格も高すぎず、それでいて巻きの軽さはヴァンキッシュに迫るものがある。

月下美人 ロッド リール

カラーも赤と黒なので、月下美人のロッドにも意外なほどマッチする。

メーカーへのこだわりが無いのであれば、こういう組み合わせが私のおすすめかな。

▼【関連記事】シマノ20ヴァンフォードをインプレッション

20ヴァンフォードシマノ 20ヴァンフォードを徹底インプレ。ライバル機種や他のグレードとの違いとは?

おすすめ関連記事!

▼ダイワ 月下美人 AIR AGSメバルモデル78MLを徹底インプレ!

月下美人 AIR AGS メバルモデル インプレダイワ 月下美人AIR AGSメバリングモデルを徹底インプレ!78ML-Sをライトゲーム五目にて

▼新作リールインプレのページ

リール インプレッション新作リールインプレッションまとめのページ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です