ナマズ釣りに使うおすすめルアーと種類の選び方のキホンを紹介!

さて、今回はナマズのルアー釣りに使うルアーの種類の使い分け&おすすめアイテムを合わせて紹介していこうかなと!

意外とナマズ釣りが好きなアングラーは多いようで、ナマズ関連のコンテンツへのアクセスが有ったり質問があったり。

どんなルアーでもナマズは釣れると言えば釣れるんだけど

トップウォータープラグの中でも少し使い分けを覚えておけば、魚をより多く引き出せるようになるはず。

この機会に使う釣り場のシチュエーションや、魚の活性に合わせたルアーセレクトの基本を覚えておこう!



ナマズのルアー釣りに使うルアーの種類と特徴

まずはナマズをルアーで狙う際、使われることの多いルアーの種類と簡単な特徴を紹介していくぞ。

ナマズのルアー釣りにおすすめなルアーの種類
  • カップ系:ジッターバグをはじめとした金属やプラスチック製のカップが付いているもの。オーラウンドに使える基本形
  • 羽モノ、クローラー:金属製の羽が付いたルアー。ピンスポットでの誘いも容易でアピール力は強め
  • ダーター:ナマズが沈んでいる時など、低活性の魚を引っ張り上げてバイトさせるのに有効

普段私がナマズ釣りで使うルアーは大体こんな感じかな!次に、それぞれのルアー種類ごとの説明をしていこう。

カップ系

ジッターバグに代表されるボディーに金属やプラスチックでできたカップが付いているルアー。

引き抵抗も程々で扱い易く、ナマズのルアー釣りではオールラウンドに使える。
流れが比較的緩い場所を中心に使いやすいルアーだね。これからナマズ釣りに挑戦するのであれば、1種類くらいは持っておきたいところ。

カップ系ルアーの特徴・使い方
  • ただ巻き:カポカポという独特な音で勝手にナマズを引き寄せてくれる
  • シェイキング:首を左右に振らせてピンスポットで食わせるのに使う

代表的なルアー:アーボガスト ジッターバグ、スミス キャタピー、ジャッカルヒゲダンサーなど

ナチュラルなアクションでナマズに食わせる

カップ系ルアーのアクションはそこまで派手ではなく、どちらかというと魚の前にしっかり通してあげて食わせるイメージで使うと良い。

だからある程度ナマズの付いている場所に見当が付いている場面などで使いやすい。

最近はラトル入りのアピール力が少し強化されたタイプのルアーも出ている。1つ用意するのであれば、まずはラトル入りのものの方がナマズを引っ張る力が強くて個人的にはオススメ。

ラトルが入っていないタイプは釣り人が多くてプレッシャーが高かったり、浅い場所に浮いているナマズを無駄に警戒させたくない時に有効。確実にキャッチしていきたい時などに役立つぞ。

基本の使い方

メインはただ巻きになり、カップが水を受けてカポカポっとルアーがアクションする速度を保って巻いてくることになる。

少しアピール力を上げたいときは、ロッドをシェイクしつつリールを巻くのがオススメ。そうすることでワイドにルアーがアクションし、ナマズに対するアピール力をアップさせることが出来る。

次におすすめなのがピンスポットでのシェイキング。

水門や水路の流れ込みなど、ナマズが付いていそうなピンスポットがあるなら上流側にルアーをキャストしてそのまま流し込む。

ナマズの付きそうなスポットにルアーが入ったら細かくシェイクを入れてみる。するとカップが程よく水を掴み、ナチュラルにナマズを誘ってくれる。

流れの早い場所は苦手

カップ系のルアーは流れのある場所が比較的苦手。

上流に向かってルアーをキャストするアップストリームの釣りではルアーの立ち上がりが遅くなりやすい。下流側に投げるダウンストリームだとルアーが水を受けすぎてしまって引き抵抗が大きくなりすぎたり、水を受けきれなくなってルアーが倒れる場合もある。

カップ系のルアーを使うなら、流れの緩いポイントで使うのがおすすめかな!

羽モノ・クローラー

ボディの左右に取り付けられた可動式のパーツが特徴の羽モノやクローラーと呼ばれるルアー。

カップ系のルアーよりも水掴みが良く、ボディを大きくクネらせるのでアピール力が強い。

羽モノ・クローラーの使い方と特徴
  • ただ巻き:広いエリアからナマズを誘い出すのに最適。アピール力は強めでスローに引いてもアクションの立ち上がりが早い
  • シェイキング:移動距離が非常に小さく、1点でナマズを誘い続けることが出来る

代表的なルアー:へドン クレイジークローラー、ビバ でんぐりガエル、ジャッカル ポンパドールなど

基本の使い方

基本はただ巻きとシェイキングになり、カップ系と似た使い方になる。

目立つ違いは、アピール力の違いと移動距離の差になる。

カップ系のルアーよりも大きな羽で水掴みが良く、スローに巻いても大きくアクションする特徴がある。またシェイキングの際も移動距離が非常に短く、ピンスポットでナマズにアピールを続けることが出来るぞ。

ナマズがルアーに反応するけど、食い切らない場面などでは移動距離の大きいルアーだと食わせるのが難しい。そういった時にもクローラー系のルアーは効果的!

魚が付いていそうなポイントだけど、ササっとテンポよく探っても反応が無い時はネチネチ誘えるルアーを試すのもアリだね。

速い流れとゴミが苦手

カップ系のルアーと同じく、流れがそこそこ早い場所で下流に向かってルアーをキャストした際は水受けが良すぎて使い難い事がある。

ボディーが大きく動きすぎて暴れてしまい、コントロール下に置けない場面があるからね。

また、左右に開いたウイングがゴミを引っかけやすいから要注意!

切れた水草などが流れてくるようなポイントで使うと、ゴミが羽の付け根に引っ掛かってしまってルアーがうまく泳がなくなることが多い。

ダーター

最近はもう死語に近いかもしれないが(笑)、トップウォーター系のルアーなんだけど水面直下に潜って誘うことが出来るのがダーター。

ナマズ釣りではちょっとマイナー気味の存在だが、使い方を覚えるとキャッチできる魚が間違いなく増えるはず!

今までトップに引っ張り出せなかった個体に対し、スイッチを入れて浮上させてバイトさせるパワーを持つ。

ダーターの使い方・特徴
  • ジャーキング:「ボシュッ」という捕食音や、金属パーツの回転音を発しながら水面下に沈めて誘う

代表的なルアー:へドン ラッキー13、デプス バズジェット、シマノ バンタムトリプルインパクトなど

基本の使い方

ダーター系のルアーには色んなものがある。ラッキー13のような余計なパーツが付いていないシンプルな物から、金属製のプロップが付いているものまで様々。ルアーによってはただ巻きでも使えるし、ポッパーのように小刻みな動きで誘うこともできる。

しかし、最大の特徴はジャーキングでの水面直下へのダイブ!

ロングジャークと言って、1~2m位のちょっと長い距離ロッドを煽ったり、リールのハンドルを数回グリグリ~っと巻いて使って欲しい。

少し長めのジャークを与えると、ナマズの捕食音に近い音やプロップのスクラッチ音をまといながら水面直下へルアーが沈み込む。

この時の音や波動、ルアーにまとわりつく気泡が肉食魚の捕食スイッチを入れるのだ。

これはカップ系やクローラーベイトでは出せない種類の波動になるから、魚が低活性で沈んでいる時などに効果大!

ダーター系のルアーは濁りが入っている時やローライト時にも良く効く。他のルアーで反応が出ない時や、ナマズが見えていても少し深い場所でじっとしている場面で試してみると良い。

また、威嚇系のバイトを誘うのもダーター系のルアーは得意分野。1度キャストしてルアーに反応しないナマズが居る時は、何度も繰り返しキャストすると怒り狂ったように激しくバイトしてくることもあるぞ。



ナマズ釣りにおすすめなルアー

最後に、私が今まで使ってきた中で誰にでも使いやすいと感じたものをいくつかに絞って紹介しておくぞ。

どんなルアーを選んだら良いのかわからないという方は、少し参考にしてみてね。

スミス キャタピー

比較的入手も容易で扱いやすいベーシックなカップ系ルアー。ラトル無しのノーマルと、アピール力が強いラトルインのキャタピークリッカーがある。

個人的にはアピール力を重視し、ラトル入りのクリッカーを使う事が多いかな!

ジッターバグのような定番アイテムでも良いんだけど、

ルアーの立ち上がりの早さやアクションの質やノーマルでもすぐに使えることなどを考慮すると、こういった日本製のアイテムの方が上手かな。カラーに関してはこだわりがなければ白やチャート、ピンクなどの見やすいカラーが入ったものがナマズ釣りではおすすめ。

小刻みに早いピッチでアクションし、ルアーの立ち上がりも早めで誰にでも使いやすい。

ジャッカル ヒゲダンサー

若干入手しにくさがあるが、立ち上がりが非常に早くてノンチューンで使えるナマズ釣りにおすすめなプラグ。

ジョイントボディとハイピッチのアクション、ラトル音でキチキチ・カポカポとかなり強烈な音のアピールをする。フッキング率も比較的高く、刺さりの良いフッ素コートのダブルフックが標準装備されているのもポイント。

このルアーにもノンラトルとラトル入りのものがある。自分の好みやフィールドの規模、プレッシャーの掛かり具合などで使い分けてみると良い。

ジャッカル ポンパドールJr.鯰カスタム

ポンパドールシリーズにはサイズがノーマルとジュニアがある。私の場合は水路や小規模な河川で使う事が多いのでジュニアを使う事が多い。

水量が多いポイントやアピール重視で使うならノーマルサイズの方がおすすめ。

爆音チューンと言って腹にブレードが着いたパターンもあり、最後は個人の好みで選べばOKじゃないかな!

このルアーは金属の稼働式プロップが装着され、クローラーの中でもアピール力は強めに設定されている。

まずはただ巻きで反応を見つつ、怪しい波紋やミスバイトが出たらシェイキングでピンスポットで誘いを掛けたりすると良いぞ。

巻き速度もスローから比較的速めまで対応できるが、基本はゆっくりただ巻きが◎。早く巻くとルアーが大きくクロールし過ぎてしまい、ミスバイトして弾かれやすくなる印象がある。

へドン ラッキー13

まさにダーター。

ボコンという重低音を発し、水面下にダイブさせることでナマズの捕食スイッチを強制的に入れたりする使い方が出来る。

水温が低い時や低活性時、少しナマズのレンジが深くて水面で誘いを掛けても無視してくる個体などを攻略するのにおすすめ。

鯰以外にもバスやライギョ、シーバスなんかもよく釣れる古くからの定番ルアー。使用する際はフックを鋭い物に交換した方が良いかな!

一度こういうルアーでスイッチを入れると、ミスバイトしても何度も食いなおしてきたりすることも多い。エキサイティングなナマズゲームが楽しめるぞ。

シマノ バンタムトリプルインパクト

初期型のトリプルインパクトはただ巻き寄りのアクションだった印象がある。2代目のトリプルインパクトはただ巻きでも使えるんだけど、

面白いのがダーターとして水面直下で誘いを掛ける事!

少し長めのジャークさせると、プロップのスクラッチ音を発しつつ泡をまとって水面直下でブルブルッとウォブルする。

これが低活性の魚にはかなり効き、スイッチを入れてルアーに追尾させた後はピンスポットでネチネチ誘って食わせたりすることもできる。

ラッキー13程強い音で誘うルアーではないが、ただ巻きやシェイキングなど色んなアクションで誘えるのがこのルアーのメリット!

デプス バズジェットJr

バズジェットもトリプルインパクトと同じように、水面直下にダイブさせて使う使い方などができるノイジー系のルアー。

オリジナルの大きいサイズでもナマズは釣れるが、アベレージサイズからキャッチしていきたいならJrの方がおすすめかな。

バズジェットは中古で結構出回っているので、こだわりが無いのなら中古で買った方が安上がりで良い。

ガラガラという大き目のラトル音とプロップによる飛沫を使えば、ただ巻きやシェイキングなどのアクションでも使える。色んな誘い方に対応でき、オールラウンドに使える。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です