ナマズ釣りに使うおすすめルアーと種類の選び方のキホンを紹介!

さて、今回はナマズのルアー釣りに使うルアーの種類の使い分け、おすすめアイテムを合わせて紹介していこう。

ナマズ用ルアーはトップウォータープラグが中心になるが、意外と種類が多くてどれを選んだらいいのか分からないよね。

今回は私が普段ナマズ用ルアーを選ぶ時の考え方や、実釣から選んだおすすめアイテムを紹介!

もちろん全て実釣を繰り返して魚をキャッチしており、使い易さや特徴がハッキリしているものに絞ってある。

これからナマズ釣りに挑戦する方は参考にしてみてね!



ナマズのルアー釣りに使うルアーの種類と特徴

まずはナマズをルアーで狙う際、使われることの多いルアーの種類と簡単な特徴を紹介していくぞ。

ナマズのルアー釣りにおすすめなルアーの種類
  • カップ系:ジッターバグをはじめとした金属やプラスチック製のカップが付いているもの。オーラウンドに使える基本形
  • 羽モノ、クローラー:金属製の羽が付いたルアー。ピンスポットでの誘いも容易でアピール力は強め
  • ダーター:ナマズが沈んでいる時など、低活性の魚を引っ張り上げてバイトさせるのに有効

普段私がナマズ釣りで使うルアーは大体こんな感じかな!次に、それぞれのルアー種類ごとの説明をしていこう。

カップ系

ルアーの前方に金属製やプラスチック製のカップが付いているタイプのルアー。

ナマズ釣りでは最もベーシックな形状のルアーになり、使い易さやアピール力のバランスが良い。

流れがある場所・スローに誘う時はシェイキングを使おう

ナマズ カップ系ルアー アクション

カップ系のルアーはスローに巻いたり・流れのある場所で上流に向かってキャストして使うと、うまくアクションをしないことがある。

こういう時はルアーのアクションを引き出す為、チョンチョンと穂先を揺らしながらリールを巻いて使おう!

そうすることでルアーの動きが大きく・立ち上がりが良くなってアピール力がUPする。

羽モノ・クローラー

ボディの左右に取り付けられた可動式のパーツが特徴の、羽モノやクローラーと呼ばれるルアー。

カップ系のルアーよりも水掴みが良く、ボディを大きくクネらせるのでアピール力が強い。

速い流れとゴミが苦手

カップ系のルアーと同じく、流れがそこそこ早い場所で下流に向かってルアーをキャストした際は水受けが良すぎて使い難い事がある。

ボディーが大きく動きすぎて暴れてしまい、コントロール下に置けない場面があるからね。

また、左右に開いたウイングがゴミを引っかけやすいから要注意!

切れた水草などが流れてくるようなポイントで使うと、ゴミが羽の付け根に引っ掛かってしまってルアーがうまく泳がなくなることが多い。

ダーター

最近はもう死語に近いかもしれないが(笑)、トップウォーター系のルアーなんだけど水面直下に潜って誘うことが出来るのがダーターと呼ばれるルアーだ。

ナマズ釣りではちょっとマイナー気味の存在だが、型にはまると強いのがダーター。

他のルアーで水面まで引っ張り出せなかったナマズに対し、スイッチを入れて浮上させてバイトさせることが出来る場合がある。

ただし、メインのルアーというよりはステップアップしてから使って行けば十分だと思うので必ず揃える必要はない。

水面直下へダイブさせて使う

ダーター系のルアーはロングジャークといい、ロッドを下向きに煽ったり・ロッドを下げた状態でリールをグリグリっと巻いたりして使う。

これにより、ルアーが泡をまとった状態で水面直下へダイブしたり、「ボコン」という音を立ててアピールする。

ナマズ ダーター系

これが捕食スイッチの入っていないナマズに対して強烈にアピールし、バイトを誘発する。

ただし、プレッシャーが掛かっているナマズには逆効果になり、びっくりさせてしまうことがあるので要注意だ。

ルアーはいきなり沢山揃える必要はない

ナマズ釣りに限らず、魚が思うように釣れなかったりするとルアーをどんどん増やしてしまうことがある。

しかし、ナマズ釣りの場合はルアーの性能よりも圧倒的に「釣り場のポテンシャルや釣行のタイミング」というものが釣果を大きく左右する。

つまり、ナマズが沢山いる場所なら結構簡単にナマズが釣れるし、釣行の時間やポイントの水量・濁りなどの方が遥かに重要なんだよね。

だからナマズが釣れないからと言ってルアーのせいにするのではなく、釣り場選びなどをしっかり行う方が先決。

「ルアーをとにかく細かく使い分ければ、魚が沢山釣れるようになる」というのは間違いなので、最初は最低限のルアーを用意すれば十分!

まずはカップ系のルアーを中心に揃えよう!

ナマズ用ルアーの代表的な種類はさっき紹介した通りだ。

その中でも誰にでも使い易く、釣果も安定しているのはカップ系のルアーだ。

ナマズ カップ系ルアー

初心者の方はカップ系のルアーだけでも十分な位で、ナマズ釣りに慣れてきたら自分好みのルアーを探して色んな種類のルアーを使い比べればOK。

シンプルに考えるならアピール力「大・中・弱」で使い分け

これからナマズ釣りに挑戦する方へ、ルアーを最低限揃えるならおすすめは3つのルアーを用意する事!

どういう風に分けるかというと、ルアーのアピール力の強さ別に揃えるのがシンプルでわかりやすい。

  • アピール力大:金属パーツが装着されていたり、ラトル(金属やガラス製の玉)が入ったルアー
  • アピール力中:一般的なプラスチック製のルアー(特に音が鳴るパーツは無し)
  • アピール力弱:柔らかい素材のナマズ用ルアー

 

こんな感じでアピール力の強さ別で3つに分類し、それぞれ1個ずつ用意しておけば使い分けがしやすくなるぞ。



ナマズ釣りにおすすめなルアー

ここからがある意味本題だ。

私が実際に使っていて使い易いと感じたおすすめなナマズ用ルアーを紹介していこう。

全て実釣で結果を出しており、実績多数のアイテムなので安心して使ってほしい。

オールラウンドに使えるルアー

まずはアピール力の大きさや中くらい、どんな場面でも使い易いベースとなるルアーを紹介。

スミス キャタピー

価格もお手頃、入手も比較的容易でよく釣れて使い易いのがスミスのキャタピー。

これからナマズ釣りに挑戦したい方~上級者の方まで使える。

とりあえず1個ナマズ用ルアーを選ぶのであれば、私の場合はキャタピーを選ぶね!

スミス キャタピー

アクションは若干小刻みでハイピッチ。

カポカポという甘いサウンドでナマズにアピールするが、アクションは大きすぎず控えめ過ぎずでバランスが良い。

キャタピーにはいくつかシリーズがあるが、キャタピークリッカーはラトル入りでアピールが強めになる。

ハイアピールなおすすめルアー

次に、アピール力が強くておすすめなルアーを紹介。

主にナイトゲームや、水が濁っている時などに効果を発揮する。

スミス キャタピークリッカー

先程紹介したキャタピーのラトル入りバージョンがキャタピークリッカー。

キャタピーの使い易さはそのままに、ラトルが入っていることでアピール力が強化されている。

ちょっと目立つルアーを揃える時、どんなものを買っていいのか分からなければクリッカーを買っておけば失敗はない。

キャタピークリッカー

私の場合は黒のキャタピーの背中に良く光るグローシールを貼り、視認性をアップさせてナイトゲームで使用しているぞ。

ザクトクラフト ザグナ

数あるナマズ用ルアーの中でも非常にアクションの立ち上がりが良く、スローに巻いてもしっかり・ワイドに泳ぐのがザグナ!!

ぶっちゃけ初心者の方には価格が高いが、しっかりルアーが泳いでくれるので使い勝手の良さは間違いない。

ザグナ

ザグナには種類があり、カラー名の前のアルファベットで判断する。

  • N○○:ナマズ用モデル。ラトル無し
  • SD○○:ラトル入りで超アピール
  • B○○:バス用

 

ナマズ用に購入するのであれば、おすすめはNかSDと書かれたものが良いね!

ラトル無しでもかなりアピール力は強く作られている。

ザグナはアクションは抜群に良いが、ボディがファットなのでフッキングがちょっと悪い時がある。

そういう時はフックをチューニングするのがおすすめ!

より詳しいインプレッションへ

おすすめソフト系ルアー

最後に紹介するのが、スレたポイントなどで効果を発揮するソフト系のルアー。

金属音などのアピールは無いが、その分独特な着水音と触感でナマズにプレッシャーを与え難い。

ロデオクラフト やわらかプップ

このルアーも価格は高めだが、それに見合った使い易さとアクションなのであえておすすめする。

柔らか系のルアーの中でも一際ソフトな素材を使用しており、「ペチャッ」というようなソフトな着水音でナマズにアピールできる。

また、ルアーを引いた時のアクションの立ち上がり・切れの良さも抜群に良くて使い易い。

スローに巻いてもしっかり泳ぎ、羽モノのようなワイドな動きでナマズを誘い出せる。

やわらかプップ ナマズ 釣果

使い易い柔らか系のルアーが欲しいなら、私のイチオシはやわらかプップ!

スミス キャタピーソフト

定番のスミスキャタピーのやわらかバーション。

ウレタンボディを採用しており、ムニュッとした独特なマテリアルが特徴だ。

アクションの立ち上がりはやわらかプップには劣るが、価格の面ではキャタピーの方が安くて買いやすい。

キャタピーソフト ナマズ

ボディサイズが大きく、上流にルアーを投げるアップストリームで使うとアクションの立ち上がりが遅い時がある。

そういう時はロッドを揺らしながら巻くことで、ルアーのアクションが大きくなるからうまく活用しよう。

より詳しいインプレッションへ

好みでルアーを改造しよう!

ナマズ用ルアーはパッケージから取り出した状態でもそのまま使うことは可能だ。

しかし、フッキング率をアップしたりと、使い易さの向上を目指すならルアーのチューニングをすると良い。

ナマズルアー 改造 カスタムパターン

特にフックセッティングで釣果は変化しやすいので、ミスバイトが目立つような時はちょっとルアーをいじってみよう。

おすすめなチューニングパターンと必要なアイテムを紹介した記事があるので、釣果アップを目指す方は少し参考にしてみてね。

 

ざっとまぁこんな感じで、おすすめなナマズ用ルアーの解説はおしまい。

まるなか大衆鮮魚では、他にも徹底的な実釣主義に基づいたコンテンツを多数用意してある。

良かったら目を通してみてくださいね!

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です