川釣り入門! 道具選び~釣り上げるまでを徹底解説

今回は、初めての魚釣りに挑戦したい方にむけて、必要な竿や仕掛けを揃えるところから場所選びや釣り方のコツまで、出来るだけ詳しく解説していきたいと思います。

山へ遊びに行くときなどに友達や家族と一緒に手軽に楽しめる川釣りは、基本さえ覚えてしまえば、比較的簡単に魚を釣り上げることができるのでおすすめです。

そうはいっても、必要な道具をしっかり揃えて、魚がどういった場所に潜んでいるのかわからなければ、魚を釣り上げることのできる可能性も減ってしまいます。

竿と仕掛け、餌だけであれば1500円前後で揃えることができます。お手軽な道具で魚釣りに挑戦しましょう。

今回は私自身が実際に道具を揃えて、実際に釣りに行った釣行記を交えながら説明していきます。釣りの基本から出来るだけ詳しく説明してありますので、一緒に川釣りについて勉強していきましょう!

 

川釣り入門 ハヤ釣りの基礎から徹底講座!

魚釣りを行う際には、釣りたい魚や釣りをする場所によって道具の種類が変わったりするので非常に厄介です。

今回は、川でお手軽に釣れて初心者の方でも誰でも楽しめる、ハヤ釣りに挑戦してみましょう。それでは、必要な道具を紹介していきますね!

釣り竿の長さは3m前後を目安に

今回はや釣りをするうえで、必ず必要な道具はコチラ。

当然といえば当然ですが、釣り竿と仕掛けが必要です。今回は270cmの釣り竿を購入しました。大人の方であれば3m以上でも構いませんが、子供と一緒に釣りをする際は、竿が長くなってくると重さも増えてくるので釣りをするのが大変になります。

5mの竿なども売っていますが、長すぎて小さな川や、木が生い茂った場所で釣りをすると非常に釣りが困難になります。出来れば3m以内の竿を選んでおくと、短くて扱いも簡単で軽いので誰でも使いやすいですよ!

価格は880円でした。

同じように使える商品はコチラです

 

使う前に、竿の先を伸ばして、リリアンと呼ばれる太い糸のようなものの先端に結びコブを作っておきます。これがないと、仕掛けが外れて水の中にサヨナラしてしまいます(-_-;)

 

竿が決まったら、次は仕掛けが必要です!竿の名前に数字が入っているものが多いのですが、その数字が竿の長さになります。例えば、270と書いてあれば竿の長さは2.7mになるというわけですね!

ですので、今回は2.7mの竿に合う仕掛けを購入しました。竿に取り付ける部分~針までがセットになっているものがあるので、初めての方にはおすすめです!

今回実際に使用した仕掛けはコチラです

 

替えの針も入っていますが、不安な方は予備の針を購入しても良いと思います。万が一針が無くなってしまったら、せっかくの釣りができなくなってしまいます。

 

これで釣りに必要な竿と仕掛けが揃いました!最後に、餌が必要ですね。

ハヤ釣りに使う餌の種類

餌は釣り餌として定番のミミズをはじめ、ご飯粒や魚肉ソーセージなどでも魚を釣ることはできます!今回は家にストックしてあった魚肉ソーセージを使ってみることにしました。

虫が触れる方は、川で現地調達可能

川底の石をひっくり返してみると、カゲロウやトビケラの幼虫などを沢山発見することができます。

これらは普段魚達が食べている餌ですから、効果は絶大です!

持って行った釣り餌が無くなってしまった時などにも使えるテクニックですので、覚えておくと良いと思います。

石をひっくり返してみたら、このように小さな石がくっついています。これはトビケラの幼虫の巣ですね。

また別の石をひっくり返してみると

ヤゴのような、カゲロウの幼虫を発見しました。これも非常に効果的な餌ですよ!使う際はお尻の部分に針を刺して使えばOKです。

あると便利な道具

次に、無くても釣りはできますが、あった方が良いアイテムを紹介します。100円ショップなどで揃えることができるものが多いので、いきなり釣り専用のものを購入する必要はありません。

上段は糸を切ったり、餌をカットしたりするのにも使えるハサミです。1つ持っておくと、糸が切れてしまって仕掛けを結びなおす時などに役立ちますよ!

下段はハサミのように見えますが、針外しです。棒状のものやペンチタイプなど、色々な形があります。持っていれば魚に触らず針を外すこともできます。画像のようなタイプは先が細く、口が小さい魚でもスムーズに張りが外せるので、私はこのタイプを愛用しています。

また、ロック機能が付いているので、使い終わったらバッグのベルト部分などに噛ましておくことができるので非常に便利です。使うたびに入れ物から出すのは面倒ですからね・・・・。

 

1つ買っておけばそうそう壊れるものではないですし、他の釣りにももちろん使えます。はじめは100均のペンチなどでも良いと思います。

 

水くみバケツは釣った魚をキープしておきたいときに便利ですね!普通のバケツにひもなどを付けて使っても問題ないですが、釣り用の水くみバケツは水面に落とした時に、水が汲みやすいように片側にオモリが入っているので、簡単に水が汲めます。

他に、タオルやウェットティッシュなどがあると、汚れた手をふくことができて便利ですね!

糸の結び方

糸を結ぶとき、ついついコマ結びなどで結びたくなってしまうかもしれませんが、それはNGです。コマ結びでは簡単に切れてしまいますし、場合によっては釣り糸が滑ってしまい、そもそも結ぶことができないことも。最低限、8のじ結びを覚えておくと良いです。

出展:http://www.machida-ito.co.jp

コマ結びを半分余計にひねった結び方とでもいえるでしょうか。この結び方は簡単ですし、まずまずの強さも出るので使いやすいですよ!

例えば、糸と糸を合わせて結ぶと、

仕掛けが切れてしまった時などに使えますね!一度覚えてしまえば難しくはないので、少し練習しておくと良いと思いますよ!

 

さあ、準備が整ったところで釣り場を選んでみましょう!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です