静岡川釣り釣行 流し毛ばりで良型オイカワ・カワムツをキャッチ

オイカワ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は川へオイカワ・カワムツを狙って釣行してきました。

最近は川釣りに出かけていて、渓流~中流域の釣りで癒してもらっています。
ヤマメ・アマゴ・イワナを釣ったり、ハヤを釣ってみたり・・・・。

どの釣りも違った面白さがあり、非常に奥が深いですね。

今日は毛ばりを使い、中流域で良型オイカワを狙ってみるプランです。
果たしてどんな釣行になったのか?

減水気味でやや低活性なオイカワ

とりあえず最初に選んだのはボサ川です。
以前大きいオイカワが居た思い出があったので、ちょっと久しぶりにポイントへインしました。

テナガエビ・アユ・カワムツの姿

狙いのポイントに入ってみたんですが、ちょっと雨が少なめなためか減水気味です。
毛ばり釣り自体は減水していても割と釣りやすい釣り方になりますが、思ったよりも水量が少ない・・・・。

水量が少なくても流れがあればまだ良いんですが、見た感じほとんど流れが無くなってしまっています。
こうなってしまうとかなり苦戦が予想されます。

今日はオイカワ用の流し毛ばり仕掛けを使います。

流し毛ばりはサビキ釣りのような感じで、複数の針が付いている仕掛けです。
これを流れに乗せたりしてうまく操作し、ハヤを釣ります。

竿は4.3mの渓流竿を使い、ササっと準備を済ませて釣り開始。

見た感じ小型のオイカワはチラホラ見えている感じで、仕掛けを投入するとすぐに反応あり。
しかし魚のサイズがかなり小さく、なかなか針掛かりせず。

少しずつ歩いて広範囲を探っていくと、テナガエビの姿が見えます。
ここでテナガエビを釣ったことはこれまでありませんでしたが、何匹か歩いている姿を見つけました。

これはかなり有望そうなポイントを見つけてしまいましたね★

今回はエビ狙いではないので、テナガエビは無視して毛ばりを流します。
しばらく釣り上がっていくとバシャッと反応があり、キュンキュンと鋭い引き。

オイカワにしてはかなり鋭い突込みなので、何かと思って寄せてくると、釣れたのはアユ。

素早く抜きあげてバケツに入れたんですが、ジャンプして逃げられました・・・・。
せっかくのゲストだったんですが、ちょっと残念。

その後もランガン気味に釣っていったんですが、釣れるのは小さなカワムツのみ。
狙いの良型オイカワの姿は見えず、ポイント移動します。

チャラ瀬狙いで良型オイカワ!

ポイントを大きく変え、次にやってきたのは水量が多めの河川ですね。

釣り場

見た感じオイカワの姿もあり、これなら釣果の期待もできそうです。

すぐに毛ばりをセットして流れが効いているポイントを探ると、パシャパシャと反応が出ます。

オイカワ

小型ですが、本命のオイカワをキャッチしました。
狙い通りに釣れたので良かったです。

最初のポイントよりも水量・流速ともに良い感じで、オイカワ・カワムツが連発モードに入ります。

ちょっと距離をとって仕掛けを沖に投入し、じっくり流し込むと良いアタリ。
軽く竿を立てて合わせを入れると、程よい重量感が★

オイカワ

カッコいいオイカワをキャッチしました。
オスのオイカワは神々しいです。

のべ竿を使って釣ると、良型のオイカワやカワムツがヒットすると引き・重量感もしっかり楽しめますね。

魚の居場所が分かると、こんな感じで入れ食いになります。
状況によっては仕掛けを自然に流すだけでなく、誘いを掛けたりすると良く釣れます。

その後も歩き回って広範囲を釣り歩き、オイカワ・カワムツを追加していきます。

オイカワ

抱卵しているのか、小型ながらでっぷり肥えた雌も釣れます。

カワムツ

オイカワよりも引きは遅いですが、重量感があるのがカワムツ。

カワムツ

カワムツも色が出た綺麗な個体が何匹か釣れました★

今回はポイント移動が功を奏し、短時間ながらオイカワ・カワムツが良いペースで釣れて楽しい釣りができました。
毛ばり釣りは餌をつける必要が無いので、表層を意識している個体が多い時はかなり効率よく、手軽に遊べますよ!

川に浸かりながら癒しの釣りができました。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ リバティクラブ 万能小継 硬調4.3m
  • 仕掛け:長し毛ばり5本針仕掛け

▼川釣りに入門に必要な基礎知識全般を知りたい方は【川釣り初心者講座】を参考にしてみて下さい。
管理人の実釣経験に基づき、川釣り挑戦に必要な基本や道具選びなどを解説します。

アブラハヤ 川釣り初心者講座。簡単・誰でも手軽にできる魚釣りに挑戦しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です