【失敗しない】渓流ルアーロッドのおすすめ・選び方を徹底解説!

渓流ルアー ロッド 選び方 おすすめ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は渓流ルアー講座をやっていきましょう。

今日のテーマは「渓流トラウト用ロッドの選び方」について、基礎から詳しく解説。
初心者の方を中心に、「どんな点に注意して選んだら失敗なく使いやすいものが選べるのか?」要点をまとめながら解説します。

最後まで目を通してもらえれば、ロッド選びについて知っておきたい知識全般を知ることができるようになっています。
なお、より詳しい解説記事があるものはリンクを貼っておくので、知識を深めたい時の参考にどうぞ。

私の主な経験・実績としては

  • 年間釣行回数250~300以上(淡水・海問わず毎日釣りをしています)
  • 渓流はルアー・餌・フライと各経験あり
  • 釣果:渓流にて半日でイワナ・アマゴを50匹以上など

こんな感じで釣りばかりやって生活している人間なので、良かったら参考にしてみてね。

まるなか

渓流用ルアーロッド選びの基本を詳しく・ガッツリ解説するよ!

エリア(管理釣り場)用ロッドとの違い

ルアー用のトラウトロッドは、管理釣り場で使用するエリアトラウトロッドと自然河川で使うネイティブトラウトロッドに分けられる。
両者は特性に違いがあり、間違って買ってしまうと使いにくさが目立つから要注意。

エリアトラウトロッド

エリアトラウトロッド

お手軽にトラウトゲームが楽しめる管理釣り場用のトラウトロッドは、より軽いルアーを繊細い扱うために細く・しなやかにできているものが多い。

人が多くてなかなか釣りにくいトラウトを繊細に攻めることを重視して作られている傾向がある。

ネイティブトラウトロッド(渓流用ロッド)

渓流用ロッド

渓流域など自然河川でトラウトを狙う場合、管理釣り場と比較すると重ためのルアーを使用し、速いテンポの釣りがメインになる。
また、ロッドアクションを積極的に使い、キビキビとルアーを操作する機会も多い。

渓流トラウトロッド(ネイティブトラウトロッド)は全体的にシャキッとした張りがあり、流れの中でもルアーをキッチリと操作できる反発力が確保されている。

また、足場が悪くて狭い釣り場でも扱いやすいよう、渓流ルアー用ロッドは全長が短めに作られている。

まるなか

同じトラウトロッドでも、エリア用とネイティブトラウトロッドは特性が違う。間違って買わないように気を付けよう!

スピニングとベイトフィネス

渓流ルアーゲームで使用するリールには種類があり、これによって合わせるロッドも変わってくる。

スピニングタックル

渓流 スピニングタックル

スピニングリールは渓流ルアーゲームでは古くから使われているベーシックなアイテム。
初心者の方の1つめのタックルとしてもおすすめだ。

スピニングタックルは扱いやすさに優れており、淡水・海水問わず色んな釣り方で使用されている。

ベイトタックル(ベイトフィネス)

ベイトタックル

2つめはベイトリールを使用したベイトフィネスと呼ばれる釣り方で、最近になって人気が高くなってきている。

ベイトリールは扱いに慣れが必要だが、ルアーをテンポよくキャストするのが楽にでき、比較的少ない練習で狭いスポットに落とすのもスムーズにできるメリットがある。

ただし、ベイトタックルには

  • バックラッシュ(ライントラブル)のリスクがある
  • ロッドが振れないような狭い場所だと扱いにくい

このようなデメリットがある。

狭いスポットに落とす能力については、スピニングタックルでも熟練すればベイトタックルと変わらないくらいの精度は出すことができる。

なお、私の場合は渓流ゲームにおいてはスピニングタックルのみを使用しているのが現状である(ベイトリールも問題なく扱えるが)。
まともにキャストできないような狭い場所で使用したり、ルアーを投入するのが非常に難しい狭い場所を狙うことが多く、私にはスピニングタックルの方がメリットが大きいからね。

まるなか

初心者の方は、扱いが簡単でオールラウンドに使えるスピニングタックルがおすすめ!

ロッドの素材

ロッドには素材があり、アイテムによって使用されているマテリアルが違うこともある。

カーボン

カーボンロッド

カーボンは最近の釣り竿に使用されている素材としては最もベーシックな存在。
非常に軽くてシャキッとした張りがあり、振り抜き感が良いロッドが作られる。

渓流用ルアーロッドとしても最も汎用性が高く、こだわりが無ければカーボン素材のロッドを選ぶと良い。

グラス

渓流 グラスロッド

グラスロッドはカーボン素材のロッドが登場する前は主流だった。
カーボンよりもしなやかで粘り強く曲がる特性があるが、

  • ロッドが太くなる
  • カーボンよりも重たくなりやすい

このような傾向があり、最近はロッド作りのメイン素材として使われる機会は少ない。

しかしトラウトロッドの場合はグラスロッドを好む方も一定数存在している(私もグラスロッドを使用することがある)。
グラスロッドは、ただ巻きや細かいロッド操作でルアーを操作するのが好きな方に好まれやすい傾向

初心者の方向けというより、中級者以上の方で良く曲がるロッドが好きな方におすすめだ。

ボロン

トラウト ボロンロッド

ボロンマテリアルは、1部の高級なトラウトロッドで使用されることがある。
カーボン素材の中に金属繊維を混ぜて作られており、金属特有のピンとした感度の良さを誇る。

カーボンロッドよりも負荷が掛かると大きく曲がるが、感度が落ちにくいロッドが作りやすい(カーボン素材は曲がると感度が落ちやすい)。
主にミノーのトゥイッチング用のロッドに使用され、独特な曲がりと手元に伝わるピンピンとした感度が特徴的。

グラス素材と同じく初心者向けではなく、中級・上級者向けのロッドになる。

ロッドの長さ

釣り場の規模によって長さが変わる

渓流ルアーゲームといっても、大きな石がゴロゴロしていて川幅が狭い源流域もあれば、比較的開けていて水量も多めな場所もある。

渓流 ロッド 長さ

基本的には、狭い場所で釣りをする場合はルアーを遠投する機会が少なく、

  • トラウトが潜むピンスポットへしっかりルアーを落とせる精度
  • 狭い釣り場でも邪魔にならない長さ

これらを考慮して短めのロッドが使用される。

一方で川幅が広い大河川や中流・本流域になってくると、長いロッドを使用することが多い。

5フィート前後を基準に選ぶ

渓流ルアー ロッド長さ

河川の上流域でヤマメやイワナなどを狙うのであれば、1つの目安としては「5フィート前後のロッド」を選ぶと良い。

このくらいの長さのロッドを選んでおけば、源流域・支流~里川程度まで1本のロッドで対応しやすい。

渓流域での長さの使い分けをざっくり紹介すると、

  • 4フィート台中盤・後半くらいまで:小規模フィールド向き
  • 5フィート前後:オールラウンド
  • 5フィート中盤~後半くらい:ある程度広い場所向き

これくらいを目安に考えるのがおすすめかな!

▼【より詳しい解説記事】渓流ルアーロッドの長さ選びを詳しく解説

渓流 サングラス渓流用ルアーロッドの長さ選びの基本を徹底解説!

硬さ・パワー

UL~Lクラスを目安に選ぶ

渓流ルアー ロッド 硬さ

ルアーロッドには硬さ・パワーのランク表記があることが多い。
渓流域のトラウトゲームで使用するなら、UL(ウルトラライト)~L(ライト)クラスのパワーのロッドを選ぶと良い。

メーカーにもよるがスプーンやスピナー・ミノーなど、色んなルアーをオールラウンドに使うならば、ULクラスのロッドの方が使いやすいことが多い。
Lクラスのロッドはやや硬めで反発力が強めのアイテムが多い傾向だ。

ヘビーシンキングミノーを使う時・里川~清流で使用するロッド

清流域 ロッド 硬さ

比重が大きいヘビーシンキングミノーの操作性を重視したり、水量が多くなってくる里川~清流域での釣りをメインに考えている場合は、ULクラスよりもワンランクパワーがあるLクラスのロッドを選ぶのがおすすめ。

使い方に合ったロッドの硬さは、想定しているルアーの種類や釣行する釣り場によって少しずつ変わってくるぞ。

▼【より詳しい解説記事】渓流ルアーロッドの硬さ・パワー選びを詳しく解説!

渓流ルアー ロッド 硬さ パワー渓流ルアーロッドの硬さ・パワーの目安と選び方のコツを基礎から解説

まるなか

一般的な上流域で汎用性のある1本が欲しいなら、5フィート前後のULクラスのロッドを目安にしてみよう!

仕舞寸法

渓流ルアーロッドは2本継の2ピースロッドをはじめ、小継仕様の3ピース・4ピースのロッド(パックロッド)や振出式のテレスコピックロッドなどがある。

2ピースロッド

渓流ルアーロッド 仕舞寸法

最もベーシックでアイテムの選択肢が多いのが2ピースロッド。
2分割になるロッドで、ロッドの曲がり具合に癖が少なく、準備が楽にできる。

比較的開けた渓流域や、遡行が大変な場所でなければ2ピースロッドで問題ない。

コンパクトロッド(パックロッド・テレスコピックロッド)

一方で仕舞寸法が非常に小さくなるコンパクトロッドは、山道を歩いたり、急斜面を遡行する時に非常に便利。
以前はつなぎ目が多いコンパクトロッドは、曲がり方がいびつになることが多かったが、最近は技術の進歩でかなり改善されてきているぞ。

一方でロッドを伸ばした時にガイドを綺麗に一直線にするのが手間だったり、つなぎの部分に砂を噛んだりすると少し厄介。

最終的には好みで選べばOK。

予算・コスパ

初心者の方・コスパ重視の場合

これから渓流ルアーゲームに挑戦する初心者の方で、まずはコスパを重視して考えたい時。

1つの目安としては実売価格で8000円~9000円くらいのロッドかな。

もっと安いロッドもあるけど、安価すぎるロッドは反発力が低すぎて投げにくかったり、ロッド操作でルアーにアクションを与えにくいことがある。

しっかり使えるレベルのロッドでコスパも考えるなら、私としては1万円弱くらいのロッドを選ぶことをおすすめしている。

長く使えるロッド・中級者以上の方

一方で初心者の方でも長く使えるロッドが欲しい方や、中級者以上の方の場合。

この場合はもう少しロッドのグレードを上げ、だいたい実売価格で1万円台中盤~後半くらいのロッドがおすすめだ。

このクラスのロッドは非常に進化しており、1万円以下のロッドよりも軽くてブレが無く、シャキッとしていて使いやすいロッドが手に入る。
正直言って渓流ゲームで普通に使うなら、4万・5万するような高級ロッドと比較しても釣れる魚の数に大差はない。

細かな使用感は上級ロッドには劣るけど、必要な基本性能はばっちり手に入るぞ。

おすすめ渓流ルアーロッド

最後に、初心者~中級・上級者の方まで使いやすく、入手性も良いおすすめロッドを紹介しておこう(トラウトロッドはマニアックで入手困難なものも多い)。

メジャークラフト ファインテール

ファインテール

メジャークラフトのファインテールは、典型的な現代のカーボンロッドという味付けのロッド。

軽量で反発力高く、1本のロッドでルアーの種類問わずに使える汎用性の高さがある。
価格的にも安すぎず高すぎずで、しっかりと使えるロッドが欲しい初心者の方を含め、上級者のセカンドロッドとしてもおすすめだ。

普段はハイエンドロッドを使うことが多い私だが、狭い源流域やボサ川での釣行時はファインテールの超ショートモデルも良く使っている。

このロッドは5ピース仕様のコンパクトロッド。
バットのピースを使うか・使わないかで、4フィート6インチと5フィートのロッドとして長さを変えて使うことができる。

パームス エゲリアネイティブパフォーマンス

エゲリア ネイティブパフォーマンス

パームスのエゲリアも価格帯的にはファインテールと似たようなグレード。

しかし若干ロッドの味付けに違いがあり、エゲリアネイティブパフォーマンスの方がシャキッと感は弱め。
最後は好みになるが、パリッとしたロッドが嫌いな方にはエゲリアの方がおすすめだ。

スムーズに曲がり込むロッドの特性を活かし、ロッドの微妙な曲がりでルアーの重さやアクションを感じ取りたい方は、エゲリアのような若干マイルドなロッドが使いやすいだろう。

▼【より詳しい解説記事】

エゲリア ネイティブパフォーマンスパームス エゲリアネイティブパフォーマンスを実釣インプレッション!【渓流ルアーロッド】

まるなか

コスパと性能のバランスを取るなら、1万円台中盤~後半くらいのロッドがおすすめだよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です