静岡スーパーライトショアジギング釣行 オオモンハタの釣果あるも・・・・

スーパーライトショアジギング オオモンハタ

さてさて、今回は秋本番の港へスーパーライトショアジギング釣行。

台風が通過してからかなり秋めいてきた感じで、それに伴って水の中の季節も徐々に夏から変化が・・・・。

メインはハタやヒラメといった底物を狙いつつ、タイミングが合えばカンパチなんかが釣れるんじゃないかと。

果たして今回の釣行はどんな結果に??

10月のスーパーライトショアジギングは水温低下との戦い

強い台風が通過した後、港の中の状態は徐々に変化が・・・。

相変わらずハタはポツポツ釣れるんですが、夏場のように数釣りモードではなくなってきてますね。

釣れれば型はそれなりに揃う感じですが、連発で楽に釣れる様子ではない。

何となく傾向は分かっているので、今回は浅場の根周りに残った個体・沖の深い場所に落ちた個体を狙い分けて見て、反応を見ながら狙う場所を変えていく感じですね。

日によって魚の付き場が以外と変わるので、手軽なオオモンハタ釣りといっても意外と釣果に差が出るのがこの水温低下が始まる季節・・・・。

沈み根周辺の駆け上がり狙い

とりあえず適当に港の中のポイントを狙っていきますが、思ったよりも風が強くて嫌な感じ・・・・。

とりあえずZEAKEのSビット20gを結び、魚の付き場を探していくプランで。

岸近くの浅い場所から徐々に沖合に狙いを変えていくんですが、下手すると根掛かりするので気が抜けない。

浅い場所をチョコチョコと探ってみても全くハタの反応はなく、小型のエソっぽい微妙なアタリのみ(-_-;)

水温低下の為か、ちょっと魚が深い場所に落ちているかもしれないので早めに見切ります。

軽く歩いてポイントを移動し、次はちょっと深めのスポット狙い。

手前の方にそこまで険しくない根が入っていて、沖にブレイクがあるポイント。沖合は基本砂地ですが、駆け上がりの斜面にハタが着いているんですね。

若干風が弱くなったので釣りはしやすくなり、丁寧にボトムギリギリをワンピッチジャークで誘ったり・ただ巻きでテロテロ引いてみたり。

すると、しばらくしてガツッと良いバイト!

合わせを入れるとそれなりに重量感があり、グイグイと引き込みが。その後は重たいだけになったので、これはハタっぽい。

ゆっくり巻き寄せてくると、まずまずなサイズのオオモンハタ。

オオモンハタ

とりあえず狙い通り、ちょっと深めの駆け上がりの斜面についてましたね。

風が弱くなり、アタリ頻発

その後は風がどんどん弱くなってきて、釣りがしやすいコンディションになってきた。

ジグを20gのSビットから14gのジャッカルチビメタにチェンジし、縦方向の誘いを意識して狙ってみる。

個人的にボトム狙いのスーパーライトショアジギングでは、巻きや細かいショートピッチの誘いが好きなので、しっかり動かして誘うタイプのチビメタはどうも苦手な感じがあるかな~。

それでも目の前に「それなりの物」が入れば食ってくるのがハタ系。

オオモンハタの反応が増えてきて楽しい展開に。

スーパーライトショアジギング オオモンハタ

小さいのも釣れますが、時期が進んで結構良いサイズも釣れるのでかなり楽しい。

このサイズになるとアタリもガツンと来るし、ヒット後の突っ込みも結構強い。エギングロッドでもロッドがかなり曲がるので、癒しには最適だ。

底潮もそれなりに流れており、「ブルッ」という鋭いアタリに合わせを入れてみると・・・・

スーパーライトショアジギング キス

港内ではかなり良いサイズのキスをキャッチ!

どうやらキスの活性が急に上がったらしく、その後もう1匹同じ位の良型キスをキャッチした。

掛けられないキスっぽいアタリも何度か出たので、イソメを持ってちょい投げ釣りをしたらかなり面白いかもね!

秋のスーパーライトショアジギングは魚が溜まっている場所を見つけられればこんな感じで連発で釣れたりしますが、外すと全く反応が無い事も多い。

10月になって水温が下がってきて、明らかに難易度としては上がって来たなぁ・・・・・。



夕マズメにビッグヒットが!

その後だんだんと日が沈んできて、だいぶ日没も早くなってきたなぁと思いつつボトム狙いを続ける。

底潮が少し早くなってきたので、ジグを18gのギャロップアシストスローフォールにチェンジする。

このジグはロストしてから最近使っていませんでしたが、ロールがしっかり入ってフォールしつつ・浮き上がりが良いのでボトムを縦方向にネチネチ探る時に結構いい仕事をするんですよね。

久しぶりにこのジグが使いたくなったので釣具屋さんで購入、フックだけ巻きなおしてアクションチェックから・・・・。

相変わらずレスポンスはよく、デッドスローでもキッチリ泳ぐので良い感じ( ̄ー ̄)

沖にフルキャストし、かなりスロー気味の巻きとジャークでボトム叩き・・・・。

すると、相変わらずオオモンハタの反応が良くて連発。型もそれなりに揃って釣れますが、時々小型も混じります。

オオモンハタ ギャロップアシストスローフォール

可愛いサイズのハタは水槽で飼ったら可愛いだろうなぁ。ギャロップスローフォール、やっぱりいい動き・使い易い引き抵抗だな★

そんな感じでハタを釣っていると、夕マズメの良い時間帯に駆け上がり手前付近でバイト!!

モゾっという微妙なアタリだったんですが、バシッとアワセを入れると動かない。

しばらくするとスローな首振りが伝わってきて、そのまま一気に急激な突っ込み!!

ドラグが一気に出されてヤバいと思ったが、魚が重たくて寄せられない・・・。

ドラグが相変わらずジリジリと出ていきますが、嫌な感触がある。

これは何としてもキャッチしたいところだが、ドラグが出るばかりで寄せに入るスキがない。

そしてそのまま何もできずにプチッと・・・・・。

リーダーはワンランク太めの3号だったんですが、根ズレでラインをズタボロにされてラインブレイクしてました。

完全に大型のハタかモロコでしたね~。

油断していると時々掛かるんですが、大体根ズレしてキャッチできないヤツ。

重量的には2kg以上は軽く有りそうでしたが、普段それほど根ズレしないスポットでヒットさせても無理か・・・・。

4kgオーバーのカツオをキャッチできるくらいのタックルバランスですが、やはり大型根魚の一瞬の突っ込みは強いですな。

今年一番悔しい展開ですが、戦意喪失したのでこれにて撤収。

いつかリベンジしたいところですが、狙うと全く釣れないんですよね(笑)

使用タックル

  • ロッド:ダイワ エメラルダスストイストAGS 88LM-S
  • リール:ダイワ 18イグジスト LT3000S-CXH
  • ライン:ダイワ UVFエメラルダスデュラセンサー8ブレイド 0.8号 + シーガーグランドマックス3号
  • ルアー:ZEAKE Sビット20g、ジャッカル チビメタType2 14gジャクソン ギャロップスローフォール18gなど

 

おすすめ関連記事

▼まずはここから!スーパーライトショアジギング入門・基礎知識まとめ

スーパーライトショアジギング ロッド

【実釣主義】スーパーライトショアジギング入門 タックル選び・基礎知識まとめ

2019年11月9日

▼スーパーライトショアジギングのメタルジグ選び

スーパーライトショアジギング メタルジグ おすすめ

【全て実釣セレクト】スーパーライトショアジギング用メタルジグの選び方・おすすめアイテムはコレ!

2019年10月2日

▼スーパーライトショアジギングに適したライン選び

スーパーライトショアジギング ライン選び

【実釣セレクト】スーパーライトショアジギング(SLS)用ラインの選び方・おすすめアイテムを解説!

2019年9月25日

▼スーパーライトショアジギング用リール選び

スーパーライトショアジギング リール ハンドルノブ

スーパーライトショアジギング用リールの選び方・私が使うおすすめアイテムを紹介!

2019年9月2日

▼スーパーライトショアジギングで釣れる魚・ターゲット

スーパーライトショアジギング ギア比

スーパーライトショアジギングで釣れる魚・狙い分けのコツを解説!【徹底実釣主義】

2019年10月8日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です