奥浜名湖 向山ヤブ下の釣り場・ポイントを徹底解説!

向山 ヤブ下 ポイント 釣り場

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は奥浜名湖の釣り場紹介をやっていきましょう。

今日は向山ヤブ下周辺のポイントの様子や地形・底質などを詳しく解説。

向山は石がゴロゴロと転がっており、湖底に変化のあるポイントが続いているのが大きな特徴になる。
秋になるとハゼ釣りをする方をよく見かけ釣り場だね!

釣り場の風景だけでなく、魚探を掛けて水深や底質なども詳しく解説していくので、今後の釣行時の参考にしてもらえたら嬉しく思う。

釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

▼奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖エリアの釣り場のどこよりも詳しい解説は【奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖釣り場解説まとめ】を参考にどうぞ。
釣り場の様子や水深・地形などを徹底解説します。

向山ヤブ下周辺で狙える魚・おすすめターゲット

向山 ヤブ下 チヌ
  • 上物:クロダイ・キビレ・シーバス(セイゴ~スズキ)・サヨリなど
  • 底物:ハゼ・マゴチなど

基本的には奥浜名湖で狙えるターゲットはほぼ釣ることが出来る。
秋を中心にサヨリが回遊してくることもある。

クロダイ・キビレ

向山の周辺は沖にカキ棚が入っており、ボートからの落とし込み釣りでチヌを狙う方が多い。
チヌは船・岸共に狙うことが出来るが、場所によってはかなり根掛かりしやすいから注意が必要。

ベイトフィッシュが浮いている時はトップウォータープラグやミノープラグで岸沿いを探ったり、根掛かりにくいルアーを使った方が快適に釣りができる。

ワームを使ったボトムゲームで狙うこともできるが、根掛かりのリスクが高めのポイントだね。

ハゼ

秋になると、ハゼを狙う方もかなり多く見かける。
根掛かりのリスクがあるので、投げ釣りで狙うのはあまりおすすめしない。

のべ竿を使って石の影や駆け上がりの周辺を丁寧に狙ってみよう。

のべ竿の長さは3.6m~5mクラスのものが使いやすく、仕掛けは胴付き仕掛けや脈釣り狙うのがおすすめだ。
石が入っていて水深がコロコロと変化するので、ウキ仕掛けは少し使いにくいかもしれない。

釣り場風景

向山ヤブ下 釣り場 ポイント

駐車スペースからの眺め。
釣り場は岬状の地形をしており、岸から少し離れたところに駆け上がりが形成されているのが分かる。

一見すると湖底にはそれほど変化が無いように思えるが、一帯はゴツゴツした石・岩がかなり多く入っている。

向山 ヤブ下 ポイント

岬から北方面に進んだ場所からの眺め。
ゆるいワンド状の地形になっており、こちらも湖底はかなりゴツゴツしている。

向山周辺は岸からの釣りもできるが、根掛かりのリスクや射程距離を考えると、ルアー釣りの場合はウェーダーを用意した方が快適に釣りができるはず。

ハゼなどを狙うのであれば、長靴を持ってくれば何とかなる。

向山 ヤブ下

ワンドから更に北へ進むと、小さな岬状の場所には小さな流れ込みがある。
規模自体は非常に小さいが、周辺にはサンドバーが形成されている。

手前は細かい砂になっているが、ここも沖は石がゴロゴロと転がっている。

向山 ヤブ下 釣り場

小規模な流れ込みがある岬から駐車場方面(南側)の眺め。
少し沖にカキ棚が入っているのが見える。

釣り場の水深・地形など

向山ヤブ下 釣り場 水深 地形

駐車スペースがある岬先端付近を中心に、今回は3か所で魚探掛けを行った。
同時にオモリを引いて底質チェックも実施。

岬先端付近

向山の岬の先端付近の水深だが、岸から35m~40mほどの地点で約1.8m前後。
沖合からはなだらかに浅くなってくる地形だが、これまでも解説しているように湖底には石が転がっている。

針が付いていないオモリを引くだけでも軽く引っ掛かる場所も多く、角がある石や岩が沈んでいる。

岬南西側

岬から数十メートルほど南西方向に歩いた場所から地形調査を行ってみた。

こちらは岬の先端よりもやや急深な地形になっており、岸から35m~40mほどの地点で約2.6m~2.8mほどの水深があった。

向山ヤブ下 水深 地形

所々に砂泥底があるが、石の量がかなり多くてオモリすぐに引っ掛かる。
特にカキ棚の周辺は根掛かりが非常に多く、釣りをする時は気を付けた方が良い。

北側流れ込み付近

向山 ヤブ下

北側の小規模な流れ込みがある場所の地形をチェックしてみた。

岸から35m~40mほどの地点で水深は約2.6mほどと、こちらも岬の先端よりも沖はやや深く掘れていた。
底質はこちらも砂泥底+石が多く入っている印象だが、岬の南西側よりは若干根掛かりにくいか。

手前はサンドバーになっており、1m以下のシャローエリアが狭いながらも広がっている。

駐車場

向山ヤブ下に釣行する時は規模は大きくないが、駐車場がある。
自動販売機が設置されており、簡易的な休憩スペースになっている。

向山ヤブ下 駐車場

釣り場へは駐車場の脇から下に降りる細道がある。
落ち葉が堆積していて斜面もそこそこ急なので、滑らないように注意する。

おすすめ関連記事

▼奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖エリアの釣り場のどこよりも詳しい解説は【奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖釣り場解説まとめ】を参考にどうぞ。

奥浜名湖 釣り 【徹底解説】奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖の釣り場まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です