奥浜名湖 五味半島(プリンス岬)の釣り場・ポイントを徹底解説!

五味半島 プリンス岬

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は奥浜名湖の釣り場紹介をやっていきましょう。

今日紹介するのは五味半島(プリンス岬)周辺の釣り場の様子や地形について。

沖に突き出た地形の五味半島周辺はクロダイ狙いなどに人気があり、ボートで釣りをしている方をよく見かける。
その他、奥浜名湖で釣れる魚種全般を狙うことが出来る。

今回は釣り場の雰囲気はもちろんのこと、魚探掛け&オモリを投げて底質チェックなどもした結果を解説するので、今後釣行する時の参考にしてもらえたら嬉しく思う。

釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

▼奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖エリアの釣り場のどこよりも詳しい解説は【奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖釣り場解説まとめ】を参考にどうぞ。
釣り場の様子や水深・地形などを徹底解説します。

五味半島・プリンス岬周辺で狙える魚種・ターゲット

奥浜名湖 五味半島 プリンス岬 釣り ポイント

まずはポイント周辺で狙える代表的なターゲットを紹介していこう。

  • 上物:クロダイ・キビレ・シーバス・サヨリなど
  • 底物:ハゼ・マゴチなど

釣り場は全体的にシャローエリアが広がっており、奥浜名湖の定番魚種が広く狙える。

クロダイ・キビレ

五味半島は沖にカキ棚があり、その周辺はボート釣りでクロダイを狙う方が非常に多い。

ボートのみならず岸釣りからでもクロダイやキビレを狙うことが出来る。
若干根掛かりが多いが、ルアー釣り・餌釣り問わず釣果が出せる。

シーバス

半島周辺は小型のベイトフィッシュの回遊量も多く、シーバスを狙うことが出来る。
向かい風が吹いた時や水が濁っている時にチャンス大。

ハゼ

釣り場は砂泥底と石・岩がミックスしたような底質になっている。
場所によっては根掛かりやすいので、ちょい投げ釣りよりものべ竿を使った胴付き仕掛けや脈釣りがおすすめだ。

五味半島・プリンス岬の釣り場風景

実際の釣り場の様子について、詳しく見ていこう。

五味半島 プリンス岬 釣り場

半島の西側の付け根付近からの眺め。
この辺りは水深が非常に浅くなっており、風が吹くと濁りが発生しやすい。

沖の方までかなり水深が浅いシャローフラットな地形が広がっている。

五味半島 プリンス岬 釣り場

半島西側には小規模な流れ込みがあり、周辺にはサンドバーが形成されているのが分かる。
ハゼやチヌは水深が浅い場所まで差してくるので、微妙な水深変化などを狙いたい。

五味半島・プリンス岬 釣り場

半島先端のやや西側。
沖にカキ棚が設置されており、ボートクロダイ釣りの人気ポイント。

足元はやや大きめの石やカキガラがゴロゴロと転がっており、かなり根掛かりやすいので要注意。

五味半島 プリンス岬 釣り場

半島の先端付近はやや遠浅な地形になっており、こちらもそこそこ根掛かりがある。
不用意に仕掛けを投げると、1投目でロストする可能性あり。

五味半島 プリンス岬 釣り場

半島を西側からぐるっと回り、東側の釣り場の様子。
一見すると開けたオープンエリアになっているが、岸近くに駆け上がりがあり、こちらも非常に根掛かりやすい。

西寄りの風をブロックしてくれるので、波が穏やかなことも多い。

釣り場の水深・地形など

五味半島 プリンス岬 釣り ポイント 水深 地形

今回は上記の6か所で水深・湖底の底質調査を行ってみた。

西側奥

五味半島 プリンス岬 ポイント 水深

河川が流れ込んでいる周辺、半島付け根の奥まった場所。

沖合35m~40mほどの地点で水深は約0.8m~1m前後と、非常に浅くなっている。
底質は柔らかい泥底がメインで、所々に石が転がっているような状況。

当日は風が強く、底にたまった泥が巻き上げられて濁りが発生していた。

西側中央付近

少し半島の先端側に向かい、先端と付け根のだいたい中心くらいの位置で地形調査を行った。

五味半島 プリンス岬 ポイント

水深はやや深くなり、岸から35m~40mほどの地点で水深はだいたい1.8m前後。
沖合は砂泥底の割合が多めだが、所々に石が転がっている。

岸近くには捨て石が入っており、ゴツゴツしていて根掛かりやすい。

先端西側

五味半島・プリンス岬 釣り場

先端の西側付近になると、更に水深が少し深くなる。
岸から35m~40mほどの地点で約2.5mほどの深さがある。

沖からかなりゴツゴツとした石や岩が入っており、オモリを投げて引いてみるとかなり引っ掛かりやすい。
投げ釣りや底付近を探るルアー釣りの場合は根掛かりが多発しやすいので要注意。

足元付近までゴツゴツした地形は続いている。

先端

五味半島 プリンス岬 釣り場

半島先端から沖に向かって正面に魚探を掛けてみた。
岸から35m~40mほどの地点で水深は約1.7mほどと、やや遠浅な地形になっていた。

半島先端付近は全体的に根掛かりやすいようで、この辺りも湖底はかなりゴツゴツした石・岩が入っている感触があった。

先端東側

五味半島 先端東側 水深

先端からやや東側にズレた場所から魚探かけをしてみると、水深はやや深くなっていた。
岸から35m~40mほどの地点で約2.5m前後、相変わらず湖底はゴツゴツしている。

ただし場所によっては砂泥底メインの場所もあり、石・岩の入り方はやや少ないか。

東側

五味半島 プリンス岬 東側

岬の東側、付け根と先端の中央付近になると、底質がかなり変化してくる。
水深自体は約1.6mほどと浅くなってくるが、沖合はやや柔らかめの砂泥底がメインになる。

岸近くはカキガラと岩が沈んでいるようで、針が付いていないオモリを引くだけでもゴツゴツとしていて時々引っ掛かるような感触があった。

駐車場

プリンス岬周辺は道路が非常に細くなっており、整備された駐車場は無い。
無理やり車を駐車するなどしてトラブルになることがあるので、マナーは厳守すること。

おすすめ関連記事

▼奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖エリアの釣り場のどこよりも詳しい解説は【奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖釣り場解説まとめ】を参考にどうぞ。

奥浜名湖 釣り 【徹底解説】奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖の釣り場まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です