吉田港周辺の釣り場・ポイント【水深・地形まで徹底解説】

吉田 釣りポイント

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は静岡の釣り場解説をやっていきましょう。

今日は大井川の西側に位置する吉田港・釘ヶ浦周辺を紹介していきます。

  • 釣れる魚
  • 釣り場の様子
  • 水深・地形

これらについて順に解説していくので、今後釣行する際の参考にしてもらえたら嬉しく思います。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は取材当時のものになります。

吉田港で釣れる魚

  • キス
  • イシモチ
  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • キビレ
  • メジナ
  • シーバス
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • カサゴ

  • キス
  • イシモチ
  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • キビレ
  • ブリ
  • カンパチ
  • シーバス
  • マゴチ
  • カサゴ
  • ウナギ

  • ハゼ
  • イシモチ
  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • キビレ
  • ブリ
  • カンパチ
  • シーバス
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • カマス
  • メッキ
  • カサゴ
  • ウナギ

  • イシモチ
  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • キビレ
  • メジナ
  • シーバス
  • ヒラメ
  • カマス
  • メッキ
  • カサゴ

おすすめターゲット・釣り方

小アジ・サッパなどのサビキ釣り

吉田港は小アジや小サバ・サッパ・イワシ・ヒイラギなどをサビキ釣りで釣ることが可能です。

ヒイラギ

春~秋の水温が高い時期がおすすめで、手軽に遊べるので初心者の方にも最適。

釣れた小魚を泳がせると、シーバスやヒラメなどが釣れることもあります。

クロダイ・キビレ・ウナギ・シーバスなどのぶっこみ釣り

吉田港周辺は河川の流入があり、塩分濃度が低い場所が豊富です。

クロダイ

このようなポイントはぶっこみ釣りに最適で、夜釣りで狙うと五目釣りが楽しめます。

水温が高い夏場を中心に、少し雨が降って水が濁っている時が大チャンス。

クロダイ・メジナのフカセ釣り

冬場~春先は吉田港内でフカセ釣りを楽しむ方も多く見られます。

クロダイ・メジナの両方が狙えます。

吉田港周辺の釣りポイント

吉田港 釣り場 ポイント一覧
坂口谷川
  • 西側防波堤(釣り禁止)
  • 吉田漁協前
  • 漁港船溜まり東
  • 湯日川水門(釣り禁止)
  • 湯日川親水公園
  • 大幡川河口(釣り禁止エリアあり)
  • 大幡川
  • 東側防波堤(釣り禁止)
  • 釘ヶ浦
  • 坂口谷川河口

上記に分けて紹介していきます。

西側防波堤(釣り禁止)

吉田港の西側の沖に伸びた堤防ですが、立ち入り禁止です。

吉田港 西側堤防

関係者以外立ち入り禁止と明示されています。

吉田漁協前

漁協前の岸壁ですが、サビキ釣りやフカセ釣りを楽しむ方が多いポイント。

吉田漁協前

この日は向かい風が強い真冬の平日だったのでガラガラでしたが、釣りシーズンになると釣りを楽しむ方はもっと増えます。

吉田漁港 漁協前

堤防の脇にちょっとしたテトラ帯がありますが、立ち入り禁止です。

水深・地形

漁協前の岸壁から魚探掛けを行いました。

吉田港 漁協前 水深 地形

岸壁から35mほどの地点で水深は4m前後になっていて、目立つ地形変化は無くフラット。

風が強くて海底がボコボコしているように見えますが、砂泥底に石が混じったような底質ですね。

漁港船溜まり東

吉田港 船溜まり東 釣り場

吉田港の船溜まりの東側の様子です。

湯日川からの流れがぶつかるポイントになっていて、流れに変化が出ます。

吉田港 ポイント

岸壁の南東側は岸沿いがかなり浅くなっています。
一方、船溜まり側は足元まで水深が確保されています。

水深・地形

岸壁から沖の航路に向かって魚探掛けを行いました。

吉田漁港 水深 地形

沖合は水深5m前後の場所が広がっていて、底質は砂泥底に石が混じるような感触です。

足元付近まで水深はあまり変わらず、岸壁沿いに寄るとちょっとしたかけあがりが形成されています。
岸壁沿いで4mほどの深さがあります。

河口からの流れが効くので、タイミングによっては仕掛けが思った以上に流されます。

湯日川水門(釣り禁止エリアあり)

湯日川の河口には水門があり、漁港側から歩いて行けます。

水門の西側は取材時工事中で立ち入り禁止、東側は通路に関係者以外立ち入り禁止の表記がありました。

吉田港 釣り場

湯日川親水公園

湯日川河口水門の上流側には親水公園があります。

湯日川親水公園 釣りポイント

全体的に水深は浅く、岸近くは川底が透けて見えます。

湯日川親水公園 釣り場

足場は石積みになっている場所が多いです。

汽水域の釣り場なので、シーバスやハゼ・ウナギ・チヌなどを狙うのに適しています。
コイが泳いでいる姿も多数。

水深・地形

湯日川親水公園 水深 地形

河川内は流心付近で1.5mほどの深さがありますが、全体的にかなり浅いです。

深い場所を抜けるとかけあがりが形成されていて、1m前後のシャローが広がっています。

大幡川河口

吉田港の東側には大幡川の流れ込みがあります。

吉田港 大幡川河口

河口は漁船の船溜まりになっています。

大幡川 釣り禁止

大幡川の河口も立ち入り禁止エリアが広く、釣りができるのは一部です。

河口の奥の方は関係者以外立ち入り禁止の表記があります。

大幡川

この辺りも汽水域の釣り場なので、ハゼやシーバス・チヌ・ウナギなどを狙うのに良いポイント。

水深・地形

大幡川河口 水深 地形

地形としては水深3.5mほどの場所がかなり広範囲に広がっていて、足元付近まで一定の深さがあります。

底質に関しては砂泥底+石が混じっています。

岸際に寄ると一気に水深が浅くなり、かなり明確な斜面が形成されていることが分かります。

大幡川

大幡川の河川内部はかなり小規模。

大幡川

仕掛けを投げれば簡単に対岸に届いてしまうような広さですが、ぶっこみ釣りなどを楽しむ方を見かけます。

コイなどの淡水魚も多くいますが、汽水域が広がっています。

水深・地形

大幡川の河川内は水深が非常に浅く、流心付近でも水深は1m前後の場所が多くなっています。
石が混じった砂泥底の場所がメインです。

東側防波堤(釣り禁止)

吉田港の一番潮通しが良さそうな東側の防波堤ですが、残念ながら関係者以外立ち入り禁止なので釣りはできません。

吉田港 東側防波堤 釣り禁止

取材時は堤防周辺で広範囲で工事が行われていたので、近くに行くことも不可能でした。

釘ヶ浦

吉田港はサーフに囲まれた場所にあります。
釘ヶ浦や吉田サーフと呼ばれることが多いです。

釘ヶ浦

港の西側は遠浅な地形。

吉田サーフ 釘ヶ浦

東側は石の浜で、やや急深です。
吉田港を挟んで様子が大きく違いますね。

釘ヶ浦

斜面は意外と急で、石津浜に似ています。

三保や石津浜などと比較するとマイナーなポイントで、釣り人は少ない傾向。

キスやイシモチなどを狙ったり、ベイトがよればブリやカンパチの幼魚・ヒラメ・マゴチなどが狙えます。

釣果の安定度としては人気ポイントに劣ることも多いですが、状況によっては普通に魚は釣れますね!

水深・地形

今回は水深が深めな吉田港の東側から魚探掛けを行ってみました。

釘ヶ浦 水深 地形

岸から35mほどの地点で水深は4mほどと、そこそこ急深なサーフになっています。
底質に関しては砂+石です。

岸際に寄るにつれてかけあがっていきますが、波打ち際の向こう側で2.5m~3mほどに落ち込みます。

急伸で有名な三保や石津浜と比べると、やや斜面はなだらかですが、それでも水深はしっかり確保されていますね。

坂口谷川

吉田港の西側には坂口谷川という河川が流れています。

坂口谷川 釣り場

規模としてはそれほど大きくありませんが、ハゼやシーバス・チヌ・ウナギなどが狙えます。

坂口谷川 釣り場

水深は非常に浅いポイントなので、釣行する時は潮位などのタイミングが重要です。

水深・地形

河口の水門から200~300mほど上流の地点で魚探掛けを行いました。

坂口谷川 水深

全体的に浅く、水深1m前後のシャローが広がっています。

底質は砂泥底の場所が多く、かなりキメは細かいですね。

水深が浅い場所はタイミングを外すと魚の気配が全くないこともありますが、魚さえ居れば難しいことをしなくても釣れることが多いです。

駐車場・トイレ

  • 駐車場
    • 吉田港・湯日川親水公園などにあり
  • トイレ
    • 吉田港西側・湯日川親水公園にあり
吉田港 トイレ

駐車場・トイレともに整備されていて、綺麗に管理されています。

アクセス

東名高速道路吉田ICを降りて「吉田漁港」、「湯日川親水公園」を目印に南へ。

釣具店・周辺施設

庄司釣具店

  • 住所:〒421-0301 静岡県榛原郡吉田町住吉5435−35
  • 電話番号:0548-32-0588
  • 営業時間:6:00~18:00

上州屋藤枝店

ローソン吉田町南住吉店

  • 住所:〒421-0301 静岡県榛原郡吉田町住吉3708−1
  • 電話番号:0548-34-5660
  • 営業時間:24時間

おすすめ関連記事!

静岡中部の釣り場・ポイント一覧

【徹底解説】静岡中部の釣り場・ポイント一覧

静岡中部の釣り場の様子や釣れる魚・地形などをどこよりも詳しく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です