焼津 ディスカバリーパーク裏・田尻浜の釣り場を紹介!【釣れる魚・水深など】

焼津 田尻浜 ディスカバリーパーク裏 釣り場

さてさて、今回は焼津のディスカバリーパーク裏・田尻浜周辺の釣り場を紹介。

テトラポットが入っている静岡のサーフでよくみられる地形の釣りポイントになる。

釣り人の数は比較的少なく、空いている事が多いので人混みが嫌いな方にも結構おすすめ。人が少ない割にはタイミングが合うと釣果も意外と伸びるので、釣り場選びの時の参考にどうぞ!



焼津 ディスカバリーパーク裏・田尻浜で釣れる魚

まずはディスカバリーパーク裏で狙うことが出来る、代表的なターゲットを紹介。

キス(投げ釣り)

キス

ディスカバリーパーク周辺は急深サーフになっていて、キスの投げ釣りが楽しめる。

基本的には初夏~秋のポイントになるが、外道のフグの攻撃を避けられるかが重要になってくる。エサ取りが多い時は粘らず、早めにポイントを移動した方が釣果に繋げやすい。

ヒラメ・マゴチ

マゴチ

石津浜、和田浜よりもフラットな地形でボトム攻めが容易にできるディスカバリーパーク裏・田尻浜。

ヒラメやマゴチの魚影は意外とあり、秋シーズンを中心に狙ってみると結構釣れる。基本的にはワーム(やメタルジグなど、急深サーフ向きのルアーセレクトで問題なし。

シーバス

シーバス

若干海が荒れている時や、栃山川からの濁りが入ってきている時はシーバスの活性が上がる。波打ち際のブレイクやテトラ際を丁寧に通すと、マルスズキの他にヒラスズキも釣れたりする。

ストラクチャーの影ギリギリを通すことが出来ると、大きいクロダイが外道で釣れたりすることもあるね!

クロダイ(フカセ釣り)

クロダイ

焼津のディスカバリーパーク裏周辺はクロダイの魚影もそこそこあり、フカセ釣りでクロダイが狙える。

フグが多いとどうしようもない事もあるが、以前からクロダイ釣りを楽しむ方も意外みられるポイント。

ディスカバリーパーク裏・田尻浜の釣り場風景

ここからは実際の釣り場写真を使いつつ、釣り場の様子を見ていこう。

ディスカバリーパーク裏 テトラ帯

ディスカバリーパーク裏はテトラが沖に入っていて、所々に隙間が空いている。

テトラとテトラの間は流れによって若干深くなっていることが多く、魚が付くスポットになるのは言うまでもない。

シーバスやクロダイなどはテトラの際ギリギリに付いていることが多いので、ルアー餌問わずにどうやって魚を引き出していくのかがポイント。

ベイトが接岸してきていると、メッキやカンパチ・ワカナゴなどの回遊魚がかなり至近距離を回遊してくることもある。

また、大きな低気圧や台風が去った後は駆け上がりの角度や地形が微妙に変わる。魚の釣れるスポットも微妙に変化するので意識したい。

田尻浜 釣り場風景

ディスカバリーパーク裏・田尻浜から北側を見た風景。北側は和田浜、そして石津浜へと続いていく。

田尻浜 釣り場風景

南側をみた風景。田尻浜の向こう側は栃山川河口になり、シーバスやヒラメ・マゴチなどが狙えるポイントになっている。

釣り場の水深・特徴など

次に、釣り場の水深や特徴などを解説していく。

砂+砂利のサーフ

ディスカバリーパーク裏 田尻浜

ディスカバリーパーク裏周辺になると、サーフの質も徐々に石→砂に変わっていく。

なので石津浜のように酷く根掛かりする場所は少なく、沈み根も比較的少なめ。以前はもう少し駆け上がりがハッキリしていて根掛かりもあったような思い出があるんだが、駿河湾のサーフはどこも浸食が酷く、海底の変化が無くなってきている気がするなぁ。

水深

ディスカバリーパーク裏・田尻浜周辺は北側に位置する石津浜・和田浜から離れる程、徐々に水深が浅くなっていく傾向が続く。

基本的に波打ち際~テトラの手前くらいまでの水深は大体3m前後の事が多いが、台風などの接近により砂・石が流出したりすると浅くなったり・深くなったりする。

テトラの間の向こう側に駆け上がりがあるが、100m程仕掛けを投げた地点での水深は大体7m前後くらいか。石津浜のようにガクンと深くなる地形ではなく、比較的フラットなので根掛かりが天敵となる投げ釣りなどは比較的やりやすい。

この辺りのサーフは急深と言っても水深が浅くなってきているので、風が吹いたりするとすぐに荒れてしまうので釣りにくい事がある。

風が強い時や微妙にうねりが入ってきている時は、水深が深くて波が立ちにくい石津浜へ移動した方が釣りやすい事も多いので覚えておくと良い。

ポイントへのアクセス・駐車場

ディスカバリーパーク裏 田尻浜 釣り場 アクセス方法

この地図をgoogle mapで見る

ディスカバリーパーク裏の釣り場へのアクセスだが、ディスカバリーパークという分かりやすい目印があるのでアクセスは容易だ。

釣り場へのアクセス方法だが、県道355号焼津大井川線の「エスエスケイフーズ焼津工場前の交差点」を海側に曲がる。

ディスカバリーパーク裏 釣り場 アクセス

後は直進していくと、ディスカバリーパークの駐車場(めちゃ広い!)が見えてくる。

ディスカバリーパーク 駐車場

駐車場の裏手から浜に上がることが出来るので、ポイントは目の前なのでアクセルも楽にできる。

近隣の釣り場

最後に、ディスカバリーパークから近くてランガンにも最適なポイントを紹介。

石津浜

石津浜

青物狙いで困った時はやっぱり石津浜。水深が深くて底物狙いにはちょっと難易度が上がるが、回遊魚の釣果安定率はやはり高い。

石津浜周辺の釣り場・ポイントを写真で紹介!

2018年1月7日

和田浜

和田浜 釣り場

ディスカバリーパーク裏・田尻浜の北側に隣接するポイント。

若干水深は深めだが、基本的には似たような特徴を持った釣り場になる。ベイトの回遊具合などでポイントを狙い分けてみると、意外と釣果が変わってきたり・・・・。

和田浜 釣り場風景

焼津 和田浜の釣り場・ポイントを詳しく紹介!【釣れる魚・水深・特徴】

2019年9月10日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です