ジャッカル ナノバイブを徹底インプレッション!

ナノバイブ インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はジャッカルから発売されているナノバイブの使い方や使用感の特徴などを詳しくインプレしていきます。

ナノバイブはアジングやメバリングなど、ライトゲーム対応のマイクロサイズのバイブレーション。

コンパクトなメタルバイブで、フックに取り付けられたラバーが特徴的ですね!

もともとはアジングをメインに考えられて作られたバイブレーションですが、バランスの取れた使用感で魚種問わず五目釣りに使えます。

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行しています)
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と、各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好き。

タックルインプレに関しては実費を払って購入し、全て実際に魚を釣りあげるまでにこだわり、実績に基づいたものになっています。

ナノバイブのスペック・ラインナップ

  • 重量:1g、2g、3g
  • フック:ラバー付きリアトリプル

ナノバイブは極小サイズの1g~3gまでのラインナップで、ライトゲーム用バイブレーションとしても比較的軽め。

常夜灯周りのライトゲームを中心に、漁港内や小規模河川などで使い勝手が良いです。

防波堤などである程度遠投をする時は5g~7g前後のもうワンランク重たいメタルバイブが欲しくなりますね。

ナノバイブを「サクッと」インプレ!

ナノバイブ アジ 釣果

ナノバイブの特徴や使い方について、まずはざっくりとまとめておきます。

  • 飛距離:メタルバイブとして優秀!
  • フォール:フォールアクションは大人しく、スーッと沈む
  • アクション:波動の強さは強すぎず・弱すぎずで中くらい
  • 使い方:ただ巻き・小刻みなシェイク・リフトフォールなど何でも
  • ターゲット:アジ・メバル・カマス・カサゴ等
  • 適したシチュエーションなど:オールラウンドに使えるが、ラバーによる集魚・フッキング能力は中々高い!

簡単にインプレするとこんな感じですね。

メタルバイブ特有のキビキビとした動き・波動で魚に存在感を認知させ、ラバー付きのフックで食わせることが可能。

魚の活性としては、中~やや低めな時に使いやすいと感じますね。

飛距離

ナノバイブの飛距離ですが、使用する前はフックに取り付けられたラバーの存在が少し気になりました。

フックや細かいパーツの抵抗は飛距離や飛行姿勢に意外と大きく影響しますからね。

私が購入して使っているのは3gのナノバイブですが、実際に使用してみるとラバーによる抵抗感はほとんど感じず、ストレスなく投げることが可能。

飛距離としては、3gのモデルをPEライン0.3号のタックルでキャストしてだいたい30m台前半~中盤ほど。

同じ重さのメタルジグと比較してもそこまで大きな差はなく、若干劣るくらいでしょうか。

しっかりロッドを曲げてキャストすれば大きく飛行姿勢が乱れることは無く、想像以上に投げやすいです。

軽量なジグヘッドリグでは探れないエリアにルアーを届け、しっかりとした波動で魚を引っ張ることができます。

フォール

ナノバイブのフォール姿勢ですが、ローリングしながら沈下したりせずに「スーッ」と静かに・ナチュラルにフォールしていきます。

この時にラバー付きのフックが若干ブレーキになり、抵抗が小さいメタルバイブよりも少し滞空時間が長め。

また、ヘッドは重心が低く、姿勢が安定しやすい形状になっています。

ナノバイブ ボトム姿勢

ヘッド底面は比較的フラットで、着底時に倒れにくいです。

軽くラインを張った状態で着底させれば、海底でルアーがしっかり立って安定した姿勢をキープできますね。

ボトムをスローなリフトフォールやストップアンドゴーで探ると、カサゴや小型のハタ等の反応が中々良く、根が激しくないオープンエリアの底物・根魚ゲームにも使えますな。

ラバーの抵抗を利用した静かなフォールで食わせるのが得意な味付け。

ナノバイブのアクションの質・使い方

アイが1つによるデメリットは感じない

メタルバイブはアクションの強さ・質を調整するために、ラインを結ぶ穴が2つ・3つ装備しているものもよく見かけます。

ナノバイブ アイ

ナノバイブはアイが1つなので、アクションの調整ができません。

一見するとデメリットのようにも感じますが、個人的にはこのアイの位置が波動の強さや浮上性能・姿勢の安定感などのバランスがちょうどよく、様々な使い方に対応できるので使いやすいですね。

私の場合はもともと使い方によってアイの位置を変えるのはあまり好きではなく、オールラウンドに使えるポジションですべての使い方に対応してしまうというのもありますが。

ナノバイブは1つのアイしかありませんが、色んな使い方にしっかり対応できますぞ!

ただ巻き

ナノバイブの使い方ですが、1つめはシンプルなただ巻き。

特に常夜灯周りのナイトゲームなどでよく使います。

私がナノバイブを使う時は、テールフックに付いているラバーの食わせ効果を期待しているので、早巻きよりも低速~中速がメイン。

高速巻きでも使えないことは無いですが、ラバーが抵抗になるためか、ややボディが傾きやすいと感じますね。

アクションレスポンス自体は良好で、スローに巻いてもすぐにボディが振動してくれます。

ナノバイブ フック

そのボディアクションに対してラバーがユラユラ・プルプルと小刻みに揺れてくれることで、ボディ本体ではなく、しっかりとフックを吸い込んでフッキングに持ち込める確率が高いと感じますよ!

ミスバイトが少なく、安定した針掛かり性能がナノバイブの良さでもあります。

まるなか

一般的なラバーフック無しのメタルバイブより、夜釣りでのバイト数が安定している印象があるね!

シェイク&フォール

2つめは、ロッドを軽くチョンチョンと動かしつつ、リールを低~中速で巻くシェイクを混ぜた使い方。

朝夕の活性が比較的高い時間帯などで使用頻度が高い使い方ですね。

ロッド操作はそれほどキビキビと動かす必要はなく、海中でナノバイブが上下に軽く揺れながら上昇すればOK。

この場合は

  1. 任意の棚までカウントダウンで沈める
  2. ロッドを軽く動かしながら、リールのハンドルを2回~6回転くらい巻いて誘い上げ
  3. 軽くテンションを掛けてフォール

こんな感じの繰り返しが基本ですね。

沖にルアーをキャストして広範囲を探るのも良いですが、岸壁沿いでシェイク&フォールさせるとカサゴやカンパチの幼魚などが結構釣れます。

特に根魚系のターゲットは、ラバースカートが効きやすい印象がありますね。

ナノバイブ サバ

ベイトを追うサバの群れが見えたので、ナノバイブを小刻みなシェイクリトリーブ&フォールで誘って一発ヒット。

リフトフォール

3つめはリフトフォールですね。

シェイク&フォールと比較し、より縦方向の誘いを意識した使い方になります。

手前にルアーが寄りにくくなり、日中の低活性時や狭いスポットでルアーをしっかり見せたい場面で使いやすいですね。

リフトフォールの場合も、ロッドをリフトする時はそれほど強くしゃくりあげる必要はなく、穂先でルアーの動きを感じながら、ゆったりと持ち上げるのがおすすめ。

その後、ロッドが頂点まで来たらロッドを倒しつつ、リールを巻いて糸フケを回収。

ナノバイブはボトムでの安定性も比較的高いので、ボトムをリフトフォールで叩くような使い方にも対応しますよ!

日中の活性が落ちたアジやカマス等は海底ギリギリに沈んでいることもあるので、しっかりルアーを沈めて探ってみると、効果的な場面もあります。

適したシチュエーションなど

オールラウンドなやや食わせ寄りのメタルバイブ

ナノバイブは偏った使用感ではないので、小場所狙いのライトゲーム五目釣りを中心に色々使えます。

ボディサイズがかなり小さいことや、フックに装備された食わせ能力が高いラバーの特性を活かすとなると、強い波動でガンガンアピールするルアーというより、やや食わせ寄りの印象。

もう少しキビキビとルアーを動かすのであれば、個人的にはダイワの月下美人小鉄などが使いやすいですね(小鉄のインプレはこちら)。

月下美人 小鉄

小鉄は明確な操作感とやや強めの波動でしっかり動く特性があり、広範囲を探るパイロットルアーとしても優秀ですぞ。

まるなか

ナノバイブはメタルバイブ独特の波動の強さを持ちつつ、食わせ能力も意識したルアーだと考えているよ!

アジ・メバル・カマス・カサゴ等五目釣りに対応

ナノバイブで狙うターゲットですが、主に20cm~30cm程度までの魚種であれば、回遊魚・底物問わずに何でも釣れます。

ただしボディサイズが小さいので、カマスなどを狙う時は30cm程度までの個体を狙う時にちょうど良いかと。

大型のカマスを狙うのであれば、もう少しシルエットが大きいルアーを使った方が歯によるラインブレイクを防ぎやすく、快適に使いやすいですね。

まとめ!

ナノバイブ アジング 釣果

今回はジャッカルのナノバイブのインプレをしました。

  • 飛距離は安定していて、ラバーによる抵抗の影響はそれほど感じない(3g)
  • アクションレスポンスは良く、ボディの振動でラバーが動いてアピール
  • オールラウンドに使えるが、やや食わせ寄りのコンパクトなメタルバイブ
  • アジング以外にもライトゲーム五目釣りに対応

要点をまとめるとこんな感じですね。

ラバー付きフックの柔らかなアクションと食わせ能力が特徴的なルアーで、スロ~中速の誘いで特に効果を発揮しやすいルアーですぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。