ダイワ 月下美人 小鉄を徹底インプレッション!

月下美人小鉄 インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はダイワから発売されている鉄板バイブ、月下美人小鉄の使用感や使い方などを詳しくインプレしていきます。

小鉄はライトゲーム対応のマイクロサイズのバイブレーションですが、似たようなメタルバイブの中でも強波動で明確な操作感・アピール力の高さが特徴的!

個人的に小鉄の操作感はかなり好きで、アジやメバルなどを中心としたライトゲーム五目釣りで使いやすいと感じていますね!

忖度なしにインプレしてくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行しています)
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と、各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好き。

タックルインプレに関しては実費を払って購入し、全て実際に魚を釣りあげるまでにこだわり、実績に基づいたものになっています。

月下美人 小鉄のスペック・ラインナップ

  • サイズ
    • 3g(35mm)
    • 5g(39mm)
    • 7g(41mm)
  • フック:全て#18トリプル×2

重量ラインナップは3g~7gまでとなっていて、漁港内の小場所狙いのライトゲーム~ちょっとした防波堤や河川周りまで対応。

7gのモデルは良型カマスや小場所狙いのライトなシーバスゲームなどにも使えます。

小鉄を「サクッと」インプレ!

小鉄 青物 釣果

小鉄の使用感や使い方を詳しく解説する前に、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:メタル系ルアーらしく良好!
  • フォール:テンションを抜くと軽くスパイラルしながらフォール
  • アクション:メタルバイブの中でも強めな波動でキッチリ動く
  • 使い方:ただ巻き・リフトフォール・シェイクリトリーブなど何でも
  • ターゲット:アジ・メバル・カマス・セイゴ(シーバス)・チヌなどオールラウンド
  • 適したシチュエーションなど:比較的ハイアピールなルアーなので、広範囲をテンポよく探ったり、強い波動でリアクションバイトさせたい時におすすめ

ざっくりまとめるとこんな感じ。

小粒なバイブレーションの中でも存在感が強めのアクションになっていて、メタルバイブらしさが活きるルアーですぞ!

飛距離

小鉄の飛距離ですが、メタルバイブらしく中々安定した飛びを見せます。

5gの小鉄をPEライン0.3号のメバリングタックルでキャストすると、だいたい45m前後飛ばせています。

メタルジグよりも飛距離は落ちますが、ジグヘッドリグやプラグでは探り切れない+αのエリア・レンジにルアーを届けることが可能。

比較的スリムなシルエットなので、振り抜き感も軽くて投げ心地は比較的良いですね!

多少の風を受けても、しっかりロッドに重さを乗せてキャストすれば、割と失速しにくいです。

フォール

小鉄のフォール姿勢ですが、ヘッドを下にして比較的速く沈下します。

メタルジグのようにヒラヒラと動くことなくフォールするので、素早く落としてリアクションバイトを狙うのが得意ですね。

着底感も割と分かりやすく、ボトムを叩くような使い方にも対応できます。

小鉄 ムツ 釣果

ボトム付近を丁寧に探ると、ムツや根魚度が狙えます。

フォール中のアクションについては、ラインテンションを掛けないように、ラインを軽く送り込みながら落とし込むと軽くスパイラルしながら沈下。

軽くテンションを掛けてフォールさせると姿勢の安定性が高くなり、まっすぐ・若干手前に寄りながら落とせます。

メタルバイブとしてはフォール中の姿勢の安定感は抜群とまでは言えないものの、ラインを拾ったり、激しくスパイラルしてしまって魚に違和感を与えることは少なく、まずまず優秀だと感じますね。

小鉄のアクションの質・使い方

前後のアイの使い分け

小鉄にはラインを結ぶアイが2つついています。

一般的に、メタルバイブのアイは

  • 前方のアイ:リトリーブ用
  • 後方のアイ:リフトフォール用

とされていることが多いんですが、私の場合、小鉄を使う時はどんな使い方であっても前方のアイで対応してしまうことがほとんど。

前方のアイはルアーの波動の強さや浮き上がり・姿勢の安定度のバランスが良く、オールラウンドに対応できます。

小鉄 アイ アクション

一方で後方のアイはルアーの動きがワイドになりすぎたり、浮き上がり過ぎて少し使いにくいと感じるからですね。

最終的には使い手の好みにもなりますが、まずはフロントのアイを使ってみるのが私のおすすめです。

まるなか

アイの位置でアクションが変化するよ。
小鉄の場合はフロント側のアイがバランスが良く、使いやすいかな!

ただ巻き・ストップアンドゴー

1つめはロッドアクションを与えないただ巻き・ストップアンドゴーですね。

主に活性が高い時間帯のアジやカマスを狙ったり、大場所のメバリングなどで使うことが多いです。

小鉄はレスポンスが良く、スローなただ巻き~早巻きまでしっかり対応できるバランスを備えています。

メタルバイブレーションの中でも比較的キビキビ感が強調されていて、手元に伝わる波動も分かりやすくて使い勝手は良好。

小鉄 アクションの質

小鉄はボディが折れ曲がったような形状をしていて、やや前傾姿勢になるのがアクションの立ち上がりの早さに影響しているんでしょうか。

また、ボディ底面のウェイトが厚くなっていて、低重心な設計ですね。

ストップアンドゴーで使用した時も泳ぎ出しのモッサリ感が目立ちにくく、ハンドル1回~2回転程度の短いピッチの誘いでもしっかり動いてアクションの変化をキッチリ出せます。

小鉄 フッキング

細身のボディで後方からのバイトに対して針が魚の口の中にしっかり入りやすく、針掛かり・バラシ難さも良好。

まるなか

程よい引き抵抗でキビキビ動くから、メタルバイブ初心者の方にもおすすめ!

リフトフォール

2つめはロッドアクションによって縦方向への動きを強調する使い方。

小鉄 アジ 釣果

日中の活性が落ちたアジを小鉄のリフトフォールでキャッチしました。

月下美人小鉄は小型のメタルバイブなので、大きく・強くしゃくりあげるリフトフォールはせず、手首を使って軽めに操作するようにしています。

ロッドを寝かせた位置から徐々に持ち上げ、頂点まで来たらロッドをもとの位置まで戻しつつ、リールを巻いて糸フケを取ります。

払い出す潮に乗せて操作する時は、リールをほとんど巻かずに使用するのもおすすめで、ネチネチと沖合で誘いを掛け続けることが可能になります。

リフトフォールは主に

  • 魚の活性が少し落ちていて巻きだけでは食ってこない
  • ルアーが浮き上がりやすい深場・ボトム周辺を狙う時
  • カサゴやソイなどの根魚を狙う時

このような場面で使用することが多いですね。

シェイクリトリーブ

3つめはリフトフォールよりも小刻みにロッドを「チョンチョン」と動かしつつリールを巻き、小鉄を軽く揺すりながらスイミングさせる使い方。

主に朝・夕マズメなどの高活性な時間帯でベイトを積極的に追っている回遊魚狙いにおすすめ。

サバ 小鉄 釣果

水面でベイトがザワザワしていたので、小鉄を素早くシェイクリトリーブさせ、サバがヒット。

私の場合は

  1. 任意の棚までフォール
  2. ロッドアクションを3回~10回ほど連続で行って誘いあげる
  3. 再びフォール

こんな感じの繰り返しで使うことが多く、軽くルアーにアクションを与えつつ上昇させて誘いを掛け、その後のフォールで食わせ・浮き上がった分を沈めなおします。

状況によっては、誘い上げでガンガン当たってくることもありますし、フォール中にバイトが集中することもありますね。

ただ巻きとは似ているようで魚の反応が変わったりするので、アジやカマス・サバなどの回遊魚を狙う時に特におすすめ。

まるなか

特に使い方は限定せず、状況に合わせたアクションでオールラウンドに使えるのが小鉄の良さ!

適したシチュエーションなど

パイロットルアーとしてオールラウンドに使える

月下美人小鉄は程よく強めな波動と分かりやすい操作感により、広範囲をテンポよく探るパイロットルアーとしてかなり使いやすいと感じます。

巻き・ロッドアクションを使った使い方両方にしっかり対応できますし、飛距離も安定していますからね。

狭い範囲でネチネチ誘いを掛けたり、滞空時間が長いフォールで食わせるのは苦手なので、ワームやメタルジグとうまくローテーションさせて使うのがコツです。

アジ・メバルをはじめ小型回遊魚・根魚狙いにも対応!

小鉄はアジやメバル以外にもライトゲーム五目釣りにしっかり対応できます。

私の釣果としては

  • アジ
  • サバ
  • カマス
  • ブリ
  • カンパチ
  • フエフキ
  • ムツ
  • カサゴ
  • ハタ
  • チヌ
  • セイゴ

主にこのような魚種をキャッチしており、使い方次第で何でも釣れますね。

ボトムや岸壁沿いを根掛からないように攻めれば、チヌや根魚なども良く釣れますよ!

まとめ!

小鉄 カンパチ 釣果

今回はダイワの月下美人小鉄のインプレをしました。

  • 飛距離は比較的優秀
  • 2つのアイがあるが、基本的には前方のアイで何でもできる
  • アクションはやや強めでしっかり動き、キレは良好
  • 使い方次第で何でも釣れる
  • ライトゲーム用メタルバイブとしてスタンダードに使える

要点をまとめるとこんな感じ。

かなりバランスが良くて偏った癖が無く、使いやすいルアーになってますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。