渓流のルアー用ライン選び ショックリーダーの素材・長さの基本とおすすめアイテム

渓流 釣り場風景

さてさて、今回は前回の渓流のルアーゲームにおけるPEラインの有効性と選び方に引き続き、

ショックリーダーはどのように選んだらいいのか?

という事について。

メインラインにPEラインを使用するのであれば、リーダーを接続するのは必須となってくる。

リーダーの素材などにより、釣行時のルアーの操作感や引けるレンジなども変わってくるので使い易いアイテムをしっかりと選んでおきたいもの。

ここで基本的な知識を身に付けておき、ストレスのない渓流のトラウトルアーゲームを楽しんで欲しい。




渓流のルアーゲームにリーダーは必須なのか?

渓流用ナイロンラインを巻いたリール

単にリーダーと言っても、ナイロンラインなどを使う時の根ズレ対策として若干太目なラインを使用したいと考えている方もいるだろう。

私の場合、ナイロンラインなどを使用する時にショックリーダーは使用せず、PEラインを使用する時のみに限定している。

河川の上流域を中心にヤマメやイワナなどを狙うのであれば、基本的に長い距離のキャストは必要ないと思う。

だから強度が欲しければメインラインそのものを太いものに変えれば良く、余計な結び目が増えることによるトラブルの発生を避けた方が良いと考えているからね。

  • ショックリーダーを使用するのはPEラインをメインラインして使う時

と考えておけば基本はOKだろう。

渓流ルアー用リーダーにはフロロカーボンラインがおすすめ

PEラインを使用するのであれば、根ズレへの耐性などを考慮してリーダーを組むのが望ましい。

リーダーの素材にはナイロンラインかフロロカーボンラインを使用するのが一般的だが、

こだわりが無ければフロロカーボンラインを使う事をおすすめする。

渓流ルアー リーダー

最近はやたらとフロロカーボンラインを勧める人もいるが、これにはきちんとした理由があるので順番に紹介しておこう。

高比重で水への馴染みが良い

渓流釣りは流れとの戦いで、PEラインは号数自体は細いが水の抵抗を受けやすい特徴がある。

だからPEライン直結や、極端に短いリーダーで釣りをすると

流れにルアーが流されてしまい、任意のレンジまでルアーが入っていかない。

という状況に陥りやすくなる。

これを緩和する為にナイロンラインよりも高比重で沈み込みが速い、フロロカーボンラインをリーダーに使用するってわけだ。

渓流 落ち込み

ショックリーダー部分の比重が大きくなることで、水の流れが複雑なポイントであってもラインが水流に流されることを緩和できる。

この差は思った以上に大きいので、甘く考えない方が良い。

スレに強く、高耐久

渓流釣りではショックリーダーが石に擦れたり、倒木や張りだした木にラインが引っ掛かってしまう事などはよくある事。

このような状況下では、スレに強いフロロカーボンラインの方が耐久性に優れている。

フロロ素材の方が硬い事で傷が入り難いという事もあるが、特に細いナイロンラインはテンションが掛かった状態で何かに擦れるとラインがチリチリになりやすい。

チヂレたナイロンライン

太いラインならこのような状態には多少なり難いけど、どうしてもナイロンラインは縮れるもの。

フロロカーボンラインは硬くて癖が付きやすい特性があるが、縮れに強い特性がある。

渓流ルアーで使用するショックリーダーの太さ・号数と長さ

フロロカーボンラインをリーダーとしておすすめする理由の基本的な部分については、大体こんなところを覚えておけばいいだろう。

次に、どのくらいの太さのラインを選んだらいいのか?

必要な長さの決め方と合わせて紹介していこう。

リーダーの太さ・号数は必要な強度+αを選ぶと安心

ここで言う渓流とは、大体20~30cm前後の魚を狙った一般的な山間を流れる渓流で釣りを楽しむ場合を想定して話を進めていく。

アマゴ 釣果

基本的にPEラインの号数は0.3号~0.4号位が使い易く、太いPEラインは水の流れの影響を受けやすいから0.6号位までが実用的だろう。

メインラインの強度を十分に引き出しつつ、キャスト時のガイド抜けや流れの中で魚がヒットした時のやり取りの安心感などを考慮すると

大体1.2号~1.75号

この位の太さのリーダーが使いやすいかな!

グランドマックスFX

おすすめはこの中でも1.75号で、個人的には最低でも1.5号位の号数の方が使い易いと思う。

ラインが多少太くても魚は問題なく釣れる

渓流域でネイティブの魚を狙っていくとなると、リーダーの号数が多少太くても魚は問題なく釣れる。

スピナー アマゴ 釣果

餌釣りやフライのようにナチュラルに釣っていく釣り方の場合、魚がラインを見切っていく事もある。

しかしリアクション的な要素が強いルアーの場合、そこまで繊細なものではない(もちろん釣り場にもよるが)。

そうはいっても必要以上に太いラインを使えば、水の抵抗を受けやすくなるは事実なのでおすすめはしないけれど。

だけど細いリーダーを使ってやり取りに不安が出たり、根掛かった際に簡単にルアーをロストしてしまうくらいなら多少太めのラインを使った方が釣りやすい。

使い易さと強度のバランスを確保しようと考えた結果、1.75号程のショックリーダーが使い易いという結論になった。

ちなみに私の場合PEラインは0.3号か0.4号を使用し、ショックリーダーは1.75号を使うのが基本のスタイル。

アマゴ

このラインシステムの場合、強度は十分にあるので尺クラスのトラウトがヒットしても全然余力がある。

それでいてルアーの泳ぎも乱れることは無く、使い易さと強度のバランスが良いと感じている。



リーダーの長さの決め方

次に、ショックリーダーはどのくらいの長さを確保しておけば良いのか?

という事についてだ。

FGノット

リーダーの長さが変われば、ラインの水への馴染み具合が変わるのでルアーの泳ぐレンジも多少変わってくるぞ。

基本的には矢引(半ヒロ)と呼ばれる75cm前後~1ヒロ150cm位までの長さが使い易いと思う。

私の場合は長めのリーダーが好きなので、大体1ヒロ弱位を目安にすることが多いかな。

リーダーの長さでどう変わるのか?

基本的に、短いショックリーダーの特徴としては

  • キャスト時にガイドにノットが干渉しにくい
  • 高比重なリーダー部が短くなるのでルアーのレンジが浅くなりやすい
  • リーダーをカットした際、短くなるのが早いのでノットの組みなおしの頻度が増えやすい
  • ラインがスレた時、メインのPEラインに傷が入りやすい

といった事などが挙げられる。

メリットとしてはキャスト時のノット部のガイドへの干渉が少ない位で、メインラインが傷つきやすくなったりするデメリットが目立つ。

逆に長めにショックリーダーを確保しておくと、

  • 高比重なリーダー部が水に馴染みやすく、レンジが入りやすい
  • ラインがスレた時でもリーダー部分に傷が入りやすく、PEラインが保護されやすい
  • 1度ノットを組めば、ある程度長く使える
  • キャスト時にノットがガイドに干渉しやすくなる

といった具合かな。

だからリーダーは使い易い範囲内で、ある程度の長さをとっておいた方が良いと考えている。

それが最低でも矢引位といった具合で、できれば1ヒロ位確保しておくと個人的には使い易い。

渓流用ショックリーダーにおすすめなライン

最後に、どのラインを使ったらいいのかわからないという方へ私が普段使っているアイテムを紹介しておく。

グランドマックスFX

渓流のトラウトゲームに限らず、ルアー用のフロロカーボン製のショックリーダーとして非常に使い易く

そして何より強いのがこのグランドマックスFX

フロロカーボンラインでありながらしなやかでノットが決まりやすく、強さも最強クラス。

テトラ帯

本来は磯釣り用のハリスなんだけど、ルアー用のショックリーダーとしても非常に使い易くておすすめだ。

根ズレして多少傷が入っても簡単には切れずに持ちこたえてくれる粘り強さもしっかりと兼ね備えており、安心して使う事が出来る。

一般的なフロロカーボンラインと強度比較テストを行ってみたが、確かに強い事が証明されたので間違いなく強いラインだと思う。

価格はそれなりにするが、上手く買えば定価の半額くらいで購入できるし60m巻きなので非常に長持ちする。

下手なルアー用のショックリーダーを購入するより、遥かに強くて使い易い。

とりあえず強くて使い易いラインが欲しいという事であれば、グランドマックスFXを使っておけば間違いない。

まとめ!

渓流のトラウトルアーゲームに使用するショックリーダー選びについて、とりあえずこの位覚えておけば基本は十分だろう。

イワナ 釣果

最後に、要点を簡単にまとめておこう。

渓流用リーダー選びの要点!
  • リーダーの必要性:PEラインを使用するのであれば、ショックリーダーは必須!
  • リーダーの素材:基本はフロロカーボンラインを使う
  • 太さ・号数:一般的な渓流域では1.2~1.75号程。おすすめは1.75号
  • 長さ:ある程度長さがあった方が便利。矢引~1ヒロ程を目安に

押さえておきたいポイントはこんな感じかな!

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です