ヤマメ・アマゴのルアー釣りに必要な基礎基本

ヤマメ アマゴ ルアー

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は渓流ルアー講座をやっていきましょう。

今日のテーマは、ルアーを使ってヤマメ・アマゴを釣りたい時に必要な基礎知識全般を紹介します。

基本となるタックルバランスやルアーセレクト、ヤマメ・アマゴという魚の習性に合わせた狙い方のコツなどを解説するので、参考にしてもらえたら嬉しく思います。
内容に関しては、毎日のように釣りをして生活している管理人の実釣経験に基づいたものになっています。

✔管理人の経験・実績

管理人の釣りの経験や主な実績としては

  • 年間釣行回数250~300以上(淡水・海問わず毎日釣りをしています)
  • 渓流釣りはルアー・餌・フライ・テンカラと各経験あり
  • 釣果:渓流ルアーゲームにて半日でイワナ・アマゴを50匹以上など
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘経験
  • 釣具店・メーカーにて私のタックルインプレや釣り方の活用あり

こんな感じで、毎日釣りばかりやって生活している釣り好きです。

ヤマメ・アマゴのルアー釣りに関する基礎基本

まずはヤマメ・アマゴのルアー釣りに必要な基礎・要点を簡単にまとめておきましょう。

  • 時期:春本番~初夏がベストシーズン
  • 時間帯:1日中釣れるが、朝・夕特に有望
  • 釣り場:落差が大きすぎない上流域
  • ロッド:5フィート前後のネイティブトラウトロッド
  • リール:スピニングリール2000番(ベイトリールでも可)
  • ライン:ナイロン4~5LB。またはPEライン0.4~0.8号前後でもOK
  • ルアー:5cm前後のミノー、3.5~5g前後のスプーン・スピナーなど

ざっくりと要点をまとめるとこんな感じになります。
初心者の方は、これらを意識して釣行したり、タックルを選べば大きな失敗はしないはずです。

時期・時間帯

水温が上がる春本番~初夏がおすすめ!

渓流でヤマメやアマゴが釣りやすくなるのは、水温がある程度高い時期になります。

解禁直後の2月・3月といった初期シーズンは水温が低く、ルアーに対する反応がかなり鈍いことが多いです。
低水温期は、ルアーよりもジックリ探りやすい餌釣りに軍配が上がることも多いですね。

渓流 釣り場 ヤマメ アマゴ

目安としてはだいたい4月くらいから徐々にヤマメやアマゴは釣りやすくなりますが、標高が高い河川や雪解け水が多い釣り場の場合は、5月のゴールデンウィーク前後からが本格シーズンになりやすい印象です。

6月~7月といった初夏は渓流ルアー釣りのハイシーズンで、魚の活性は比較的高い状態で安定しやすいですね。

梅雨明け~秋の禁漁前

その後梅雨明けを迎えて8月・9月と季節が進んでいくと、釣れないことは無いものの、難易度としてはやや高くなる印象ですね。

だいたい8月のお盆明けくらいになると、ヤマメやアマゴは徐々に産卵を意識した個体が増えてくる印象があり、魚がいてもルアーに対して反応が鈍くなりやすいです。
また、夏休みシーズンは涼しさを求めて山に入ってくる方も増えるので、人的なプレッシャーによって魚が釣れにくくなることも影響しているでしょう。

アマゴ 釣果

産卵を意識しだすと、魚体が徐々に赤茶色っぽく色づいてきます。

まるなか

初心者の方は5月~7月、8月のお盆前くらいまでに釣行するのがおすすめだよ!

朝・夕マズメがベスト

釣行する時間帯ですが、それほど人が多く入るポイントでなければ1日中問題なく釣れることも多いです。

渓流 釣り場

しかし、人が多い釣り場や警戒心が高い良型のヤマメやアマゴが釣りやすいのは、朝・夕マズメの時間帯ですね。
シーズン初期の水温が低い時期は、水温が少しでも上昇しやすい昼過ぎ~夕マズメが良かったりします。

時間帯については朝・夕がベストですが、そこまで強くこだわる必要性は感じていません。

釣り場

落差が大きすぎない河川を狙おう

ヤマメ・アマゴを狙う時は、大きな岩がゴロゴロと転がっている落差が非常に大きい釣り場よりも、そこまで険しくない釣り場の方が好まれます。

渓流 釣り場

まるなか

こんな感じの渓流はヤマメ・アマゴが狙いやすいね!

ヤマメやアマゴと並んで渓流釣りで人気のあるターゲットにイワナという魚がいますが、イワナの方がより河川の上流域や山岳渓流を好む傾向があります。

ヤマメやアマゴに焦点を当てて釣行するのであれば、流れが急すぎず、程よく開けた・落差が大きすぎない河川を狙ってみましょう。

渓流 釣り場

まるなか

このような大きな岩がゴロゴロしていて落差がある釣り場は、ヤマメやアマゴよりもイワナがメインになりやすいよ!

流れに変化がある場所がおすすめ!

河川は上流に行くほど険しさが増しますが、逆に言えば淵や落ち込み・瀬などの流れの変化が豊富になることも良くあります。

渓流釣り初心者の方は、まずは魚がどのような場所に潜んでいるのかが分かりやすい釣り場を選ぶのが重要で、平坦すぎる釣り場や規模が大きくて水押しが強い中・本流部での釣りはおすすめしません。

ヤマメ アマゴ 釣り場 ポイント

まずは険しすぎない程度の上流部で、見た目的に分かりやすいポイントがある釣り場を優先的に選ぶようにするのがおすすめですよ!

上流域

上流域 釣り場

少し力を入れてルアーを投げれば、川の反対側まで届くような規模の河川の上流域。
このような釣り場はヤマメ・アマゴ・イワナが混生していることも多く、渓流釣り初心者の方にもおすすめですね。

だいたい20cm~25cm位の魚がアベレージサイズになりますが、上流域の釣り場は比較的ポイントが絞りやすく、険しすぎないので遡行の難易度としてもあまり高くない場所が多いです。

支流

支流

1級河川に流れ込む小さな支流もヤマメやアマゴ釣りでは有望なポイントです。
落差が大きい支流はイワナのポイントになりやすいので、あまり斜面がキツくない釣り場の方が有望です。

川幅が数メートルほどしかなく、草が沢山生えているような狭い流れであっても、ヤマメやアマゴは十分釣れます。

5フィート程度までのショートロッドを使い、取り回しを重視したタックルを選ぶのがポイントになります。

里川

上流域の中では下流側に位置し、開けた渓相が続く里川。
里川になるとイワナの魚影が薄くなり、メインターゲットはヤマメやアマゴ、場合によっては放流されたニジマスも混じることがあります。

釣り場へのエントリーや遡行の難易度は高くありませんが、その分人が多く入るので、魚の放流が無いとなかなか釣れなかったりします。

釣れる魚のサイズはやや大きく、25cm~30cm前後になることが多いです。

中・本流

更に下流側の中・本流域になると、流れが強くて分かりやすい変化があまりなくなり、初心者の方には釣りにくくなります。

中流

その分釣れる魚のサイズが大きくなり、大きく成長した30cm以上のヤマメやアマゴがメインターゲットになります。
場所によってはダムや湖・海から遡上してきた個体が狙えることもあります。

一発大物向きの渓流釣り中・上級者向けの釣り場ですね。

ポイント

イワナやハヤとの違い

ハヤ 釣果

ヤマメやアマゴはイワナやハヤ類と比較すると、流れが当る場所・開けたにも積極的に出て餌を待つ習性があります。
水温が低い早めの時期は淵でジッとしていたりしますが、ハイシーズンは瀬に出て定位していることも多いですね。

ですので、一見すると魚がいないような浅いポイントや、流れが当る瀬などもしっかり狙うようにするのが重要です。

まるなか

ある程度流れがある場所の方が魚に警戒されにくく、うまく攻めれば釣果も出しやすいよ!

落ち込み・堰堤

渓流釣りで最も分かりやすく、魚がストックされている可能性も高いのが落ち込みや堰堤ですね。

落ち込み

深く掘れた場所は魚の隠れ家にもなり、ヤマメ・アマゴ・イワナといった渓流魚狙いでは1級ポイントです。

イワナ狙いの場合は泡の下や裏側を狙ったり、ヤマメ・アマゴを狙う時は落ち込みからの流れの流心付近を狙ったり、少し工夫してみると釣り分けができたりします。

瀬は初心者の方は少し狙いにくいかもしれませんが、餌を食いたがっているヤマメ・アマゴが出てくるポイントです。

瀬

川底に石があって流れがヨレているような場所など、何かしらの変化がみられるスポットは特に有望です。

流れが早くてルアーが上手く泳がない場合は、上流に回り込んでダウンクロスやダウンで探ったりすると、釣果UPが望めますね。

淵は流れが緩くて深くなっているポイントで、低水温期に魚が溜まったり、大物が潜む可能性が高いですね。

淵

ヤマメやアマゴが泳いでいるのが目視できたりしますが、流れが緩い場所はルアーを見切りやすく、狙ってみると案外釣れなかったりします。
淵に居る魚はあまり深追いせず、釣れないようであれば早めに見切りをつけ、流れの中に入っている魚を釣っていくのも効率よく釣るためのコツですね。

天候・水質など

平水・クリアウォーター

ヤマメ アマゴ 水質

水量は多くも無く少なくも無くて水が澄んでいる状況下。
有望度としては並といった具合で、無難に魚が釣れる可能性が高いですね。

初心者の方が釣行するタイミングとしてもおすすめです。

渇水

渇水状態になると、ヤマメやアマゴを釣る難易度は高くなることが多いですね。
特に釣り人が多い人気ポイントになると、水量が減るとなかなか釣れなくなったりします。

警戒心が高い小型の個体の釣果が目立ち、良型は朝・夕などの限られた時間に釣果が集中しやすい印象です。

程よい増水・濁り

大雨が降ってひどく増水したり、濁りが入ると釣りにならなくなります。
しかし、平水時よりも少し水位が上がった時や、透明度がある程度残った状態での濁りは良い影響を与えることがあります。

ササ濁り

まるなか

このくらいの濁りだとベストな状況よりも強めに濁っているけど、悪くは無いかな。

程よいレベルでの増水や濁りが発生すると、普段は中々ルアーを追わない良型の個体が良く釣れたりします。

また、平水時は狙いにくいようなかなり規模が小さい支流が好ポイントになることも多いので、増水が予想される時は支流や沢をメインに狙う機会が増えます。

タックルバランスの例

オールラウンド(上流~里川程度まで)

渓流ルアー釣り初心者の方で、1本で色んな場所で使えるヤマメ・アマゴ用タックルが欲しい方の場合は

  • ロッド:5フィート~5フィート3インチくらい
  • リール:2000番のハイギア
  • ライン:ナイロン4LB~5LB or PEライン0.4号~0.6号+リーダー6LB前後

目安としては、これくらいのタックルバランスで組んでおけば、比較的色んな釣り場に対応しやすいですね。

小規模フィールド(上流・支流用)

次は規模が狭い上流域・支流用のタックルが欲しい場合ですね。

  • ロッド:4フィート~5フィートくらい
  • リール:2000番のハイギア
  • ライン:ナイロン4LB~5LB or PEライン0.4号~0.6号+リーダー6LB前後

リールやラインは特に変える必要は無いですが、ロッドをやや短めにした方が扱いやすくなることが多いです。

かなり狭いボサ川や支流で使うなら4フィート台のロッドがおすすめですね。

無難に使うなら4フィート6インチ~4フィート8インチくらいが私としては使いやすいと感じますが、4フィート前後のショートロッドを使う方もいます。
長くても5フィート~5フィート1インチ・5フィート2インチくらいまでを選ぶと良いですね。

里川

ある程度開けていて川幅も広くなってくる里川でヤマメやアマゴを釣りたい時。
このような場合は

  • ロッド:5フィート6インチ~6フィートくらい
  • リール:2000番のハイギア
  • ライン:ナイロン5LB前後 or PEライン0.4号~0.8号+リーダー6LB~7LB前後

幅のある河川でのルアーコントロールがしやすいよう、5フィート台後半~6フィートクラスのロッドが使いやすくなります。
私の場合、5フィート6インチ~5フィート10インチくらいのロッドをメインに使います。

中・本流

ラストは中流域、規模が大きくない河川の本流域で大型のヤマメやアマゴを狙う場合ですね。

  • ロッド:5フィート10インチ~6フィート4インチくらい
  • リール:2000番のハイギア(2500番でも可)
  • ライン:PEライン0.5号~0.8号+リーダー7LB前後

ロッドはさらに長く、だいたい6フィート前後をよく使います。

中規模~大規模な本流でサツキマスやサクラマスを狙う時は、7フィート台~8フィート台のロッドも使用しますね。

タックル選びのコツ

ロッド

ヤマメ アマゴ ロッド

ロッドに関してはネイティブトラウトロッドを選びましょう。
管理釣り場用のロッドは柔らかすぎるものが多く、バスロッドは硬すぎて口切れやバラシが目立ちやすくなります。

ミノーをトゥイッチして釣りたい方はやや短めを。
スプーンやスピナーをただ巻きしたり、流し込んで釣りたい方は少し長めを選んでもOKです。

一般的な渓流域での使用を考えるなら、5フィート前のロッドが使いやすいですね!

リール

リール選びに関しては、基本的には2000番のハイギアリールを選べばOKです。
シマノならC2000SHG、ダイワならLT2000S-XHなどが候補になります。

2500番のリールは6フィート以上のロッドを使う時に合わせることがありますが、2000番のリールでも十分流用可能です。

ライン

ラインシステムに関しては、初心者の方は扱いやすさ重視でナイロンラインを。
中・上級者の方はダイレクトな操作感と強度に優れたPEライン+リーダーの組み合わせがおすすめですね。

ナイロンラインを使う場合、渓流域では4~5LB前後が無難です。
だいたい50m~75mほど巻き取って使い、何度か使ったら巻替えをします。

一方でPEラインを使う場合は

  • PEライン:0.4号~0.6号前後を75m~150mほど
  • リーダー:フロロカーボンライン6LB~7LB前後を75cm~1ヒロほど
  • ノット:FGノット・PRノット・クインテットノットなど

こんな感じで組むことが多いですね。

渓流 ライン

ラインの色はピンクやオレンジ・ライトグリーン・ホワイトなど、視認性に優れた見やすい色を選んだ方が絶対に良いですよ!

ヤマメ・アマゴ狙いに使うルアーの種類・大きさ

ヤマメ・アマゴ狙いに使うルアーですが、大きく分けると

  • ミノープラグ:小魚型のルアー
  • スプーン:金属製のピラピラしたルアー
  • スピナー:回転するブレード付きのルアー

このように、ミノー・スプーン・スピナーの3種類が良く使われます。

ミノー

ミノー

最近の渓流ルアーゲームで最もよく使われているといっても過言ではないのがミノープラグですね。
自分で操作する楽しみもあり、ロッド操作によるトゥイッチングで手っ取り早く探れるので、メインルアーとして使う方も多いです。

水に沈むシンキングミノーを選ぶのが基本になり、

  • シンキングミノー:水深が浅い河川やチャラ瀬など
  • ヘビーシンキングミノー:水深がある程度深い場所や水の流れが速い場所

このように、ゆっくり沈むシンキングミノーと、素早く沈む高比重なヘビーシンキングミノーを使い分けるのがコツですね。
初心者の方は、両方用意しておいた方が良いでしょう。

最近はどちらかというと、ヘビーシンキングミノーを使うのが主流になってきていますね。

アマゴ 釣果

大きさに関しては、5cm前後を選べばOKです。
それほど規模が大きい場所で釣りをするのでなければ、45mm~50mmほどのミノーがあれば最初はOKです。

▼ミノー選びのコツ、実際に私が使っているおすすめアイテムについてのより詳しい解説は【渓流ミノー選び・おすすめアイテム徹底解説】を参考にどうぞ。
全て公平な視点で使い比べ、使いやすいものを選抜してあります。

スプーン

スプーン

スプーンはただ巻きやトゥイッチ(シェイク)・リフトフォールなど使います。
最近は使う方が少し減ってきている印象ですが、ミノーとは違った面白さがあるルアーです。

渓流域では、3.5g~5gほどを揃えておけば基本はOKです。

スプーンを使う場合は、金色・銀色ベースのカラーをそれぞれ1個ずつは用意しましょう。

スピナー

渓流 スピナー

スピナーはブレードが素早く回転するルアーで、ただ巻きだけで十分使えるルアーですね。
シンプルな操作で扱うことができますが、狭いスポットを狙う時に探りにくいことがあります。

重さはスプーンと同様に3.5g~5gくらいが基準になり、金・銀ブレードを1つずつ用意しておけば最初は十分です。

1キャストで広い範囲をテンポよく流すような使い方が得意で、効率よく釣り上がっていく時に役立ちます。

▼初心者の方でも比較的使いやすく、実際に私も愛用しているルアーについての解説は【渓流初心者におすすめなルアー解説】を参考にどうぞ。
全て実績があり、使いやすいものを選抜してあります。

色・カラー

ベースとなる考え方

渓流 ルアー カラー

ルアーのカラーですが、スプーンやスピナーの場合は金・銀ベースのカラーを最低でも1つずつ用意するのが基本になります。

ミノーの場合はベースカラーで分類し、

  • シルバー:最もよく使う。水が澄んでいる時や石が白い場所
  • ゴールド:濁っている時や石が黒っぽい場所
  • パール:キラキラ光るルアーを見切る時

初心者の方はこんな感じで考えておくと、シンプルで分かりやすいでしょう。
人によってはチャートやグリーン・ブラックなどのベースカラーも使いますが、最初は無くてもOKです。

ヤマメ・アマゴをメインに狙う時はシルバーベースのカラーをよく使っていますね!

見やすさ・視認性を重視しよう

ヤマメ 釣果

次に差し色を考えますが、渓流ルアー釣りではルアーの見やすさ・視認性が超重要です。
特に初心者の方は、自分が見やすいルアーを使うことで

  • 狙った場所にルアーを投げる
  • 魚が釣れそうなスポットを正確にルアーを流す
  • 魚が食ってきた場所を把握する

これらが楽にできるようになります。

渓流 ルアー 視認性 色 カラー

背中の色や差し色に目立つカラーが入っているものがおすすめで、

  • ピンク
  • チャート
  • オレンジ
  • ホワイト

これらのような派手めな色を使っているルアーを選びましょう。

スプーンやスピナーはブレードの輝きである程度の視認性がありますが、特にミノーの場合は地味な色を使ってしまうと、どこにルアーがあるのかが非常に分かりにくくなります。

装備

装備に関しては特に特別なものを揃える必要はなく、

  • ウェーダー:チェストハイのフェルト底がベーシック。夏はゲータースタイルでも可
  • ベストやバックパックなどの収納
  • 針外し:フォーセップタイプがおすすめ
  • 替えの針
  • 偏光サングラス:明るさ重視ならグリーン系。水中をハッキリ見るならブラウン系がおすすめ
  • 熊よけの鈴

基本としては、このようなものを用意しておけばいいでしょう。

釣り方・探り方の基本パターン

アップストリーム

渓流釣りでは基本となる探り方で、上流側に向かってルアーを投げて探るパターンですね。
流れに対して頭を向けて泳ぐ渓流魚に対して警戒心を与えにくく、テンポよく釣り上がっていくのに最適です。

流れに対して垂直に投げたり、少し斜めに投げて流れを横切らせたり、少しずつコースを変えて探ってみましょう。

クロス・ダウンクロス・ダウンストリーム

基本は上流に向かってルアーをキャストして探ればOKですが、

  • 流れが強くてルアーが泳がない・すぐに流されてしまう
  • 活性が低くてルアーを追わない

このような時は探り方を変えて対応します。

  • クロス:横に投げる
  • ダウンクロス:下流に向かって流れを横切るように投げる
  • ダウン:流れの下流側に向かって投げる

探るパターンとしてはこれらがありますが、アップストリームと比べてテンポは悪くなりますが、使い分けることで確実に釣果は伸びます。

ベストな探り方はその時によって違いますが、考え方の基本となるのは

  • 流れの中で定位しているヤマメやアマゴの前にルアーを流し込む

このイメージですね。
一定の場所でルアーをとどめたり、下流への流れを利用してルアーを行ったり来たりさせるのも非常に効果があります。

コツとしては、ルアーが程よく動く状態になるようにテンションを掛け、流されながらもヨタヨタと泳がせます。
もしくは時々ロッドを軽く操作し、誘いを掛けるのもおすすめです。

アクション

ただ巻き

スピナーを使う時はただ巻きでの使用が多いですね。
一方でミノーの場合は完全なただ巻きで使う機会は少ないでしょうか。

渓流釣りでは中層をただ巻きで探るのも良いですが、活性が低い時は川底にルアーを当てながらただ巻きをするのも非常に効果的です。
石にルアーがヒットすることで不規則にアクションが乱れることで、ヤマメやイワナの捕食スイッチを入れることが可能です。

トゥイッチング

ミノーを使う場合はトゥイッチングをメインにすることも多いですね。
ロッドをチョンチョンを手首を使って操作し、ルアーに不規則な平打ちやダートアクションを与えます。

アマゴ 釣果

狙い通りのタイミングで「ガツッ」というアタリが出るのは病みつきですね!

やり方のパターンはいくつかあり、

  • ロッドを2回~4回くらい連続で動かし、一旦止めてポーズを入れる
  • 一定のピッチでずっとロッドを動かし続ける
  • ロッド操作の間隔をあけてスローにトゥイッチする

これらが代表的でしょうか。

食い渋った時はトゥイッチの間隔を長くし、ルアーが浮き上がりにくいように意識すると釣果が伸びたりしますね!

ドリフト

ドリフトはクロス~ダウンの釣りで使うことが多く、ラインを張らず緩まず~若干張った状態くらいにキープし、流れの力でルアーを操作します。
食い渋りの魚狙いに効果があり、必要以上に泳がせないのがコツですね。

トラウト用のルアーは流れが少し当たればアクションが立ち上がるものが多く、ドリフトを使うことで、人間が与えるアクションでは出せないような絶妙な波動を出すことが可能です。

初心者の方は釣れる気がしないかもしれませんが、ドリフトができるようになると、大きなヤマメやアマゴが釣れますよ!

釣れない時・釣果UPのコツ

手前から順に釣っていく

ヤマメ 釣り場

ヤマメやアマゴは開けた場所に出てきていることも比較的多く、攻める時は手前から順に釣っていくのがコツですね。

目立つポイントが目の前にあると、ついついそちらに目が行ってしまいますが、一級ポイントの手前側に居る魚を驚かせて走らせてしまうと、そのポイント全体が潰れます。
水深が浅いチャラ瀬や開きなどもキッチリルアーを通す癖をつけた方が良いですね!

釣り場選び

釣り場を選ぶ時の考え方ですが、

  • 里川などのエントリーしやすい場所:釣りやすいが、プレッシャーが掛かりやすい
  • 上流域や支流域:若干険しくなるが、魚がスレにくい

このような特徴があります。

ヤマメやアマゴはエントリーしやすい里川にも生息していて、開けた場所は放流なども盛んです。
しかしその分他の釣り人に攻められている可能性も高く、釣れない時はかなり難易度が上がりやすくなります。

釣れない時は、目立ちにくい河川の上流域や、ちょっとした支流を攻めた方が好釣果に恵まれたりしますね!

まるなか

人気ポイントは放流直後は良く釣れるけど、すぐに釣れなくなることも多いね。人目に付きにくい支流や小さな川の方が安定して釣れたりするよ!

まとめ!

今回はヤマメ・アマゴ狙いの渓流ルアーゲームの基本を紹介しました。

アマゴ ルアー 釣果

初心者の方は5月~7月位に河川の上流域に釣行するのがおすすめで、タックルについては

  • ロッド:5フィート前後
  • リール:2000番のハイギア
  • ライン:ナイロン4~5LB。またはPEライン
  • ルアー:5cm前後のミノーや3.5g~5gくらいのスプーン・スピナー

このようなものを使えば、基本はOKです。
まずはあまり川幅が広くない場所がおすすめで、中~本流域は中・上級者の方の大物狙いに向いています。

今回の解説を参考に、釣行時の役に立ててもらえたら嬉しく思います。

渓流ルアー釣り初心者講座

イワナ 渓流ルアー釣り初心者講座 タックル選び・必要な基礎知識をまるっと解説

渓流ルアー釣りに必要な基礎知識全般を紹介します。初心者の参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です