梓川ブラウントラウト釣行 良型ブラウンにリベンジマッチ!

梓川 ブラウントラウト

さてさて、今回は長野県の梓川へ日帰り釣行へ。

狙いはもちろん天然のブラウントラウト。

これまでの所釣果自体は出せているものの、良型ブラウンにことごとく逃げられる始末・・・・。

季節的にちょっと減水傾向で厳しいような予感もしましたが、果たしてどんな結果になったのか?



8月の猛暑の梓川

8月に入り、長野といえどもめちゃ暑い。

とりあえず数釣りはもういいので、良型が出そうな中流域~下流を中心に狙っていく。

ロッドは5フィート11インチのバリバスのグラスロッドをチョイス。

流石に5フィートクラスの渓流竿ではちょっと短すぎる。

ラインはPE0.5号+ショックリーダー1.75号。

これなら50クラスくらいまでの良型ブラウンがヒットしても何とかなるだろう。早速朝マズメに入水し、釣り上がっていく事にする。

若干の減水傾向

水量はちょっと少ない感じで、濁りもほとんどない。

釣りはやりやすいが、警戒心が強い大型のブラウン狙いにはちょっと厳しいかな?

まずはDコンタクトを結び、ダウンクロスの釣りをメインに丁寧に探りを入れていく。

前回の釣行でもそうだったんだけど、型が良いブラウンはアップストリームで入れても中々食ってこない。

丁寧にルアーをドリフトさせつつ、最低限の誘いを入れて魚の前に流し込んでやると「ゴッ」というバイトが出る傾向があったので。

ブラウントラウト 狙う場所

一見すると狙いどころがないような流れがそこそこ強い瀬なんだけど、ピンクの丸で囲ったような微妙に深く掘れている場所などを探る。

あとは流速が強い所と弱い所の境界をドリフトさせたりして探っていく感じだ。

渓流域の釣りと比べると、ポイントが分かりにくくて戸惑うかもしれない。

しかし、コツをつかむと結構狙ったようにバイトしてくるし、釣り方が繊細なのでめちゃ面白いのよ。

そんな感じで、丁寧にルアーを流し込む釣りですぐにファーストヒット。

梓川 ブラウントラウト

まずはアベレージサイズの斑点が綺麗な個体をキャッチ。

小さいサイズでも、流れが強い場所に結構入っている。ヒットするとかなり引くので、サイズ以上にやりとりが楽しめる。

そのまま釣り上がっていくが、25~30cmを少し超えるくらいのブラウンがポツリポツリと釣れてくる感じだ。

天気は快晴、風は多少吹いているものの30度は余裕で超えてきているな・・・・。

涼しいイメージがある長野だが、普通に蒸し暑いしこれは体力的に厳しい釣りになりそうだ。

とりあえず1か所目で4匹程ブラウンをキャッチしたが、サイズが伸びないので少し下流へと移動する。

移動後、強烈なバイトが!!

次も似たような流れが比較的強い場所が続くポイントをチョイス。

所々に水深がちょっと深めな場所があるので、もしかしたらいいサイズが深場についているかも。

ルアーはそのままDコンタクトをメインに、流れが強い場所はボトムトゥイッチャー50ESとローテーションで入れていく感じで。

すると、移動後も幸先よくバイトが来る。

相変わらずかなり元気に引き込むが、狙っている魚の重量感ではない。

梓川のブラウン

この個体は斑点が多めでカッコいい系。

トラウトはどれもカッコいいけど、個人的にはイワナやブラウン、ブルックなどが好きだね!

そのまま釣り上がっていき、ここでも30cmそこそこまでのブラウンは釣れた。

しばらくすると岸際が少し掘れているスポットがあり、いかにも良型が付いていそうな気配( ̄ー ̄)

上流側へ回り込み、ダウンクロスでDコンタクトを流し込む・・・・。

すると、下から40cm程のブラウンが急浮上してバイト!!

合わせを入れるとドラグが一気に出る。

しかし、立ち位置を調整しようかと思った矢先、あろう事かフックアウト・・・・。

はい、でましたこのパターン。

今のは完全にフッキングしたと思ったんだけどなぁ。

ドラグもそれなりに締めてあったんだけど、掛かりが甘かったのか?

40以上のブラウンはまだ出ていないので、ちょっとショックだが仕方ない。

再び良型のバイト!!

まだ釣れそうな場所は何か所か残っているので、そのまま釣り上がっていくと今度も岸際のピンスポットが深くなっている場所へたどり着く。

自分の勘が正しければ、このポイントに絶対魚は居る。

ちょうど上流側に大きい岩があるので、そこに上ってルアーをキャスト。

ちょっとレンジを入れてから、ラインが軽く張った状態をキープして微妙にルアーをウォブルさせつつドリフト・・・・。

そして例のスポットに入った瞬間、1回だけロッドを軽くトゥイッチ。

ガコッ。

強めの衝撃がロッドに伝わってきた矢先、沖でデカいブラウンがジャンプ!!

見た感じ40後半~50位ありそう!!!

これは絶対にバラしたくないと思い、久々に真剣モードでやり取り開始。

無事ファーストランは止め、ちょっと距離を詰めつつランディングする場所を決める。

その瞬間、再び強烈に引き込まれて流心の中に。

ドラグは出ているが、かなり流れが強いのでヤバいかな・・・・。

その瞬間、またしてもテンションが抜けた。

ルアーを回収すると、

ですよね~。

いまのは完全に良いサイズだったのに、またしてもやらかす。

この強い流れの中で釣るのは思った以上に難易度が高いな。



3度目の良型ブラウンがヒット!

かなり精神的にショックだが、まだあきらめてはいない。

時間的にはまだ8時を回った位なのでこれからがある意味本番だ。

ポイントを再び移動し、ちょっと水深が深い大場所を狙ってみる。

しかし、狙い通りに魚は釣れず、小型のブラウンが2匹釣れただけ。

かなり気温が上がってきたが、近くに小規模なポイントが連続しているのでそこも狙ってみることに。

流れが若干浅めの瀬だが、ここにも深く掘れたスポットを見つける。

サイズ問わなければ1匹位釣れるだろうと思い、ドリフトを開始(先程フックを伸ばされたので、若干硬めの耐久性重視のフックに交換した)

いい具合にコースが決まり、ここで来たら気持ちいいなぁと思った矢先

「ヌン」

鋭いアタリではないが、穂先に柔らかい感触が!

合わせを入れるとズズズっと重みが乗り、そこから一気にドラグが出る。

フックはワンランクパワーを上げたので大丈夫そうだが、後は掛かっている場所がどうか・・・。

流石にこれ以上はバラせないので、かなりマジモードである。

一気に走ったと思ったら1m近く大ジャンプしたり、かなり元気なブラウンである。

何度か流れに入られたが、掛かり所は良かったらしく前後のフックがフッキングしている。

岩に張り付こうとしたり、かなり抵抗を見せたが徐々に弱ってきた。

川の中を走って魚を追い掛け回したが、そろそろランディングできそう。

あとは魚を丁寧に誘導し、無事キャッチ!!!

良型ブラウントラウト

さっきバラしたやつよりはちょっと小さかったが、ようやく釣れた良型ブラウン。

サイズ的には40中盤くらいだけど、静岡では出会えない魚なのでめっちゃ嬉しい★

長野に住んでいる方からすれば大したことが無いサイズだけど、個人的にここまで嬉しい魚は久しぶりだね。

先日のレイクジギングの50アップのブラウンも嬉しかったけど、やっぱり岸から釣る魚は最高にうれしいな。

普段ヒラメなどを釣っても本気モードになることは無いんですが、今回はかなり真剣にやり取りしましたね(笑)

ブラウントラウト

やはり天然ブラウントラウト、カッコ良い!

私自身はどちらかというと湖や本流よりも小規模な渓流が好きだったんですが、流れの中での強烈な引きを味わってしまうと型狙いの釣りも楽しくなってきますね!

特にこういうドリフトの釣りは繊細で奥が深く、習得すれば海でシーバスを釣ったりする時にもいくらでも応用が利くし、釣りの幅が広がる。

この1匹に満足したが、適当に帰り道で小型のブラウンを追加に成功する。

結局午前10時半くらいで暑すぎて辛いので早上がり。

数は10匹ちょい程でしたが満足できる魚が釣れたので、もうおなかいっぱいです。

たまには連休とって、泊りで本流の釣りとかもやってみたいね!

使用タックル

ロッド:バリバス モーリスグラファイトワークス TRD-511FS

リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG

ライン:サンライン シグロンPEX8 0.5号 + シーガーグランドマックスFX 1.75号

ルアー:スミス Dコンタクト、バスデイ ボトムトゥイッチャー50ESなど

おすすめコンテンツ

ブログ村

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です