三保 真崎海岸の釣り場・ポイントを徹底解説!

三保 真崎海岸 釣り場

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は三保の釣り場紹介をやっていきましょう。

今日は三保の真崎海岸周辺で釣れる魚やポイントの特徴を詳しく解説。

実際に魚探を掛けて釣り場を調査し、釣れる代表的な魚や水深・地形を紹介します。

真崎海岸は三保半島のやや内側に位置しており、周辺の釣り場と比較すると遠浅気味の地形が特徴になる。
隣接する三保の内海と並び、外洋が荒れている時でも釣りになる可能性が比較的高い釣り場。

時期によって色んな魚が狙えるので、今後の釣行時の参考にしてもらえたら嬉しく思う。

釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

三保 真崎海岸で釣れる魚・おすすめターゲット

三保 真崎海岸 釣れる魚

まずは真崎周辺で釣れる代表的な魚やおすすめなターゲットについて、簡単に紹介していこう。

  • 回遊魚:ブリ・カンパチ・タチウオ・サヨリ・アオリイカなど
  • 上物:シーバス・クロダイなど
  • 底物:ヒラメ・マゴチ・ハタなど

時期によって色んな魚を狙うことができるが、外洋に面している飛行場前などと比較すると、湾内のポイントで狙いやすい魚種がメインになる傾向がある。

青物狙いのショアジギング・遠投カゴ釣り

真崎海岸周辺は東寄りの風をブロックしやすく、外洋が荒れている時の避難場所としてかなり人気がある。
波や風が弱い時は離岸堤・飛行場前・五中裏などの外洋に面したフィールドが青物狙いでは人気だが、悪天候時は真崎~内海周辺に釣り人が集まる。

ターゲットとしてはブリやカンパチが中心になることが多い。

タチウオ

真崎海岸~内海方面にかけてはタチウオ釣りが盛ん。
メタルジグやワーム・電気ウキ釣りで狙うことが多い。

タチウオは青物と比較すると湾内の潮が穏やかなポイントにも回遊しやすく、外洋に面したポイントでなくても狙うことが可能。

内海方面の湾内に面した釣り場は外洋が荒れていても釣りになりやすく、タチウオ情報が入ると釣り人がずらっと並ぶことも良くある。

渚釣り

真崎の岬周辺はかなり遠浅な地形になっており、渚釣りでクロダイを狙う方も多い。
春先を中心に良型の釣果も見られる。

タイミング次第ではルアーでクロダイが釣れる事もある。

コノシロパターンのシーバス・大型青物

真崎周辺は秋~春先にかけて、コノシロの群れが接岸することがある。
これを追いかけて良型シーバスやワラサ~小ブリクラスの青物の釣果が望める。

以前はマニアックなパターンであまり知られていなかったが、近年は毎年時期になるとかなりたくさんの釣り人がやってくる。

ルアーで狙う方が比較的多いが、最近はサビキ釣りやギャング釣りでコノシロを確保し、泳がせ釣りで狙う方も見かける。
場合によってはかなり釣り場が混雑するので、太いラインを使って周囲に迷惑を掛けないようなタックルを使いたい。

釣り場風景

次に、真崎海岸周辺の釣り場の様子を詳しく見ていこう。

三保 真崎海岸 釣り場 風景

真崎海岸の東側(離岸堤方面)から岬方面をみた眺め。
岸際には浸食防止のブロックが敷き詰められている。

岬先端方向に向かうにつれ、徐々に水深が浅くなって遠浅な地形になっていく。

三保 真崎 釣り場

ほぼ同じ場所から東側(離岸堤方面)を見た眺め。
離岸堤方面は大きな岬状に飛び出た地形をしており、急深な地形になっていく。

三保 真崎 釣り場

真崎海岸のちょうど角に当たる地点。
この辺りは手前にかなりの土砂が堆積しており、シャローフラットになっている。

特にシーバス狙いの方などに人気があり、ベイトが接岸してくると沢山の釣り人が訪れる。

三保 真崎 内海

真崎海岸の角(岬)付近から内海方面の釣り場。
岬先端を中心に遠浅の地形になっているが、向こうに見える内海側の岬周辺は急深な地形になる。

こちら側は湾内に面しており、波が立ちにくいので外洋が荒れている時の避難場所として人気がある。
外海で釣りができない時は、カゴ釣りのウキが沢山並んでいる。

内海側も時期になるとコノシロが接岸し、それを追ってシーバスや青物などがやってくる。

真崎海岸の水深・地形など

三保 真崎 釣り場

次に、真崎海岸の釣り場の水深や地形などを紹介していこう。
全て魚探を掛けて地形をチェックしてきた。

東側・離岸堤方面

真崎海岸 水深

離岸堤前と隣接している、コンクリートブロックが敷き詰められているポイント。
岸から40m付近の場所で、水深はだいたい4m~4.5mほどだった。

離岸堤前の釣り場は少し沖合で水深10m以上に落ち込むので、かなり遠浅な地形になっていることが分かる。

ルアーを遠投すれば駆け上がりの向こう側に届けることはできるが、斜面で根掛かりやすいので気を付けたい。
海底は主に砂泥底だが、所々に岩が点在している。

常に魚が居つくポイントというより、餌を求めてシャローに上がってくる魚を狙うのに適している。

岬先端付近

真崎海岸の角・岬周辺も遠浅な地形になっている。
岸から40mほどの地点で水深は約3.5m~4mほどと、急深なポイントが多い三保サーフの中では非常に遠浅だ。

東側の釣り場と同様、魚がシャローに上がってくるタイミングで狙い撃ちたいポイントだね。
タイミングを外すと魚の気配が全くないことも多く、釣行する時は時間や潮位・ベイトの回遊の有無などをしっかり見る必要がある。

南側・内海方面

真崎海岸 南側 水深

三保内海と隣接している南側の内向きのポイント。
岬先端から離れるにつれ、急深な地形へと変化していく。

内側のちょっとした岬状に飛び出した場所から水深をチェックしてみたが、岸から40mほどの地点で水深は約15m。
真崎の先端から少し離れただけで一気に地形が変化しており、かなり急深で急こう配な地形をしていることが確認できた。

水深が深いので釣れる魚種も豊富で、青物やタチウオ・アオリイカ・カワハギなど、時期によって色んな魚が接岸してくる。

駐車場

真崎海岸 駐車場

真崎海岸への釣行の際に利用できる駐車場だが、釣行するポイントによって駐車場を使い分けると良い。

真崎海岸東側~離岸堤方面に釣行するなら、離岸堤前の東西に延びた広い駐車場が近くて便利。
一方で内海側へ釣行する時はトイレが併設された三保内海側の駐車場を利用すると良い。

※駐車場やトイレを利用する時はマナーを守り、ゴミや餌などで施設を汚さない事。

おすすめ関連記事!

▼【どこよりも詳しく】三保の釣り場解説まとめのページ

三保 釣り場 ポイント青物の聖地 三保の釣り場・ポイントを徹底解説!【水深・地形も調査済】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です