パームス ジガロスーパースライドを徹底インプレ・使い方解説!

ジガロスーパースライド インプレ 使い方

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はパームスから発売されているショアジギング用メタルジグ、ジガロスーパースライドの特徴や使い方のコツなどを詳しくインプレ。

ジガロスーパースライドは低比重素材を使用しているロングジグで、海中での浮遊感とシルエットの大きさによるアピール力の高さが特徴的。

上手にローテーションすることで明らかに魚の反応が良くなる場面に遭遇したり、面白いメタルジグになってますよ!
遊泳力が高い中~大型青物狙いのショアジギングにおすすめ。

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

ジガロスーパースライドのスペック・ラインナップ

  • 重量:60g、80g、100g、115g、135g、150g
  • 重心:左右非対称フロントバランス
  • 素材:低比重Zライトメタル
  • フック:フック別売り

ラインナップは60gからと、良型青物狙い向けのジグですね。

ジガロスーパースライド カラー

出典:パームス ジガロスーパースライド商品紹介ページ

カラーラインナップは上記の通りです。

ジガロ スーパースライドを「サクッと」インプレ!

ジガロスーパースライド 釣果

ジガロスーパースライドの使用感や使い方を詳しく解説する前に、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:鉛素材よりもやや落ちるが、意外と飛ぶ
  • フォール:やや控えめなローリング・スライドを伴う水平フォールでスローに沈下
  • アクション:低比重+ロングボディでジャーク時の滑走幅は最大クラス!
  • 使い方:ロングジャークやスロー~中速のワンピッチジャークがメイン
  • ターゲット:中型以上のブリやカンパチ・ヒラマサなどの青物
  • 適したシチュエーションなど:シルエットが大きいジグでアピールしたい場面や、魚にジグを見せて食わせたい時などにおすすめ

ざっくりインプレするとこんな感じですね。

低比重のロングジグということもあり、アクションを加えた時のキレのあるスライドと滞空時間の長さは抜群のアピール力があります。

コンパクトなジグを見切ってくる魚に対し、ハマると非常に強い破壊力を見せますぞ!

飛距離

ジガロスーパースライドは低比重素材+フロント寄りの重心設計により、遠投には不向きなジグに思えます。

ジガロスーパースライド 重心

しかし、実際にキャストしてみると、しっかりとロッドを曲げ込んでリリースすれば思ったよりも飛行姿勢は安定していますね。

風が吹くと鉛素材のジグよりも失速が目立ちますが、無風~弱風時は綺麗にキャストすれば他のロングジグとそこまで飛距離の差は出ません。
状況により、鉛素材のジグとほとんど同じ~5%くらい飛距離が低下するくらいの感覚です。

空中で若干細かく揺れるような感じになりやすいですが、かなりスリムなシルエット+厚みのあるボディ形状で失速は最小限に抑えられている印象。

実際に私がPEライン3号のショアジギングタックルでジガロスーパースライドの60gをキャストすると、無風時でだいたい90m前後の飛距離です。

強い向かい風や横風のコンディションを除けば、特にストレスなく扱うことができていますね。

まるなか

ジガロスーパースライドは軽比重のフロント寄りのバランスだけど、見た目以上に投げやすいよ!

フォール

滞空時間が長いゆったりめのフォール

ジガロスーパースライドは水平姿勢をキープし、スローな沈下速度が特徴になります。

ボディ自体にはそれなりに厚みがありますが、低比重マテリアルなのでフワフワっとした感じでややブレーキが掛かります。

それでもフォールスピードが遅くて使いにくいということは無く、ボディ形状によって「ちょうど良いレベルでのフォールスピードの遅さ」になっていて中々使いやすいですよ!

やや控えめなローリング+スライドアクション

水平フォール中はジグが程よくイレギュラーにスライド+ローリングが混じります。

しかし、アピール力はそこまで強調されてない感じで、フォール中のミスバイトは防ぎやすいと感じます。

ジガロスーパースライドはボディのエッジが丸みを帯びており、ボディ自体も厚くなっているんですよね。

ジガロスーパースライド ボディ

これによって、沈下中に水を鋭く切り裂きすぎず、ややマイルドなフォールアクションになっています。

ジャーク時のワイドな滑走で魚に強くアピールし、その後のややナチュラルな水平フォールで食わせるイメージで使うと良いですね!

まるなか

他のジガロシリーズよりも丸っこい形状をしていて、フォール中のアクションはナチュラルな感じ!

ジガロスーパースライドの使い方

ジガロスーパースライドの使い方について、私が多用している2つのパターンを紹介しておきます。

ロングジャークとワンピッチのコンビネーション

ジガロスーパースライドの使い方ですが、1つめは大きな操作でジグを海中でワイドにスライドさせるロングジャークとワンピッチジャークのコンビネーション。

寝かせたロッドを大きくしゃくり上げますが、この時のダイナミックな滑走幅はジガロスーパースライドの最大の特徴になります。

ロッドアクションに対して無重力のような感じで海中をスライドし、抜群のアピール力とタメの長さを誇りますね。
一度ジグを目視しながら動かしてみれば、このジグの特徴がすぐに分かるはず。

このワイドなスライドが中~大型青物狙いでかなり強い武器になることがありますね!

ジャークはスローに・優しめに操作するのもOKですし、マズメの時間などの高活性時や魚の有無を素早くチェックしたい時・小型の魚を避けたい時は、かなり強めにロッドを煽ってアクションさせます。

特にカンパチやヒラマサなどを狙う時は、力いっぱいのロングジャークもおすすめですね。

なお、私が良く使う誘いのパターンとしては

  1. 任意のレンジまでカウントダウン
  2. 強めのロングジャークを3~5回ほど
  3. 一度短めのフォール
  4. スロー~中速のワンピッチジャークを5~10回ほど
  5. フォール

こんな感じの繰り返し。

イメージとしては、ロングジャークでジグを大きく滑走させつつ上方向に持ち上げていき、その後のワンピッチジャークである程度レンジをキープして食わせます。

ワンピッチジャークの際はラインを張りすぎず、やや糸フケを出し気味にして操作することが多いですね。

アタリが出るタイミングは状況次第で、ロングジャーク中やワンピッチジャークの途中に食ってくることもありますし、フォール中にバイトが集中するパターンもあります。

ジャークと巻きのコンビネーション

別のパターンがロングジャークまたはワンピッチジャークと中~高速巻きのコンビネーションですね。

フロント寄りの重心バランス+スリムボディで潮抜けが良く、ジャークで食わない魚に対して速度を上げた巻きを使い、ジグを魚から逃がすことで捕食スイッチを入れて食わせるのが狙いです。

特にカンパチやヒラマサなどに効果的。

使い方のパターンとしては

  1. 任意のレンジまでカウントダウン
  2. ロングジャークを3回~5回ほど。またはワンピッチジャークを4回~8回ほど
  3. 一瞬フォール
  4. 中速~高速巻きをハンドル10回前後
  5. フォール

こんな感じが基本系。

ジャークだけだとジグを見切られてしまう時は、リールのハンドルを全力で巻くくらいの高速巻きを使うと、効果を発揮することがありますね。

青物は人間が思っている以上に遊泳力が高いので、全力でリールを巻くくらいでも何ら問題なくバイトしてきます。

まるなか

ジャークの強さは状況によってかなり強めにすることもあるけど、軽比重素材なのでピッチを速くしすぎるとジグがフワフワしてしまい、追従性が悪くなることがあるから要注意

フックセッティング

ジガロスーパースライドはかなり良く動くジグなので、基本的にリアフックは不要。

リアフックを付けない方が無駄なトラブルを回避できますし、飛距離の面や海中でのジグの動きも良くなります。

ジガロ スーパースライド フック

私はシンプルなシングルのアシストフックをメインにしていますが、ファイト中の口切れやバラシが気になる方はフロントダブルのアシストフックでもOK。

フックは自作していますが、ファイアフックやジガーミディアムチェイス・ジゲン・ジゲンハイパーなどをよく使います。

適したシチュエーションなど

ジガロスーパースライドが効果的なシチュエーションとしては

  • シルエットが小さいジグだと魚に気付かれない
  • 滑走幅が狭いジグだと見切られて食わない
  • ジャーク時のワイドなスライドとスローフォールによる動きの緩急・変化を意識したい

このような時におすすめですね。

ジガロ ジガロスーパースライド

上はノーマルのジガロ、下がスーパースライド。
それぞれ重さは同じですが、スーパースライドの方が低比重素材なのでシルエットが大きくなっていますね。

この違いがメリットになることがあり、魚の反応に差が出ます。

簡単に言ってしまえば、鉛素材などのジグではシルエットが小さくてアピール不足になってしまう状況下や、魚が居るのにスレていてジグを見切られてしまう時の一手として効果を発揮することがあります。

パターンにハマると、このジグに変えて1投目でいきなりバイトしてきたりしますよ!

ジガロ 青物 釣果

鉛素材のジグには違った良さがあり、重要なのは状況に合わせた使い分け。

まとめ!

ジガロスーパースライド 釣果 青物

今回はパームスのジガロスーパースライドのインプレッションをしました。

  • 低比重素材を採用!
  • 飛距離は鉛素材のロングジグと同じくらい~若干劣るくらいで意外とよく飛ぶ
  • フォールスピードはやや遅めで水平姿勢
  • ジャーク時の滑走距離・タメの長さは最大クラス!
  • ロングジャーク・ワンピッチ・巻きをコンビネーションさせて使う
  • 鉛素材のジグを見切ってくる青物狙いでハマると強い効果を発揮することがある

要点をまとめるとこんな感じ。

スーパースライドという名の通り、海中での超ワイドなアクションはかなり特徴的で面白いジグですよ!

万能というわけではありませんが、鉛素材のロングジグとローテーションさせて使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です