ジャッカル グッドミールシャッドを徹底インプレ!【根魚・カマスなどに】

グッドミールシャッド インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はジャッカルのライトゲーム用ワーム、グッドミールシャッドをインプレしていきます。

グッドミールシャッドは、ストレートワームだと少しアピール力が弱い場面におすすめで、程よい波動の強さで使い勝手は良いと感じますね。

ややボディが太めでボリューミーなので、根魚釣りやカマス・チヌ狙い等にちょうど良いサイズ感になっています。

  • 使用感・特徴
  • 使い方
  • 適したシチュエーション・狙うターゲットなど

これらについて詳しく解説していくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

なお、私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好きです。

グッドミールシャッドのスペック・ラインナップ

グッドミールシャッド1.5インチ

1.5インチのモデルは非常にショートなボディでコンパクトな設計。

10cm台~20cm前後のカサゴやメバル・ソイなどの根魚狙いや、20cm台~30cm前後のカマスを狙う時にちょうど使いやすいですね。

1.5インチながらボディにボリュームがあるので、存在感はサイズ表記以上にしっかりあります。

グッドミールシャッド2インチ

2インチのモデルになると、ボリューム感もアップします。

カサゴやソイなどの根魚狙いの場合は、数釣りよりも中型~良型狙い向き。
だいたい20cm台前半~中盤以上の魚に使いやすいと感じます。

その他チヌ狙いや30cm台中・後半以上の良型カマス、食い渋りのタチウオ狙いなどにおすすめ。

グッドミールシャッドの2インチは、ライトゲーム用ワームとしては大きめです。

カラー

グッドミールシャッド カラー

出典:ジャッカル グッドミールシャッド商品紹介ページ

グッドミールシャッドを「サクッと」インプレ!

グッドミールシャッド 釣果

グッドミールシャッドを詳しくインプレする前に、使用感をざっくりまとめておきます。

  • 飛距離:比較的優秀
  • 耐久性:平均~やや劣る
  • アクション:ボディの存在感に対してやや控えめなテールアクション
  • 使い方:ただ巻き・巻き落とし・ズル引き・シェイクなど万能
  • リグ:ジグヘッドリグ
  • ターゲット:メバル・カマス・カサゴ・ソイ・ハタ・チヌなど

簡単にまとめると、こんな感じですね。

ライトゲーム用シャッドテールワームとしては、アクションは強すぎず弱すぎずの設定。

漁港内などの小場所から外洋に面したフィールドでも使いやすく、オールラウンダーとして汎用性は高いですね。

飛距離

グッドミールシリーズはボディがファットに設計されています。

グッドミールシャッド ボディ形状

食わせ重視のスリムなアジングやメバリング用ワームと比較すると、魚の吸い込みやすさではやや劣ります。

一方でボディの自重を活かした遠投が可能になっているので、飛距離は優秀。

グッドミールシャッドはボディに対してテールが小さめなので、テールが暴れることによる失速が目立ちません。

まるなか

少し重ためのジグヘッドをセットすれば遠投がスムーズにでき、防波堤などの広いフィールドでも使いやすいね!

耐久性

グッドミールシャッドのボディは太めに設計されているものの、素材自体は若干柔らかめ。

耐久性に関しては平均~若干劣るくらいに感じますね

グッドミールシャッド 耐久性

私の場合はカマス狙いでシャッドテールワームをよく使うんですが、歯が鋭いターゲットを狙うとなると、ワームがボロボロになって少しズレやすいと感じます。

ワームの持ちに関してはエコギアのグラスミノーシリーズが非常に優秀なので、耐久性を重視したい時はグラスミノーにローテーションするのもおすすめ(グラスミノーSのインプレッションはこちら)。

グッドミールシャッドのアクション

小刻みなテールスイング

グッドミールシャッドはただ巻きやロッドアクションに対して素早く反応し、プルプルと小刻みにテールが動きます。

テールは薄型でレスポンスは良好、スローな巻きやフォールでもキッチリ仕事をしますね。

テールのアクションは大きすぎずで、ライトゲーム用シャッドテールワームとしては「平均~ややおとなしめ位のアピール力」に感じます。

▼アクション動画

ボディの存在感によるアピール力

テールアクションについてはやや控えめなグッドミールシャッドですが、ボディが太めに設計されているので、シルエットによる存在感がプラスされます。

総合的なアピール力としては、ちょうど平均的な位置づけで考えていますね。

先ほど軽く紹介しましたが、アピール力を強くしたい時はグラスミノーSを。
逆に弱くしたい時はテトラワークスのウーバーなどにローテーションすると、ワームのアピール力を調整できます。

グッドミールシャッド グラスミノー

シャッドテールワームはアピール力が強いワームになるので、魚に対するアピール力が高く、魚を引っ張る力に長けています。

その反面、アピール力が強すぎるとスレさせる原因になることがあるので、ある程度使い分けをした方が釣果は伸ばせます。

グッドミールシャッドの使い方

ただ巻き

1つめはシンプルなただ巻きですね。
カマスやメバル狙いではメインになる誘い方です。

基本は一定層をキープするようにスローに巻けばOKですが、ハンドル数回転につき1~2回ほど軽くシェイクを入れたり、巻き落としを混ぜるのもおすすめ。

グッドミールシャッドはテールの付け根が細く絞り込まれているので、ロッド操作に対するレスポンスも良好ですね!

巻き落とし

2つめは巻き落としで、かなり活性が低いカマスやメバルを狙ったり、岸壁沿いに潜む根魚狙いで使用します。

グッドミールシャッド カサゴ 釣果

ただ巻きよりも巻き速度を落とし、テールを動かしながらワームを斜めに滑らせながら落とすイメージで使います。

単にフォールさせるよりも滞空時間が稼ぎやすく、ゆっくり落ちてくる餌を演出できるのがメリット。

かけあがりの斜面に沿って巻き落としたり、丁寧に探ると渋い状況でも魚が拾えますよ!

ボトムズル引き・シェイクなど

シャッドテールワームは中層引きで使うのをイメージする方もいると思いますが、ボトムの釣りにもしっかり対応できます。

ボトムを一定速度でズルズル引いても良いですし、チョンチョンとロッドアクションを与えてみたり、リフトフォールやボトムバンプでも使えます。

グッドミールシャッド テール

ロッド操作を与えると、テールが不規則に動きつつ、テールの付け根を中心にヘコヘコとアクション。

グッドミールシャッドはボディがやや太めなので、海底に潜むハゼなどをイミテートしやすく、カサゴやソイ・チヌなどを狙う時におすすめ。

クロー系ワームよりも抵抗が小さく、ダイレクトに操作しやすいですな。

まるなか

表層~ボトム狙いまで対応できるから、小型回遊魚や根魚など、魚種問わず狙えるね!

適したターゲット

グッドミールシャッドで狙うターゲットですが、

  • 1.5インチ:小型のカサゴやソイ・メバル・カマスなど
  • 2インチ:中型以上のカサゴやソイ・20cm台中盤以上のメバル・30cm以上のカマス・チヌなど

目安としてはこんな風に考えています。

アジを狙う場合は、グッドミールシャッドよりも細身のワームの方が使いやすいです。

まとめ!

今回はグッドミールシャッドのインプレッションをしました。

  • テールアクションはやや大人しめだが、ボディの存在感があるのでアピール力は平均
  • 中層スイミング・ボトム狙い両方に対応
  • 根魚・カマス・チヌなどに使いやすい
  • 耐久性はやや低め

要点をまとめるとこんな感じですね。

ボディのボリュームはある程度欲しいけど、波動の強さは少し落としたいような時におすすめですね!

おすすめ関連記事!

ライトゲーム用シャッドテールワームの使い分け・おすすめを解説

カマス 釣果 アジ・メバル・カマス等におすすめなライトゲーム用シャッドテールワームと使い分け

ライトゲーム五目用ワーム選び・おすすめを紹介

アジング 釣果 ライトゲーム・ライトソルトワームの選び方・おすすめアイテム徹底解説【実釣比較】

ライトゲーム用ジグヘッド選び・おすすめを紹介

アジング ジグ単ロッド 要素 ライトゲーム・ライトソルト用ジグヘッド選びとおすすめはコレ!【自腹購入比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。