マグバイト ちりめんジグを徹底インプレ!【マイクロサイズのブレードジグ】

ちりめんジグ インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はアジやメバルなどを狙うライトソルトゲーム対応のマイクロサイズのジグ、マグバイトのちりめんジグをインプレ。

ちりめんジグはライトゲーム用ジグの中でも非常に小さなブレード付きのルアー。

簡単な操作でブレードの波動やフラッシングで魚を引き付け、バイトに持ち込むのが得意なアイテムですね。

特に、漁港内のアジングやメバリングで効果を発揮しますよ!

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と、各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好きです。

ちりめんジグのスペック・ラインナップ

  • 重量:1g、2g、3g
  • 重心:センターやや後方寄り(左右非対称)
  • フック:フロントダブルアシスト

ラインナップは1g~3gまでとなっており、ライトゲーム用ジグとしても軽いものが中心。

メッキやカマス等を狙うには少し軽めで、表層付近のアジやメバル狙いで使いやすいです。

ちりめんジグ カラー

出典:ちりめんジグ商品紹介ページ

カラーラインナップは上記の通りです。

ちりめんジグを「サクッと」インプレ

ちりめんジグ 釣果 アジング

ちりめんジグの使用感を細かく解説する前に、ざっくりとインプレをしておきます。

  • 飛距離:優秀!
  • フォール:ナチュラルにややブレーキが掛かったフォール
  • アクション:ブレードアクション+安定した姿勢で静かに誘える
  • 使い方:ただ巻き、シェイク&フォール、水面高速巻きなど
  • ターゲット:アジやメバルを中心に、カサゴやサバなどなんでも
  • 適したシチュエーション:3gまでのラインナップなので、近距離戦向き。ナチュラルに動くブレードジグが欲しい方に

ざっくりとちりめんジグをインプレするとこんな感じ。

ブレード系ジグとしてはナチュラルな波動で誘いを掛けるのが得意なタイプです。

強すぎないアピールなので、常夜灯周りなど、狭いエリアを攻める時の使用感はかなり良い感じですね!

飛距離

ちりめんジグの飛距離ですが、私がメインで使用している2gのモデルをPEライン0.3号のタックルでキャストすると、だいたい30m台前半ほど(ラインのマーキングにて計測)。

遠投性能としては、ブレード付きジグとしてはかなり優秀な印象ですね!

ちりめんジグはブレードが非常に小さく出来ており、無駄な空気抵抗を発しないようになっています。

ちりめんジグ 飛距離

また、ボディはフロント部分がやや削られた後方寄りの重心バランス。

これにより、空中での飛行姿勢も大きく乱れにくく、センターバランスのブレードがついていないメタルジグと大差なく飛ばせますよ!

私の場合は小型青物などが混じる場所で使っているのでPEラインを使っていますが、小型魚狙いで遠投性・使いやすさを重視するなら、極細のエステルやフロロカーボンラインがおすすめ。

まるなか

ブレードの存在感を感じにくい投げやすさになっているよ。3gまでのラインナップだけど、思ったよりもよく飛ぶね!

フォール

ちりめんジグのフォールですが、ブレードがついている為、通常のメタルジグよりは若干フォールスピードが落ちます。

ただし、ブレードが小型のウィロー型のため、抵抗が大きい大きめのブレードを装備しているものと比較すると、やや速めに・スルスルーっと静かに沈みます。

ちりめんジグ フォール

フォール中のアタリもかなり多いジグなので、落とし込む時は軽くテンションが掛かるくらいの状態を維持するのがコツですね。

フォール中もブレードキラメキで魚をかなり寄せ付けますから。

なお、フォール中のジグの動きに派手さは無く、イレギュラーなスライドやフラッシングはあまりありません。

まるなか

フォール中のアタリはしっかり拾えるスピードで沈下するけど、ブレード付きの割にはスピード感があるね

ちりめんジグの使い方

ただ巻き

ナイトゲームのアジングやメバリングでは、まずはただ巻きを基本に組み立てればOKです。

ちりめんジグはボディはあまり動かず、ブレードが高速回転して静かに誘いを掛けるのが得意。

カウントダウンで沈め、一定スピードで巻くだけでも、バイトが出る時はガンガン当たってきます。

ボディバランスはかなり安定していて、思ったよりも浮き上がりにくくてレンジキープするのも容易ですよ!

ナイトアジング ちりめんジグ

常夜灯周りを丁寧に探ってアジをキャッチ★

シェイク&フォール

ただ巻きでは食わない時や、朝・夕マズメのような魚の活性が高く、ベイトフィッシュを積極的に追い回している時は縦に誘いを掛けることで、バイトが増えたりします。

ちりめんジグ アジング

主に、小魚系のベイトを追うアジや小サバなどを狙う時に使うことが多いですが、

  1. 任意のレンジまでカウントダウン
  2. 穂先をチョンチョンと、素早く・小刻みにシェイクしながらハンドルを4回転~8回転くらい
  3. ラインが緩まないようにフォール

こんな感じの繰り返しで誘いを掛けます。

イメージとしては、ジグを軽く揺すってアピール力を強化しつつ徐々に浮上させていき、フォールで沈めなおす感じ。

餌を追いまわしている時は誘い上げでよく食ってきますし、ちょっと警戒している時はその後のフォールでバイトが出やすい印象です。

水面にライズがある時は表層狙いでOKですが、条件的には良いのに魚が見えない時は、カウント30以上ジックリ沈め、スロー気味なシェイク&フォールで探るのも非常に効果がありますよ!

ボトム付近を探ってみると、カサゴなどの根魚やムツが良く釣れます。

まるなか

状況によっては魚が深いレンジに沈んでいることもある。こういう時は縦方向に誘いを掛けるのが効果的!

水面高速巻き

小魚系のベイトをアジやサバの群れが追っている時は、水面直下の高速巻きもパワーを発揮します。

ちりめんジグ 形状

ちりめんジグはジグ本体が回転しにくい左右非対称設計で、かなり速度を上げて巻いてもしっかり泳ぎ切ってくれます。

グルグル回転したりしにくく、安定した直線軌道をキープできますね。

ライズの中を高速巻きで通して追わせて食わせるのも良いですし、後ろに魚の引き波が出ても食い切らない時は、リールの巻きをピタッと止め、フォールで食わせるパターンも有効ですぞ。

適したシチュエーションなど

アジ・メバル中心の五目釣りに

ちりめんジグは1g~3gまでのラインナップになっているので、広いフィールドやかなり深い場所を探るのは苦手なジグ。

主に漁港内やちょっとした堤防からのアジングやメバリングにおすすめで、岸壁沿いを探るカサゴ狙い等にも対応できます。

近距離戦であれば、サバやブリ・カンパチの幼魚などの回遊魚狙いにも使えますが、使えるシチュエーションとしては少し限られますね。

ちりめんジグはアピール力は控えめで食わせ能力が高いブレード系ジグなので、小場所から魚を引き出すのはかなり得意ですよ!

食い上げバイト・ジグ本体をしっかり食う状況におすすめ

ちりめんジグの気になる点にもなるんですが、フックセッティングがフロントアシストオンリーなんですよね。

魚を引き寄せるブレード付近にはフックが無く、これが状況によってフッキングの悪さに影響することがあります。

掛かる時は全く問題なく数釣り出来るんですが、後方からのブレードへのついばむようなバイトが多発すると、明らかにフッキングが悪くなります。

特に低活性なアジを狙う時、その傾向が出やすい印象がありますね。

アタリが何度もあっても全く掛からない経験をしていますが、そんな時はリアフック付きのジグにローテーションした方が良いです。

まるなか

根掛かりにくさやライン絡みの少なさはメリットになるけど、後方からのショートバイトに対してフッキングが不安定になりやすいのが気になるかな

まとめ!

ちりめんジグ サバ

今回はマグバイトのちりめんジグのインプレをしました。

  • 抵抗が少ないボディ+ブレードでよく飛ぶ!
  • フォールスピードはブレード付きジグとしてはやや速め
  • アクションはナチュラル。ボディ本体はあまり動かず、ブレードの高速回転で誘いを掛ける
  • ただ巻きや小刻みなロッドアクション+フォールの組み合わせなどで使うのがおすすめ
  • フロントアシストオンリーなので、リアへのショートバイトに弱め

要点をまとめるとこんな感じですね!

ナチュラルな波動で誘えるブレード系メタルジグで、小場所狙いのアジング・メバリングなどで活躍しますよ!

おすすめ関連記事

【実釣比較】アジングにおすすめなメタルジグ解説

アジング メタルジグ おすすめ 【実釣比較】アジング用おすすめメタルジグ・選び方徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です