ライトゲーム用ワームの選び方・おすすめアイテムを紹介【全て購入・実釣済み】

ライトゲーム ワーム おすすめ

さてさて、今回はルアーでお手軽にアジやメバルなどを狙っていくライトゲームに使うワームについて。

これからライトゲーム五目釣りに挑戦するなら、どんなワームを選んだらいいのか?

この手の質問を時々受けるので、今回は私が普段使っているワームを紹介。

なお、紹介するアイテムは当然のことながら「全て実費を払って購入し、実釣を繰り返してきたもの」になる。

誰を信じたらいいのか分からないという方も結構多いと思うので、そういう時の参考にしてもらえたら嬉しい。




ライトゲームに使うワーム選びのポイント!

  1. ワームの大きさ・サイズ:アジやメバル、セイゴなどを狙うなら基準は1.5~2インチ前後
  2. ワームの種類・形:迷ったらストレート系、ピンテールタイプがおすすめ!
  3. ワームのカラー:クリア系、オレンジ(アミ)系を中心に、グロー系、ピンク・チャートなどを揃えよう

ザックリ紹介するとこんな感じになるかな。

港の中の堤防などでライトゲームをやるなら、こんな点に注目してワームを選ぶと失敗が少ない。

ここでは選び方の基本をサッと紹介していくが、より詳しい解説があるものについては別記事へのリンクを貼っておく。より詳細に、理解を深める時に使ってほしい。

ライトゲームに使用するワームの大きさ・サイズ選び

ライトゲーム ワーム 大きさ サイズ

ライトゲームの代表的なターゲットは、アジやメバル、セイゴやカサゴなどなど・・・・。

基本的には、20~30cm前後の小型の魚を狙っていく事が多いかな。

ワームの大きさを選ぶ時、私の場合はこんな感じで選んでいる。

  • アジやメバルなど、30cm位までの魚を狙う時:ワームの大きさは1.5~2インチクラス
  • カサゴやソイなど、大き目の餌を好む魚を狙う時:ワームの大きさは2インチ~4インチクラス

超簡単に説明するとこんな感じになり、とりあえず何でも良いから魚を釣りたければ「1.5~2インチ程の小型のワーム」がおすすめだ。

カサゴなどはちょっとボリュームのあるワームの方が反応が良い事もあるが、小さいものでも釣ることはできる。

ライトゲーム カサゴ

一方で口が大きく、普段食べている餌も大きめになるカサゴやソイなどをメインに狙う時は、ワームの大きさも少し大きめにすると効果的。

カサゴやソイはカニなどを食っていることが多く、小さいワームでも釣れるけど大きくて目立つワームの方がアタリが増える事も多い。

こういう時は2インチ以上、3インチや4インチといった少しボリュームのあるワームを使い、アピール力重視で釣ると良く釣れる事もある。

ライトゲームに使うワームの形

ライトゲームに使用するワームだが、私の場合は大きく分けると3種類に分類できるかな。

  1. ストレート系、ピンテール系:最もナチュラルでオールマイティ
  2. シャッドテール系:アピール力は強いが、食い渋った時に反応しにくい事がある
  3. クロー系:主にカサゴやソイ、チヌなどの底物狙いに

ザックリ分類するとこんな感じになり、ライトゲームでベースになってくるのはストレート・ピンテール系のシンプルなワームかな。

ストレート系のワーム

ライトゲーム ストレートワーム

ミミズのように細長く、ワームの尻尾が細くなっているのがストレートワームやピンテールワームと呼ばれる種類。

これらのワームは水中でナチュラルに動き、普段食べているシラスなどの餌に近いアクションが出しやすい。

ターゲットとしてはアジやメバルなどから、チヌ、カサゴなど様々。

これからライトゲームに挑戦するなら、まずはこういったシンプルな形のワームは必ず用意しておこう。

シャッドテールワーム

シャッドテールワーム

ワームの先端に水受けが付いており、引くと尻尾がブルブルと動くのがシャッドテールワーム。

ストレート系のワームよりもアピール力が強く、ワームの存在を目立たせたい時に効果的。

一方でアピール力が強い分、普段食べている餌に対して違和感を感じることがあり、状況次第ではアタリが減ることも。

ライトゲームでは、カマスやカサゴ・ソイなどを狙う時に使われることが多い傾向があるかな。

アジやメバルを狙うのであれば、シンプルなストレート系のワームの方が当たり外れが少ないと感じる。

クロー系ワーム

クロー系ワーム

海底付近に潜むエビやカニなどに似せたワームがクロー系と呼ばれる。

基本的にはカサゴやソイ、チヌ狙いなどに使われることが多いかな。

比較的ボリューミーなワームが多いので、アジやメバルを狙う時に出番は少ない。

ワームの種類ごとの簡単な特徴はこんな感じで、ここからはライトゲームに使うおすすめワームを紹介!

ライトゲームに使うワームのカラー選び

ライトゲーム ワームカラー

ライトゲームに使うワームのカラーは誰でも最初は悩むポイントだろう。

私の場合、カラーはこんな感じで分けて考えるようにしている。

  • クリア系:常夜灯周りのライトゲームの鉄板!
  • オレンジ系:オレンジ色の常夜灯周辺や、アミ・プランクトンなどの小型の餌を食っているアジやメバル狙いに
  • グロー系:濁り潮や光らないワームに反応が悪い時に変化を出す
  • チャート・ピンク・ホワイト系:見た目的に目立つカラー。濁り潮の時や、暗い場所で釣りをする時に
  • レッド・ブラック系:最も強い色。濁った時や暗闇の釣りに。カサゴやチヌ等、底狙いの定番カラー

ザックリ紹介するとこんな感じで、手持ちのワームを見た時に各職最低限揃っていればまずはOKかな。



ライトゲームに使うおすすめワームを紹介!【実績多数のアイテム】

ライトゲーム メバル 釣果

さーて、ここからがある意味本題かなと。

ライトゲーム初心者の方へ、私が普段ライトゲーム五目釣りに使っている実績多数のアイテムを紹介していく。

片っ端から紹介していくとキリがないし、それでは役に立たないのでアイテムを絞り込んでおきました。

どんなワームを選んだら良いのか分からない時の参考にどうぞ。

なお、各項目イチオシのアイテムをそれぞれ2~3色位ずつ用意してしまえば、ライトゲーム入門には十分な戦力になると思う。

私自身、これらのアイテムだけあれば1年中のライトゲーム釣行は大体カバーできてしまっているからね。

最もベーシックで釣れるワーム:バークレイ ガルプ ベビーサーディン

まずはどんな魚種にも良く効き、困った時のおすすめアイテムになるワームを紹介。

ガルプ ベビーサーディン

ライトゲームで使うワームを語る上で、絶対に外せないワームがコレ。

とりあえず釣れる。とにかく釣れるオールラウンドなワーム。

ライトゲーム ガルプ ベビーサーディン

アジやメバルからチヌ、シーバス、マダイまで、「今まで何匹の魚を釣ったか分からない」くらいの実績はある。

とりあえずライトゲームに挑戦するなら持っておいて損はないはず。

私がライトゲーム五目釣りをする際、一番良く使うワームだね!

クリア系、ホワイト系、ピンク系など3色くらい用意しておけば、ライトゲームに最低限必要なものは揃う位かな。

なお、ガルプのシリーズは保存液に使っていないと干からびてしまうので、専用の液漏れしない容器に入れて保管するとラクチン。

パッケージに入れておくと液漏れしたりして、バッグの中で事件が起こるから気を付けよう。

ガルプ 保管

こんな風に、ガルプシリーズはまとめて密閉容器に入れて保管して使う。

おすすめストレート系ワーム

ベビーサーディンでもオールラウンドに使えるが、口が小さいアジを狙ったりする時はスレンダーな細長いワームが効果を発揮する場面も。

また、釣り人が多い場所ではガルプのニオイに魚がスレてしまっている(飽きていて食ってこない)場合があるので、食い込みが良いワームを持っておくと役立つ。

テトラワークス ピピン

ピピン アジング

シンプルなピンテールワームで、アジやメバル、カマスなどに効果的。

針持ちの良さもまずまずで、港の中でライトゲームをやる時のオールラウンダー。

ライトゲーム五目のピンテール系のワームを揃えるなら、まずはピピンで良いかなと。

魚の吸い込みも非常に良く、アジの数釣りなどにも高いレベルで対応してくれる。

その他おすすめのワーム達

イチオシはピピンだけど、他にもこんなワームも使い易かったりする。

好きなメーカーが有ったり、近くの釣具屋さんで売られているアイテムが限られている時の参考にどうぞ。

まずは、レインズのチビキャロスワンプ。

1口サイズでフッキング良好、良く飛ぶしカラーラインナップも豊富なのが魅力的。

次が同じくレインズのアジアダー。

アジアダー

チビキャロスワンプよりも若干ファットなボディー。

このワームも1口サイズでアジやメバル、カマス狙いなどオールラウンドに使える。

ラスト、3つ目がジャッカルのキビキビナーゴ。

キビキビナーゴ

このワームは確かに良く釣れる。

しかし、ちょっと高くて針持ちが悪いのが難点・・・・。

1口サイズで吸い込みが良い形状をしており、実績は十分ある。

マイクロベイトパターンに強いワーム

次に、魚が食っている餌が小さい時(アミエビやプランクトンなど)に効果を発揮するワームを紹介。

特に港湾部のアジングだったり、コマセ餌に付いている魚を狙う時に役に立つ。

バークレイ サビキー

サビキー アジ

ワームの尻尾部分にキラキラ光るティンセルが付いており、これが結構強い効果を発揮することがある。

他のワームではショートバイトだったり、アタリが出ない時にも魚を引っ張って来てくれる場面に遭遇している。

食い渋りの状況で魚の反応を変えたい時、最もおすすめがサビキーかな。

張りの強い素材で針持ちも良く、ティンセルを目がけて魚が食ってくることもあるのでその効果は確かにあるらしい。

その他マイクロベイトパターンにおすすめなワーム

サビキー以外にもおすすめ候補を紹介しておくと、こんな感じかな。

1つ目がテトラワークスのバーニー。

バーニー

水受けの良いリブとツインテールで水を受け、スローに誘える。

それでいて魚の吸い込みは良く、小型のアジでもフッキングは良好!

2つ目がジャッカルのアミアミ。

ジャッカル アミアミ

こちらもリブ系ボディー+スレンダーなテールで魚の吸い込みは抜群に良い。

どちらも実績は十分あるが、サビキーの方が個性的で使い分け易いかなということで。

カサゴ、ソイ狙いのライトゲームにおすすめなワーム

最後に、アジやメバルなどを狙ってみたけど魚が釣れない・・・・。

こういう時のボウズ逃れとして、岸壁沿いを探ってカサゴやソイを狙うのがおすすめだ。

もちろんメインターゲットとして狙っても面白いので、カサゴやソイを狙う時に効果的なワームを紹介。

バークレイ ガルプ サンドワーム2インチ

絶妙にボリュームが有りつつ、大きすぎなので針掛かりも良いのがちょっと太目なサンドワーム2インチ。

カサゴやソイをお手軽に釣るなら、このワームが個人的には一番実績が高い!

サンドワーム カサゴ

ジグヘッドで岸壁沿いを落とし込むだけで良く釣れる、餌感覚のワーム。カサゴやソイ以外にも、チヌや良型メバル狙いでも強い効果を発揮するね!

カラーはナチュラルなイソメ系や赤系がベーシックでおすすめ。

このワームも保管する時は密閉できる容器を使うと良い。

ライトゲーム用おすすめワームまとめ!

ライトゲーム カマス

大体こんな感じで、お手軽に遊べるライトゲーム用ワームの紹介はおしまい。

とりあえずアタリが欲しい時におすすめなのがベビーサーディンで、アジのような口が小さくてフッキングが難しい魚を狙う時には、ピンテール系の吸い込みが良いワームを中心に使ってみたり・・・・。

後はワームの特徴を知り、状況によって釣れそうなものをローテーションしていけばライトゲームは釣果にも恵まれやすいはず。

釣れない時はカラーを変えたりするのも手だけど、一番の原因は魚がポイントに居ない事。

基本的に釣れない時はテンポよく移動し、魚が釣れる場所で釣りをするのが一番大事なのでルアー選びで迷宮入りしないように・・・・。

もし分からない事などがあれば、お気軽に質問してくださいませ。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

▼ライトゲームに必要な基本知識をまとめたページ

ライトゲーム入門

>>ライトゲーム入門!タックル選びの基本まとめのページ

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です