【近日発売予定!】RIVAGE スーパーライトショアジギング用アシストフック(フロント用ダブル)

rivage スーパーライトショアジギング フック

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

この度私まるなかが開発してきたスーパーライトショアジギング用アシストフックですが、ここで詳しいスペックや特徴などを紹介しておきます。

 

なお、販売数の見込みなどが全く立たない状況でのスタートであり、最小限の人数での制作で始めていくので最初はかなり少量生産になります。

ある程度安定して生産できるのは来年以降になると思いますので、ご了解ください。

 

小ロットでの生産で進めていきますので、製品が完成した時は「まるなか大衆鮮魚Twitter」にて告知させていただきます。

 

※「〇〇のジグに適合するアイテムを教えてほしい」というような質問が来ますが、このような質問にはお応え出来ませんのでご了承下さい。

 

RIVAGE スーパーライトショアジギング用アシストフック(フロント用ダブル)

第一弾としまして、まずはオールラウンドに使えるフロント用のアシストフックを発売します。

スーパーライトショアジギング フック

アシストフックのラインナップは4種類で、フックサイズがMとLの2種類、それぞれにアシストラインの長さ違いでショート・ミディアムとなっています。

価格は3本セットで税込み550円での販売を予定しています。

私の性格上かなりこだわりましたが、無駄なコストを全てカットすることで一般メーカーの量産品とほぼ変わらない価格に抑えました。

スペック

アシストフックの長さはアシストラインの長さで表記しているメーカーが多いですが、リング・フックサイズによってかなりサイズ感が変わるのであまり参考にならないと思います。

RIVAGE アシストフック 

ですのでRIVAGEのアシストフックはリングの先端~フックのフトコロの一番深いところまでの長さを「全長」と表記しますので、購入時の参考にどうぞ。

フックサイズ

フックサイズは2種類で販売を開始します。

rivage スーパーライトショアジギング フック サイズ

フックサイズMとLはパッと見ではたいしてサイズが変わらないように思えますが、小型のジグを使うスーパーライトショアジギングではこの微妙な違いが意外と大きく影響を与えます。

 

主にMサイズは15gのジグを中心に、20gのタングステン・かなりコンパクトなシルエットのジグにマッチします。

Lサイズは主に20gのジグを中心に、かなりコンパクトなメタルジグであれば30g程度まで対応します。

 

なお、フックの長さ(画像aの部分)とフックの幅(画像bの部分)の目安を参考程度にまとめておきます。

  • フックサイズM→a:約17mm、b:約8.5mm
  • フックサイズL→a:約18.5mm、b:約9.5mm

アシストラインの長さ・全長

rivage スーパーライトショアジギング フック 長さ

アシストラインの長さはフックサイズごとに2種類あり、ショートとミディアムのラインナップ。

  • フックサイズS-ショート:全長約29mm
  • フックサイズS-ミディアム:全長約32mm
  • フックサイズL-ショート:全長約32mm
  • フックサイズL-ミディアム:全長約38mm

 

※アシストフックのフックの長さは目安であり、多少の誤差が生じます。

 

15g~20gといった小型のメタルジグを扱うスーパーライトショアジギングですので、市販のジグの形状を見て細かく調整してあります。

スーパーライトショアジギングフック 装着例

1mm長さが変わっただけでもジグへのフィット感が大きく変わるので、ここにはこだわりました。

 

ですので一般メーカーによく見られるようなキリの良い「○○cm」といったスペックにはなっておらず、実釣での使いやすさに基づいて制作しています。

特徴など

RIVAGEスーパーライトショアジギング用アシストフックの特徴について、紹介しておきます。

日々釣行を重ねながら細かく調整・修正をしてこだわって作りました。

シンプルで無駄がない

RIVAGE スーパーライトショアジギング フック 特徴

まず前提としてフック周りはシンプルに、ゴチャゴチャしないことを前提に制作しています。

適切なリングサイズやアシストラインの太さなど、しっかり吟味して選んであります。

 

また、今回発売するダブルのアシストフックの場合はあえてティンセルを付けていません。

ダブルのフックにそれぞれティンセルを付けてしまうと、必要以上に空気や潮の抵抗を受けることがあるからです。

ジグが持っている本来の特性を活かすことを優先した選択です。

 

必要なところにはこだわり、無駄は無くす。

それがRIVAGEのアシストフック。

パーツへのこだわり

RIVAGEのアシストフックは徹底的に無駄なコストを削って作成していますが、使用しているパーツはどれも選び抜いています。

rivage スーパーライトショアジギング アシストフック 特徴
  • リング:適度な大きさで強度十分なステンレス製ソリッドリング
  • アシストライン:よつあみ製ハイエンドアシストライン、アルゴンアシスト(フロロ芯入り)
  • セキ糸:スウェーデン ヴィーヴァス社製スレッド
  • フック:日本製特殊フッ素コーティングフック

 

主な仕様はこのような感じで、全てにおいて高級アシストフックにも全く引けを取りません。各パーツも実釣の中で変更しつつ調整してきました。

特にフックにはかなりこだわってますので、少し詳しく紹介しておきましょう。

日本製特殊コーティングフック採用

今回RIVAGE スーパーライトショアジギング用アシストフックに使用しているフックですが、一般ではほとんど見られない特殊フッ素コーティングのものを採用しています。

一般的なフックよりも貫通力が高いと知られるフッ素コーティングのフックですが、大きな弱点が防錆性。

 

薄い黒色のフッ素コーティングのフックはかなり錆びやすく、アイテムによっては実釣中にどんどん錆びてくるものも。

RIVAGEのアシストフックはフッ素コーティングの弱点を克服したものを採用しており、「フッ素特有の刺さりの良さ+非常に高い防錆性」を両立。

カラーは一般的なフックに見られる銀色ですが、触ってみるとツルツル感が違います。

RIVAGEのアシストフック 防錆性

実際にメタルジグが新品の状態からRIVAGEアシストフックを装着し、実釣を重ねた結果がこちら。

 

何匹も魚を釣り上げてジグ本体はかなりダメージを受けていますが、フックの錆は殆ど見られず。

この防錆性の高さは市販のフックの中でもトップクラスに高く、フッ素の水を弾く特性によって一般的な銀色のフックよりも優れた性能を発揮。

 

※ただし、フックのチモト(セキ糸を巻いて隠れている部分)はアシストライン固定力強化のための加工を施してあり、若干錆が浮きやすい仕様になっています。

フックの針先~フトコロといった、実釣時に重要となる箇所は非常に錆びにくいですが、使用後の水洗いの時に意識してもらうとより良いかと思います。

RIVAGEアシストフック 貫通力

フックの貫通力は抜群で、このように青物のカンヌキのど真ん中をダブルのフックが貫いて魚が釣れたり。

 

フックには+αのパワーを持たせてある為、30cm~40cm程度のターゲットがメインになるスーパーライトショアジギングにおいて、万が一大型の魚がヒットしてもある程度対応できるように設計。

 

本当は見えないところの工夫もあるんですが、商品の特徴としてはこんな感じです。

市販品とは一味違ったこだわりのアシストフック、よろしければお試しください。

 

おすすめコンテンツ

ブログ村

4 件のコメント

  • 毎日楽しみにして読ませていただいてます
    フックのbの寸法がおかしいので確認して下さい
    85と95はデカすぎかとw

    • 個数制限などは作らない予定です。
      おそらく最初はかなり注文が殺到することが予想されます。
      本腰入れるのは来年以降なので、入手できたらラッキー程度に考えていただければ幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です