桂川トラウトルアー釣行 ビッグレインボー・数釣りを満喫

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、先日は山梨県の桂川へ行ってきました。

かなり暖かい日が多くなり、水温も徐々に上昇してきたはず・・・・。

そうなると楽しくなってくるのがネイティブトラウトゲームですよね。

普段は人がいない河川で静かに釣りをするのが好きですが、まずは水温が上がりやすい桂川で腕慣らし。

果たして今回はどんな釣行に?

渓流ルアーシーズン到来で人多すぎの桂川

とりあえず状況が全く分からないので、適当にポイントを選びました。

朝一に間に合わなかったんですが、駐車スペースにはもれなく車が・・・・。

平日だというのに、この人出はやばいですね(-_-;)

元々桂川自体首都圏から近くて人が多い釣り場ですが、ここまで多かったかな?

何か所か候補をスルーし、人がいない小場所を見つけたので釣り開始。

先発はバスデイのもののふ。

バスデイのヘビーシンキングミノーにボトムトゥイッチャーがありますが、もののふは最近主流の平打ちダート系のミノー。

ボトムトゥイッチャーは静かなアクションで誘いを掛けるのが得意なミノーなので、味付けが全く違います。

まずは魚のポジション把握から始めます。

ちょうど瀬や反転流・落ち込みが絡むポイントだったので、順に打って行きます。

すると、釣り開始2投目、流れの芯からミノーを「スッ」とスライドさせた瞬間に流れの下から魚影。

35cm位のレインボーでしたが、フックアップせず・・・・。

その後食い直しは無く、流れの緩い場所を丁寧に探ってもノーバイト。

最初の反応から判断すると、トラウトは流れの芯に入っているのか?

まだ季節的にベストシーズンには若干早いので、予想では流れが緩い場所がメインになると思っていたんですが、ちょっと狙いを変えて流心付近を中心に探っていきます。

すると狙いが的中し、流れの中で「ゴツン」とアタリ。

合わせを入れると大した重さはありませんが、ファーストフィッシュをキャッチ★

桂川 レインボー

アベレージサイズのレインボーでした。

やはり、トラウトは流れの下に入っているようですね。

ポイント移動でビッグサイズのレインボー

この小場所ではもう1匹アベレージサイズのレインボーを追加したのみ。

次は少し下流側へ行ってみることにしました。

良い感じの瀬が連続するポイントが空いていたので、さっそくエントリーして釣っていきます。

この場所に入る前にも何か所かポイントを見て回ったんですが、相変わらず人だらけでしたね(笑)

人が多いという事は、狙いやすい落ち込みや反転流は打たれすぎてプレッシャーが掛かっているはず。

荒瀬

狙うのはこういう場所ですね。

いわゆる早瀬・荒瀬ですが、下手に立ち込むと流されそうになるので注意が必要です。

こういうポイントは狙い方が分からない方が多いですし、狙っていたとしても分かりやすい流れの緩みなどになることが多く、竿抜けしていることが良くあります。

ここまでのトラウトの反応を見ると、ガンガン流れているスポットにもトラウトが入っていることが分かっているので、白泡の周りをドリフトで流し込みます。

ルアーを入れる角度・ラインコントロールをしないと一瞬で流れてしまうので少し難しいですが、結局は慣れの問題です。

強い流れの中を丁寧に釣っていくと、白泡の下から赤っぽい影が浮上・・・・。

そしてそのままミノーがスポッと吸い込まれました★

すかさず合わせを入れましたが、根掛かったような動かない引き。

しばらくすると猛ダッシュが始まってドラグが一気に出されました。

転ばないように注意しつつ下流へ移動し、迅速かつ丁寧にやり取りして無事ランディング。

レインボー 桂川

でっぷり肥えたビッグサイズのレインボーでした。
長さは53~54くらいかな。良いサイズ!

さすが桂川、でっかいのが突然来ますな★

その後、ポイント移動を繰り返すもどこも人だらけで、分かりやすい・攻めやすいポイントは無反応でしたね。

やはり釣りにくい瀬の流心周りは魚が残っていて、強い流れの中の釣り方をしっかりやれば、魚は悪くないペースで釣れました。

桂川 イワナ

尺イワナも混じりつつ、20cm中盤~30cmチョイ位のレインボーやヤマメを追加でお昼に終了。

結局、数は10匹くらい釣れたでしょうか。

流れが強い場所を集中的に狙ったので、ヒットしてもバラしてしまったりミスバイトも多かったので、もっと釣果を伸ばすチャンスはありましたね。

こういう強い流れの中の釣り方を覚えておくと、本流でトラウトを釣ったり、河川でシーバスやチヌを釣ったりするのも楽になります。

色んな釣りをやることで他の釣りのレベルアップにもつながりますから、狭いジャンルの釣りに固執せず、色々やってみると上達も早くなりますね!

次は長野でネイティブブラウン狙いかな?
源流のイワナも気になります。

移住先の家候補が見つかるまでは、トラウトも行っておきたいです。

ステラにライントラブル複数回発生

今回の釣行では22ステラを使ったんですが、2回ライントラブルが発生しました。

これまでのシマノ・ダイワ製リールでは、普段毎日のように釣行を重ねている私が使っても、一年にトラブルが1度発生するかどうか位でした。

そんな状況だったはずですが、今回の1釣行で2回ラインが絡む現象が発生してしまったので、ちょっと嫌な予感がします。

22ステラは密巻き機能を再搭載したわけですが、ライントラブルに関してはやはりこれまでの通常のオシュレーションの方が良かったんでしょうかね・・・・。

ライントラブルが発生しやすくなってしまっては、どれだけ投げ心地が良くても意味が無いですからね(-_-;)

使用タックル

  • ロッド:バリバス モーリスグラファイトワークス TRD-511FS
  • リール:シマノ 22ステラC2000SHG
  • ライン:DUEL アーマードF+Pro 0.4号+サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:バスデイ もののふ50S、タックルハウスバフェットドラス、ロンジン ミズキなど

おすすめ関連記事

渓流用おすすめミノー紹介

渓流 ミノー ロッド 硬さ 【実釣比較】渓流ミノーのおすすめ・選び方のコツを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です