メガバス ボトルシュリンプのフックサイズ・使い方徹底インプレ!【バス・チヌ・ロックフィッシュ】

ボトルシュリンプ インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はバスや海のボトムゲーム対応のワーム、メガバスのボトルシュリンプをインプレ。

ボトルシュリンプはボディに対して長さのあるアームが特徴的なクロー・シュリンプ系ワーム。

過去にバス釣りで使っていたワームなんですが、少し久しぶりにチヌ狙いに使ってみたところ、これがまた非常に良い感じ!

クロダイ・キビレをボコボコ釣らせてもらっています。

  • 特徴
  • 使い方
  • リグ

これらについて詳しく解説していくので、ワーム選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好きです。

ボトルシュリンプのスペック・ラインナップ

ボトルシュリンプ2.4インチ

2.4インチは最も小さなフィネスモデル。

バスのライトリグやベイトフィネス、ジグヘッドリグを使ったチニング・30cm程度までの根魚狙いにおすすめ。

ボトルシュリンプ3インチ

3インチは中間となるサイズで、フリーリグを使ったチニングで私が好んで使用しているモデルですね。

チヌ狙い以外にも、ややライトなバス釣りや40cm程度までのハタ狙い等にちょうどいいサイズ感。

ボトルシュリンプ4インチ

4インチは現行のラインナップでは一番大きいサイズ。

以前は5インチほどの更に大きいサイズが有ったはずですが、久しぶりに見たら無くなっていました。

ベイトタックルを使ったバス釣りや大型のハタ・ソイ狙い等におすすめ。

ボトルシュリンプのフックサイズ

ボトルシュリンプ フックサイズ

ボトルシュリンプに合わせるオフセットフックサイズですが、

  • 2.4インチ:#4
  • 3インチ:#1
  • 4インチ:#3/0

基準としてはこれくらいが大きすぎず、小さすぎずで使いやすいです。

ボディが偏平していて細長いので、ややナローゲイプのフックを合わせるのが私の好みです。

ボトルシュリンプを「サクッと」インプレ!

ボトルシュリンプ チヌ 釣果

ボトルシュリンプの詳しい使用感を解説していく前に、私なりのインプレを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:見た目の割には抵抗が少なく、投げやすい
  • アクション:ロングアームの柔らかなアクションが特徴的。ナチュラルな波動でスレに強い
  • 使い方:ズル引き・シェイク・リフトフォール・ボトムバンプなどオールラウンド
  • リグ:ジグヘッド・テキサス・ジグのトレーラー・フリーリグなど
  • 耐久性:平均~やや弱めくらい
  • シチュエーション:ボリュームのあるクロー系では強すぎる場面におすすめ!
  • ターゲット:バス・クロダイ・キビレ・カサゴ・ソイ・ハタ・マゴチなど

ざっくりまとめるとこんな感じですね。

ボディ・パーツ類にボリュームがあるクロー系ワームよりもナチュラルな存在で、低活性時やスレた魚に対して効果的ですよ!

飛距離

ボトルシュリンプの飛距離ですが、外見的にはボディに対してかなり大きめのアームが抵抗になるような気がします。

実際にキャストしてみると、アームがボディに対して密着しやすく、無風~追い風時の飛行姿勢は見た目以上に優秀。

ボトルシュリンプ 飛距離

現在はチヌ狙いのフリーリグに使っていますが、特に不満は感じていません。

ただし、向かい風や追い風になると、アームとボディの位置関係が乱れやすく、やや失速が目立ちますね。

ボトルシュリンプ3インチ+7gのシンカーを使用したフリーリグで、無風時の飛距離は40m後半~50mほど。

よく飛ぶワームではありませんが、見た目よりは投げやすいワームですね。

まるなか

ワイドなボディで大きな爪がついているクローワームよりも抵抗は少ないね

ボトルシュリンプのアクション・特徴など

ロングアームのナチュラルかつしっかりした存在感

ボトルシュリンプの特徴ですが、やはり一番目立つのが極端に長いアーム。

ボトルシュリンプ 特徴

テナガエビのような外見ですが、このアームの長さが良い仕事をしてくれます。

ボトルシュリンプの特徴・良さを簡単に紹介するなら、

  • ボディは細すぎず、やや控えめながら程よいボリュームがある
  • 水流やボトムの起伏でワームが柔らかく・フワフワと動いてナチュラルにアピール
  • ワームが着底後、ワンテンポ遅れてアームが倒れ込んでアピール

こんな感じでしょうか。

パタパタ系のクローワームやカーリーテールタイプのひげが取り付けられたワームと比較し、ナチュラルなアクションになります。

魚に対して波動でアピールするという点では弱くなりますが、その分低活性時やスレた魚に対して安定したパワーを発揮する印象がありますね。

まるなか

爪が大きくてフッキングが不安定になりそうな気がするけど、実際に使ってみると吸い込みやすさも全く問題なし!

程よく速い沈下速度

ボトルシュリンプはバルキーなクロー系ワームと比較し、水の抵抗を受けにくいのもメリット。

沈下速度が程よく速いので、流れが効いているポイントや深場狙いでも操作しやすいですね。

ナチュラルな波動で魚を寄せ、素早いフォールの後のアームがゆっくり倒れ込むアクションでリアクション的に口を使わせるのも得意。

かなり強風時や、ストンと素早く落ちるスピードフォールをより重視したい時は、ドライブシュリンプなどの更に細身のワームにローテーションするのがおすすめですね。

独特なフレーバー

クロー系のワームはイカやエビのエキス配合のものが多いですが、ボトルシュリンプは独特なスパイシー感のある香り。

他社のワームとは違った味付けになっていて、最終的にこれが効いているのかは分かりませんが、他のワームで反応が無い時でも、ボトルシュリンプにローテーションするとすぐにバイトが出るという経験をしています。

ボトルシュリンプ クロダイ 釣果

キャストを続けてもフレーバーの効果は結構長続きしますし、多少は釣果に貢献していると感じますね!

まるなか

他社のワームと使い分けることで、外見や波動だけでなく、匂い・味の違いによるローテーションもできるよ!

ボトルシュリンプの使い方

操作後のポーズを意識!

ボトルシュリンプを使う時に意識しているのが、アクションを与えた後のポーズですね。

ボトルシュリンプ 特徴

ロングアームが水の抵抗になってボディのアクションに対してワンテンポ遅れて動き、アクションを止めた後もアームはまだ動いているんですよね。

このフワフワとした動きの変化が、ボトルシュリンプの大きな魅力ですね。

ポーズ中・ポーズ後の動き出しでのアタリがかなり多いと感じます。

しっかりポーズを与え、遅れて動くアームのアクションが落ち着いてから次のアクションに移行することを意識すると良いですよ!

まるなか

ボトルシュリンプを使う時は、長いアームが水中でワンテンポ遅れて動いていることをイメージしよう!

ズル引き・シェイク・ボトムバンプなどオールラウンドに対応

ボトルシュリンプの動かし方ですが、正直言ってどんな使い方にも対応できます。

スレた魚が多い時は、ズル引きや細かなシェイクとステイを組みわせて使うことが多くなりますね。

一方、ある程度アピール力が欲しい時はボトムバンプやリフトフォールを使い、ワームを跳ねさせて使います。

ワームを跳ねさせて使う時は、ややゆったりめのピッチで動かすことが多く、アームがフワフワと・ナチュラルに動くことを意識してますね。

アクションのキレを重視するのであれば、爪が小さくて抵抗が小さいワームを使います。

リグ

ボトルシュリンプと合わせるリグですが、

  • ノーシンカー
  • ネイルリグ
  • ネコリグ
  • テキサス
  • フリーリグ
  • ビフテキリグ
  • ダウンショットリグ
  • ゼロダン
  • キャロライナリグ
  • ジグヘッドリグ
  • ラバージグトレーラー

などなど、どんなリグにも対応できます。

現在の私はソルトゲームでの使用がメインなので、シンカーを合わせたボトム狙いがほぼ100%です。

バス釣りの場合はノーシンカーやネイルリグでオーバーハングを打ったり、ストラクチャーの際をスローに・フワフワ落とし込むのもおすすめで、過去にはかなりお世話になってますね。

耐久性

耐久性に関しては、食わせ重視のバス用ワームとしては平均くらい、ソルト用ワームとしては平均よりやや劣るくらいの位置づけですね。

素材自体は柔らかいですが、ある程度モチモチ感があるので、塩がたっぷり入ったワームよりは多少持ちます。

耐久性の低さを補うには、ワーム補修用のボンドを使うのがおすすめ。

色んなものを試してきましたが、私のイチオシはこのワームグルー。

速乾性ですぐにワームの修理が可能ですし、接着力の安定性・強度も高く、これが一番使いやすいです。

適したシチュエーションなど

バス・チヌ・根魚などにおすすめ!

ボトルシュリンプはバス以外にも、ボトム系ターゲット全般にしっかり対応できます。

ボトルシュリンプ キビレ 釣果

現在はスレたクロダイ・キビレ狙いでの使用がメインですが、専用ワームに釣果は全く劣らず、むしろ良く釣れるくらいの実績を残していますね!

その他、マゴチ狙い等にも使えますね。

まるなか

フィールド・魚種問わず、安定した効果を発揮するワームだね!

強波動のワームを嫌う場面に

ボトルシュリンプはやや細身のボディとロングアームにより、クロー系ワームとしてはアピール力が弱めです。

ナチュラルな存在感でプレッシャーを与えにくく、

  • クリアウォーターなフィールドや風が弱い時
  • 低水温期
  • プレッシャーが掛かっていて、大きく動くワームを嫌う

このような状況下で特に使いやすいですね。

低活性時における食わせ能力は優秀で、ステイを多く入れたスローな誘いは高実績。

風や流れを利用したドリフトとの相性もいいですね!

まるなか

魚が強い波動を嫌う場面で力を発揮するワームだよ!

まとめ!

ボトルシュリンプ チヌ 釣果

今回はメガバスのボトルシュリンプのインプレをしました。

  • ロングアームのナチュラルな波動とワンテンポ遅れるアクションが特徴的
  • アクション後のポーズを意識して使う
  • 波動はナチュラルで、クロー系ワームとしてはやや弱めで低活性や食い渋りに強い

要点をまとめるとこんな感じですね。

ワームのボリューム感はあまり落とさず、波動を落として対応したい場面におすすめなワームですよ!

おすすめ関連記事

チニング用ワーム選び・おすすめを徹底解説!

キビレ 釣果 【実釣比較】チニングワームの選び方・おすすめアイテムはコレ!実績から解説します

これからチニングに挑戦したい方へ、ワーム選びの基本と使い方別のおすすめを紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。