三保 五中裏の釣り場・ポイントを徹底解説!

三保 五中裏 釣り

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は三保の釣り場紹介をやっていきましょう。

今日紹介するのは、三保五中裏周辺の釣り場の特徴や釣れる魚について

五中裏は主にショアジギングやヒラメ・マゴチ釣りで人気のポイント。
定番の飛行場前などを比較すると水深は浅め。

潮通しが良いので青物の回遊も見られ、シーズンになると釣り人の数もそこそこ多い。

今回は魚探を掛けて水深・地形のチェックなども行い、ポイントの特徴を紹介していく。
今後釣行する時の作戦づくりやポイント選びの参考になったらうれしく思う。

釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

三保 五中裏で釣れる魚・おすすめターゲット

  • 青物・回遊魚:ワカシ・イナダ・ワラサ・ブリ・カンパチ・シイラ・ソウダガツオなど
  • 上物:スズキ・マダイ
  • 底物:ヒラメ・マゴチ

ショアジギング

五中裏 ショアジギング

五中裏で最も人気があるのはやはりショアジギング。
水深はやや浅めになるが、ベイトの回遊次第で青物の回遊も活発になる。

基本的には7月~9月位までの小型・中型までのブリの幼魚やカンパチがメインになるが、年によっては秋~冬にかけてコノシロの接岸もある。
パターンによっては、ワラサや小ブリサイズの良型青物のチャンスも。

その他、春先~夏場を中心にイワシの接岸が活発になると、沖に鯛場(清水沖の漁礁が入った船釣りのポイント)が近いこともあってマダイが接岸することもある。

基本的には30g・40gクラスのジグで底取りをすることは十分でき、シーズン初期はスーパーライトショアジギングで小型青物と遊んでみるのも面白い。

ヒラメ・マゴチ

五中裏 ヒラメ マゴチ

この辺りまで来ると水深も深くなってくるが、ボトムを狙う底物釣りも楽しめるくらいの深さ。

五中裏での人気度としては青物狙いの方が高いが、ヒラメやマゴチを狙うこともできる。
西寄りの風が吹いていれば、松原が風をある程度プロテクトしてくれるので、風よけポイントとして利用することも可能だ。

ただし久能方面などの静岡サーフと比較すると、岸近くの駆け上がりがキツくなり、根掛かりのリスクが高くなりやすいので要注意。

水深が深くなるのでジグヘッドを使う場合は20g以上、メタルジグを使うなら30g・または40gクラスが使いやすい。

釣り場風景

五中裏 釣り場

釣り場の北東側は開けたオープンエリア①になっている。
向こうに見えるテトラ帯は「第一テトラ」などと呼ばれることが多い、三保灯台下と五中裏の境目に当たる場所。

このオープンエリアは比較的キャパも広く、ショアジギンガーに人気がある。

五中裏 テトラ

オープンエリアの西側はテトラ帯①が広がっている。
テトラの積み方は隙間が多く、釣りをする難易度は高め。

ヘタに登るとけがをする可能性があるし、立ち位置によっては魚がヒットしても取り込みが困難になる可能性が高いので気を付けよう。

五中裏 釣り場

テトラ帯の西側は再び開けたオープンエリア②になっている。
こちらもシーズンになると釣り人が並ぶ。

以前はテトラが少なく、もっと釣り場が開けていた思い出がある。

五中裏

オープンエリアの向こう側は新しく入ったテトラ帯②が広がっている。
見た感じスパイクが効きにくくて非常に滑りやすいタイプのテトラで、非常にサイズが大きいので危険度が高い。

下手に登って事故を起こさないように。

五中裏 離岸堤

五中裏の南西側には砂の流出防止のためにヘッドランドが設置されている。
テトラ帯②との間はワンド状のオープンエリア③が広がっている。

釣り場の水深・地形

五中裏は三保半島先端が近いこともあり、急深な地形がより顕著に出てくる傾向がある。

オープンエリア①

五中裏 水深

北東側のオープンエリア中央付近、沖合50mほどの地点で約9.5m~10mほどの水深があった。
地形的には岸際まで急深だが、岸際20m付近に駆け上がりがある。

基本的には砂地だが、ところどころに岩やカキ殻のような硬いものが点在している。
ショアジギングなど、根掛かりやすい仕掛けを使う時は岸近くを中心に根掛かりに注意した方が無難。

あまり海底付近を攻めすぎると、仕掛けをロストすることがある。

ちなみにメタルジグなどを90m~100mほどキャストすると、水深15m+α位の深場まで届く。
以前は夏~秋にかけてタチウオなども良く釣れたポイントだが、最近はあまり聞かれなくなった。

三保半島全体で遠浅の地形になってきている実感があるが、五中裏はまだ比較的マシな状況か。

オープンエリア②

北東側のオープンエリア①と比較すると、ややワンド状の奥まった地形になっているオープンエリア②。

エリアの中央付近の岸から50m付近の水深を測定すると、水深は5.5m~6m弱程度だった。
やや水深は浅く、なだらかな地形になっている。

この周辺は比較的崩れたテトラや沈み根が多く、立ち位置によっては根掛かりが増えることがある。
特に岸近くを釣っているとルアーをロストしやすい傾向があるので気を付けよう。

オープンエリア③

五中裏 離岸堤

一方でエリア南西側の離岸堤近くは50m付近で8.5mほどの水深。
ヘッドランド付近は若干深く掘れた地形をしていることが分かった。

駐車場

三保 五中裏 駐車場

五中裏で釣りをする時に利用できる駐車場(駐車スペース)は2か所ある。

三保 釣り場 駐車場

1つめは三保灯台横の駐車場。
規模が大きくてキャパはあるが、五中裏の正面~西付近までは歩くとかなり距離がある。

五中裏 駐車場

もう1つは五中裏脇の駐車スペース。
台数的には10台前後停められるか?

こちらの方が正面付近へのアクセスは良好だが、休日の朝・夕は車でいっぱいになる可能性が高めだ。

おすすめ関連記事

▼【どこよりも詳しく】三保の釣り場解説まとめのページ

三保 釣り場 ポイント青物の聖地 三保の釣り場・ポイントを徹底解説!【水深・地形も調査済】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です