【徹底解説】浜名湖 松見ヶ浦の釣り場・ポイントまとめ

松見ヶ浦 釣り場

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

このページは、松見ヶ浦周辺の釣り場の様子・ポイントまとめになります。
全体的なポイント解説になっているので、各釣り場ごとのより詳しい解説は各個別記事を参考にしてみて下さい。

浜名湖一周魚探掛け・オモリを投げて地形調査をして回っており、どこよりも詳しく・役に立つ釣り場マップになっているはずです。
ここで紹介する内容を参考に、今後の釣行時の役に立ててもらえらた嬉しく思います。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は、主に取材当時のものになります。

なお、より詳しいポイントや釣果に関する質問にはお答えしません。

松見ヶ浦の釣り場・ポイント一覧

松見ヶ浦の釣り場・ポイント一覧です。

松見ヶ浦 釣り
  1. 洲ノ鼻
  2. 利木
  3. 大知波
  4. 入出
  5. 正太寺鼻

松見ヶ浦で釣れる魚・特徴など

汽水域を好む魚がメインターゲット

松見ヶ浦周辺で釣れる魚ですが、基本的には奥浜名湖方面で釣れる魚と共通しています。

松見ヶ浦 チヌ 釣果

メインターゲットとしては、

  • クロダイ・キビレ
  • スズキ
  • ハゼ

これらが非常に人気になっています。
時期や回遊次第では、ヘダイやカレイ・サヨリ・マゴチなどの釣果も望めます。

地形

松見ヶ浦の地形ですが、全体としてはシャローエリアが広がっています。
水深が深いのは洲の鼻と正太寺鼻で、松見ヶ浦の出入り口付近の絞れた場所は非常に急深です。

松見ヶ浦 釣り場の様子

洲の鼻・正太寺鼻周辺の急深な場所は、岸からでも水深10m前後の場所に仕掛けを入れることができます。

深い場所は細かな砂泥底の場所が多いですが、シャローエリアは岩がゴロゴロしている場所があったりと、根掛かりやすいポイントも目立ちますね。

狙うターゲットによって水深や底質で釣り場を選び分けられるようになると、釣果が伸ばせるはずです。

松見ヶ浦の各釣り場解説

松見ヶ浦の各釣り場の様子や特徴について、順に紹介していきましょう。
より詳しい解説は個別の記事を参考にどうぞ。

洲ノ鼻

州ノ鼻

洲ノ鼻は、松見ヶ浦の北側に位置している岬状のポイント。
岬の先端付近は岩礁帯が広がっていて、南側のエリアは遠浅になっています。

かなり湖流が効きやすいエリアで、ルアー釣り・餌釣り問わず人気がありますね。

洲ノ鼻 釣り場

南側は手前が広範囲に浅くなっているので、ウェーダーを履くと沖まで立ち込んで釣りをすることができます。
上の画像に写っているポールが入っている場所までは、水深が浅くなっています。

主にチヌやシーバス狙いの方を見かけることが多いポイント。

▼洲ノ鼻の詳しいポイント紹介は【松見ヶ浦 洲ノ鼻の釣り場・ポイントを徹底解説】を参考にどうぞ

利木

利木は湖岸を走る国道に面した釣り場です。

湖西 利木 釣り場

全体的にシャローエリアが広がっていて、チヌやハゼ・シーバスを狙う方に人気があります。

沖にカキ棚があり、底質にも変化があります。

場所によって砂泥底・砂利底の場所もあれば、岩がゴロゴロと転がっていて、かなり根掛かりやすいエリアもあります。
ルアー釣りや仕掛けを投げて釣りをする場合は、根掛かりに注意が必要です。

水深は全体的に浅く、ルアー釣りの場合はウェーダーがあると便利です。(エイに注意!)

▼利木周辺の詳しいポイント紹介は【松見ヶ浦 利木の釣り場・ポイントを徹底解説】を参考にどうぞ

大知波

大知波 ポイント

松見ヶ浦の一番奥まった場所にあるのが大知波。

ワンドの奥の方は水深が非常に浅く、湖底が透けて見えてしまっている場所もあります。
一方、岬状に突き出た場所を先端側に進むと、若干水深が深くなります。

主にチヌやシーバスを狙うルアー釣りの方におすすめで、根掛かりは多いものの、湖底の変化は豊富。
岩がかなり沢山入っている場所もありますね。

なお、ボート釣りを楽しむ方も多いポイントになっています。

この辺りも水温が上がるとエイが多いので、不用意に深く立ち込まないように。

▼大知波の詳しいポイント紹介は【松見ヶ浦 大知波の釣り場・ポイントを徹底解説】を参考にどうぞ

入出

入出 釣り場

入出周辺は手前側にシャローフラットが形成されていて、ハゼ釣りやチヌ釣りに人気があります。

ルアー釣りの方は、ウェーダーを着用した方が沖の駆け上がりの向こう側までキッチリ探りやすいですね。

このエリアもボート釣りで沖から釣りを楽しむ方をよく見かけます。
底質については、場所によって砂泥底が多い場所もあれば、石が多めでゴツゴツとした根掛かりやすい場所もあります。

▼入出の詳しいポイント紹介は【松見ヶ浦 入出の釣り場・ポイントを徹底解説】を参考にどうぞ

正太寺鼻

正太寺鼻 釣り場 ポイント

正太寺鼻は松見ヶ浦の南側にあり、沖に突き出た地形をしています。

シーバス・チヌ・カレイ・サヨリなど、色んな魚が狙えます。

北側~東側にかけては急深な地形になっていて、ルアー釣りやぶっこみ釣り・投げ釣り・電気ウキなど色んな釣り方を楽しめます。
沖合は細かな砂泥底がメインになっていますが、岸近くになると岩がゴロゴロしている場所もあります。

深い場所は水深10m以上の場所まで仕掛けを届けることも可能です。

北側の絞れたエリアを中心に、状況によってはかなり強く湖流が効きます。

正太寺鼻 釣り場

一方で南側のポイントは水深が浅くなっていて、主にルアーマン向きですね。
底質はかなりゴツゴツしており、根掛かりやすくなっているので要注意。

正太寺鼻を一周するのであれば、ウェーダーがあった方が便利です。

▼正太寺鼻の詳しいポイント紹介は【松見ヶ浦 正太寺鼻の釣り場・ポイントを徹底解説】を参考にどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です