浜名湖 松見ヶ浦 入出周辺の釣り場・ポイントを徹底解説!

浜名湖 入出 釣り

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は浜名湖の松見ヶ浦周辺の釣り場解説をやっていきましょう。

今日紹介するのは入出周辺のポイント。

入出は松見ヶ浦と浜名湖を接続する正太寺鼻の西側に位置していて、岸釣り・ボート釣り共に釣り人をよく見かけますね。
釣り場の様子や水深・底質などを詳しく解説していくので、今後釣行する時の参考にしてもらえたら嬉しく思います。

釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

▼浜名湖松見ヶ浦周辺のポイント一覧については【松見ヶ浦の釣り場・ポイント徹底解説】を参考にどうぞ。
各ポイントの様子や地形などをどこよりも詳しく解説します。

入出周辺で釣れる魚・代表的なターゲット

浜名湖 入出 クロダイ キビレ チニング

まずは入出周辺で狙えるターゲットについて、代表的なものをまとめておきます。

  • 上物:クロダイ・キビレ・シーバスなど
  • 底物:ハゼ・マゴチなど

基本的には、浅場を好む汽水域に生息する魚がメインになります。

クロダイ・キビレ

入出周辺は水深が浅いシャローエリアが広がっていて、岸近くは湖底が透けるくらいの場所も目立ちます。

最近はルアーでクロダイやキビレを狙う方をよく見かけますね。
岸から狙う方もいますが、ボート釣りの方も比較的多いです。

湖底に石などの障害物が沈んでいる場所もあるので、そういった小さな変化を逃さずに見つけていくのがコツになりますね。

ハゼ

入出周辺は秋を中心にハゼ釣りを楽しむ方もよく見かけるようになります。

水深が浅いので、餌釣り以外にもルアーでハゼを釣ることも可能ですね。
ハゼはかなり水深が浅い場所にも入ってくる魚なので、岸近くのポイントからしっかり狙いたいところ。

基本的にはのべ竿を使った胴付き仕掛けや脈釣り・ウキ釣り、クランクベイトなどを使ったルアー釣りに向いています。

入出の釣り場風景

入出 釣り場

入出にあるマリーナ「コデマリン」横のポイントの眺めです。
この日は向かい風が強めに吹き付けていて、岸近くを中心に濁りが発生していました。

浜名湖 入出 釣り場

岸近くは遠浅な地形になっていて、砂泥底に石が混じっています。
藻が生えている場所も多く見られます。

入出 ポイント

マリーナ側から西方面に歩いていくと、緩い岬状に突き出た地形になっています。

入出 釣り場

道路の上からの眺めはこんな感じで、砂泥底に石が混じったような地形になっています。
少し見にくいですが、沖にブレイクラインがあって水の色が青っぽく変化しています。

ルアー釣りの方は、ウェーディングした方が圧倒的に有利ですね。

浜名湖 入出 釣り場

マリーナ側の眺めです。
奥に見える低い山が正太寺鼻ですね。

入出 釣り場

更に西側の眺めです。
緩やかに湖岸線は変化していますが、地形的には遠浅なエリアが続いています。

この辺りもクロダイやキビレ・ハゼなどを狙う方を見かける場所ですね。

マリーナ(コデマリン)の堤防は立ち入り禁止標識あり

入出 マリーナ 立ち入り禁止

マリーナの堤防が沖に向かって伸びていますが、入り口に立ち入り禁止の標識があります。

マリーナ 立ち入り禁止

ルールを守って釣りをすること。

釣り場の水深・地形など

浜名湖 入出 釣り場 水深

今回は上記の3つの地点で魚探掛け・底質調査を行いました。

西側エリア

まずはコデマリンから西側に進んだ場所で地形調査を行いました。

岸から35m~40mほどの地点で水深は約2.5m~2.7mほどを計測しました。
底質は砂泥底に石が混じっている場所が多く、オモリを引くとコツコツとした感触の場所が目立ちました。

場所によって砂泥底がメインになったり、少し石が多くなったりと、微妙な変化があります。

岬先端付近

マリーナの西側にあるちょっとした岬のように出っ張っている場所から魚探掛けを行ってみました。

岸から35m~40mほどの地点で水深は約1.9m~2mほどを計測。
岬の周辺は岸近くの遠浅エリアが広くなっているので、ウェーダーを履いて立ち込めばもっと深い場所まで仕掛けを入れられますね。

装備が無いと、駆け上がりの向こう側をキッチリ探るのは難しくなりやすいです。

この場所も砂泥底と石が混じっているような底質をしています。

入出 水深 地形

場所によっては沖合に硬い底質の反応(茶色・黒っぽい反応)が出ていたり、スポットによって湖底には変化があります。
広範囲を釣り歩く場合は、ちょっとした底質の変化や駆け上がりなどを見つけて丁寧に釣りたいポイントですね。

マリーナ西側

ラストはマリーナの堤防の西側から底質調査を行ってみました。

マリーナ付近がワンド状の地形をしている為か、より遠浅な地形になっています。
岸から35m~40mほどの地点で水深は約1.7m~1.8mほどになっていて、より浅くなっています。

入出 魚探画像

底質としてはやや柔らかめの場所が多く、コロコロとした石がそこに混じってくる感じ。
風が吹いて濁りが発生していることからも、巻きあがりやすい細かめの砂泥底の割合が多くなっていることが分かります。

駐車場

浜名湖 入出 釣り 駐車場

入出周辺で釣りをする際に利用できる駐車場ですが、松見ヶ浦広場に数台程度の駐車場があります。

ルール・マナーを遵守して釣りをしましょう。

おすすめ関連記事!

▼松見ヶ浦のその他の釣り場について知りたい方は【松見ヶ浦の釣り場・ポイントまとめ】を参考にどうぞ。
釣り場の様子や地形などを詳しく紹介します。

松見ヶ浦 釣り場 【徹底解説】浜名湖 松見ヶ浦の釣り場・ポイントまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です