静岡ナマズ釣行 増水で産卵モードに苦戦

ナマズ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日はデイゲームで河川へナマズ釣行へ行ってきました。

前々日にまとまった雨が降ったので、増水によって活性が高くなっていたら良いなぁと思いながら出掛けてきました!

果たして今回はどんな釣行に?

ルアーを追わないナマズに苦戦

とりあえず最初は様子見ということで、この時期に実績が高い定番ポイントへ入ってみました。

幸先良く小型をキャッチするも・・・・

ポイントに到着すると、思ったよりも増水していますね。
泥濁りではなく、若干透明度は確保されているので見た感じは良さそうな雰囲気です。

先発はアピール力が高めなザクトクラフトのザグナをチョイスしました。

こいつはカップ系のプラグの中では非常にアピール力が高く、元気に水を掻きまわしてくれます。

早速ランガンを開始していき、これまで実績が非常に高いスポットへたどり着きました。
普段なら釣れなくてもナマズの反応くらいはあるはずなんですが、あちこちルアーを投げても完全無反応・・・・。

ちょっとヤバそうな感じがしてきましたが、上流に向かって釣り歩いていきます。
増水していて釣れそうな気配はあるものの、ナマズの反応が予想以上に無い。

今シーズン1番反応が少ない感じに暗雲が立ち込めてきましたが、キャストを続けているとモワンと反応が。
そのまま巻き合わせて上がってきたのは、40cm位のちびナマズ。

かなり小さかったのでノータッチでリリース。
とりあえずボウズは逃れましたが、これで終わるわけにはいかないな。

その後、この河川を上流へと釣り歩いていくと、岸際に投げたルアーにナマズが反応。
深めの場所から浮き上がってきたものの、ルアーの少し前まで寄ってきてもとの深い場所へ沈んでいきました・・・・。

このパターンは嫌な予感がするなぁと思いつつその後も少し釣り歩きましたが反応なし。
ポイントを変えることにしました。

産卵を意識したナマズに苦戦

ちょっと河川を変えて探りを入れてみることにしたんですが、次はブッシュの際を打って行くポイントを選びました。

ナマズ ポイント

こんな感じの場所が延々続くので、ちょっと流れの変化のある場所などを優先的に狙います。

釣り開始早々に草の影にナマズの姿を発見。
いつもなら落ちパクで食ってくるはず・・・・・。

立ち位置をしっかり決め、一発で良い場所にルアーが入りました!

が、さっきと同じような感じでルアーに軽く反応するだけで食い切らない・・・・・。
そのままルアーが流されてしまい、ナマズから離れてしまってダメでした。

よく見るとナマズが数匹固まっていますね。
どうやら産卵を意識しているらしく、このパターンに入ってしまうと釣るのはかなり難しくなるんですよね。

毎年5月下旬~梅雨明けくらいまでは産卵が絡むと難しくなることがあります。
特に増水後は要注意で、ナマズが狭いスポットに集結しだすと厄介な可能性が大です。

後は河川やポイントによって産卵に入るタイミングが微妙に違ったりするので、釣れそうもない時は少し大きめにポイント移動するのも1つの手段ですね。

その後釣り歩いて3回ほどナマズがルアーに反応したのが見えたんですが、一度も食わせきれず・・・・。

単独行動の個体をピンスポットで誘う

どうやらこの河川はかなり気難しい状況らしいので、少し大きく場所を変えました。
次にやってきたのは今年比較的反応が良かったポイント。

群れているナマズは深追いしないようにして探りを入れていきますが、この河川も産卵を意識したナマズが多め(-_-;)

ナマズの反応自体はかなりあり、10回位ルアーを見つけてフラフラっと寄ってきたりしましたが、食わない。

ワームを落とせば高確率で釣れると思いますが、ワームでナマズを釣るのはなんか違うしなぁ。
とりあえずスローダウンした方が良さそうな感じなので、ルアーをザグナからオフィスユーカリの「ぽち」にチェンジ。

このルアーはカップ系ルアーの中では超ハイレスポンスでアクションするのが特徴で、シェイクするとテーブルターンでネチネチ探れるんですよね。
最近あまり使っていなかったルアーですが、ピンスポ狙いで実績があります。

草の影や反転流などを丁寧に、シェイクリトリーブで探っていきます。

ちょっと大規模な反転流のポイントに到着し、岸際の流れの変化をネチネチ探ると「ゴボォ」と激しいバイト。

巻き合わせを入れると無事ヒットしましたが、見た感じフックの掛かりがかなり浅い。
あまり時間を掛けると身切れしてバラしそうなので、一気に寄せてキャッチしました。

ナマズ 釣果

フィッシュグリップで掴んだらフックが勝手に外れたので、かなり危なかったです(-_-;)
とりあえず1匹の小さいナマズに続き、まずまずなサイズを追加できました。

まだ産卵をあまり意識していない個体だったのかな?
良い感じに出てくれたので楽しかったですね!

結局その後は河川を変えてランガンしたんですが、またしても産卵を意識しているナマズばかりで苦戦。
ネチネチとテーブルターンで探って何とか3回ほどバイトがありましたが、一瞬掛かってバラすパターン・・・・。

パッと見は増水していて釣れそうだったので期待しましたが、今シーズン一番渋い釣行になりましたね。
結局ナマズの反応自体は15回くらいはあったと思いますが、2キャッチでは渋すぎます。

使用タックル

  • ロッド:テールウォーク ナマゾンC66M/G
  • リール:シマノ カルカッタコンクエスト200HG
  • ライン:よつあみ ウルトラキャストマンWX8フルドラグ 3号(ダブルラインで直結)
  • ルアー:ザクトクラフト ザグナ、オフィスユーカリ ぽち

おすすめ関連記事

▼ナマズのルアー釣り入門

ナマズ ナイロン フロロ ラインナマズのルアー釣り初心者講座!タックル選び~実釣に必要な基礎知識を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です