奥浜名湖 寸座の釣り場・ポイントを徹底解説!

奥浜名湖 寸座 釣り場 ポイント

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は奥浜名湖の釣り場紹介をやっていきましょう。

今日紹介するのは寸座周辺のポイントの様子や水深・地形などを詳しく解説。

寸座はワンド状の奥まった地形をしており、波が穏やかなことが多い釣り場。
湖底には石が多く入っており、沖には海藻が生えている場所が多い。

風が強い時でも釣りになる可能性が高く、チヌやハゼなどを狙うことが出来るスポットだね。

浜名湖一周、魚探掛け&オモリを投げまわって細かな地形をチェックしてきたので、今後釣行する時の参考にしてもらえたら嬉しく思う。

釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

▼奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖エリアの釣り場のどこよりも詳しい解説は【奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖釣り場解説まとめ】を参考にどうぞ。
釣り場の様子や水深・地形などを徹底解説します。

寸座周辺で釣れる魚・おすすめターゲット

寸座 ハゼ
  • 上物:クロダイ・キビレ・シーバス・サヨリなど
  • 底物:ハゼなど

寸座は奥まった地形のシャローエリアになっており、ワンドの奥は秋になるとハゼを狙う方をよく見かける。

クロダイ・キビレ

寸座の一帯は砂泥底に石が混じる底質の場所が多く、クロダイ・キビレをよく見かける。
餌・ルアー釣り共に狙うことが出来るが、海藻や石で根掛かりしやすい場所なので、餌釣りよりもルアーの方が狙いやすいか。

波が穏やかで水が澄んでいると魚影を確認しやすい反面、かなりプレッシャーが高くなるので釣りにくくなることがある。
雨の後や向かい風が吹いている時の方が釣果は出しやすい傾向あり。

ハゼ

ハゼは奥まった地形の場所に集まりやすい性質があり、寸座のワンド内はハゼ釣りのポイントが広がっている。
少し歩いて移動すると泥が多い場所や石が多い場所があったり、状況によって釣り歩いてハゼの群れが溜まっている場所を見つけたい。

根掛かりの可能性がある釣り場なので、ちょい投げ釣りよりものべ竿を使い、胴付き仕掛けや脈釣りで狙うのがおすすめ。
比較的岸から近い場所に駆け上がりがあり、足元付近の浅場から丁寧に狙いたい。

寸座の釣り場風景

寸座 釣り場 ポイント

ワンドの一番奥の眺め。
ボートマリーナがあり、岸際から石が入っている。

寸座 釣り場 ポイント

同じ場所から南東側の眺め。
手前はシャローエリアが広がっており、ボラの幼魚と思われる小型のベイトフィッシュやチヌの姿を確認。

寸座 釣り場

ワンドの奥の方の岸際はこのような底質で、砂泥・小石・カキガラが混ざっている。
ハゼを狙うには非常に良い底質をしている。

寸座 釣り場 ポイント

ワンド奥から南東側に進んでいくと、大きめ石・岩の割合が多くなってくる。

長靴でも釣りはできるが、石はコケが生えていて滑りやすい。
フェルトスパイクなど、グリップ力があるソールの長靴やウェーダーがおすすめ。

ルアー釣りの場合は、ウェーダーを履いた方が駆け上がり周りを丁寧に探りやすいし、楽に釣りができるはずだ。

寸座 釣り場 ポイント

更に南東側へ進み、ワンド外からの眺め。
この辺りまでくると潮通しが良くなり、水質がよりクリアになる。

一見すると変化が無い地形に見えるが、湖底には石が入っていてやや根掛かりやすい。

釣り場の地形・水深など

寸座 水深 地形

今回は上記の3か所で魚探掛けとオモリを投げて水深・地形・底質などのチェックを行った。

ワンド奥

寸座 ワンド奥

寸座のワンド奥は湖流・潮の影響を受けにくく、水はやや澱み気味。
岸から35m~40mほどの地点で水深は約2.2mほど。

湖底は砂泥底がメインで、所々に石や岩が点在しているが、オモリを投げてもそこまで激しく引っ掛かる感じはなった。
ただし水の流れが少ないためかアオミドロが多く発生しており、オモリをズルズルと引くとアオミドロがくっ付いてくることが多かった。

児童園前

ワンド奥よりもやや水の動きが活発になってくる児童園の周辺で地形調査を行ってみた。

水深は岸から35m~40mほどの地点で約2.8m~3mほどと、奥浜名湖の中では比較的急深な地形をしている。

沖合は砂泥底の場所がメインだが、所々に石が転がっている。
また、細長い海藻が生えているスポットが多く点在しており、オモリに海藻が絡んでくることが多数。

岸から10m前後の場所に駆け上がりがあるが、その周辺~手前は石・岩が多く入っているので根掛かりやすい。

寸座 水深 地形

魚探掛けを行った時の画面の切り抜き。

沖にはやや伸びたウィード(海藻)が生えているのが分かる。
沖のウィードエリアのトップにはベイトの反応もチラホラ写っていた。

ワンド外

寸座 釣り場 ポイント

ワンドの外で地形調査をしたが、岸から35m~40mほどの地点で水深は約3.1m~3.3mほどだった。
湖底は硬く締まった砂泥・石が入っている場所が多く、ワンド内と比較すると海藻が生えている場所は少ないか。

油断するとオモリが根掛かりそうになることもあり、湖底はゴツゴツしていて変化がある。
岸近くの浅い場所には小型のハゼの姿が多く見られた。

夏場など水温が高くなった時はワンド内は水質が悪くなりやすいので、水の動きがあまりない時は潮通しが良い外向きのポイントを中心に狙うのもおすすめだ。

駐車場

寸座周辺のポイントに釣行する時は整備された駐車場が付近に無い。
無理やり車を駐車するなどしてトラブルになることがあるので、マナーは厳守すること。

おすすめ関連記事

▼奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖エリアの釣り場のどこよりも詳しい解説は【奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖釣り場解説まとめ】を参考にどうぞ。

奥浜名湖 釣り 【徹底解説】奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖の釣り場まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です